過払い金請求におすすめな弁護士・司法書士事務所5選|選び方も解説

過払い金の返還請求について検討している時に、まず相談したいのが弁護士や司法書士などの専門家です。しかし、どの事務所であれば信頼して依頼できるのか、分からない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、過払い金返還請求に強いおすすめの弁護士・司法書士事務所や、信頼できる事務所の選び方などについて詳しく解説します。

過払い金を請求しようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

過払い金返還請求にすすめな弁護士・司法書士事務所5選

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料や着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と比較的安い費用設定が魅力です。
また手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金
/1件
0円 報酬金
/1件
20,000円
減額報酬 10% 過払い
報酬
返還額の20%
10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応
業務
債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
出典:https://hikari-hatano.com/

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
受任件数6,000件のノウハウを活かして法律問題を解決
無料で何回でも相談できるから相談しやすい
土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は6,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。
任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応
業務
債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:http://tokyo-lawtas.com/

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。
任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 10% 過払い
報酬
返還額の20%

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応
業務
債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:https://hibari-law.net/

弁護士法人・響

弁護士法人・響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。
任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応
業務
債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。
任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応
業務
債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:https://amane-law.or.jp/

過払い金返還請求を護士・司法書士に依頼するメリット

男性
過払い金の返還請求は、複雑な手続きが必要な上に貸金業者との交渉も必要になるため、弁護士や司法書士に相談・依頼するのがおすすめです。

ここでは専門家にお任せした方が良い理由を4つ紹介していきますので、参考にしてみてください。

① 複雑な計算や手続きをすべてお任せできる

過払い金を算出するためには、正しく引き直し計算をする必要があります。複雑な引き直し計算は信頼できる弁護士・司法書士等のプロに任せる方が安心でしょう。

また、貸金業者との交渉についても、豊富な知識を持つ弁護士・司法書士がすべて担当し、依頼者の希望を優先して交渉を進めてくれます。

② 督促や返済を一時的に止められる

督促状

弁護士等に依頼すると、貸金業者に対して受任通知を送ります。

CHECK
受任通知を受け取った貸金業者は取り立て行為をすることができなくなり、返済も一時的にストップします。

まだ借金が残っている状態で過払い金請求手続きを進めるのが心配な人も、一時的に督促や返済が止まることで負担が軽減されるというメリットがあります。

③ 過払い金返還請求について無料相談も可能

相談

過払い金について専門家に聞きたいことがあったとしても「いきなりお金がかかるのでは?」と費用面が心配な人もいるはずです。

しかし「相談だけなら無料」という事務所も多いため、まずは無料で相談ができる弁護士等で話を聞いてもらい、自分の状況を確認してみましょう。

④ 裁判になった場合もお任せできる

貸金業者との交渉が上手くいかなかった場合、裁判に発展する場合もあります。

裁判となると弁護士の助けが必須となるため、過払い金請求で最終的には裁判まで考えている場合でも、安心して手続きをお任せすることができます。

裁判となった場合は費用も高くなるケースが多いため、事前に費用面をよく相談しておきましょう。

過払い金返還請求に強い護士・司法書士事務所の選び方

