家の鍵

自己破産を考えている方の中には、

  • 自己破産をして持ち家を手放すのが辛い……
  • 持ち家を残す方法はあるのかな
  • 名義を共有している持ち家は自己破産するとどうなるんだろう

など、自己破産後の持ち家の行方について不安なことがたくさんあるかと思います。

大金を出して購入し、思い出のある住み慣れた住まいを自分の意思と関係なく離れないといけなくなるのは、誰でも辛いでしょう。

今回は自己破産したら持ち家は必ず失ってしまうのか?持ち家を残して住み続ける方法はあるのか?についての疑問を解決します。

自己破産を検討しているけど、持ち家がある状況で困っている人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

自己破産すると家は
通常手放さないといけない

家手放す

自己破産をすると、持ち家は原則処分の対象になります。自己破産では、一定以上の価値がある財産は換価され債権者に配当されることになりますが、持ち家は一定以上の価値がある財産のひとつであるため手放さないといけません。

次に、持ち家はどのような手続きで処分されるのか解説します。

自己破産すると持ち家は競売にかけられ売られる

自己破産した際の持ち家は、競売という方法で売りに出されます。

競売とは、売り価格を決めずにオークション方式で物件を売り出す方法で、競売物件は一般的に通常より安い値段で買い取られます。

CHECK
これは裁判所の指示のもと行うため、競売が確定すれば必ず売りに出さないといけません。

自己破産時、持ち家の競売から退去まではどれくらいかかる?

競売が決まったからといってすぐに退去するわけではなく、住宅を購入する買受人が現れるまで一般的に半年から1年程度かかるといわれているため、その間は現在の持ち家に住むことができます。

買受人が代金を納めて競売物件を手にすると、破産者は自宅から立ち退かなければなりません。

通常、買受人が代金を納付してから、引き渡しが行われるまで1ヵ月半から2ヵ月程度かかるため、破産者は買受人が競売物件を取得してから、長くても2ヵ月以内に持ち家を手放す必要があります。

自己破産時、持ち家が競売で売れなかったらどうなる?

田舎の外れにある家

競売を3回行っても買受人が現れず、競売を申し立てた債権者も買受人になる見込みがない場合は、競売は取り消しになるので現在の持ち家にそのまま住むことができます。

しかし、競売が取り消しになっても債務がなくなるわけではないので自己破産の手続きは続行します。

CHECK
競売は相場よりも低い価格で売買されるため、業者は放っておきません。よっぽどのことがない限り買い手は現れると思った方が賢明でしょう。

自己破産時、持ち家の名義が共有だとどうなる?

ベッド

持ち家が共有名義になっている方も少なくないでしょう。

自己破産の「不動産などの価値ある財産は換金して債権者に渡さなければいけない」というルールは、破産者本人にのみ適用されるので、共有名義でも同じく破産者のみの持ち分に当たる財産が没収されます。

しかし住宅は物理的に分割できないので、通常は共有名義全員(夫婦の名義であれば夫と妻)が承諾した後、各自の持ち分をまとめて売却後、持分比率に応じて売却代金を分割して返すことが多いようです。

自己破産の直前に名義変更すると自己破産が認められない可能性がある

サイン

前述したように、自己破産は破産者本人にのみ適用されるので、破産者が住んでいたとしても住宅の名義が破産者以外であれば、その持ち家を手放す必要はありません。

そのことから自己破産を申立てる前に名義だけ他の誰かに変えればいい、と考える人もいるでしょう。

WARNING
自己破産の直前に名義変更をした場合「財産を隠している」と判断され、自己破産の手続きが認められないこともあります。

自己破産手続きを始めると、本人の財産を過去のものでさえもすべてチェックされます。

住宅に関する名義人などを管理する不動産登記簿には、名義が変更された日にちの記載があります。さらに自己破産の財産を管理する破産管財人には、名義変更を無効にできる権限もあります。

具体的なケース別の
ち家に関する自己破産の悩み

悩んでいる人

持ち家がどのような状況かによって、自己破産にどのくらい影響するか変わります。

例えば、自己破産することになっても持ち家の名義がまだ健在している親だった場合は、持ち家を手放す必要はありません。

以下に具体的なケース別に持ち家に関しての自己破産の悩みに対する答えを回答していきますので、参考にしてみてください。

自己破産するとき持ち家が親名義の場合はどうなる?

