借金の返済計画のコツは?返済計画書の書き方や借金を減らす返済手順

いくつもの借入先から借金をすると、毎月の返済額や完済予定日などの借入状況が、分からなくなってしまうことがあります。

100万円や300万円など、借入額が高額になるほど、返済状況を把握するのも困難でしょう。

全体像が見えないまま返済を続けていても、いつになったら完済できるかの見通しが立たず、先の見えない毎日に苦しんでしまうかもしれません。

そこで今回の記事では、借金が多い人にこそ知ってほしい「返済計画書」「返済表」について、書き方や作成のメリットなどを詳しく解説します。

返済計画の立て方を知り、ぜひ自分の返済にも役立ててみてください。

借金済計画表を作成しよう

複数の金融業者から借入をすると、

  • どの業者からいくら借りたのか
  • 来月はいくらの返済が発生するのか

など、借り入れ状況を把握することが難しくなってしまいます

そこで、まずは返済計画書を用いて、返済計画を立てる準備をしましょう。

返済計画書(返済計画表)とは?

返済計画書とは、返済額や返済回数・残高などをまとめたもので、月々の返済額や完済予定日など、借入に関する情報をひと目で確認することができる書類です。

一覧表にまとめることから、返済計画表と呼ばれることもあります。

CHECK
借入の契約をした後に発行されるのが一般的ですが、きちんと計画立てて完済するためには、実は借入前に返済予定表に基づいて返済計画を立てることが大切です。

返済計画書の書き方は?

返済計画書は金融機関のホームページで確認できる場合もありますが、エクセルのテンプレートなど、無料で利用できるツールを活用しても良いでしょう。

返済計画書には、主に以下のような項目を入力します。

借入金額 借入の総額
借入残高 現時点で残っている借金の残高
返済額 ひと月あたりに返済する金額(元金+利息)
借入日 借入を行った日時
払込期日 毎月の返済日
返済利息 現在適用されている利息
返済方法 元利均等方式または元金均等方式
金利タイプ 変動金利または全固定金利

 なお、使用するツールにより記載項目が異なるため、使用するツールの項目に応じて入力していきましょう。

多額の借入で返済期間が長期にわたる場合は、数年おきに状況を見直し、返済計画書を再発行することもあります。

借金返済計画書を作成する3つのリット

返済計画書は返済の見通しを立てて、その都度状況を見直していくものです。

しかし、返済計画書の作成にはそれ以外にもさまざまなメリットがあります。

ここからは、返済計画の見通しを立てられる点も含め、返済計画書を作成するメリットについてご紹介していきましょう。

① 月々の返済額や完済予定日を把握できる

お金

上記で解説したように、返済計画書を作成するメリットは、以下のような月々の返済額や完済予定日などの借り入れ状況を把握できることです。

    • どの金融業者からどれだけの借入金があるか
    • 現在適用されている利息はいくらか
    • ひと月あたりの返済額はいくらか
    • 今後どのように返済残高が推移するか

返済計画書は、借入を行った本人だけでなく、誰が見ても以下のような借り入れ状況が一目で分かります

長期にわたって返済していく場合は、返済途中で新たに借入を行って返済総額が増えたり、完済によって借入先が減ったりと、常に状況が変わっていくと考えられます。

CHECK
お金の動きを正確に把握するためにも、返済計画書を作成してしっかりと管理しましょう。

② 新たな借入時に金融機関との交渉材料として使用できる可能性アリ

パソコン

返済中に新たな借入をしたい場合にも、返済計画書は役立ちます。

一般的に借入時には、金融業者の担当者が、借入希望額や収入などをもとに審査を行います。

CHECK
返済計画書を提出することで、借入額や借入残高、返済実績など返済能力を示せる可能性があります。

たとえ現在借金が残っていたとしても、これまでの返済実績に問題がなく何年も滞りなく返済を続けていれば、十分なアピールポイントとなる可能性もあります。

③ 資金繰り表とともにお金の流れを把握する資料として活用できる

書類

会社の経営などをしていると、「資金繰り表」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

資金繰り表とは?
会社を経営するにあたって必要な資金をどのようにやりくりするのか、1カ月単位・1週間単位な短期間の資金の流れをまとめた表を指します。

どんな名目でどれだけのお金が必要なのかを整理することで、より正確な借入額の把握や現実的な返済スケジュールを立てることが可能となります。

WARNING
ただし、資金繰り表だけでは具体的な借入先や金融業者別の借り入れ状況は分かりません。反対に、返済計画書だけでは借り入れ状況以外のお金の動きを把握することはできません。

