過払金返還請求とは?リスク・デメリット・費用など詳しく解説!

ここ数年ですっかりおなじみとなった「過払金返還請求」という言葉。

テレビCMでもキャッチコピー代わりに使っている弁護士事務所があるくらいですから、耳にしたことがある方も多いと思います。

この記事ではその「過払金返還請求」について、内容や費用・リスク・デメリットなど具体的に解説していきます。

これまで借金をしたことがある方は、お金が戻ってくる可能性がありますので、じっくり読んでみてください。

払金返還請求とは?
お金が戻ってくる仕組みを解説

まずは、過払い金返還請求の仕組みやお金が戻ってくる流れを確認しましょう。過払い金の基本情報ですので、ぜひ参考にしてみてください。

過払金とは

過払金とは、文字通り「過剰に払ったお金」のことです。

お金を借りている人にとって「払う」=「返済する」ということなので、多く返済しすぎているということになります。

借りたお金は、利子(金利)をつけて返すのが原則です。

金利は法律で上限値が決まっているのですが、貸付業者が法律の上限値以上の金利を設定している場合があります。

WARNING
法律の上限値と、貸付業者が設定した金利の差分から算出された利子分は、法律違反として返済しなくて良いことになっています。もし過去に払っていた場合、その分だけ返済しすぎということになり「過払金」に該当します。

法律の上限値は、借入額や借入をしたタイミングによって変わります。

ただし年利で20%を超えた借入をしていて返済中、あるいは10年以内に完済している方は、金額やタイミングに関係なく過払金が発生している可能性が高いです。

お金が戻ってくるまでの流れ

過払金の請求をしてから、実際にお金が手元に戻るまでの流れを簡単に紹介します。

過払金返還の請求は、大きく2つの方法があります。

弁護士と貸付業者で交渉する場合

債務整理の3つのパターンのうち、任意整理の中で過払金請求を行う場合です。任意交渉という言い方をすることもあります。

弁護士と貸金業者の交渉は、以下の流れですすみます。

    1. 弁護士から貸付業者へ受任通知(介入通知)を発送
    2. 貸付業者から取引履歴が開示される
    3. 開示された取引履歴をもとに、過払金の金額を算出する
    4. 弁護士より貸付業者へ過払金返還請求が行われる
    5. 貸付業者より過払金が返還される

「ただ請求しただけでお金が戻ってくるの?」と驚かれる方もいますが、過払金が発生している状態というのはイコール法律違反の状態ですから、基本的には問題なく返済されます。

訴訟を起こして交渉する場合

裁判所を介して、過払金請求を行う場合です。貸付業者側が悪質で、任意交渉に応じない場合はこちらの方法が使われます

訴訟を起こして交渉する流れは、以下の通りです。

    1. 裁判所へ必要書類を提出する
    2. 裁判所から貸付業者へ訴状が郵送される
    3. 第一回口頭弁論期日が決定する

第一回の口頭弁論以降は、借りた側と貸した側が法廷で交渉をしていき、最終的に和解にもっていくことになります。

裁判所を介するということを除くと、交渉の流れとしては任意交渉と似ています。ただし強制力がありますので「交渉に応じてくれない」という状態を回避することができます。

過払金返還請求のスクとは?
デメリットはあるの?

過払金返済請求は、基本的にやれば返ってくるパターンがほとんどです。

そう聞くと「メリットしかない」と思われる方も多いかと思いますが、リスクやデメリットも存在します。

信用情報にキズがつく場合がある

任意整理や自己破産など、債務整理を行った場合はそのことが信用情報に登録されます。

これを「信用情報にキズがつく」という言い方をします。

信用情報とは?
借入やその返済を行ったことが記録されている情報です。新しくクレジットカードを発行したり、住宅ローンを組んだりするとき、貸し手は信用情報を確認してきちんと回収できそうかを確認します。

