借金地獄

返しても返しても借金の返済が終わらない「借金地獄」。借金問題は、ギャンブル好きや浪費癖の人が娯楽のために借金を繰り返して陥るものだというイメージを持つ人も多いかもしれませんが、実は私たちの身近に潜んでいます。

借金地獄に陥ってしまうと、二度と抜け出せないのでしょうか?借金を抱えていると生活はどうなってしまうのでしょうか?

この記事では、借金地獄に陥る原因や末路、そして借金地獄から最短で抜け出す方法などを解説します。

実際に多額の借金を抱えたことのある人の実話体験ブログも紹介しているため、よりリアルな借金生活を知りたい人はぜひご一読ください。

借金地獄に陥りやすい代は?203040代どれ?

お金

どの年代も借金地獄に陥るリスクはあります。しかし、中でも特に借金地獄に陥りやすい年代は40代だと言われています。

なぜ40代は借金地獄に陥りやすいのでしょうか?まずは、多額の借金を抱えやすい40代ならではの原因を解説していきましょう。

原因① 収入が安定していてお金を借りやすい

お金を借りる際に最も重視されるのは、「安定した収入があるかどうか」です。安定した収入がなければ借金の返済が難しいと見なされ、審査に通らない可能性も高くなります。

しかし、40代となると勤続年数も長く役職に就いている人が多い世代。安定して収入を得ている人は信用度も高いため、審査も通りやすいと言えるのです。

審査

また、この先も20年近く働けることから長期間安定して返済ができると考えられます。

収入が少なく不安定な人も多い20・30代に比べると、比較的お金を借りやすい状況が生まれます。

WARNING
軽い気持ちで始めたはずの借金がかさみ、いつの間にか取り返しのつかない金額になるケースが多いのです。

原因② 教育費や医療費がかさむ時期

40代は子供の進学に直面する時期でもあります。例えば、20代前半で第一子が生まれた場合、40代はちょうど子どもの高校・大学進学の時期にあたります。

子どもの進学には、入学金や授業料だけでなく、塾の費用や受験料、部活動の活動費などさまざまな出費が重なります。

WARNING
一度にまとまったお金を支払わなければならない機会も多く、借金をしてまかなう人も珍しくありません。

さらに、40代になると体調に変化の出てくる人も増えてきます。若い頃の生活習慣が影響して病気になったり、人間ドックなどをきっかけに悪性腫瘍が見つかったりと、思いがけず医療費が必要になることもあります。

医療費

入院や手術、長期間の通院により医療費がかさむと、月々の収入では支払いが難しいかもしれません。

完治が望めない病気の場合は生涯にわたって医療費が増加するため、借金せざるを得ない状況に陥る可能性もあるのです。

原因③ 住宅ローンの返済に行き詰まる

人生で最も高い買い物と言えば、住宅を連想する人も多いのではないでしょうか。住宅を購入する場合は35年程度のローンを組むのが一般的。「ローン返済の真っ只中」という40代も多いはずです。

しかし、病気の治療やリストラ、被災などによって、ローンを組んだ当初から経済状況が大きく変わり、返済が行き詰まってしまうケースもあります。

WARNING
「家族の思い出が詰まったマイホームだから手放したくない」「マイホームを失うと子どもに寂しい思いをさせるのではないか」と、ローン返済のために借金をしてしまう人も……。

住宅ローンは数十年にわたって返済するものなので借金は増える一方です。

40代は教育費や医療費などの支出に加えて住宅ローンの返済も重なるため、借金地獄に陥りやすい年代だと言えるでしょう。

原因④ リストラや転職の機会が多い

40代は勤続年数が長く安定した収入を得ている人が多い反面、リストラや転職の機会が多い年代でもあります。

終身雇用や年功序列が当たり前だった時代は終わり、これからの時代はいつリストラされるか分かりません。

誰もが知っている大手企業でリストラが実施されるニュースを見聞きして、不安に感じている人も多いことでしょう。

リストラ

会社によっては、ひとりあたりの人件費の高い40代を対象に自主的な早期退職を募る場合もあります。リストラや退職を機に収入が下がるケースも少なくありません。

収入が減っても今まで通りの生活を維持しようと、借金を重ねてしまう人が増えるのも40代の特徴なのです。

リボ払い・クレジットカード?借金地獄に陥る4つの原因

クレジットカード

上記では40代に注目して借金地獄に陥りやすい理由を解説しましたが、年代を問わず、借金地獄に陥ってしまう人にはいくつかの傾向があります。

ここでは、借金地獄に陥る原因について特に多いものを解説します。

借金地獄の原因① クレジットカード払いやリボ払いが多い

クレジットカード払いやリボ払いは、現金を持ち歩かなくても買い物ができるため便利ですが、現金での支払いをしない分、ついお金を使いすぎてしまう傾向があります。

クレジットカード払い

現代はオンラインショッピングで自宅からも簡単に買い物ができるため、翌月の支払額を見て初めていくら使ったかを知る人も多いはず。カードの限度額を超えると買い物ができなくなるため、中には足りない分を借金で補おうとする人もいます。