返済計画書に具体的な借入先を、そして資金繰り表にお金のやりくりをまとめることで、初めて全体像が見えてくるのです。

無理のない借金済計画を立てる3つの手順

階段

少しでも早く借金を完済するためにという焦りから、毎月の返済額を収入に似合わない高い金額に設定する人もいるかもしれません。

確かに、ひと月あたりの返済額が多ければ多いほど、借金は早く完済できるでしょう。

WARNING
しかし、無理をして返済額を高く設定するとすぐに生活が立ち行かなくなり、結果的に新たな借入をしてしまったり借金を整理せざるを得なくなったりしてしまうリスクがあります。

とは言え、毎月行き当たりばったりの返済をしていてはなかなか完済の目処が立たず、いつまでも借金返済の負担からは逃れられません。

CHECK
つまり、借金返済において最も重要なことは自分に合った無理のない返済計画に基づいて返済を行うことだと言えます。

そこでここからは、無理のない返済計画を立てるための手順について、解説していきましょう。

① 借入総額を明確にする

金額

まずは現在の状況を正しく把握するために、借入先別に借入残高や金利手数料を書き出し、借入総額を計算してみましょう。

WARNING
正確に把握するために、借入残高は1円単位で書き出すことが大切です。

借入総額が分からない場合は、以下方法を使い自分で調べてみましょう。

調べ方1

借入先が分かっている場合

借入先が分かっている場合は、それぞれの公式サイトの会員専用ページにログインして確認することができます。

また、借入先に電話で直接問い合わせて教えてもらうことも可能です。

 

調べ方2

借入先が分からない場合

借入先が分からない場合は、信用情報機関に問い合わせる必要があります。

信用情報機関とは?
クレジットカードの使用歴やローン、借金など個人の信用情報を管理する機関です。

信用情報機関には、以下の3つがあります。

信用情報機関 主な登録内容
CIC(株式会社シー・アイ・シー) クレジットカードの利用歴など
JICC(日本信用情報機関) 消費者金融との取引履歴など
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 銀行や信用金庫との取引履歴など

各信用情報機関に問い合わせると、借金状況を教えてもらうことができます。

CHECK
すべての信用情報機関からの回答が揃うには10日程かかるため、日数に余裕を持って早めに連絡するようにしましょう。

② 月々の返済額を把握する

支払い

次に、ひと月あたりの収入からいくら借金の返済に充てられるかを計算します。

家計簿を付ける要領で、以下のように返済に充てられる金額を算出してみましょう。

毎月の収入が20万円の場合

項目 金額
家賃 5万円
水道光熱費 1万円
食費 2万円
通信費 1.5万円
交際費 2万円
被服費 1万円
その他 5,000
貯金 1万円
残り(=返済可能額) 6万円