過払い請求に強い弁護士・司法書士事務所の選び方
過払い金請求を依頼する弁護士・司法書士事務所は、どこに依頼しても同じという訳ではありません。

ここからは、過払い金請求が得意な事務所を探すための5つのポイントを確認していきましょう。

過払い金請求実績が豊富か

数ある弁護士・司法書士事務所の中で、まずは過払い金請求の実績が豊富な事務所を探しましょう。

中には「離婚に強い」「相続が得意」といった他の分野が得意な事務所もあります。

事務所によって得意とする分野は異なるため、過払い金請求を依頼するなら、過払い金請求が得意な事務所を選ぶのがおすすめです。

公式ホームページを見れば、その事務所が何を得意としているのかがある程度分かりますので、色々な事務所を見て比較してみましょう。

返還請求の費用が明確か

契約

依頼する時に悩むのが、やはり費用面ではないでしょうか。しかし、報酬金等の料金設定は一見すると分かりにくい場合が多いです。

相談に行った時に、費用面を分かりやすく明確に説明してくれる事務所の方が信頼できます。

契約後に想定外の出費があって困るといったことがないように、費用についてわからない部分があったら納得いくまで質問をするようにしておきましょう。

弁護士や司法書士と直接面談できるか

「気になる事務所が見つかったので実際に訪問してみたら、弁護士等の本人ではなく事務職員としか会えなかった」というケースもあるようです。

事務職員の対応だけでは依頼するかどうかを判断できませんので、相談時に必ず弁護士や司法書士本人と話ができる事務所を選びましょう。

また、行く度に違う弁護士が対応するような事務所もあまりおすすめできません。

明確に自分の担当弁護士を決めてくれる事務所を選ぶのが、おすすめですよ。

過払い金返還請求について無料相談ができるか

記入

弁護士や司法書士に相談すると、30分単位でお金がかかるといった事務所も珍しくありません。しかし、事務所によっては「無料相談」を掲げている所もあります。

費用面で不安がある場合は、できるだけ無料で相談できる事務所を選ぶようにしましょう。

契約するまでは何度でも無料相談可能」という事務所もありますので、色々な事務所の無料相談を上手く利用して信頼できる事務所を探しましょう。

口コミ・評判は悪すぎないか

ネットの口コミサイトには、弁護士・司法書士事務所の口コミが書かれている所もあります。

ネット上の口コミは、実際に依頼した人の生の声が確認できる貴重なツールです。よって、口コミに多くの人があまり良くない口コミがある事務所は、依頼を慎重に検討しましょう。

WARNING
ただし、口コミサイトの情報をすべて鵜呑みにするのはおすすめできません。

口コミサイトの中には事実と異なる情報が書かれている可能性もあるため、マイナス評価が付いているからと言って必ずしも評判の悪い事務所だとは限りません。

あくまでも口コミは、参考程度に留めておきましょう。

過払い金返還請求の依頼が注意な弁護士・司法書士事務所とは?

過払い金請求の依頼が要注意な弁護士・司法書士事務所とは
弁護士や司法書士事務所の中には、依頼者の利益になる行動をしない、不正な請求をするような悪徳な事務所も存在します。

要注意な事務所の見分け方も確認しておきましょう。

こちらの話を聞いてくれない

相談に行っても、依頼者の話を真剣に聞かず、一方的に話をする弁護士などもいます。

まずは依頼者の話を聞いたうえで、それに対する回答をしてくれるのがベストですので、真剣に話を聞いてくれない・こちらの意向を汲み取ってくれない弁護士には要注意です。

本記事では、親身になって相談に乗ってくれるおすすめ弁護士・司法書士事務所を紹介しています。

無理やり契約を勧めてくる

電話

法律相談に行くと、そのあと頻繁に電話などでの勧誘が続く場合もあります。

WARNING
事務所に出向くと執拗に契約をせまり、迷っている間に強引に契約させられていたというケースもあるようです。

こちらの意向も聞かずに強引に契約を迫るような事務所には問題がある可能性もあるため、依頼しないようにしましょう。

不明瞭な費用の請求が多い

過払い金請求の手続き中に聞いていなかった費用が途中で発生し、思った以上に請求される費用が高くなってしまったという場合もあります。

契約時には説明がなかったのに、途中で不明瞭な費用が発生するような事務所では信頼して依頼できません。

契約時にしっかりと費用面を説明してくれる事務所に、依頼するようにしましょう。

もしも悪徳な弁護士・司法書士に依頼してしまったら?

過払い金請求の依頼が要注意な弁護士・司法書士事務所とは

弁護士・司法書士と契約してしまった後で、請求される費用がどう考えても高すぎるなど不安なことがあった場合、どこに相談すればいいか分からない人がほとんどでしょう。

弁護士や司法書士とトラブルになった場合の相談先には、主に下記のような窓口があります。

  • 弁護士…全国の日本弁護士会の市民窓口
  • 司法書士…各都道府県の司法書士会の相談窓口

弁護士とのトラブルでは、弁護士会が間に入り、紛議調停等で解決する道筋を立ててくれます。

また、司法書士とのトラブルについては、司法書士会の苦情相談窓口で相談をし、トラブル解決のための調停制度も用意されています。

弁護士や司法書士の対応に疑問を感じる場合は、早めに相談窓口で話を聞いてもらうことをおすすめします。

弁護士・司法書士のちらに依頼するか迷った場合

弁護士・司法書士どちらに依頼するか迷った場合
過払い金返還請求は、弁護士・司法書士(認定司法書士)のどちらにも依頼ができますが「どちらに依頼すればいいのか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

