住宅ローン
  • 自己破産をするともう住宅ローンは組めないのだろうか
  • 自己破産後に住宅ローンの審査が通りやすいポイントはあるのかな

住宅ローンのことが気にかかって、自己破産になかなか踏み切れない人もいるかもしれません。自己破産後に住宅ローンの審査が通ったという人は、どのような準備をしているのでしょうか。

今回は、住宅ローンの審査が通りやすくなる5つの方法を解説します。

自己破産後の住宅ローンの審査について気になっている人は、ぜひ参考にしてください。

自己破産後に宅ローンは組めない?

家

自己破産の手続きが終わってから、すぐに住宅ローンを組むことはできません。

なぜかというと、信用情報機関である下記の3つの機関に自己破産をしたという情報(事故情報)が載るためです。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

一般的に「ブラックリストに載る」と言われます。事故情報は信用情報機関によって異なり、約5~10年間記載されます。

金融業者は、住宅ローンの審査を依頼されると、お金を貸してもいい人物かどうかを調べるために信用情報機関の記録をチェックしますが、このとき自己破産の記載があると、審査に通過することは非常に難しいでしょう。

WARNING
事故情報が載っている間住宅ローンを組むことはもちろん、クレジットカードの新規発行やスマホ・携帯電話の分割払いも難しくなります。

しかし自己破産をしていなくても、借金の返済が遅れてから2ヶ月ほど経過すると信用情報機関に事故情報が記載されるため、借金を滞納し続けていると住宅ローンを組むことはできません。

自己破産後に住宅ローンを組みたいと考えている人ほど、早めに自己破産の手続きをすることをおすすめします。

自己破産後にローンをめた人も!そのワケとは?

家

自己破産後5〜10年が経過して信用情報機関から事故情報が消えれば、住宅ローンを組める可能性があります。

もし自己破産してすぐ住宅ローンを組む必要がある際は、どうしたらいいのでしょうか。

家族の名義でローンを組む

自己破産して5〜10年以内に住宅ローンを組む必要がある際は、配偶者や親など家族の名義で住宅ローンを申し込んでもらう方法があります。

信用情報機関に事故情報が記載されるのは、本人に限られます。

自己破産をしたことがその家族の信用情報に影響することはなく、例えば配偶者である妻や、親が住宅ローンの審査を受けたとしても、自己破産をした人が家族にいることは住宅ローンを提供する金融機関にはわかりません。

配偶者や親の収入や信用に問題がなければ、住宅ローンを組める可能性はあります。

住宅ローンの査で見られるポイント

チェックリスト

ブラックリストに載っている、いないにかかわらず、住宅ローンの審査に通るためにはどうしたらいいのでしょうか。

まずは、金融機関が審査時にどこを重要視するかを知ることです。

令和元年に国土交通省が調査した「民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」の「長期・固定金利の住宅ローン等に関する融資審査等の融資を行う際に考慮する項目」を見てみると、以下のような記載があります。

「完済時年齢」(99.0%)

「健康状態」(98.5%)

「担保評価」(98.2%)

「借入時年齢」 (96.8%)

「年収」(95.7%)

「勤続年数」(95.6%)

「連帯保証」(94.2%)

等については、 引き続き、9割以上の機関が融資を行う際の審査項目としている。

※引用:https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001333029.pdf

わかりやすく説明すると、下記のようなポイントが住宅ローンの審査で重要視されるポイントといえるでしょう。

例えば
  1. 申し込みした人が何歳で借り入れ、何歳で完済できるか(完済時年齢は80歳未満が目安)
  2. 申し込みした人の健康状態(団体信用生命保険に加入できるか)
  3. 物件の担保評価(物件が融資額に見合う価値があるか)
  4. 申し込みした人の年収、業種、勤続年数、勤務形態、雇用先の規模など
  5. 連帯保証人はいるか、いるとすれば資金力はどのくらいか

    なお、上記の調査によると「カードローン等の他の債務の状況や返済履歴」を重要視する割合は61.8%でした。

    上記の項目と比べると重要度は低いように見えますが、住宅ローンもいわば「借金」です。

    「ブラックリストに載る」ということは「借金の返済に問題があったことがある」という意味なので、決して無視できない項目ですが、どの項目をどのくらい重要視するかは住宅ローンを融資する会社によって異なります。