また、リボ払いが原因となって借金地獄に陥る場合もあります。リボ払いを繰り返して借金の総額が大きくなったとしても、毎月の返済額は変わりません。

リボ払いとは?
借金額に関わらず月々の返済額が一定となる返済システムです。
WARNING
リボ払いの危険性は、自分の借金額や返済額を把握できず、返済終了前に次の借金をしてしまう可能性があることです。

借金地獄の原因② 浪費癖がある

買い物に行ってつい買いすぎてしまったり、お金が足りなくても次の給料日まで待てなかったりと浪費癖がある人は、借金地獄に陥りやすい典型的なタイプ。

友人や後輩と食事にいくとつい奢ってしまう人も、浪費癖があるタイプに多いため要注意です。

また、普段は浪費しなくても、ストレスが溜まると買い物をして発散する人は浪費癖の傾向があります。我を忘れてお金を使ってしまう可能性があるため、買い物がストレス発散方法になっている場合は気を付けましょう。

借金地獄の原因③ ギャンブルにのめり込む

パチンコや競馬などのギャンブルが好きな人も、のめり込むと借金地獄に陥る恐れがあります。趣味の範囲で楽しむギャンブルは問題ありませんが、借金をしてまでお金をつぎ込んでしまうのは危険です。

ギャンブルのために借金をしてしまう人の中には、治療が必要な「ギャンブル依存症」にかかっている人もいます。

CHECK
ギャンブル依存症は自分一人で克服するのが難しい精神病の一つ。治療が必要となるため、心当たりのある人は専門家に相談するようにしましょう。

借金地獄の原因④ 低収入

「借金」と聞くと、浪費癖やギャンブルによる支出をイメージする人が多いかもしれませんが、実は低収入が原因で借金地獄に陥るケースもあります。

非正規雇用の労働者が増え、契約社員やアルバイト、パートで生活費を稼いでいる人も多い現代。社会情勢の影響を受け、これまで通りの収入を得るのが難しくなった人もいることでしょう。

収入が低いと生活費をまかなうことができなくなり、家賃や光熱費、通信費などの出費に備えて借金をする人も多くなります。「今月の家賃分だけ」「今回の支払いだけ」と一時的に借金をしたつもりでも、収入が増えない限りは返済が追いつきません。

よって、結果的に借金を繰り返し、借金地獄へと陥ってしまうのです。

借金地獄の活とは?末路はどうなる?

借金の取り立て

借金を重ねて借金地獄に陥ると、どんな生活が待っているか考えてみたことはありますか?ここでは、借金地獄に陥った先に待っている恐ろしい生活や、その末路についてご紹介します。

返済のための借金を重ね、闇金中心の生活に…

初めは大手銀行など安心できる金融機関から借り入れをしていても、返済が追いつかないまま借金を繰り返していくと信用を失い、お金を貸してもらえなくなります。

しかし、手元にお金がなくなっても借金の返済日はやってきます。そこで次に手を出してしまうのが、貸金業法の登録を受けていない、いわゆる「闇金」です。

WARNING
闇金は、短期間で高い利息を付けて利益を得るシステムのため、一度手を出すと、借金はあっという間に膨らんでしまいます。闇金はどんな理由があっても利用してはいけません。

家族や職場への影響を防ぐために、返済が滞らないようその場しのぎの借金を繰り返していると、気が付いた時には既に借金地獄に陥ってしまっているのです。

取り立てに追われ、ストレスを受ける毎日

返済のための借金を繰り返していると、闇金から借りたお金を期日までに返すことが難しくなり、闇金業者からの取り立てが始まります。

闇金業者は毎日のように電話をかけてきたり、自宅まで押しかけたりと、あらゆる手段で取り立てを行います。時には乱暴な言葉や暴力的な行為で威圧感を与える可能性もあるでしょう。