信用情報にキズがつくと、その後5~10年は新たな借り入れやクレジットカード発行、住宅ローンを組むなどができなくなります。

過払い金請求で信用情報にキズが付くケース

過払金請求の場合、それだけではキズはつきません。

過払金請求は当然に持っている権利であって、新たな借り入れを増やすことではないからです。

WARNING
ただし、請求の時点でまだ返済していない借入が残っている場合には信用情報にキズがついてしまいます。

というのも、過払金請求を行う際は弁護士から貸付業者へ「受任通知(介入通知)」が発送され、この時点で債務整理に入ったという判断になってしまうからです。

すでに借金があり返済が苦しく、債務整理をしようとしている方ならば、過払金請求は一刻も早く行うべきです。

ですが、返済が問題なく進んでいる場合は、完済してからの過払金請求を強くオススメします。

「法律違反をしているのは貸し手側なのに、なぜ完済まで我慢しなければならないの?」と理不尽に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご自身の信用情報を守るために順序を守りましょう。

返還請求した相手からの借り入れができなくなる

デメリットのひとつめで、信用情報について述べました。

すでに借金を完済している場合は、過払金返還請求をしても信用情報にキズがつくことはなく、その後の借り入れに影響は出ません。

WARNING
ですが、請求を行った相手そのものから新たな借り入れをすることは期待できなくなります。貸付業者はどこも社内で顧客リストを持っており、過払金請求を行ったことはそこに記録される可能性が大きいです。

「この顧客はクレームをつけてきたことがあるから、今後の取引は控えよう」といった形で、新たな借り入れは難しいでしょう。

借入は、できればしないのが一番ですから「もうここからは借りない」という決意もこめて過払金返還請求を行う、というのがおすすめしたい姿ではあります。

ですが仕事や家庭状況の都合上、今後もその貸付業者からの借り入れを考える可能性があるのであれば、返還請求は諦めることも検討すべきでしょう。

過払金返還請求の用とは?

過払金返還請求をするかどうか悩まれる方の中には「弁護士費用など考えるとやってもマイナスかもしれない」と不安になられる方もいます。

そこで、過払金返還請求にかかる費用をみてみましょう。

どこの弁護士・司法書士でも費用はだいたい同じ

弁護士の世界には「日本弁護士連合会」という組織があり、弁護士として活動していくにあたって様々な指針が定められています。この中には報酬に関する規定もあります。

CHECK
ですから、弁護士に何かを依頼する場合にどの弁護士事務所を選んでも、費用に大きな差はありません。

ちなみに、過払金が140万円以下の場合には、返還請求は弁護士だけでなく認定司法書士でもできます。

司法書士の世界には「日本司法書士連合会」という組織があり、こちらも報酬に関する規定を持っています。

比べてみると、過払金返還請求は認定司法書士に頼んでも弁護士に頼んでも、費用面はほとんど変わらないようです。

過払金返還請求にかかる費用は1社あたり約5万円+30%

過払金返還請求にかかる費用としては、だいたい次のようになります。

弁護士事務所によって内訳が微妙に違ったり、金額も前後しますが、合計でだいたい「5万円+返還分の30%」くらいをみておくとよいでしょう。

着手金

「過払金返還請求をお願いします」と弁護士や司法書士に依頼する際に発生する費用です。

だいたい1~2万円くらいが相場です。貸付業者ごとにかかりますので、複数業者へ請求する場合はその分だけ必要になります。

基本報酬

実際に貸付業者へ交渉してもらう費用として発生するものです。相場としては、貸付業者1社あたり3~5万円ほどとなります。

ひとつまえの着手金と同様に、交渉の結果を問わず発生するもので、事務所によっては着手金と基本報酬を合わせて金額設定しているところもあります。

成功報酬・減額報酬

貸付業者との交渉の結果、うまくまとまった場合に支払う費用です。

返還される過払金の金額に対して、成功報酬がだいたい5~10%、減額報酬がだいたい20%ほどになります。

任意整理の中で行う場合は減額報酬のみ

借金が返しきれず任意整理をしようとして、その中で過払金返還請求を行うケースも多いです。

その場合、過払金返還請求は任意整理にかかる交渉の中で進めることになります。

費用の内訳は?
費用としては「任意整理にかかる分として着手金・基本報酬・成功報酬」+「過払金返還請求によりお金が戻ってくればそこに対して減額報酬」が発生するという形になります。

ダブルで費用請求されるわけではありませんので、安心して相談してみてください。

 