上記の場合は、収入である20万円から必要な支出を引いた6万円が毎月の借金返済に充てられる金額です。

なお、各項目の支出は、実際よりも少し多めに見積もっておくことがポイントです。

WARNING
返済額を多く残すために生活費の予算を削って見積もっても、その金額での生活を継続できなければ現実的ではありません。

③ アプリなどで返済シミュレーションをする

パソコン

借金総額や月々の返済可能額を算出できたら、実際に完済までの推移をシミュレーションしてみましょう。

WARNING
借入残高や年率、利用日数などをもとに自力でシミュレーションをすることも可能ですが、借入金額が大きければ計算するのも一苦労でしょう。

そこで、完済までの道のりを簡単に計算できるシミュレーションアプリの利用がおすすめです。

返済シミュレーションでの計算には、借入残高・金利(実質年率)の2つの情報が必要です。

返済シミュレーターは、この2つの情報だけで、以下のような情報を知ることができます。
    • 毎月の返済金額
    • 完済までの期間
    • 返済回数

スマートフォンで手軽に計算できるシミュレーションアプリもあるため、ぜひ試してみてください。

CHECK
シミュレーションによって完済までの流れが目に見えると、具体的な返済計画を立てることができ、完済後の楽しみも見つかるかもしれません。

抑えておきたい借金返済のツ5つ

貯金箱

借金の返済は避けて通ることはできませんが、借金のことばかり考えて切り詰めた生活を送るのは、気が滅入ってしまうでしょう。

そこで、ここからは借金返済の負担を軽くするためのコツについてご紹介していきます。

無理のない範囲で工夫し、毎月の返済額を少しでも増やすことができれば、借金の早期完済にもつながります

ここでご紹介するコツを参考に、できることから少しずつ始めていきましょう。

① 小さな節約を積み重ねる

貯金箱

毎月の返済額を増やすためにまず取り組みたいのが、小さな節約の積み重ねです。

例えば、以下のように身近な支出を見直すだけで、ひと月あたり数千円もの節約になります。

例えば
  • スマートフォンを格安スマホに乗り換える
  • 紙面の新聞紙を電子版に切り替える
  • 動画配信サービスを解約する

このほかにも食費や水道光熱費、交際費など見直すべき支出はさまざまです。まずは毎月の支出を書き出し、削れる部分がないか検討してみてください。

② 保険を解約する

手続き

生命保険に加入している場合は、保険の解約時に受け取ることができる解約返戻金を、借金返済に充てることも可能です。

解約返戻金は、加入している保険の種類や保険金額・契約期間により異なりますが、以下のように計算して自分で求めることができます。

計算方法
契約者価額−解約控除×払戻率

解約控除や払戻率が分からない場合は、保険会社に問い合わせて聞くこともできるほか、契約書にも記載されているため確認してみると良いでしょう。

WARNING
保険を解約すれば毎月の保険料の支払いがなくなるため支出を抑えることができますが、万が一の場合の保証を失ってしまう・再加入する際の保険料が割高にるなどリスクもあるため、慎重に判断する必要があります。

③ おまとめローンで借金を一本化する

貯蓄

複数の借入先から借金をしている場合は、おまとめローンの活用もおすすめです。

おまとめローンとは?
複数の借入を一本化してひとつのローンにする仕組みです。

借入を一本化すると毎月の支払い日も1回にまとめることができるため、支払い負担の軽減につながります。

借入を一本化することで金利が安くなるケースもあるため、いくつかの業者を比較しながら選ぶと良いでしょう。

WARNING
ただし、借入を一本化してひとつの大きな借金にすることで返済期間が延び、利息が増えてしまう場合もあります。おまとめローンを利用する際は、一本化した後の利息や返済スケジュールを事前に確認しておきましょう。

④ 退職金を使ってまとめて返済する

お金

会社に勤めている人は、退職金を借金の返済に充てることもできます。

CHECK
定年前の退職でも退職金がもらえるため、金額によっては借金残高を大幅に減らすことも可能です。

とは言え、長年勤めた会社の退職は、そう簡単にできるものではありません。年齢によっては転職しなければならず、その後の人生が大きく変わってしまう可能性もあります。

退職金を返済に充てるためだけに退職をするのはおすすめしませんが、転職を考えていた人や会社の早期退職者制度が利用できる人にとっては、絶好の機会だと言えるかもしれません。

⑤ 債務整理を検討する

財布

上記でご紹介した方法や日々の節約では借金問題を解決できない場合、債務整理という方法もあります。

債務整理とは?
借金を減らしたり支払期間を延長したりすることで、返済負担を軽減する手続きのことです。

債務整理には、以下の3つがあります。

任意整理 債権者との交渉によって返済総額や月々の返済額を減らしたり、分割回数を増やしたりして、返済の負担を軽減すること。
自己破産 破産法に基づき資産と負債を整理することで、残りの負債をゼロにする法的手続きで、裁判所を介して行う。
個人再生 債権者との交渉によって負債を大幅に減額し、3~5年かけて分割返済を行う法的手続きで、裁判所を介して行う。

