自己破産後もクレジットカードは使える?ブラック期間や注意点も解説

多額の借金を抱えて返済が困難な状況になった時、自己破産を検討する人も少なくありません。

しかし、自己破産をするとクレジットカードが使えなくなるといった話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回は、自己破産をしたら今契約しているクレジットカードは使えなくなるのか、またブラック状態が続く期間について詳しく解説していきます。

また、自己破産をした後のさまざまなリスクについても紹介していきますので、自己破産を検討している人は参考にしてみてください。

自己破産をするとレジットカードはどうなる?

自己破産をするとクレジットカードはどうなる?

自己破産の手続きをしても、所有しているクレジットカードはそのまま使えるのではないかと考えている人もいるかもしれません。

しかし、自己破産など債務整理の手続きをした場合、クレジットカードは強制解約になってしまいます。

ここでは、クレジットカードが強制解約になるのはいつなのか、また解約されるまでは使っても問題がないのか、順番に確認していきましょう。

クレジットカードが強制解約になる時期

一般的に、クレジットカード会社の規約には、自己破産等で信用状況に問題が発生した場合には契約を解約する旨が記載されていることがほとんどです。

そのため、カード契約者が自己破産手続きをしたことが判明した時点で、強制解約手続きに入ります。実際に強制解約になるタイミングは、クレジットカード会社が受任通知を受け取った後です。

CHECK
自己破産にかかわらず、債務整理の手続きを弁護士や司法書士事務所にお願いすると、弁護士や認定司法書士がすぐに債権者に受任通知を送付します。

受任通知を受け取ったカード会社は、その時点で強制解約手続きをとることになります。

貯まっていたポイントがある場合は失効する

愛用しているクレジットカードがあり、ポイントやマイルなどが貯まっている場合、強制解約になるとそれらのポイントがすべて失効してしまいます。

よって、ポイントが多く貯まっている場合は、自己破産手続きに入る前にポイントを交換するなどして、事前に整理をしておきましょう。

ポイントには有効期限がある場合もあるので、日頃から小まめにチェックしておきたいですね。

自己破産後に強制解約になるまでは使える?

自己破産をするとクレジットカードはどうなる?

クレジットカードが強制解約になるのはカード会社が受任通知を受け取った後です。そのため「実際に強制解約になるまでは使えるのでは?」と考える人もいるかもしれません。

しかし、自己破産の手続きを始めたら、クレジットカードはすべて使用をやめましょう。

WARNING
自己破産手続きを始めたあとにクレジットカードを使用すると、借金を意図的に増やしたと判断されて、自己破産の手続きができなくなる可能性があります。

したがって、自己破産手続きを検討する段階になったら、クレジットカードの使用は早めにやめておくことをおすすめします。

自己破産でクレジットカードが制解約された後の注意点

カード

自己破産でクレジットカードが強制解約されると、思わぬトラブルになる可能性もあります。ここからは、クレジットカードを強制解約された時の注意点についても確認しておきましょう。

注意点1

公共料金などをカード払いにしている人は要注意

クレジットカードで公共料金の支払いをすることでカードのポイントを効率よく貯めている人多いのではないでしょうか。

しかし、公共料金の支払いをカード払いにしている場合、自己破産後はすぐに支払方法を変更しなければなりません。

支払方法の変更を忘れてしまうと、公共料金の支払いができずに延滞状態になってしまいます。その他にもカード払いにしている支払いがある場合は注意が必要です。

 

注意点2

ETCカードも使えなくなる

クレジットカードが強制解約になると、ETCカードも使えなくなります。

しかし、強制解約のタイミングや状況によっては、クレジットカードが使えなくなってもETCカードだけがしばらく使えてしまうことがあります。

「ETCカードはまだ使えるから」とそのまま使用を続けた場合も自己破産手続きに影響がでる可能性がありますので、利用しないようにしましょう。

注意点3
注意点3

家族に作った「家族カード」も使えなくなる

自己破産後は自分名義になっているカードは強制解約されますが、自分が親カードとして家族のために発行した家族カードについても同様に強制解約されます。

自己破産後も家族に知らせずにいると、家族がそのまま使い続けてしまう可能性があります。よって、自己破産後は家族カードも回収し、家族が間違って使わないように注意が必要です。

自己破産後は年間クレジットカードを作成できない?