借金地獄に陥ると、取り立てに追われストレスを受ける日々が待っているのです。

家族に影響を及ぼす可能性もある

借金地獄に陥り返済が滞ると、闇金業者が自宅まで取り立てにやってきます。その様子を近所の住民が目撃し、多額の借金をしていることが近隣で噂になる場合もあるでしょう。

また、多額の借金を抱えて取り立てに追われていることが噂になると、近所の目が気になり、家族もこれまで通りの外出できなくなるかもしれません。

さらに、学校生活で友達と上手くいかずに悩んだり学費が支払えずに進学を諦めたりと、子どもにまで影響が及ぶ可能性があります。

裁判に発展する可能性もある

借金の返済が滞ったままだと、裁判に発展するケースもあります。出廷を命じられると、当然会社にも多額の借金を背負っていることを知られてしまい、場合によっては職を失うリスクも考えられます。

仮に失職を免れたとしても、会社に復帰した時に同僚からの目が気になって仕事が手につかなくなり、退職に追い込まれてしまうこともあるでしょう。

夜逃げをしても逃げられない

「借金の返済ができなくなっても、ドラマや映画のように夜逃げをすれば何とかなる」と思っている人もいるかもしれませんが、そう上手くはいかないのが現実。

夜逃げをして新しい住居を手に入れても、住所変更の手続きをすれば再び闇金業者の取り立てが来てしまうため、住民票を移すことができません

すると、運転免許証の住所変更や銀行口座の解説、保険証の発行などの手続きもできず、日常生活に支障をきたしてしまいます。

また、水道光熱費の支払いから住所が知られてしまう可能性もあるため、本人名義での水道・光熱費の支払いもできません。

固定費

さらに、いつまた取り立てが来るか分からないという恐怖に怯えながら生活をしなければならず、たとえ夜逃げをして居住地を変えたとしても、取り立てから完全に逃げ切ることはできないのです。

最悪の場合、自死を選択してしまう人もいる

借金の返済が追いつかず、闇金業者からの取り立てに追われる毎日に耐えきれなくなると、最悪の場合、自死を選択してしまう人もいます。

厚生労働省が令和2年に公表したデータによると、平成19年以降に自死してしまった人の自殺原因のうち「経済・生活問題」は2番目に多いことが分かります。

自殺者数

出典:https://www.mhlw.go.jp/content/r2h-1-5.pdf

経済・生活問題が原因で亡くなった人のすべてが借金を抱えていた訳ではありませんが、お金の関わる経済・生活問題は、自ら命を絶つ選択をさせてしまうほど、人を追い詰めるのです。

体験談にぶ!借金地獄の実話ブログを紹介

多額の借金を背負い一度は借金地獄に陥ってしまっても、全額返済に向けてコツコツと返済を続けている人は大勢います。

CHECK
借金を抱えた人のリアルな生活を知るためには、体験談が詳しく掲載されているブログがおすすめ。

ここでは、借金地獄の実話ブログを5つご紹介します。体験談を読み、1日でも早く完済するためのノウハウや、体験者だからこそ分かる生活事情を学びましょう。

ミニマリストあつしのブログ

ミニマリストあつしのブログ

初めにご紹介するのは「ミニマリストあつしのブログ」です。

リボ払いで100万円の借金を抱えた男性が、返済に追われた当時の苦しさや、完済した現在の明るい生活をリアルに執筆しています。なぜリボ払いの返済が苦しいのか、実際の体験を踏まえて生々しく書かれており、身近に存在するリボ払いの恐怖を垣間見ることができます。

https://a1991t.com/

働く主婦papicoの借金返済ブログ

働く主婦papicoの借金返済ブログ

次にご紹介するのは「働く主婦papicoの借金返済ブログ」です。

執筆者であるパピコさんは、270万円の借金を抱える40代の主婦。任意整理を行い、夫にも借金があることを伝えた上で、完済に向けて日夜努力している様子を綴っています。

服飾費や車検費用など日々の出費額も細かく記録しているため、より具体的に生活の様子を知ることができるでしょう。

https://ameblo.jp/pa-pipupe-papico/

無一文から這い上がる!ラテの節約日記

無一文から這い上がる!ラテの節約日記

3つ目にご紹介するのは「無一文から這い上がる!ラテの節約日記」です。

執筆者の長澤ラテさんは、学生時代から浪費家だったそう。4,500万円の住宅ローンに加えて2,600万円の投資用ローンを抱えながら、年間180万円の貯金を目指す30代の主婦です。