過払金返還請求の相談はどこがいい?
弁護士・司法書士事務所のび方

費用の解説のところで「どこの弁護士事務所・司法書士事務所を選んでもだいたい同じ」と書きました。

では実際に過払金返還請求を依頼する場合、どのようにして弁護士事務所や司法書士事務所を選べばよいのでしょうか。いくつかポイントがあります。

「債務整理の弁護士報酬のルール」を守っているか

弁護士を束ねる組織として存在する「日本弁護士連合会」に、「債務整理事件処理の規律を定める規定」というものがあります。

債務整理事件処理の規律を定める規定とは?
債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の依頼を弁護士として引き受ける際に従うべきルールです。

規定の中には過払返還請求に触れているもの、あるいは明確に触れていなくても過払返還請求の場合が含まれるものがあります。

チャックする項目
・実際に過払金請求の契約を結ぶ前に弁護士と直接会えているかどうか
・債務整理をしようと考えている場合、過払金返還請求だけでなく債務整理全体で対応してくれているか
・過払金返還請求にかかる費用を明示しているか、着手金・報酬金・手数料以外の費用が含まれていないか

司法書士の場合も弁護士のチェックポイントに準ずる

司法書士の世界では、弁護士でいうところの日本弁護士連合会にあたる組織として「日本司法書士連合会」があります。

日本弁護士連合会とは違って、債務整理に関して事細かに定めたルールはなく、司法書士と依頼者の間で費用について合意の上で話をすすめるよう定められています。

そのため、過払金返還請求に関して司法書士を選ぶ場合のポイントとしては、前項で紹介した弁護士向けのチェックポイントと同じで良いでしょう。

過払金返還の実績があるかどうか

弁護士や司法書士が扱う案件の内容は、多岐にわたります。

WARNING
中には、過払金返還請求を今まで一度もてがけていない事務所もあります。

事前にホームページをチェックしたり、あるいは初回相談時に聞いてみるなどして、これまでに対応した実績があるかどうかを確認しましょう。

過払金返還請求は自分でできる?
分で行うリスクとは?

「過払金を返してもらうだけ、というならば弁護士や司法書士にお願いしなくても自分ひとりで請求できるのでは?」と思われる方がいます。

あとで「あのときこうしていればよかった」とならないように、自分で過払金返還請求をする場合のリスクについて先に把握しておきましょう。

 

リスク1

返還金額が少ない

弁護士でもないのに貸付業者に対して過払金返還請求を行った場合、弁護士が交渉した場合と比べて少ない金額しか戻ってこないことがよくあります。

相手が素人だと貸付業者は強気で交渉に臨んできますので、何かと理由をつけて返還金額の減額を求めてきます。

 

リスク2

書類作成の負担が大きい

過払金返還請求を行う際、さまざまな書類が必要になります。必要な書類は以下の通りです。

    • 訴状
    • 証拠説明書
    • 過払金返還請求書
    • 引き直し計算書

これらをすべて自分で準備・対応しなければならず、それぞれの書類の意味や何を書くかなど理解するところから始めるとなるとかなり大きな負担となります。

過払金返還請求が可能な人の件とは?

いくら過払金があっても、返還請求ができない場合があります。

具体的には、下記にあてはまるかどうかを事前に確認しましょう。

過払金の時効が成立していないこと

過払金が発生している貸付業者からの借り入れ、もしくは返済手続きを最後にしてから10年以上過ぎている場合、時効により過払金に対するあなたの権利が消滅してしまいます。

権利が消滅しているため、過払金返還請求ができません。

相手の貸付業者が倒産していないこと

過払金返還請求は、認められた権利です。必要以上に払いすぎた利息を戻してもらい、正常な状態にすることだからです。

WARNING
ただし「請求相手がすでに存在しない」場合には返還請求ができません。

すでに、いわゆる倒産している貸付業者がいくつも存在しています。

「払いすぎた利息を返してください」と言おうにも、言う相手が消滅してしまっている、という状態です。

例えば、下記業者への過払金返還請求はできません。

    • クロスシード
    • 武富士
    • クラヴィス
    • ネットカード
    • SFコーポレーション

これ以外にも、破産手続きをしており請求不可の貸付業者が存在する可能性はあります。

過払金が戻ってくるまでの数・時間は?