自己破産後は一定期間クレジットカードが作れない

自己破産手続きをするとクレジットカードが強制解約になってしまいますが、自己破産手続き後に再びクレジットカードを作りたいという人も多いのではないでしょうか。

WARNING
しかし、信用情報機関に自己破産をしたという記録が一定期間残るため、記録が残っている限り新規のクレジットカード審査に通過することができません。

そこでここからは、信用情報機関とはどのようなところなのか、また自己破産の記録が残るのはどのぐらいの期間なのか、確認していきましょう。

信用情報機関と個人信用情報とは?

信用情報機関とは、クレジットカード会社や貸金業者、銀行などの加盟している会員会社から登録される個人信用情報を管理・提供している機関です。

日本の信用情報機関は下記の3つです。

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • KSC(全国銀行信用情報センター)

信用情報機関が管理している個人信用情報には、クレジットカードやローンの申込みや契約内容、支払い履歴などが記録されます。

クレジットカード会社や貸金業者、金融機関などは、審査の過程で個人信用情報を必ず確認し、返済能力や信用力を判断する材料にしています。

自己破産をすると「金融事故」の記録が残る

自己破産をした場合、個人信用情報には「異動」と記録されます。

これはいわゆる「金融事故」と呼ばれるもので、個人信用情報に異動の記録があると、一般的には「ブラック」と呼ばれる状態となります。

WARNING
ブラックの間は信用力がほとんどなくなるため、ローン審査やクレジットカードの審査に通ることが難しくなります。

また、金融事故の記録はすぐには消えずに一定期間残るため、記録が残っている間はクレジットカードを新規に作ることはできないと考えておきましょう。

個人信用情報に記録が残る期間

自己破産後は一定期間クレジットカードが作れない

では、実際に自己破産をすると個人信用情報にどのぐらいの期間記録が残るのか、信用情報機関別に確認していきましょう。

信用情報機関 自己破産の記録が残る期間
JICC 5年
CIC 5年
KSC 10年

JICCとCICでは5年なのに対し、KSCでは10年もの間記録が残ってしまいます。

また、記録が残る一定期間を過ぎたからと言って必ずしもすぐにクレジットカードを作れるようになるとは限らないため、ご注意ください。

長期間にわたってクレジットカードやローンの審査に通らない期間が続くことが分かりますね。

情報開示でブラック状態か確認できる

自己破産後は一定期間クレジットカードが作れない

5年や最大10年といった長期間ブラックの状態が続くと、自分がまだブラックなのかどうか分からなくなることもあるでしょう。

そのような時には、信用情報機関に個人信用情報の「情報開示」を請求することもできます。

情報開示とは?
信用情報機関に請求することで、個人信用情報の内容を確認できる制度です。

信用情報機関に出向く必要はなく、CICやJICCではインターネットでの情報開示にも対応しています。信用情報機関ごとに請求をする必要があり、手続きのためにそれぞれ別途手数料がかかります。

※KSCは郵送での手続きのみ対応

ブラック明けでもデータが残るケース

自己破産後に一定期間が経過すると、信用情報機関から事故情報は消滅します。しかし、クレジットカード会社や金融機関では、信用情報機関とは別に社内データを残しています。

WARNING
この社内データは一定期間で消滅するとは限らず、半永久的に残されている場合もあります。

そのため、自己破産をした金融機関やクレジットカード会社では、二度と契約できない可能性がある点に注意が必要です。

自己破産後でも使えるクレジットカードにわる4つの支払い方法

クレジットカードに代わる支払方法とは

自己破産直後からクレジットカードが使えなくなると、普段の生活で何かと不便なこともで出てくるはずです。

ここでは、自己破産の記録が消えるまでの間、クレジットカードの代わりに使える支払い方法をいくつか紹介していきます。

 

支払方法1

チャージ式のプリペイドカード

チャージ式のプリペイドカードは、事前にカードにチャージしておいた金額の範囲のみでクレジットカードのように使えるカードです。

利用するための審査はなく、年会費も不要である場合が多いです。

VISAなどの国際ブランドが付いているカードも多いので、クレジットカードと同様にお店やネットで買い物をすることができます。

分割払いなどの支払い方法を選択できないので、チャージした範囲内で無理なく使うようにしましょう。

 

