借金を一本化して返済をまとめる‼審査に通らない原因も

複数社から借金をしている場合、

  • どこからいくら借りているのか分からなくなった
  • カード会社や消費者金融によって返済日が違うから忘れやすい
  • できればまとめて月に1度に返済したい

と悩んでいる方はいませんか?そんな方におすすめなのが、借金の一本化です。

借金を一本化すれば金利が下がるケースもあり、返済もスムーズにいきやすいと言われています。借金問題におすすめの弁護士・司法書士事務所も紹介します。ぜひこの記事を参考に検討してみましょう。

借金が返せない!
今すぐに借金を減額したい方へ

借金を減額したいと考えている方は、まずは無料の借金減額診断でいくら借金を減らせるのか診断してみるのがおすすめです。

弁護士法人・響の借金減額診断

当サイトがおすすめする借金減額診断は、弁護士法人・響が運営している無料シミュレーターです。
おすすめな理由
  • 無料・匿名でできる
  • 3つの質問に答えるだけでわかる
  • 運営元はメディア出演実績多数の大手弁護士事務所だから安心
 

結果はすぐにわかるので、借金が返済できないと焦る前にぜひ一度試してみてくださいね。

借金の一本化とは

SNS広告などで「借金を一本化しませんか」「おまとめローンに借り換えませんか」といったキャッチコピーを見かけたことはありませんか?

借金の一本化とは文字どおり、借金を一本にまとめること。つまり、複数のローンを使って借りていたお金を一つのローンにまとめることをいいます。

ですが、実は様々な銀行や消費者金融で借金一本化のための「おまとめローン」を商品として準備しているほど、スタンダードな方法となっています。

借り換えとは?

住宅ローンを組んだことがある方なら「借換え」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

例えば
住宅ローンの場合、あるローンから借り入れていた住宅購入費用をより金利の安い別のローンからの借入れに変更することを「借換え」と呼びます。

本記事で取り上げる借金の一本化は、住宅ローンのようにあるローンから別のローンへというわけではありませんが、借り入れるローンを変更するという意味では「借換え」にあたります

もともと借り入れていた相手先にはいったん全額返済し、その返済にかかったお金を別のローンから借り入れる、というわけです。

借金一本化の5つのメリット

借金一本化にはメリットがたくさんあります。

特に今、返済に困っている方で長期的に収入の見込みがある方には魅力的な点が多くありますので、チェックしてみてください。

借金一本化のメリット
  1. 金利が下がる
  2. 月々の返済額が下がる
  3. 返済先が一か所になる
  4. ブラックリストに載らない

メリット①金利が下がる

借入額にもよるのですが、だいたいの場合で借入時の金利が下がります

おまとめローンは通常の借入れよりも若干ですが、低い金利が設定されている場合が多いからです。

 金利が下がると、毎月の返済金額のうち利息の占める割合を減らせます。

その分を元本返済にまわすことができるので、返済スピードを上げることも可能になってきます。

メリット②月々の返済額が下がる

借金を一本化すると月々の返済額が下がる

これも借入額やローンの数によりますが、月々の返済額が下がる場合が多いです。

どこのローンでも、いくら以上の借り入れなら月々の返済額はいくら、と決めていますが、借入額に比例して返済額が上がっていく設定のところはまずありません。

 借入額が2倍になっても、月々の返済額は1.2倍程度のところがほとんどです。

結果、一本化によりローンの数を減らせればその分だけ、月々の返済額を下げられることになります。

メリット③返済先が一か所になる

借金の「一本化」ですからあたりまえなのですが、返済先・タイミングを統合できます。その分、管理が楽になります。

複数のローンを使って借り入れをしていると、返済のタイミングが異なる場合が出てきますよね。
例えば
Aローンは毎月4日、Bローンは毎月10日、Cローンは毎月27日といったように返済日が異なるため、その都度必要なお金を口座に準備しておく必要があります。

