借金まみれで人生崩壊する前に!逆転方法や必要な知識を紹介

収入の低下や浪費、多額の医療費などによって、自分自身や身近な大切な人が借金を背負ってしまったら、あなたはどうしますか?

「借金を抱えているなんて誰にも言えない」と、一人で抱え込んでしまう人もいるかもしれません。しかし、誰にも相談できないまま月日だけが経ち、気が付いた時には借金まみれで人生が崩壊してしまっていた……というケースも考えられます。

本記事では、借金まみれで人生が崩壊する前に知っておきたい知識や人生の逆転方法などを詳しくご紹介します。借金によって人生が真っ暗になる前に、必要な知識はしっかりと身に付けておきましょう。

人生壊?借金まみれの人生で起こること

崩壊

借金まみれの人生で起こることは、年代によって異なります。まずは、借金まみれになるとどんな人生が待っているのか、年代別に見ていきましょう。

20代の場合

収入が低い20代が借金まみれになると、返済に苦しむ人生を歩むことになります。自力での完済が難しいと、弁護士などの専門家へ債務整理の依頼が必要になる場合があります。

また、結婚願望があっても借金まみれのままでは嫌がられ、婚期を逃してしまうこともあるでしょう。

結婚相手が借金まみれな場合どうする?

30・40代の場合

30〜40代

マイホームを購入する人が増えてくる30~40代。この年代に借金まみれに陥っていると、住宅ローンの審査に通らない可能性が高いため、マイホームの購入も諦めることになるかもしれません。

結婚している場合は、借金の返済計画や取り立てが原因となって夫婦げんかが絶えない上、別居や離婚に至るケースも考えられるでしょう。

さらに、子どもがいる場合は、学費や教育費、娯楽費などの出費が重なる世代でもあります。借金まみれだと金銭的な理由から進学を諦めざるを得ないなど、子どもが教育を受ける機会を奪ってしまう可能性もあるのです。

妊娠・出産時にもらえるお金とは?

50代の場合

50代と言えば、新卒で就職をした人が勤続30年近くになり、安定した収入を得られる世代。

子どもがいても既に就職している年齢になっているケースが多いため、その場合は子どもの教育費や学費がかかることもありません。よって、多額の借金でなければ自分の収入で完済することができる可能性が高いです。

WARNING
しかし、住宅ローンの完済が終わっていない人は要注意です。

定年までの収入や退職金と照らし合わせても完済できる目途が立たなければ、マイホームを売却しなければならない場合もあります。

60代以降の場合

60代

60代以降になると、定年を迎えて退職金が手元にある人も多いはず。仮に借金まみれになってしまっても、退職金で完済できる金額であれば問題はありません。

しかし、退職金だけではまかなえない程の多額の借金を抱えていた場合は危険です。定年後の収入が年金だけになると自分の生活と借金返済を両立することが難しくなるため、元の職場に再雇用をしてもらったり、債務整理によって借金を整理したりする必要があります。

いずれも困難な場合は、アルバイトなどで収入を増やすこともできますが、60代以上になると年齢を理由に書類審査で落とされてしまうこともしばしば……。

WARNING
採用に至ったとしても、借金返済のために無理をして身体を壊してしまうリスクもあります。

病気などで働けなくなると返済ができなくなるため、債務整理をしなければ解決できなくなる場合もあるでしょう。

借金まみれで子育て!知っておくべきつの知識

妊娠・出産でもらえるお金

多額の借金を抱えているのに妊娠が発覚したり、出産後に借金まみれになったりと、子育てをしながら借金の返済をしなければならない時が来るかもしれません。

妊娠や出産にはさまざまな費用が必要ですが、その一方で公的な金銭的支援も豊富にあります。

ここでは、借金まみれで子育てをする際に知っておくべき知識についてご紹介します。なお、支給される上限額や対象となる内容は自治体により異なる場合があるため、利用する場合は各自治体にお問い合わせください。