支払方法2

デビットカード

デビットカードとは、カードをお店などで使用すると登録している銀行口座から即時に引き落とされる仕組みのカードです。

口座に残高がなければカードが利用できないため、使い過ぎを防ぐこともできます。デビットカードには下記の2種類があります。

  • J-Debit
  • 国際ブランドデビット

J-Debitは銀行のキャッシュカードを使って決済するサービスで、J-Debit加盟店で利用が可能です。

一方で国際ブランドデビットは、VISAやJCBといった国際ブランドが付帯したデビットカードで、国際ブランドの加盟店で利用可能なカードです。

J-Debitは国内でしか利用できませんが、国際ブランド付きは海外やネットでも利用できるというメリットがあります。

なお、デビットカードも基本的に審査が不要です。プリペイドカードのようにチャージをする必要がないので、クレジットカードの代わりとして便利でしょう。

 

支払方法3

家族名義の家族カード

家族名義のクレジットカードで、家族に家族カードを発行してもらえば、自己破産後でもクレジットカードを所有することができます。

自分が自己破産をしたとしても家族の信用情報には影響がありませんので、問題なく家族カードを発行することができます。

ただし、あくまで家族名義のカードなので、使いすぎると家族に迷惑がかかるということを忘れないようにしましょう。

 

支払方法4

スマホ決済

人気のスマホ決済サービスも、クレジットカード払いにせず、チャージ式にすれば自己破産後でも利用できます。

例えば、PayPayでは、登録した銀行口座からのチャージや、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMから現金でのチャージが可能です。

スマホ決済に対応しているお店でなければ利用できないというデメリットはありますが、よく利用するお店で使えるのであれば、利用を検討してみましょう。

自己破産後にクレジットカード審査にるためのポイント

カード

自己破産の手続き後、一定期間が経過して自己破産の情報が個人信用情報から消滅すると、再度クレジットカードに申し込むことができます。

WARNING
しかし、当然ですが、クレジットカードの審査に通過しなければ利用することができません。

自己破産後に信用情報が復活してから、クレジットカードの審査に通るためのポイントを確認していきましょう。

 

ポイント1

自己破産した時に契約していたカード会社は避ける

自己破産時に契約していたクレジットカード会社では、先にも紹介したように自己破産の情報が社内データとして記録されている可能性があります。

社内データは信用情報機関のように保管期限が決まっていないため、半永久的に残っていることがあります。

そのため、自己破産時に利用していたクレジットカード会社は避け、違うクレジットカード会社に申し込むようにしましょう。

 

ポイント2

キャッシング枠をつけない

クレジットカードにはお金を借りるための「キャッシング枠」を付けることができますが、キャッシング枠を付けると審査がその分厳しくなる可能性があります。

まずは審査に通ることを優先させるために、ショッピング枠だけで申し込みをするようにしましょう。

 

ポイント3

1枚ずつ確実に申し込みをする

クレジットカードは短期間に複数枚申し込みをすると「申し込みブラック」と呼ばれる状態になってしまいます。

複数のクレジットカード会社に申し込んでいることが発覚すると、「よほどお金に困っていて返済できないのではないか」と判断され、審査に落ちてしまう可能性もあります。

審査に通るのか不安な気持ちは分かりますが、一度に何枚も申込むのではなく、1枚ずつ確実に申し込みをしましょう

自己破産でブラックになるとこるリスク

自己破産でブラックになると起こるその他のリスク

自己破産をしてブラック状態になると、クレジットカードの審査に通らないということ以外にもさまざまなリスクがあります

 

リスク1

あらゆるローン審査に通らなくなる

個人信用情報が「ブラック」状態となるとクレジットカードだけでなく、あらゆるローン審査に通らなくなります。

大きな買い物をする場合にもローンを組めず、カードローンなどの審査にも通らないため、不便を感じることもあるでしょう。

しかし、大きな買い物をするために自己破産後に借金を繰り返すと、また自己破産前と同じ生活に戻ってしまう可能性もあります。よって、無理のない生活を続けることが大切です。

 

リスク2

スマホの分割払いの審査にも通らない

ブラック状態の場合はローンの審査だけでなく、割賦払いの審査にも通りません。

割賦払いにはスマホの分割払いも含まれますので、スマホの機種変更をしたい時に分割払いができないということになります。

CHECK
自己破産後にスマートフォンを契約したい場合は、一括払いができる範囲の端末を購入する必要があります。

 