お金に余裕があれば月イチですべての準備を済ませることも可能でしょうが、カツカツだとそうもいかず、月になんども銀行に行く羽目になります。

借金が一本化できれば、基本的には月1回の返済で済むようになります。手続き面で楽になるというのは、思っているよりも負担がぐっと減るもの。

その分「お金返さなきゃなぁ」と苦い気持ちになることも少なくなり、前向きに毎日を過ごせるようになった、という方もいらっしゃるほどです。

メリット④ブラックリストに載らない

ブラックリストに載るとは、信用情報に悪いデータが載るということ。

 ブラックリストに載ってしまうとその後5~10年は新たな借入れやクレジットカード発行などができなくなることが考えられます。
信用情報とは?
誰がいつ、どこでどのくらいお金を借りたとか、どのくらい返しただとか、そういった情報を指します。

クレジットカードのキャッシングや消費者金融などからの借入れのほかに、住宅ローンや携帯電話の分割購入なども、信用情報に含まれます。

新たな借入れやクレジットカード発行などの申込みがあると、申込みを受けた会社は信用情報を管理する機関に問合せをかけます。

その人自身の返済能力に問題がないかを過去の借入れおよび返済データから判断し、借入れやクレジットカードの上限額を決めたりする仕組みになっています。

 任意整理や自己破産といった債務整理の場合「お金が返せなかった」という事実があるためブラックリストに載ってしまいますが、借金の一本化はあくまで「借換え」であり、借金の免除はありません。

よってブラックリストにも載らないので、その後の借入れに制限が出ることは少なくなると考えられます。

メリット⑤総量規制に引っかからない

一本化のための新たな借入れは、一定の要件を満たせば総量規制の対象外になります。

総量規制とは?
「その人の年収の3分の1を超える金額を貸金業者は貸し付けてはならない」とする法律上のルールです。
 すでに総量規制の金額近くまで借入額がある方でも、おまとめローンに申し込めば審査通過となる可能性はあると考えられます。

借金一本化のデメリット

メリットがあれば、必ずデメリットもあります。特に、いま借入に対する返済にそこまで困っていない方は、あえて一本化にふみきらないほうが良いかもしれません。

ご自身がどちらにすべきか判断するために、また後になって「やらなければよかった」と後悔しないために、しっかり理解しましょう。

返済期間が延びる

メリットのところで述べたように、借金の一本化をすると多くの場合で月々の返済金額が減ります。

 ただし一本化は債務整理ではないため、借金そのものの総額が減るわけではありません。

よって、一本化をする前と比べると1回の返済金額が減る分、返済する回数が増えることが考えられます。その場合、返済のペースは月1回で変わりませんから、返済期間が長くなってしまうのです。

安定した収入が続く方で、かつ費用面での大きな出費機会がまだしばらくはない、という方なら返済期間が延びても問題ないかもしれません。

ですが例えばお子さんの進学や介護など、それなりにお金のかかることを近いうちに控えている方の場合、すこしでも返済期間を延ばすのが危険なケースもあるでしょう。

ご自身のライフプランと合わせて考える必要があります。

ケースによっては返済総額が増えることも

借金の一本化をすると、1回の返済金額が減りその分だけ返済期間が延びることが考えられます。

その際、借入総額は変わらないのですが、返済総額に計算しなおすと一本化する前より増えてしまうケースがあります

 金利がそこまで変わらないのに返済期間が延びてしまうと、結果的に支払う利息が一本化する前よりも増えてしまうということが起こりえます。

とにかく今の返済が苦しいという方は、トータルの返済金額が増えることよりもまず目先の返済を滞りなくすすめていくことに気持ちが向いています。

もちろん、返済を滞納してしまうと信用情報の観点からよろしくないのは事実ですが、安易に一本化をしてしまうと未来に苦労を先延ばしすることにもなりかねません。

借金一本化を考えるなら、まずは利用したいおまとめローンの金利で改めて返済総額を計算してから利用するようにしましょう。

借入審査がある

借金一本化は一定の条件を満たせば総量規制にひっかからない、とメリットのところで書きましたが「審査がゆるくなる」ということでは残念ながらありません。

本記事の後半では、借金一本化の審査に通りやすくするために考えられるコツをご紹介しています。

審査に通るか心配、という方はぜひそちらをチェックし、少しでも審査に通りやすいと考えられる状態での申込みがおすすめです。

借金を一本化する「おまとめローン」にはどんな商品がある?