今すぐに過払金を受け取りたい、と考えている方。交渉開始から実際にお金が戻ってくるまでにはそれなりの時間がかかります。

どのくらいの時間がかかるかは、交渉の方法によって変わります。

弁護士や本人と貸付業者で交渉する場合

過払金返還請求の中で、いちばん時間がかかるのは「貸付業者による取引履歴の開示」です。

CHECK
早い業者では数日で提示がありますが、遅い業者だと3か月ほど待たされることもあります。

取引履歴の開示があったのち、弁護士もしくは本人と貸付業者との交渉が始まります。

おおよそ、交渉のスタートから和解まで半年ほどかかるケースが多いです。

訴訟を起こして返還請求を行う場合

裁判所を介して過払金返還請求を行う場合、交渉の期日をいちいち調整したりする手間が増えるため、直接の交渉よりも時間がかかる傾向にあります。

だいたい、半年から1年ほどかかることが多いです。

過払金返還請求を護士に任せるメリット

過払金返還請求にかかる費用や弁護士の選び方などみてきましたが、ここで改めて「弁護士に任せるメリット」を整理しておきましょう。

特に初めて過払金返還請求にチャレンジする場合は、専門家に頼るほうがメリットが多くスムーズに進みます。

 

メリット1

書類作成や手続きを代行してくれる

前項でも書きましたが、過払金返還請求では書類をいくつか作成する必要があります。

書類以外の負担は?
また訴訟を起こして返還請求を行う場合は裁判所へ足を運ぶ必要があります。

何も知らない素人がこのあたりをやろうとすると、勉強からはじまるので結構大変です。

その点、弁護士に依頼するとそのあたりは一切まるっと引き受けてくれます。勝手の分かる弁護士や事務スタッフが対応してくれるので、スムーズに進みます。

 

メリット2

返還される金額が多くなる可能性がある

過払金返還請求は以前よりもメジャーになってきており、請求を受けた貸付業者は最近ではほぼ確実に返還に応じてくれます。ただし、過払金の全額が返還されるとは限りません。

WARNING
貸付業者側もなにかと理由をつけ、返還額を減らそうとしてくる場合があります。素人が交渉に臨む場合、「どうせ何も知らないだろうから」と強気でくる貸付業者もいます。

その点、すでに過払金返還請求の経験のある弁護士が交渉に臨めば、こちらに有利な条件を引き出してくれることが期待できます。結果として、返還される金額が多くなるケースが多くあります。

 

メリット3

借金まとめて面倒みてくれる

過払金返還請求を希望する方の中には、まだ借入が残っており返済に苦しんでいる方も多くいらっしゃるはずです。

CHECK
その場合、弁護士は過払金返還請求だけでなく借金の返済まで含めて相談に乗ってくれます。必要であれば任意整理・個人再生・自己破産といった債務整理の手続きも請け負ってくれます。

実際に債務整理をするかどうかは別として、借入に関して相談できる相手がいる、ということはそれだけで心強いものです。気持ち的な余裕ができるという意味でも、弁護士を頼るメリットはあると言えます。

過払い金請求に法律・法務事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
受任件数6,000件のノウハウを活かして法律問題を解決
無料で何回でも相談できるから相談しやすい
土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は6,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。
任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金/1件 22,000円 報酬金/1件 22,000円
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応業務 債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:http://tokyo-lawtas.com/

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料や着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と比較的安い費用設定が魅力です。
また手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金/1件 0円 報酬金/1件 20,000円
減額報酬 10% 過払い報酬 返還額の20%
10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務 債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
出典:https://hikari-hatano.com/

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。
任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金/1件 22,000円 報酬金/1件 22,000円
減額報酬 10% 過払い報酬 返還額の20%

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応業務 債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:https://hibari-law.net/

弁護士法人・響

弁護士法人・響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。
任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応業務 債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。
任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金/1件 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応業務 債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:https://amane-law.or.jp/

まとめ

過払金返還請求について、手続きの流れやかかる費用、弁護士や司法書士の選び方など解説してきました。

もしこれまでに過払金が発生しており、返還請求を検討しているならば、まずは弁護士や司法書士に相談するところから始めることをオススメします。

最近は多くの弁護士事務所や司法書士事務所で初回相談を無料で設定していますので、とりあえず相談に行ってみましょう。信頼できる弁護士・司法書士に出会えることを、心から願っています。

 

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事