借金の金利計算方法は?返済シミュレーションやアプリが便利?

「毎月ちゃんと返済してるのに…」「いつになったら返し終わるの?」「借金生活から脱出したい!」こんなお悩みを抱えている人も多いと思います。

提示されている最低返済額を毎月返済しているのに、何故か元金が減っていないと頭を抱えたくなりますよね。

当然借金には利息が発生します。毎月利息分だけしか返済していなければ元金は減らないので永遠に借金を完済することは出来ません。

この記事では、利息の計算方法・過払金の仕組み・遅延金の返済方法について、詳しく解説していきます。返済シミュレーションについても触れていますので、ぜひ一読して、完済の目処を立てるのに役立ててください。

借金返済の第一歩は現状を把握すること

借金をした当初に「自分の収入で十分返済していける!」と思っていた場合でも、さまざまな事情により借金が膨らんでしまうことはよくあります。

一定の基準を超えてしまうと、借金は雪だるま式に膨れ上がってしまいますよね。

借金返済の第一歩は「抱えている借金の現状を把握すること」です。なかなか借金が完済出来ずに悩んでいる人のほとんどが、この現状の把握をしていません。

借金の現状把握ができた後は、具体的にどのような方法で借金を減らしていくのか考えます。

CHECK
その際に助けとなってくれるのが、弁護士や司法書士などの専門家です。

もちろんすべての弁護士・司法書士が適任とは限りません。これまで借金問題を多く扱ってきた実績のある弁護士に相談することが大切です。

次の章では借金を整理する5つの方法を紹介しています。借金問題を抱えている方は、ぜひチェックしてみてください。

借金を整理する5つの方法

借金自体は、決して悪いものではありません。しかし一定のラインを超えてしまうと、大きな問題となってしまいます。

収入にもよりますが、ある程度まとまった金額を借金してしまうと、借金の返済のために借金をするという悪循環に陥ってしまいます。

悪循環から抜け出すためには、以下5つの方法により借金を整理するのがおすすめです。

任意整理 裁判所などの公的機関を通さずに私的に債務を整理する方法。債務者の支払い能力等に応じて債務を減額し、一括または分割で返済を進めていく。
民事調停
(特別調停)
簡易裁判所に調停を申し立てて債務を整理する方法。利息制限法の金利に引き直して調停案が出され、債権者・債務者双方の合意があれば減額した金額を返済する。
個人再生
(民事再生)
裁判所の認可により減額された一定額を弁済する方法。住宅ローンがあっても住宅を失うことがない。
自己破産 債務者が支払不能な状況に陥っていると判断された場合に借金を0円にする方法。その後の生活にさまざまな制限が付く。
過払金の請求 支払い過ぎた利息の返済を受ける方法。基本的に弁護士に依頼して手続きを進める。
借金の整理に関する手続きは、なかなか困難です。弁護士など専門家に依頼することでよりスムーズな手続きが可能となります。

借金の利息の仕組み

借金返済において、大きく関わってくるものが利息です。ここでは、利息の仕組みについて法律を絡めながら紹介していきます。

利息が何かわからない方は、ぜひ確認してみてください。

利息制限法違反の金利って?

利息制限法は貸金の制限金利について、以下の通りに定めています。

  • 元本が10万円未満は年20%
  • 元本が10万円以上100万円未満は年18%
  • 元本が100万円以上は年15%
CHECK
上記の制限金利を超えた部分に関しては、利息契約が無効となります。

例えば、50万円の貸金契約において利息が20%に設定されていれば、18%を超えている部分の利息は支払う義務がありません。

利息制限法の上限を超えた金利以上の部分は、まず元本の返済に充てられます。元本に充当した結果、元本が完済された後の過払い金については過払い金返還請求の対象となります。

出資法による刑罰金利って?

貸金業者が年20%を超える金利で契約した場合、出資法による刑事罰の対象となります。

第五条 金銭の貸付けを行う者が、年百九・五パーセント(二月二十九日を含む一年については年百九・八パーセントとし、一日当たりについては〇・三パーセントとする。)を超える割合による利息(債務の不履行について予定される賠償額を含む。以下同じ。)の契約をしたときは、五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。当該割合を超える割合による利息を受領し、又はその支払を要求した者も、同様とする。

2 前項の規定にかかわらず、金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合において、年二十パーセントを超える割合による利息の契約をしたときは、五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。その貸付けに関し、当該割合を超える割合による利息を受領し、又はその支払を要求した者も、同様とする。

引用元:https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=329AC0000000195

出資法は、高い金利で貸付を行う業者から消費者を守る大切な法律です。

違法な利息には屈せず、弁護士の力を借りて適切な対処を行いましょう。

 

借金の計算を行う前に用意するべき情報とは?