    ひとつの会社の審査に通らなかったら別の会社の審査にも落ちる、ということではありません。

    住宅ローンの審査には2つある

    設計図

    住宅ローンの審査には「仮審査(事前審査)」と「本審査」の2つがあります。

    仮審査に通らないと、本審査に進むことはできません。

    仮審査には3〜4日ほどかかり、本審査は1〜2週間ほどかかりますが、審査に必要な日数に差があるのはそれぞれ「審査の目的」が異なるからです。

    住宅ローンの仮審査で見られるポイント

    仮審査は、「この人に融資できるかどうか」を審査します。例えば住宅ローンを申し込んだ人の以下のような項目です。

    • 年収
    • 勤務年数
    • 雇用形態
    • 信用情報
    • 返済計画

    住宅ローンの本審査で見られるポイント

    本審査は、住宅ローンを申し込んだ人から提出される各種書類に基づき、仮審査が通り不動産の売買契約を結んだ人を対象にして「本当に融資していいか」を調査するものです。

    例えば、以下のような項目です。

    • 物件の担保評価
    • 健康面
    • 連帯保証人の審査
    • 反社会的勢力でないか

    住宅ローンの審査がりやすくなる5つの方法

    5つ

    自己破産から5〜10年経ち、事故情報の記録が消えたとしても住宅ローンを組むことは簡単ではありません。

    信用を積み重ねる方法や、借入しやすい金融機関の選び方を押さえておくことが大切です。

    住宅ローンの審査に通る可能性を高めるためにできることを、見ていきましょう。
      1. 信用情報を確認する
      2. 預金を貯める
      3. クレジットヒストリーを積む
      4. 自己破産で借金が免除になっていない金融機関を選ぶ
      5. 銀行以外の金融機関で申し込む

    ①信用情報を確認する

    書類

    住宅ローンの審査を申し込む前に、信用情報機関に依頼して自分の信用情報をチェックしましょう。

    手数料が必要ですが、インターネット・郵送・窓口のいずれかの方法で確認できます。

    ブラックリストに載っている状態では住宅ローンの審査が通る可能性は低いので、信用情報を自分の目でチェックしてから申し込むことをおすすめします。

    5~10年が経ち、事故情報が消える時期になっても事故情報が残っている時は、信用情報機関に修正を依頼できます。

    ②頭金を貯める

    まずは住宅ローンを申し込む前にできるだけ、頭金を多く貯めることが重要です。

    頭金額の多さは、ブラックリストに載っていない人でも審査に通るために重視されるであろうことのひとつ。

    自己破産後、必要最低限の生活用品のみ残り、一定以上の財産はなくなると同時に借金も帳消しになるので、ブラックリストに載っている5〜10年間でゼロからコツコツ頭金を貯めましょう。

    そうすれば金融機関からの信頼を得られ、借入額の割合を減らせるので住宅ローンの審査に通る可能性が上がるでしょう。

    ③クレジットヒストリーを積む

    小銭

    クレジットヒストリーとは、信用情報の履歴のこと。

    例えばクレジットカードで買い物をし、期日を守った支払いをすることで積み上げられます。

    これによって金融機関に「私は計画通りに返済ができます」とアピールになると言えます。

    自己破産をした後、5〜10年経ち事故情報が消えた信用情報は俗に「スーパーホワイト」といわれ、信用の履歴が全く記載されていない白紙の状態です。

    WARNING
    ある程度の年齢でありながら過去にクレジットカードやローンの利用履歴が一切ないことで、「自己破産をしたのでは?」と勘ぐられることもあるのです。

    事故情報が消えてからすぐに住宅ローンを申し込むより、クレジットカードを作るなどして返済の実績を作ってから住宅ローンに申し込みましょう。

    その方が、住宅ローンの審査に通る可能性が高まると言えます。

    ④自己破産で借金が免除になっていない金融機関を選ぶ

    自己破産したときに借り入れをしていた金融機関では、住宅ローンを申し込まない方がいいでしょう。

    なぜか
    社内情報として、信用情報機関の記録とは別に自己破産した記録が残っているかもしれないからです。

    ⑤銀行以外の金融機関で申し込む

    契約書

    できるだけ若い年齢で住宅ローンを利用したいなら、ノンバンク(クレジットカード会社や信販会社など)の金融機関を利用する方法がおすすめです。

    銀行は信用情報の確認に「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」を使うことが多く、事故情報が10年間残ります。