借金一本化に踏み切ろうとお考えの方向けに、おまとめに使えるローンをいくつか紹介します。

借入金額や収入の状況などによってどれが良いかは異なりますので、ご自身の状況に合わせて選んでみてください。

ろうきん

ろうきんは、労働組合の出資により運営されている銀行です。

労働組合は働く人たちの集まりですから、ろうきんは働く人たちにメリットのあるような金融商品を提供しています。

ろうきんは全国各地にあり、住んでいる場所によってどこのろうきんのサービスを受けることができるかが変わりますが、だいたい10%を切るくらいの金利設定となっています。

 ろうきんによっては、出資している労働組合に属している人しかサービスを利用できない仕組みになっています。

中央リテール

中央リテールはおまとめローンのみを提供しています。利用限度額は500万円まで。

審査基準を独自に設けているのが特徴です。融資までは最短1日と、スピーディーな対応が期待できます。

ライフカード サポートローン

ライフカードのおまとめローン「サポートローン」は普通の借り入れやキャッシング以外にショッピング利用分も含めて借り換えができるのが特徴です。

審査期間は最短で2~3日、融資は最短で7日。利用限度額は500万円となっています。

スムーズに借金を一本化するには

いきなりおまとめローンに申し込んでも、審査に通らない可能性があります。対策のすべてをやるのは難しくても、できることをやってみましょう。

※次に紹介する手段は、ローンの審査に通りやすくなるために考えられる手段であり、この手段を使えば必ずローンの審査に通りやすくなるとは限りません。

返済日を守る

「どうせおまとめローンに切り替えるから、いまの返済は適当でいいや」と思ってしまいがち。

あるいはおまとめローンを調べることに気を取られて、返済のための入金などがおろそかになってしまうケースもあります。

 ですが、返済遅れはローン審査に大きなデメリットとなると考えられます。

無事に一本化が済むまで、返済遅れをなるべく作らないようにしましょう。以前にすでにやってしまっている方も、回数をこれ以上増やさないように努めてください。

安定した収入を作る

借金を一本化したいなら安定した収入を作ろう

ローン審査の際、返済能力がどのくらいあるかは重要なポイントと予想できます。

 安定した収入がある状態で申し込んだほうが、ローン審査に通りやすくなると考えられます。

正社員でなくても、アルバイトやパートとして定期的な収入が見込めれば、それは「安定収入」と判断してもらえると予測できます。

おまとめローン申し込みの際、無職ならば定期的にシフトに入れるアルバイトなどを確保してからにするほうが、審査に通る可能性は上がるかもしれません。

借入残高を減らす

おまとめローン審査は総量規制に引っ掛からないとはいえ、借入残高は少ないほうが審査に通りやすくなると考えられます。

例えば
繰り上げ返済が可能ならば、少しでも返済をして借入残高を減らしておきましょう。

また、借入先の件数としても、少しでも少ないほうが審査に通りやすくなると予測できます。

少額のみの借り入れが複数あるという場合は、なるべく少ない借入先にまとめることができないか検討してみてください。

借金を一本化したいのに審査に通らない原因

借金を一本化したいのに審査に通らない原因とは

借金を一本化するためおまとめローンなどの審査に申し込んだ結果、審査に通らななかった…という方もいらっしゃるかもしれません。審査に通らないのは何らかの原因があるからです。

そこで、おまとめローンなどの審査に通らない理由を説明していきます。借金を一本化して返済を楽にしたい方は、こちらを読んでスムーズな審査通過を目指しましょう!