借金の計算をする前に、自分が合計でいくら借りているのか正確に確認しておく必要があります。

そんな時に役に立つのが「信用情報機関」です。

信用情報機関とは?
加盟してる金融会社等から得た信用情報を管理している機関のことです。

信用情報機関の「信用情報開示制度」を利用して、借金計算に必要な情報の確認を行いましょう。

信用情報の開示では、以下のような情報が得られます。
    • 名前等の個人を特定する情報
    • 過去の取引履歴、利用金額、残高
    • 支払い遅延、過去の法的手続きの有無

今までの金融会社とのやりとりを全て記録している人は必要ないかもしれませんが、借金計算をする時には、確認の為にも必ず信用情報の開示を行いましょう。

その時に確かめるべきことは「自分が合計でいくら借金をしているか」です。そこが不透明では正確な計算はできないので、間違いのないようにしておきましょう。

 

借金返済のために覚えておくべき3つの計算方法

次に、借金返済のために覚えておくべき3つの計算方法を説明します。

借金の計算にも種類があります。借金がある人は、これから紹介する3つの計算をしてみた方がいいでしょう。

計算式さえ分かっていれば、簡単に利息や過払い金が分かるようになります。

返済までの期間や、利息を含めた返済金額などをすぐに確認できますよ。

 

計算1

利息の計算方法

ほとんどの場合、借金が減らない人の悩みの原因は「利息」です。

毎月返済している金額の利息の割合を把握していない人は、しっかり覚えておきましょう。

 

利息の計算例

利息=借入残高×金利÷365×借入日数

計算例①50万円借りて金利が18%で1年で返済した場合
500,000×0.18÷365×365=90,000円

計算例②50万円借りて金利が18%で5年で返済した場合
500,000×0.18÷365×1825=450,000円

計算例③20万円借りて金利が18%で10年で返済した場合
200,000×0.18÷365×3650=360,000円

利息は、融資を受ける手数料のようなものです。金融会社も売上がなければ、消費者はお金を借りることはできません。

WARNING
利息の支払いは仕方ないですが、返済期間が長くなればなるほど利息は膨れ上がります。

そうならないためにも、先ほど紹介した信用情報機関で開示してもらった情報をもとに計算してみましょう。そうすれば、一体合計いくら支払えば借金を完済出来るか、知ることができます。

 

計算2

過払い金の計算方法

次に、過払金の計算方法を紹介します。

そもそも過払い金とは?
お金を借りた人が金融会社に対して返し過ぎたお金のことです。利息制限法の定めた利息より多く支払っていた利息をさします。

過払金の計算方法は「引き直し計算」を使って計算します。引き直し計算により払い過ぎた利息がいくらあるのか算出したら、賃金業者へ請求の手続きをしましょう。

個人で引き直し計算を行うには、専用のソフトが必要です。有名なソフトとして「外山式」と「名古屋式」が挙げられます。

ソフトの使い方は簡単で、エクセルにこれまでの取引履歴を入力するだけで引き直し計算ができます。

引き直し計算は非常に複雑なため、自分だけの力で計算して請求するのはかなり難易度が高いです。

WARNING
引き直し計算を間違えてしまうと、過払い金の返還請求ができなくなったり、返ってくるお金が少なくなる可能性もあります。

実際に請求するときは、必ず弁護士など専門の知識を持っている専門家に相談するのがベストと言えます。

「いきなり専門業者に相談するのに抵抗がある」という方は、ソフトを使用して自分で過払金の有無を確認してみましょう。

上記で紹介したものはいずれも無料のソフトですので、パソコンを持っていればお金はかかりません。

過払金に少しでも心当たりのある人は、ぜひ試してみてくださいね。

ただし、計算結果はあくまで目安として参考にしましょう。

 

計算3

延滞金・延滞遅延金の返済方法

延滞金とは?
借金の返済が間に合わず、滞納してしまった場合に発生する損害賠償金のこと。

要するに、お金を返す約束をしていたのに、その約束を破ったペナルティです。

ペナルティなので、通常の利息よりも高い金利が適用されることに注意しましょう。遅延金の計算方法は、以下になります。

 

例えば

延滞金=借入残高×年利×滞納日数÷365=延滞金

計算例①借入残高が10万円で10日滞納した場合
100,000×0.2×10日÷365=548円

計算例②借入残高が10万円で40日滞納した場合
100,000×0.2×40日÷365=2,191円

計算例③借入残高が70万円で30日滞納した場合
700,000×0.2×30日÷365=11,507円

当然ながら滞納期間が長くなれば、そのまま延滞金も増えていきます。

CHECK
延滞金で覚えておいてほしいのが、延滞金の上限は20%に定められていることです。

もし返済が遅れてしまい延滞金を請求された場合は、20%の上限を超えて延滞金を請求されていないか確認してみてください。

延滞金を支払いたくない人は、最低返済額だけでも期限までに返済しましょう。

最低返済額とは?
必ず支払わないといけない返済金額のことです。

最低返済額だけでも毎月支払いしていれば、滞納していることにならず延滞金は発生しません。

元金はほとんど減らないものの、事故情報に傷がつくことを考えれば、最低返済額だけでも返済するのが吉でしょう。

 

借金の計算に便利なシミュレーションとは?アプリでも計算できる?