債務整理の中でも特に利用者が多いのは、任意整理です。

CHECK
任意整理は、裁判所を介す必要がある自己破産・個人再生に比べると、手続きが比較的簡単なため、利用しやすい手段だと言えます。

しかし、支払い能力や債権者との交渉次第では任意整理で解決できないケースもあります。

よって、弁護士や司法書士など法律の専門家にアドバイスをもらい、自分に合った方法を選択することが大切です。

年収300万円で100万以上の返済も?!金返済ブログを紹介

ブログ

ここからは、実際に借金返済の日々を送る人のリアルな生活を知ることができるブログを2つご紹介します。

 

ブログその1

「貧乏生活の全貌。」

貧乏生活の全貌.

まずご紹介するのは、「貧乏生活の全貌。」です。ブログの著者は、無職の夫暮らすえりかさんです。

ブログにはえりかさん一家の借金事情が事細かに記されています。節約術や家計簿も公開されているため、参考になる部分は多いでしょう。

http://riaria.blog.jp/

 

ブログその2

「30代独身サラリーマン(年収300万)の借金250万円返済日記」

30代独身サラリーマン(年収300万)の借金250万円返済日記

次にご紹介するのは、「30代独身サラリーマン(年収300万)の借金250万円返済日記」です。

ブログの著者は、ギャンブルで250万円もの借金を作ってしまったVON777さんです。

ブログには2014年からの借金総額の推移が記録されており、借入残高が減ったり増えたりと、苦労しながら返済を続けている様子を知ることができます。

https://plaza.rakuten.co.jp/slot7777777/diary/202101310000/

借金返済に悩んだら護士への相談がおすすめ

依頼
自分一人では返済計画を立てられなかったり、複数の借入先を把握できなかったりと、借金返済に悩んでいる人は、弁護士への相談がおすすめです。

CHECK
弁護士に相談すれば、債務整理を含めた数ある解決策の中から、自分に合った最適な手段をアドバイスしてもらうことができます。

さらに、正式に依頼をすれば、書類の作成や債権者との交渉など、専門知識を要する複雑な作業を代行してもらえるため、負担も大幅に軽減されるでしょう。

無料相談を行っている事務所もあるため、いくつかの弁護士事務所を比較し、予算に合った弁護士を見つけてみてください。

借金減額にい弁護士・司法書士事務所5選

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
受任件数6,000件のノウハウを活かして法律問題を解決
無料で何回でも相談できるから相談しやすい
土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は6,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。
任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金/1件 22,000円 報酬金/1件 22,000円
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応業務 債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:http://tokyo-lawtas.com/

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料や着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と比較的安い費用設定が魅力です。
また手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金/1件 0円 報酬金/1件 20,000円
減額報酬 10% 過払い報酬 返還額の20%
10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務 債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
出典:https://hikari-hatano.com/

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。
任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金/1件 22,000円 報酬金/1件 22,000円
減額報酬 10% 過払い報酬 返還額の20%

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応業務 債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:https://hibari-law.net/

弁護士法人・響

弁護士法人・響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。
任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応業務 債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。
任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金/1件 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応業務 債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:https://amane-law.or.jp/

まとめ

今回は、借金返済表の書き方や作成のメリット、返済計画の立て方などを詳しく解説しました。

複数の借入先から借金をして状況を把握できない時は、返済計画書を作って情報を整理することが大切です。

100万円や300万円など借入額にかかわらず全体像が見えれば、毎月の返済額や返済回数・完済予定日などを具体的に考えることができ、無理のないペースで返済を続けられるでしょう。

一人では解決が難しい時は、ぜひ弁護士などの専門家を頼ってみてください。

豊富な知識と経験を持つ専門家にアドバイスをもらうことで、自分に合った最適な解決策が見つかるはずです。

 

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事