ブラックリストに載っている

過去に返済を滞納したり債務整理を行ったりすると、金融事故として信用情報にキズがつきます。信用情報に事故情報が登録されることを、俗に「ブラックリストに載る」といいます。

金融事故の種類にもよりますが、ブラックリストには最低でも5年間載るといわれています。おまとめローンの申し込みから5年以内に金融事故の履歴があると、審査に通らない可能性があります。

借金が多すぎる

借金総額が多すぎると一本化できない

おまとめローンはいま抱えている借金すべてを一本化できますが、借金総額が多すぎるのも考えものです。特に収入に対して借金総額があまりにも多いと、信用の関係で審査に通らないことも。

おまとめローンも与信で成り立っています。ローン会社が様々な条件をチェックして「問題なく返済できるだろう」と判断しない限り、おまとめローンによる借金の一本化は難しくなってしまいます。

 借金総額が多い場合は、返済できる借金から手をつけていくのが重要です。申し込みまでに借入残高を少しでも減らしてみてください。

多すぎる借金がどれくらい減額できるか知りたい方は、以下のボタンから診断してみてください。

収入が少ないor不安定

借金総額の話と似ていますが、収入が極端に少なかったり不安定だったりすると返済の確証が薄まります。ゆえに、結果として審査に通過できない…なんてことになりかねません。

おまとめローンを利用して借金を一本化するということは、言い換えれば一本化しなければならないほどの借金があるということです。

多額の借金を一本化したいなら、返すための収入が少しでもあったほうが審査では有利にはたらくでしょう。まずはアルバイトやパートなどで定期収入を得ることから始めましょう!

借金については弁護士に相談するのがおすすめ

ここまで読んでくださった方の中には、

  • 自分ひとりで判断してよいのか不安
  • わからない点があったとき、誰に聞けば良いのかわからない

といった気持ちを抱えている方がいらっしゃるかもしれません。

 もし少しでも心配な気持ちを抱えているのであれば、弁護士に相談するのが確実です。

弁護士に相談するメリットを確認していきましょう。

一番良い方法を提案してくれる

弁護士は法律の知識があります。また、借金問題の取扱実績のある弁護士であれば、借金一本化や債務整理などの経験もあるので実際のローン審査の現状などにも詳しいでしょう。