    反対にノンバンクは事故情報が5年間で消える「日本信用情報機構(JICC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」を利用するケースが多いといわれています。

    ノンバンクなら、より早いタイミングで住宅ローンを利用できるかもしれません。

    一方、ノンバンクで住宅ローンを利用するときの注意点は、次の2点です。

    WARNING
    • 銀行よりも金利が高い傾向にある
    • 金利のタイプが少ない

      ノンバンクの金利タイプは主に「全期間固定金利」です。全期間固定金利は、返済期間中の金利はずっと変わりません。

      しかし、金融市場の金利が低い時でも最初に設定した金利が変えられないので、返済中の市場の状態によっては損をする可能性もあります。

      ちなみに銀行の金利は、「全期間固定金利」の他「変動型金利」「固定機関選択型金利」が選べることが多いです。

      また住宅ローンは返済中に他社への金融機関の借り換えができるので、最初にノンバンクで住宅ローンを組んで、後から金利の低い銀行に乗り換えることも可能です。

      住宅ローンが払えなくて己破産したらどうする?

      悩む女性

      住宅ローンの返済が厳しくなり、払えなくなって自己破産した場合、住宅はどうなってしまうのでしょうか。

      家は手放す

      自己破産をすると、生活必需品を除いた一定以上の財産はお金に変えて返済にあてないといけないので、住宅は売却して手放す必要があります。

      WARNING
      競売は裁判所の命令で行われ、拒否権はないので売却中に強制的に引っ越しをしないといけないこともあるでしょう。

      連帯保証人に返済義務が移る

      住宅ローンを組む際に連帯保証人をつけた場合は、自己破産をすると連帯保証人に返済の義務が移ります。

      住宅ローンの残債より売却で得た利益の方が少ない場合は、連帯保証人もローンが返せなくなり自己破産の手続きをしないといけなくなることもあるでしょう。

      連帯保証人にできるだけ迷惑をかけないためには、自己破産の前に任意売却することをおすすめします。

      任意売却とは?

      任意売却とは、住宅ローンなどの借金が返済できなくなった場合に、債権者(借り入れ先の金融機関)の合意を得て売却する方法です。

      自己破産後に住宅が売りに出されることを「競売」といいますが、任意売却は競売より住宅を高く売ることができる場合が多く、任意売却をしてから自己破産をした方が費用を安く抑えられることが多いです。

      債権者も、競売にかけるより任意売却した方がたくさん住宅ローンの残額を回収できるので、任意売却に応じてくれる可能性が高いでしょう。

      CHECK
      もし任意売却の後に住宅ローンが残っていても、今後の生活状況に応じて、無理なく分割して支払うことを了承してくれることもあります。

      住宅ローンが払えなくて自己破産を検討していても、任意売却するだけで自己破産しなくてよくなることもありえます。

      自己破産におすすめな
      護士・司法書士事務所5選

      はたの法務事務所
      東京ロータス
      法律事務所
      ひばり法律事務所
      弁護士法人・響
      天音総合
      法律事務所
      はたの法務事務所
      東京ロータス法律事務所
      ひばり法律事務所
      弁護士法人・響
      天音総合法律事務所
      実績
      相談件数
      20万件以上
      受任件数6,000件
      ノウハウ実績多数
      2,000件以上
      弁護士歴25年以上
      メディア出演・掲載実績多数
      メディア出演
      実績多数
      相談料
      何度でも無料
      何度でも無料
      何度でも無料
      何度でも無料
      無料
      着手金
      0円
      1件22,000円
      (税込)
      1件22,000円
      (税込)
      55,000円
      (税込)〜
      1社55,000円
      (税込)〜
      分割払い
      対応地域
      全国
      全国
      全国
      全国
      全国
      休日対応
      8:30〜21:00
      10:00〜19:00
      ×
      24時間
      24時間