妊娠中・出産時にお金が支給される制度がある

妊娠中や出産時に利用できる支給制度には、以下のようなものがあります。

一時的な支援ですが、出費の多い産前・産後の時期に制度を利用することで、借金返済にかかる負担を減らすことができるでしょう。

制度 概要
妊婦健康診査
費用助成
妊婦健診にかかる費用を助成する制度。助成項目は、問診・体重検査・超音波検査・風疹などさまざま。
高額療養費 医療費が一定金額を上回った場合に、所得に応じて超過分が返金される制度。つわりや切迫流早産による入院・帝王切開などが対象となることがあります。
出産育児一時金 健康保険の被保険者や被扶養者の出産時に、1児につき42万円が支給される制度。
傷病手当金 つわりや切迫流早産などが原因で職場復帰ができない場合に手当金が支給される制度。
出産手当金 産休中の給料が支払われない場合に、会社で加入している健康保険から手当金が支給される制度。
失業保険 妊娠・出産を理由に退職した場合に失業手当が支給される制度。

産後にお金が支給される制度がある

子どもが産まれた後にお金がもらえる制度には、以下のようなものがあります。継続的な支援を受けられる制度もあるため、子育てと借金返済の両立を支えてくれるはずです。

制度 概要
育児休業給付金 雇用保険加入者が対象の制度。育児休業中に子どもが1歳(例外あり)になるまで支給される。
児童手当 子どもが中学校を卒業するまで支給される手当金。
児童扶養手当 一人親家庭を対象に、子どもが中学校を卒業するまで支給される手当金。
医療費控除 世帯あたりの年間医療費が10万円または所得の5%を超えた場合に、所得から超過分を控除する制度。
乳幼児
医療費助成
乳幼児を対象に、医療費の窓口負担を不要にする制度。

国民年金保険料の産前産後期間における免除制度がある

自営業やフリーランスの人を対象に、産前産後期間の国民年金保険料が免除される制度もあります。国民年金に加入している人は、出産の前月から4カ月にわたって国民年金保険料が免除されます。※多胎妊娠の場合は、出産の3カ月前から半年間

免除を受ける際には、居住地の市区町村役所にて所定の手続きが必要です。手続きは出産予定日の半年前から可能なため、早めに済ませておきましょう。

結婚相手が借金まみれ!知っておくべきつの知識

夫婦

結婚を控えている人に多額の借金があると「結婚後も経済的に苦労するのではないか」と交際を諦める人もいるのではないでしょうか。確かに金銭感覚は大切なことですが、借金があってもコツコツと返済を続けて完済する人は大勢います。

借金の返済において重要なのは、二人でよく話し合い返済計画や借金に対する相手の認識などを確かめることです。ここでは、話し合った上で結婚を決意する場合に知っておきたい知識をご紹介します。

借金を立て替えるなら必ず借用書を作る

困っている相手を見て「借金を立て替えてあげたい」と思う人もいるかもしれません。たとえ婚約者であっても結婚していなければ相手は親族ではなく、あくまでも他人です。

借用書

お金を立て替えた後に関係性が崩れて結婚に至らなかった場合、連絡が取れなくなり、立て替えたお金を返してもらえない可能性もあります。

CHECK
結婚相手の借金を立て替える場合には、必ず借用書を作成しておきましょう。万が一立て替えた後に関係性が破綻してしまっても、借用書があれば民事裁判によってお金を取り戻せるかもしれません。

ただし、相手に支払い能力がなく泣き寝入りになるケースが多いのも事実。結婚相手だからと言って油断せず、お金の貸し借りは慎重に行いましょう。

結婚式や新婚旅行のための借金は避けるのがベター

新婚旅行

結婚相手が結婚前に既に借金をしていたり、新生活の準備にお金を使い果たしてしまったりと、結婚式や新婚旅行の資金を捻出できない場合があります。

「一生に一度のイベントだから…」と、結婚式や新婚旅行のために借金をしてしまうと、新婚早々から返済に追われる生活がスタートしてしまいます。

結婚式や新婚旅行は、二人で貯金をしてからでも遅くはありません。お金が準備できるまでは、結婚式を挙げない・新婚旅行に行かないなどの選択肢も視野に入れ、結婚のために借金を背負う道は避けることをおすすめします。