リスク3

保証人になることができない

家族や知人の借金などの保証人を頼まれることもあるでしょう。

しかし、実は保証人も個人信用情報を確認されるため、ブラック状態の人は保証人にはなれません。ブラック期間中に安易に保証人を引き受けないように気を付けましょう。

自己破産を検討したら護士・司法書士への相談がおすすめ

自己破産を検討したら弁護士・司法書士への相談がおすすめ

自己破産は手続きがかなり複雑なため、弁護士や司法書士に相談することで安心して手続きを進めることができます。

自己破産の手続きを弁護士や司法書士にお願いするメリットを順番に確認していきましょう。

最適な債務整理方法をアドバイスしてもらえる

債務整理と言っても、自己破産以外にも任意整理や個人再生など色々な選択肢があります。自分の場合はどの債務整理を選択すべきなのか、なかなか自身で判断することは難しいです。

その点、弁護士や司法書士に相談することで、自分の債務状況ではどの債務整理方法がベストなのかをアドバイスしてもらえます。

自己破産以外の債務整理方法についても、相談をしてみましょう。

相談だけなら無料で可能な場合もある

弁護士などに依頼する場合の費用を用意できるか不安な人も多いはずです。

そのような時には、相談だけなら無料、という弁護士や司法書士事務所を選択することで、これからの手続きを安心して進められるでしょう。

まずは不安なところをしっかり相談して解決しましょう。

弁護士なら「代理人」として手続きができる

自己破産手続きは司法書士に相談することも可能ですが、できれば弁護士に相談する方がおすすめです。

CHECK
弁護士なら「代理人」として手続きができるため、裁判所への同行や裁判官との面談にも同席が可能です。

また、管財事件になった場合にも、債権者集会に同席できるのは弁護士だけです。裁判所などに専門家の同行がなければ不安だという場合は、弁護士に相談することをおすすめします。

認定司法書士は、裁判所や債権者集会に同席できません。

 

自己破産の相談にすすめの弁護士・司法書士事務所5選

はたの法務事務所
東京ロータス
法律事務所
ひばり法律事務所
弁護士法人・響
天音総合
法律事務所
はたの法務事務所
東京ロータス法律事務所
ひばり法律事務所
弁護士法人・響
天音総合法律事務所
実績
相談件数
20万件以上
受任件数
7,000件以上
ノウハウ実績多数
2,000件以上
弁護士歴25年以上
メディア出演・掲載実績多数
メディア出演
実績多数
相談料
何度でも無料
何度でも無料
何度でも無料
何度でも無料
無料
着手金
0円
1件22,000円
(税込)
1件22,000円
(税込)
55,000円
(税込)〜
1社55,000円
(税込)〜
分割払い
対応地域
全国
全国
全国
全国
全国
休日対応
8:30〜21:00
10:00〜19:00
×
24時間
24時間

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
公式サイトへ
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。
また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金
/1件
0円 報酬金
/1件
20,000円
減額報酬 10% 過払い
報酬
返還額の20%
10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応
業務
債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
出典:https://hikari-hatano.com/

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
無料で何回でも相談できるから相談しやすい
土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応
業務
債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:http://tokyo-lawtas.com/

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。

任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 10% 過払い
報酬
返還額の20%

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応
業務
債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:https://hibari-law.net/

弁護士法人・響

弁護士法人・響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。

任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応
業務
債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。

任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応
業務
債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:https://amane-law.or.jp/

まとめ

この記事では、自己破産をした際にクレジットカードがどうなるのか、注意点などを解説しました。自己破産をするとクレジットカードが強制解約になり、信用情報もブラック状態となります。

しばらくは新規でクレジットカードを作ることができませんが、クレジットカードに代わる支払方法も存在します。

よって、まずは無理のない支払い方法で堅実な生活を心がけながら生活をしていくことが大切です。

自己破産から一定期間が経過したらクレジットカードを再度持てるようになるため、1枚ずつ確実に申し込みをしていくようにしましょう。

また、自己破産すべきか悩んだ時は、専門家への相談がおすすめです。記事内でご紹介した弁護士・司法書士事務所では無料相談も行っているため、ぜひ利用を検討してみてください。

任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する

 

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事