      はたの法務事務所

      はたの法務事務所
      はたの法務事務所のポイント
      相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
      相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
      満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
      任意整理の着手金0円!
      はたの法務事務所
      に無料相談する
      どんな司法書士事務所?
      はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

      特徴
      相談料や着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と比較的安い費用設定が魅力です。
      また手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

      相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。
      任意整理する場合にかかる費用
      着手金が無料なので依頼しやすいですね。
      着手金
      /1件
      0円 報酬金
      /1件
      20,000円
      減額報酬 10% 過払い
      報酬
      返還額の20%
      10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

      ※金額は全て税込み表示です。

      はたの法務事務所について
      所在地 〒167-0051
      東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
      対応
      業務
      債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
      任意整理の着手金0円!
      はたの法務事務所
      に無料相談する
      出典:https://hikari-hatano.com/

      東京ロータス法律事務所

      東京ロータス法律事務所
      東京ロータス法律事務所のポイント
      受任件数6,000件のノウハウを活かして法律問題を解決
      無料で何回でも相談できるから相談しやすい
      土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
      どんな弁護士事務所?
      東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

      受注件数は6,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

      特徴
      東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
      相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

      また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。
      任意整理する場合にかかる費用
      相談費用は何度でも無料です。
      着手金
      /1件
      22,000円 報酬金
      /1件
      22,000円
      減額報酬 11% 過払い
      報酬
      返還額の22%

      ※金額は全て税込み表示です。

      東京ロータス法律事務所について
      所在地 〒110-0005
      東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
      対応
      業務
      債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
      出典:http://tokyo-lawtas.com/

      ひばり(名村)法律事務所

      ひばり法律事務所
      ひばり(名村)法律事務所のポイント
      依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
      かかる費用が明確で不安なく依頼できる
      東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
      どんな弁護士事務所?
      ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

      特徴
      東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
      また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

      依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

      過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。
      任意整理する場合にかかる費用
      ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
      着手金
      /1件
      22,000円 報酬金
      /1件
      22,000円
      減額報酬 10% 過払い
      報酬
      返還額の20%

      ※金額は全て税込み表示です。

      ひばり(名村)法律事務所について
      所在地 〒130-0022
      東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
      対応
      業務
      債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
      出典:https://hibari-law.net/

      弁護士法人・響

      弁護士法人・響
      弁護士法人・響のポイント
      問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
      依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
      原則356日24時間受付
      どんな弁護士事務所?
      弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

      多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

      特徴
      問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
      弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

      丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。
      任意整理する場合にかかる費用
      弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
      着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
      減額報酬 11% 過払い
      報酬
      返還額の22%

      ※金額は全て税込み表示です。

      弁護士法人・響について
      所在地 〒169-0074
      東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
      対応
      業務
      債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
      出典:https://hibiki-law.or.jp/

      天音総合法律事務所

      天音総合法律事務所
      天音総合法律事務所のポイント
      相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
      明確な料金プランと相談の流れで不安解消
      依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
      どんな弁護士事務所?
      天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

      特徴
      弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
      依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

      初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。
      任意整理する場合にかかる費用
      天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
      着手金 55,000円〜 報酬金
      /1件
      11,000円〜
      減額報酬 11% 過払い
      報酬
      返還額の22%

      ※金額は全て税込み表示です。

      天音総合法律事務所について
      所在地 〒103-0012
      東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
      対応
      業務
      債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
      出典:https://amane-law.or.jp/

      まとめ

      自己破産をすると、信用情報機関に5〜10年ほど「事故情報」という形で記載されます。

      借金の返済に関しての信用がなくなるということなので、住宅ローンの利用は非常に厳しくなるでしょう。5〜10年経過すると、事故情報の記載がなくなるので住宅ローンの審査に通る可能性があります。

      より審査に通りやすくなるために、前述した5つのポイントを押さえておくことを参考にしてください。

      住宅は生活の基盤であり、とても重要なものです。

      自己破産を検討したら、専門家である弁護士・司法書士に相談しましょう。借金問題の解決方法は自己破産以外にも方法があるので、自分の状況にあった最適な方法に導いてくれますよ。

      任意整理の着手金0円!
      はたの法務事務所
      に無料相談する

       

      ※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事