過去には10カ月で250万円を貯金した経験もあり、日々の節約術や貯金のノウハウは、借金返済にあたって役に立つことでしょう。

https://ameblo.jp/nagasawalatte/

多重債務の夫と見つめ合う私

多重債務の夫と見つめ合う私

次にご紹介するのは「多重債務の夫と見つめ合う私」です。

3人の子どもを育てる40代主婦の執筆者は、2012年に夫に数社から合計500万円以上の借金があることを告げられてしまいます。ブログには、多重債務の夫とともに借金完済に向けた日々の努力が綴られています。

ブログに記載されている毎月の借金残額を見ると、少しずつでも着実に完済へと近付いていることが分かり、勇気をもらえるのではないでしょうか。

http://sugisarisihibi.blog.jp/

借金完済目指す20代主婦のブログ

借金完済目指す20代主婦のブログ

最後にご紹介するのは「借金完済目指す20代主婦のブログ」です。

ブロガーは、消費者金融やリボ払い、キャッシングなどによる約100万円の借金を抱える20代の主婦。2021年の完済を目指して、節約や貯金に励む日々が綴られています。

主婦の目線で家事のやりくりなども記載されているため、生活の知恵も併せて学ぶことができるでしょう。

https://ameblo.jp/setuyakut87

借金地獄からけ出すためには弁護士への相談がおすすめ

弁護士

借金があると家族や知人に頼る人もいるかもしれませんが、最短で借金地獄から抜け出すためには弁護士に相談するのがおすすめです。

ここでは、借金地獄で悩んだ時に弁護士をおすすめする理由をご紹介します。

返済の催促を止めることができる

弁護士に相談して債務整理を決意すると、弁護士から金融機関に受任通知が送られます。

受任通知とは債務整理を行うことを知らせるための書類です。受任通知が金融機関に届いた後は、金融機関からの連絡は依頼した弁護士に届く仕組みとなっています。したがって、これまで届いていた返済の催促を止めることが可能となります。

借金ゼロからの生活再建もできる

一人で抱え込んでいると八方塞がりのように感じる状況でも、弁護士に相談すれば専門的な立場からさまざまな提案をしてもらうことができます。

弁護士

任意整理や個人再生の提案が一般的ですが、いずれの方法でも借金地獄から抜け出すのが難しい場合には、自己破産を行い、借金をゼロにして生活を再建する道を検討することも可能です。

複雑な手続きや作業を代行してもらえる

一人では難しい複雑な手続きや作業を代行してもらえるのも、弁護士への依頼をおすすめする理由のひとつ。

弁護士が得意とする手続きの例
・債務整理に必要な書類の作成
・任意整理を行う場合の金融機関との交渉
・個人再生や自己破産を行う場合の裁判所への申し立て

上記3つの手続きに関しては、専門知識がなければ一人でこなすのは難しいでしょう。

知識の豊富な弁護士に依頼することで、難易度の高い作業を行う手間を省き、スピーディーに借金地獄から抜け出すことができるのです。

借金減額に強い
弁護士・司法書士事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
受任件数6,000件のノウハウを活かして法律問題を解決
無料で何回でも相談できるから相談しやすい
土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は6,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。
任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金/1件 22,000円 報酬金/1件 22,000円
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応業務 債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:http://tokyo-lawtas.com/

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料や着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と比較的安い費用設定が魅力です。
また手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金/1件 0円 報酬金/1件 20,000円
減額報酬 10% 過払い報酬 返還額の20%
10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務 債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
出典:https://hikari-hatano.com/

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。
任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金/1件 22,000円 報酬金/1件 22,000円
減額報酬 10% 過払い報酬 返還額の20%

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応業務 債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:https://hibari-law.net/

弁護士法人・響

弁護士法人・響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。
任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応業務 債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。
任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金/1件 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応業務 債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:https://amane-law.or.jp/

まとめ

今回は、借金地獄に陥る4つの原因や、借金地獄に陥った先に待ち受ける生活、そして最短で抜け出す方法などを解説しました。

借金を重ねないことが何より大切ですが、どうしても出費がかさみ、多額の借金を背負ってしまうことは誰にでも起こり得ます。

借金地獄に陥ってしまったら、一人で抱え込むのではなく弁護士などの専門家に相談することが大切。弁護士に相談することで最も適した解決手段や、最短で借金地獄から抜け出す道が見つかるはずです。

 

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事