借金の返済をしていたりローンを検討していると、返済計画が気になりますよね。

借金の早期完済を目指すなら、計画や目標を立てておいた方がいいでしょう。

自分で金利と借入額を基に返済計画を算出するのは手間がかかるので、簡単に返済計画をシミュレーションできる方法を紹介します。

結論から述べると、借金の返済計画シミュレーションには「アプリでの返済シミュレーション」が便利です。

CHECK
返済シミュレーションアプリなら、借入残高と金利を入力するだけで残りの返済期間と毎月の返済額が確認が可能です。面倒な入力項目がないので、こまめに確認できるので現状の把握に役立ちます。

いつもより多めに返済すれば、どのくらい早く完済できるかなどのシミュレーションも可能です。無料で利用できるサービスもありますので、ぜひ調べてみてください。

 

借金の計算はエクセルでも可能?

借金の計算は、エクセルを使うことでも求めることが可能です。

エクセルで計算する際は、自分でテンプレートを作るのは手間ですし時間がかかるので、ネットにあるフリーソフトをダウンロードしましょう。

どれも内容や入力項目に違いはなくシンプルなものが多いので、一通り見て、一番自分が使いやすそうと感じものをダウンロードして利用してみてください。

CHECK
エクセルの方がより細かいシミュレーションができるので、本格的なシミュレーションを求めている人はエクセルを利用した方がおすすめです。

また、エクセルのテンプレートは自分で改良することもできるので、より自分に合った返済シミュレーションをすることが出来ます。

 

借金返済・過払金返済の相談は弁護士・司法書士事務所に!

借金返済や過払い金の悩みは、自分だけの力では解決できない時もあります。

また自力で借金の返済が不可能なときは「債務整理」という選択肢もあります。しかし、自分一人で借金返済の計画を立てたり、過払い金の計算をしたりすることは困難です。

そんな時は、弁護士に相談するのがおすすめです。
CHECK
弁護士事務所に在籍している専門家は、借金問題のプロです。専門家から見た早期解決策を提案してくれるので、借金に悩んでいる人の強い味方になってくれます。

相談無料の弁護士事務所も多くあるので、まずは相談をしてみましょう。周囲の人にバレずに相談することも可能ですよ。

債務整理は弁護士に手続きを代行してもらうのがおすすめ

借金問題を解決する有効手段のひとつが、債務整理です。債務整理をすれば、法律に従った手続きで借金を減額できます。

しかし先述した通り、債務整理の手続きは難しい内容が多く、知識がない素人が自力で行うの困難なため、基本的には弁護士に依頼して手続きを代行してもらいます。

債務整理の中でも、特に自己破産をするなら弁護士への相談がおすすめです。自己破産では『破産法』など法的な知識が求められるからです。

法律に詳しい方を除いては、基本的に弁護士などの専門家に相談するようにしましょう。

どの弁護士に相談していいかわからない場合は?

普段から弁護士との付き合いがある方を除いては、借金問題をどの弁護士に相談していいかわからない方がほとんどでしょう。

医者と違って弁護士には「かかりつけ」という習慣がありません。

どの弁護士に依頼していいかわからない場合は、以下3つの相談機関へ問い合わせしてみるのもひとつの手です。

  • 弁護士会の法律相談センター
  • 地方公共団体などが行っている相談機関
  • 法テラス

各都道府県に設置されている弁護士会の法律相談センターでは、自己破産申請の相談が可能です。希望すれば弁護士を紹介してもらえます。

弁護士会の初回相談料は基本的に無料なので、お金の心配をする必要はありません。

借金減額に強い
護士・司法書士事務所5選

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
受任件数6,000件のノウハウを活かして法律問題を解決
無料で何回でも相談できるから相談しやすい
土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は6,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。
任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金/1件 22,000円 報酬金/1件 22,000円
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応
業務
債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:http://tokyo-lawtas.com/

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料や着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と比較的安い費用設定が魅力です。
また手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金/1件 0円 報酬金/1件 20,000円
減額報酬 10% 過払い報酬 返還額の20%
10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応
業務
債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
出典:https://hikari-hatano.com/

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。
任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金/1件 22,000円 報酬金/1件 22,000円
減額報酬 10% 過払い報酬 返還額の20%

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応
業務
債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:https://hibari-law.net/

弁護士法人・響

弁護士法人・響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。
任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応
業務
債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。
任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金/1件 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応
業務
債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:https://amane-law.or.jp/

まとめ

ここまで、借金返済の計算方法について紹介してきました。返済に追われていると暗い悩みが湧き出てくるかもしれませんが、まずは落ち着いて状況を整理。じっくり返済計画を立てましょう。

自分の状況を正確に確認するためには、信用情報機関で情報の開示をするのがおすすめです。正しい現状把握が、正しい計算・正しい計画につながります。

計算は、返済シミュレーションアプリを使うと良いでしょう。アプリやエクセルを使うことで、より細かな数字を把握可能です。

もし自分一人で解決が困難な場合は、弁護士事務所に相談してみてください。借金問題のプロが優しく、的確なアドバイスをくれるはずです。ぜひこの記事の内容を参考に、借金返済への一歩を踏み出しましょう。

 

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事