親が健在の場合

基本的に、そのまま持ち家に住み続けられます

前述したとおり、自己破産をした本人以外の名義の住宅に住んでいるときは、自己破産をしても名義人である親に影響が出ることは原則ありません。

親が他界している場合

名義人である親が他界していて、名義変更が正式に終わっておらず、亡くなった名義人が遺言で相続分を指定していないときは、法律に基づき相続分が分割されます。

自己破産をする人が相続人の一人にあたり、相続分の何割かを所有するときは、一般的に他の相続人に自己破産者の相続の権利の受け渡しを打診することが多いようです。

自己破産後に離婚したら持ち家はどうなる?

配偶者が持ち家の保証人になっている場合

離婚

自己破産と離婚は、通常お互いに影響はありません。

しかし自己破産をすると、借金の返済義務は保証人に移るため、例えば夫が自己破産する際、妻が保証人になっている場合は、夫が抱えている借金を妻がすべて負う必要があります。

CHECK
離婚をしても借金の保証人から名義が外れることはなく、名義を外すためには新たな保証人を用意しないといけません。

自己破産した持ち家の住宅ローンが残っている場合は?

自己破産する前に持ち家を任意売却する方法がある

引っ越し

任意売却とは、住宅ローンなどの借金が返済できなくなった場合に債権者(借り入れ先の金融機関)の合意を得て本人の意思で売却する方法です。

前述した競売と同じく持ち家を手放すことは同じですが、競売は相場の7割ほどの値段でしか住宅を売れないことが多いと言われます。

任意売却は住宅を相場と同じくらいの価格で売ることができる場合が多く、任意売却をしてから自己破産をした方が自己破産にかかる費用を安く抑えられ、期間も短く済むことが多いです。

CHECK
債権者も、競売にかけるより任意売却した方が住宅ローンの残額を多く回収できるので、任意売却に応じてくれることが多いです。
任意売却の後に住宅ローンが残っていても、今後の生活状況に応じて無理なく分割して支払うことを了承してくれることもあります。

住宅ローンが払えなくて自己破産を検討していても、任意売却するだけで自己破産しなくてよくなることもありえます。

自己破産してもち家を手放さずに済む方法

自分の名義の家を自己破産しても、持ち家を手放さずにいられる方法はあるのでしょうか。

下記に一例を紹介します。

家族に持ち家を購入してもらう

自己破産を管理する破産管財人の許可が必要ですが、家族の誰かに持ち家を一括購入してもらえれば、自己破産しても持ち家を手放さずに済みます。

前述したような、自己破産前に持ち家の名義を家族の誰かに変更するといった行為はよくありませんが、自己破産の手続きが開始されてから正式な流れで家族が買い取ることは、問題ありません。

持ち家をリースバックする

リースバックとは、破産管財人の許可のもと不動産会社に家を売却し、不動産会社に対して賃貸契約を結び家賃を支払いながら今の家に住み続ける方法です。

一般的に契約が終わる2〜5年後には、破産者が売却した家の所有権を将来的に不動産会社から買い戻すことが前提となっています。

WARNING
注意点は、不動産会社が独自に買い取るため持ち家が相場より安く買い取られることが多いこと、家賃が相場より高くなりやすいこと、契約期間が終わると住む権利がなくなってしまうことです。

自己破産で持ち家がくなったらどこに住めばいい?

たくさんの家

自己破産後に持ち家を手放すことになったら、どこに住めばいいでしょうか。

下記に賃貸契約をするときの注意点や再度持ち家を購入した人の方法をまとめましたので、参考にしてみてください。

自己破産してすぐに賃貸契約をすることは可能

自己破産後、すぐに賃貸契約を結ぶことは可能です。

自己破産したからといって賃貸契約ができないということはありません。

自己破産をしたばかりであるという事実も、賃貸契約時に大家さんや仲介業者に話さないといけない義務もありません。

WARNING
賃貸契約をする際の注意点は「どの機関が入居審査をするか?」ということです。

例えば信用情報機関に加盟している家賃保証会社の場合、信用情報に自己破産の記載があるため、支払い能力がないとみなされ審査に落ちる可能性が高いでしょう。

都道府県の公営住宅であれば、主に低所得者向けに提供されていることが多いので、自己破産した後でも比較的利用しやすいといえるでしょう。

このほか、連帯保証人を用意することで賃貸契約が可能になることもあります。

自己破産後に家を買えた人もいる!その理由は?