CHECK
実は、弁護士と司法書士では代理人になれる条件が少し異なります。

ここでは、それぞれの条件を確認していきましょう。

弁護士・司法書士それぞれの代理人になれる条件

弁護士と認定司法書士には、過払い金返還請求で可能な業務に違いがあります。

それぞれの違いを、分かりやすく表にまとめました。

弁護士 認定司法書士
過払い金の請求額が140万円以下
過払い金の請求額が140万円超 ×
簡易裁判所案件の代理人
地方裁判所案件の代理人 ×

このように、認定司法書士は過払い金請求額が140万円以下の案件しか取り扱いできません。また、裁判になる場合も、簡易裁判所の管轄になる案件のみ代理人になれます。

その一方で弁護士については、過払い金請求額が140万円を超える場合でも代理人になることができますし、地方裁判所の管轄事件でも代理人になることが可能です。

認定司法書士の可能な業務にはかなり制限があるため、ご注意ください。

裁判にしたい場合は弁護士がおすすめ

弁護士

弁護士と司法書士に依頼できる内容に違いがあることはお分かりいただけたでしょう。

過払い金の返還額が多い場合や最終的には裁判まで考えている場合は、依頼当初から弁護士に依頼することをおすすめします

WARNING
司法書士に依頼した場合、過払い金の返還額が想定よりも多かった時に司法書士が途中から担当できなくなる可能性があるからです。

ただし裁判にした場合は弁護士への費用が多くかかってしまう可能性がありますので、裁判にするかどうかは慎重に検討しましょう。

過払い金返還請求する際の注意点

過払い金請求をする際の注意点
払いすぎた利息が返ってくると聞くと、過払い金の返還請求にはメリットしかないように思えるかもしれません。しかし、実際にはさまざまなリスクも発生します

過払い金返還請求を始める前に、それらのリスクについても知っておきましょう。

ブラック状態になる可能性がある

借金を返済中に、過払い金返還請求をしても借金を完済できなかった場合、任意整理手続きに該当する可能性があります。

その場合は個人信用情報に事故情報として記録され、いわゆるブラック状態となります。

WARNING
個人信用情報に事故情報が記録された場合、一定期間は記録が残り続けます。

そのため、ブラック状態になると長期間ローンを組めませんし、クレジットカードの審査にも通りません。

スマホの機種変更をしようとしても、スマホの端末代の分割払いの審査にも通らないなど、日常生活にも大きく影響します。

ただし、借金返済中の人でも、返還額で借金が完済した場合はブラックにはなりません。

自分の場合はどちらになる可能性があるのか、事前に弁護士や司法書士に相談してみましょう。

過払い金対象の貸金業者が利用できなくなる可能性がある

契約

過払い金請求をすると貸金業者から払いすぎた利息分が返還されますが、対象となった貸金業者にはその記録が半永久的に、社内データとして残ってしまうことがあります。

その場合は、再度その貸金業者を利用しようとしても今後は利用できない可能性が高いです。

過払い金請求後は、対象となった貸金業者以外のところを利用することをおすすめします。

過払い金が返還されない可能性がある

お金

過払い金請求の条件は複雑なため、自分ではまだ請求できると思っていてもすでに時効になっていたり、そもそも過払い金の対象ではなかったりと、さまざまなケースが考えられます。

まずは弁護士や司法書士に相談をして、自分の場合は過払い金が返還されるのかを早めに調査してもらいましょう。

生活保護が受けられなくなる可能性がある

過払い金請求は、生活保護費を受給中であっても手続きは可能です。

ただし、生活保護費を受給している時に過払い金が返還されると、金額によっては受給停止や減額となる場合があります。

WARNING
また、福祉事務所に届け出をしないで過払い金を受け取った場合は、生活保護の不正受給とみなされる可能性もあります。

生活保護費を受給しながら過払い金請求をする場合は、返還された金額を必ず届け出するようにしましょう。

まとめ

今回は、過払い金請求を弁護士・司法書士などの専門家に依頼するのがおすすめな理由を解説し、おすすめな弁護士・司法書士事務所も紹介しました。

過払い金請求を弁護士や司法書士事務所に依頼すれば、引貸金業者との交渉など面倒な手続きをすべてお任せできます。

依頼する事務所を決める時は、相談時の対応や費用面などで比較し、信頼できる事務所と契約するようにしましょう。

また、弁護士と司法書士では依頼できる内容に違いがありますので、事前によく相談してどちらに依頼するか慎重に決めることが大切です。

記事内で紹介した弁護士・司法書士事務所では無料相談も行っているため、過払い金の請求を検討している人は早めに行動に移してみましょう。

 

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事