持っている知識や実績をふまえて、相談者にとって良い方法を提案してくれます。これが弁護士に相談する大きなメリットです。

 借金一本化という方法よりも思い切って債務整理に踏み切ったほうがトータルで良い状況になるかもしれません。

目の前の返済に追われて視野が狭くなっているであろう相談者よりも、プロのほうが何倍も良い判断が期待できます。

相手方の交渉も依頼できる

弁護士の仕事は裁判で戦うことだけではありません。誰かと「交渉」するのも弁護士の仕事のひとつです。

例えば
債務整理のひとつの「任意整理」では、弁護士が相手方の貸付業者と、金利をゼロにしてもらったり返済期間を延ばしてもらうことなどに向けて交渉をします。

もともとの複数の借入れがあり、かつ借換え先のローンも考えると、借金一本化の手続きではちょっとした意思疎通の失敗で、トラブルが発生する可能性があります。

そういうとき素人が対応しても、有利な方向にまとめることは難しいものです。

弁護士というプロが味方についていれば、こちらに有利な内容で進めてくれることが期待できます。

法律上NGな方法を排除できる

弁護士は法律のプロですから、法律に関しては特に正しい判断ができます

こちらが違法なことに知らずに手を出してしまうようなことも防げます。

 法外な金利で、借金の一本化を持ちかけてくる違法業者もゼロではありません。

ただし、素人からすると違法か合法かの判断が難しいところ。返済不要と知らずに、ずっとお金を返し続けてしまうこともあるでしょう。

トラブルの回避に尽力してくれるのも、弁護士に依頼するメリットです。

借金減額に強い弁護士・司法書士事務所7選

借金問題を解決してもらうのに、当サイトが特におすすめする弁護士・司法書士事務所は、次の3社です。

おすすめ弁護士・司法書士事務所3選

それぞれの事務所の特徴や費用、おすすめする理由についてはここから詳しく紹介していきます。

サンク総合
法律事務所
東京ロータス
法律事務所
はたの法務事務所
弁護士法人・響
アース法律事務所
ひばり法律事務所
天音総合
法律事務所
サンク総合法律事務所_ロゴ
東京ロータス法律事務所
はたの法務事務所
弁護士法人・響
アース法律事務所
ひばり法律事務所
天音総合法律事務所
実績
相談件数
月600件以上
受任件数
7,000件以上
ノウハウ実績多数
相談件数
20万件以上
メディア出演・掲載実績多数
3,500件以上
2,000件以上
弁護士歴25年以上
メディア出演
実績多数
相談料
何度でも無料
何度でも無料
何度でも無料
何度でも無料
無料
何度でも無料
無料
着手金
1件55,000円
(税込)〜
1件22,000円
(税込)
0円
55,000円
(税込)〜
1件22,000円
(税込)〜
1件22,000円
(税込)
1社55,000円
(税込)〜
分割払い
対応地域
全国
全国
全国
全国
全国
全国
全国
休日対応
応相談
10:00〜19:00
8:30〜21:00
24時間
応相談
×
24時間

サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所のポイント
取り立て・催促を最短即日でストップ
初期費用0円
費用の分割払いOK!手持ち資金がなくても依頼できる
月600件以上の相談実績
24時間365日受付/全国対応の借金専門相談窓口あり
初期費用0円!分割払いOK
サンク総合法律事務所
公式サイトへ
どんな弁護士事務所?

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、借金問題の解決実績が豊富で、問い合わせが月600件以上ある人気な弁護士事務所です。

特徴

人気の理由は、自分が納得いくまで何度でも無料相談ができ、借金に関する質問にわかりやすく答えてくれるから。

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて、オンラインや電話での面談も24時間365日全国から受け付けています。

初期費用は0円(契約前まで一切料金がかかりません)かつ費用の分割払いが可能なので、現在手元に十分な資金が欠くても依頼が可能です。

また、家族や職場に知られにくいように配慮してくれたり、女性弁護士が在籍していたりと、誰でも気軽に相談できる環境が整っています。

最短即日で借金の取り立てや催促を止めてくれるので、今すぐ催促から解放されたい方にもおすすめです。

任意整理する場合にかかる費用
完済後の過払い金請求の着手金は、無料です。
着手金
/1件
55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
回収額の22%

※訴訟による場合は回収額の27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

サンク総合法律事務所について
所在地 〒104-0032
東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対応業務 債務整理、貸金問題、離婚・相続・遺言、民事事件一般、不動産取引、刑事事件など
出典:サンク総合法律事務所公式サイト

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
無料相談のしやすさが魅力
何回でも・土日祝日でも・メール/電話でも・全国各地からでも相談OK!

受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%
その他
諸費用
5,500円  

※訴訟の場合は27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応
業務
債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:東京ロータス法律事務所公式サイト

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
任意整理の着手金が0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
相談実績20万件以上
ベテラン司法書士在籍だから安心
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
公式サイトへ
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。

はたの法務事務所 料金

また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金
/1件
0円 報酬金
/1件
22,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※10万円以下の場合:14%+計算費用11,000円。
※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応
業務
債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
出典:はたの法務事務所公式サイト

弁護士法人・響

弁護士法人響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超
信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
相談前にまずは無料診断!
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。

相談前にまずは無料診断!
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら
任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※訴訟の場合は27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応
業務
債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
相談前にまずは無料診断!
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら
出典:弁護士法人・響公式サイト

アース法律事務所

アース法律事務所
アース法律事務所のポイント
全国からの相談受付中!初回相談は無料
元裁判官の弁護士が相談に乗ってくれる
事前予約で夜間や時間外も対応可能
3,500件以上の実績あり
どんな弁護士事務所?