家

自己破産後に家を購入するには、家族の協力を得られれば可能な場合もあります。配偶者や親など家族の名義で住宅ローンに申し込んでもらう方法です。

前述のように信用情報機関に事故情報が記載されるのは本人に限られるので、自己破産をしたことがその家族の信用情報に影響することはありません。

例えば配偶者である妻や、親が住宅ローンの審査を受けたとしても、自己破産をした人が家族にいることは住宅ローンを提供する金融機関にはわからないからです。

配偶者や親の収入や信用に問題がなければ、住宅ローンを組んだのちに家を買える可能性はあります。

自己破産より任意整理や
人再生が妥当なケースもある

自己破産以外にも借金の問題を解決する方法があります。債務整理のひとつで「任意整理」「個人再生」と言われます。

任意整理は、主に利息をカットして借金を減らすことで、自己破産のように借金の返済義務がゼロになるわけではありません。

しかし債権者を選ぶことができるので、持ち家のローンを任意整理の対象から外せば、持ち家を手放さなくても済むケースが多いです。

個人再生は、任意整理よりも大幅に借金を減額できる可能性がある代わりに、原則3〜5年間で返済するという条件で認められます。任意整理と同様、自己破産と違って借金がゼロになるわけではありません。

持ち家を手放したくない場合は個人再生の住宅ローン特則がおすすめ

持ち家を手放さずに債務整理を続けたい場合には、個人再生の住宅ローン特則を使うのがおすすめです。

住宅ローン特則とは、住宅ローン以外の借金を減額する対象にすることです。住宅ローンの支払いを継続することで持ち家を維持しながら、借金を返済していくのに有効な方法だと言えます。

債務整理を検討したら
護士・司法書士に相談しよう

債務整理を検討し始めたら、弁護士・司法書士の専門家に相談することをおすすめします。

無料相談を何回でも受け付けている弁護士・司法書士事務所も多数あるため、納得いくまで相談ができます。

収入や財産、住宅ローン以外の債権者の数などさまざまな要因によって、それぞれ借金問題の解決方法は異なります。

ひとりで抱え込まず、専門家である弁護士・司法書士の力を借りましょう。

債務整理におすすめな
護士・司法書士事務所5選

はたの法務事務所
東京ロータス
法律事務所
ひばり法律事務所
弁護士法人・響
天音総合
法律事務所
はたの法務事務所
東京ロータス法律事務所
ひばり法律事務所
弁護士法人・響
天音総合法律事務所
実績
相談件数
20万件以上
受任件数
7,000件以上
ノウハウ実績多数
2,000件以上
弁護士歴25年以上
メディア出演・掲載実績多数
メディア出演
実績多数
相談料
何度でも無料
何度でも無料
何度でも無料
何度でも無料
無料
着手金
0円
1件22,000円
(税込)
1件22,000円
(税込)
55,000円
(税込)〜
1社55,000円
(税込)〜
分割払い
対応地域
全国
全国
全国
全国
全国
休日対応
8:30〜21:00
10:00〜19:00
×
24時間
24時間

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
無料で何回でも相談できるから相談しやすい
土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応
業務
債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:http://tokyo-lawtas.com/

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。

任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 10% 過払い
報酬
返還額の20%

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応
業務
債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:https://hibari-law.net/

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
公式サイトへ
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。
また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金
/1件
0円 報酬金
/1件
20,000円
減額報酬 10% 過払い
報酬
返還額の20%
10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応
業務
債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
出典:https://hikari-hatano.com/

弁護士法人・響

弁護士法人・響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。

任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応
業務
債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。

任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応
業務
債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:https://amane-law.or.jp/

まとめ

今回は自己破産したら持ち家は必ず失ってしまうのか?持ち家を残して住み続ける方法はあるのか?についての疑問を解決しました。

持ち家は原則失うことになりますが、家族に持ち家を一括購入してもらうか、リースバックという方法で自己破産後も住み続けることが可能です。

いずれも条件がありますので、後から後悔しないように自分がマイナスになる点はどこか把握しておくことをおすすめします。

持ち家を手放さずに債務整理を続けたい場合には、個人再生の住宅ローン特則を使うのがおすすめですが、自己破産のように個人再生では借金の返済義務が全て免除されるわけではありません。

個人の状況によって借金問題を解決する最適な方法は異なりますので、債務整理を検討し始めたら、弁護士・司法書士の専門家に相談することをおすすめします。

任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する

 

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事