どうしても結婚式を挙げて新婚旅行にも行きたい場合は、披露宴を少人数のコンパクトなプランにしたり、安い費用で行ける国内旅行にしたりと、二人の経済事情に合った内容で楽しみましょう。

借金で子どもを諦めなければならないケースもある

子ども

結婚相手が借金まみれの場合、子どもが欲しくても時期を遅らせたり、諦めないといけなかったりと、思い描いていた家庭を築けないケースもあります。

産前産後の公的な支援は受けられますが、育児にはそれらの支援だけでは足りない程多くのお金が必要です。さらに「子どもが大きくなるまでは家にいたい」と妻が休職すると、しばらくは夫の給料に頼らざるを得ません。月々の生活費に加えて子どもの養育費や教育費、さらに借金の返済となると、生活は苦しくなります。

CHECK
多額の借金によって家族計画にも影響を及ぼす可能性があることを念頭に置いておきましょう。

家族(両親・兄弟姉妹)が借金まみれ!知っておくべきつの知識

家族

自分に借金がなくても、家族が借金まみれで悩んでいる人もいることでしょう。

家族に借金があると借金返済に協力しなければならないと思うかもしれませんが、基本的には必ずしもあなたが借金の返済に協力する必要はありません。ただし、場合によっては家族に代わって借金を返済しなければならないケースもあるため、注意が必要です。

ここでは、家族(両親・兄弟姉妹)が借金まみれの場合に知っておくべき知識をご紹介します。

親や兄弟姉妹の借金を返済する義務はない

たとえ親子や兄弟姉妹の関係性があったとしても、法律上は他人です。よって、基本的に親や兄弟姉妹の借金を返済しなければならない義務はありません。

仮に「家族なのだから」と言われたとしても、以下でご紹介する例外を除き、あなたが返済する義務はないのです。

親や兄弟姉妹の死後には借金も相続される

兄妹

親や兄弟姉妹が借金を背負っていた場合、家族だからと言ってあなたが返済をしなければならない義務はありませんが、親・兄弟姉妹が亡くなった場合は要注意。土地や家などの財産とともに、借金のような負の遺産も相続されるのです。

借金を相続すると、相続した人が返済を行わなければなりません。本人が借金を隠していた場合、亡くなって初めて多額の借金を知るケースもあります。

借金を相続しないための対策がある

親や兄弟姉妹の借金を引き継がないための方法には、以下の2つがあります。

対策 概要
相続放棄 借金を含むすべての遺産を放棄する方法。借金の総額が遺産を上回っている場合におすすめ。
限定承認 手元に残る遺産を超えない範囲で借金を引き継ぐ方法。借金の正確な総額が把握できない場合におすすめ。

いずれも手続きが必要となるため、不安な人は弁護士など専門家に依頼して進めるとよいでしょう。

借金の連帯保証人や保証人になっている場合はどうするか

お金を借りる際には、連帯保証人や保証人が必要です。連帯保証人・保証人には以下のような違いがあります。

対策 概要
連帯保証人 債務者と連帯して借金の返済を保証しなければならない。
保証人 借金の返済をできなくなった人の代わりに返済しなければならない。

一見すると同じように見えますが、借金をした本人と連帯して返済の義務が発生する「連帯保証人」の方が責任の重さは大きくなります。

例えば
あなたが兄の連帯保証人・保証人になったとしましょう。兄の返済が遅れてあなたが支払いを求められた時、保証人であれば「まずは主債務者である兄の財産を差し押さえてください」と反論することができます。

しかし、あなたが連帯保証人であった場合は、兄の借金はあなたの借金でもあるため、保証人と同じ反論はできません。

「保証人としてサインしたつもりが実は連帯保証人だった」というケースも多いため、借金の連帯保証人・保証人になってほしいと頼まれた際は、相手が返済できなくなった場合も考えて、慎重に検討しましょう。

借金まみれでもお金はりられる?