アース法律事務所は、全国から債務整理や借金問題の相談を受け付けている弁護士事務所です。元裁判官の弁護士が在籍しており、プロの目線からサポートしてくれます。

特徴
相談実績は3,500件超。債務整理や過払い金請求などの借金問題はもちろん、不動産関連や相続など取り扱い業務の幅広さが特徴です。

法律事務所の営業時間は平日の10〜19時ですが、電話やメールで事前に連絡すれば、時間調整のうえ土日祝日や夜間など時間外でも対応してくれます。

借金問題であれば初回の相談は無料。30分や1時間単位で費用が発生しないので、じっくりと相談ができます。

アース法律事務所は紹介者がいなくても相談できるので、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

無料メール相談24時間受付中
アース法律事務所
に無料相談する
任意整理する場合にかかる費用
必要な弁護士費用をオープンにしてくれているので安心ですね。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11%相当額 過払い
報酬
-

※金額は全て税込み表示です。

アース法律事務所について
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋2丁目12-5池伝ビル5階
対応
業務
債務整理、相続、詐欺被害、不動産問題など
無料メール相談24時間受付中
アース法律事務所
に無料相談する
出典:アース法律事務所公式サイト

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
相談するだけなら無料!
依頼したときだけ費用が発生
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。

任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%
経費 5,500円  

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応
業務
債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:ひばり法律事務所公式サイト

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!
24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。

任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※訴訟の場合は27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応
業務
債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:天音総合法律事務所公式サイト

借金一本化に関するよくある質問

借金一本化はどうやってやる?

おまとめローンと呼ばれる商品を利用して、複数のローンでの借入を一箇所にまとめます。

もともと借入していた相手先に全額返済し、その返済にかかった金額を別のローンで借り換えるといった仕組みです。

おまとめローンは低い金利で設定されていることも多いため、元金の返済がしやすくなり、結果として返済スピードも早くなる可能性があります。

借金について相談したい。おすすめの弁護士・司法書士事務所は?

本サイトでは「サンク総合法律事務所」をおすすめしています。

借金専用の相談窓口があるため、返済をする余裕がなく悩んでいる方や今後の返済計画を考えたいという方は、ぜひ利用しましょう。相談だけなら無料で何度でも受け付けています。

また費用の支払いは分割もOKのため、まとまったお金を用意できない場合も気にする必要がありません。一人で悩まず、まずはプロの弁護士に相談しましょう。

借金一本化のメリットは?

借金一本化をすると、金利が下がる点が大きなメリットです。借金をしている方は、できる限り返済の総額を減らしたいと考えるのが普通でしょう。

おまとめローンは一般的に金利が低く設定されていることが多く、利息を押さえられるメリットがあります。

また、返済先が一箇所にまとめられるため、数カ所に返済していたときよりも返済計画が立てられやすくなります。

借金一本化のデメリットは?

借金一本化をして一回の返済額が減った場合、返済期間が長引くデメリットがあります。

長期化しても問題のない安定した収入があれば心配はいりません。しかし近いうちに養育費や介護費などがかかる場合は、ライフプランと照らし合わせてよく考えましょう。

返済期間が長引くことで支払う利息が大きくなることが考えられるため、一度シミュレーターなどで計算することをおすすめします。

借金一本化ができる「おまとめローン」の具体的な商品は?

ろうきんやおまとめローン専門の中央リテールなどがあります。他にも調べれば消費者金融や銀行などさまざまな商品が出てきます。

選び方がわからない方や、そもそも借金一本化がベストな解決策なのか不安な方は、一度弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

借金一本化、これまでの借入れを返済し「おまとめローン」に借り換えるということについて、主なメリットやデメリットなどご理解いただけたかと思います。

細かいところについては、一本化前の借り入れ状況や選ぶおまとめローンによって、またその人自身の収入や資産状況によって変わってきます。

 判断に困ることのないよう、弁護士に相談しながら進めることをオススメします。

最近は多くの弁護士・司法書士事務所で、無料相談窓口を設けていたり、納得できるまで何度でも相談無料を謳っていたりします。

まずはこういう制度を利用して、ご自身の状況を相談してみると良いでしょう。

 

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事