依頼

借金まみれに陥るとブラックリストに載ってしまうため、お金を借りたくても審査に通りにくくなります。とは言え、急にまとまった現金が必要になり、どうしても借金しなければならない事態が発生する可能性もあるでしょう。

そんな時は、条件を満たしていれば消費者金融からお金を借り入れできるかもしれません。ここでは、借金まみれでもお金を借りられる可能性のある2つの条件についてご紹介します。

貸金業者からの借入金額が年収1/3以下である

消費者金融には、すべての貸金業者からの借入総額が年収の1/3までしか設定できない総量規制があります。

よって、貸金業者(消費者金融・信販会社・クレジットカード会社)からの借入金額が年収の1/3以下であれば、借金があったとしても消費者金融の審査に通る可能性があります。

他社借入の件数が4件未満である

複数の業者から借金をしている場合、その数が多ければ多いほど審査に落ちやすくなります。他社借入の件数が4件以上あると「借金癖がある」「返済能力が低い」などと見なされ、審査落ちの確率が高まります。

審査に落ちる

反対に、他社借入の件数が4件未満であれば審査に通る可能性も残っているため、どうしてもお金が必要な場合は検討してみてください。

借金まみれの人生を転するなら

ハッピー

借金返済のための借金を繰り返すと、返済額がかさむ一方。借金まみれの日々から抜け出し、人生を逆転するためには、どこかで区切りを付けなければなりません。

ここでは、借金まみれの人生を逆転するための方法をご紹介しましょう。

専門家へ相談する

自分の力で借金問題を解決できそうにない時は、早い段階で弁護士などの専門家への相談がおすすめです。

一人で抱え込んでしまうと逃げ場がないように感じてしまうかもしれませんが、弁護士に相談すれば専門的な立場からさまざまな提案を受けることができるため、スムーズに解決への道が開けるはず。

また、問題解決に必要な手続きも代行してもらえるため、複雑な作業をこなす負担も大きく軽減されるでしょう。

債務整理をする

借金まみれから脱出し、人生を逆転する手段としては債務整理もおすすめです。

債務整理とは?
借金の減額や支払期間の延長などによって返済の負担を軽くする手続きの総称。

債務整理には、大きく分けて以下の3つがあります。

任意整理 月々の返済額を減らし、無理のない範囲で完済できるようにする手続き。
個人再生 借金の返済が難しいことを裁判所に認可してもらい、借金を減額した上で数年かけて少しずつ返済していく手続き。
自己破産 財産が無く借金の返済ができないことを裁判所に認可してもらい、借金の支払いを全額免除してもらう手続き。

上記のように、さまざまな方法で借金返済の負担を軽減することができます。

どの方法を選べば良いか悩んだ場合は、弁護士に相談して助言をもらったり手続きを依頼したりすることも可能なため、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

債務整理にすすめな弁護士・司法書士事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
受任件数6,000件のノウハウを活かして法律問題を解決
無料で何回でも相談できるから相談しやすい
土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は6,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。
任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金/1件 22,000円 報酬金/1件 22,000円
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応業務 債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:http://tokyo-lawtas.com/

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料や着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と比較的安い費用設定が魅力です。
また手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金/1件 0円 報酬金/1件 20,000円
減額報酬 10% 過払い報酬 返還額の20%
10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務 債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
出典:https://hikari-hatano.com/

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。
任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金/1件 22,000円 報酬金/1件 22,000円
減額報酬 10% 過払い報酬 返還額の20%

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応業務 債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:https://hibari-law.net/

弁護士法人・響

弁護士法人・響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。
任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応業務 債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。
任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金/1件 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応業務 債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:https://amane-law.or.jp/

まとめ

今回は、借金まみれになってしまった場合に知っておきたい知識や、借金問題を解決して人生を逆転するための方法を解説しました。もしも自力で借金問題を解決できそうになければ、早めに弁護士に相談することが大切です。

また、自分が借金まみれになるだけでなく、大切な家族や結婚相手が多額の借金を抱えて苦しむ場合もあるでしょう。身近な人が借金まみれになった際は、その借金によって自分が苦しむことがないよう、今回ご紹介したさまざまな知識を参考にしてみてください。

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事