個人再生するとクレジットカードは作れない?使えるカードはある?

個人再生手続きをとると、基本的にクレジットカードは使えなくなると考えられます。

ただし、例外として使えるクレジットカードはありますし、クレジット以外で似たような使い方ができるものもあります。

この記事では、個人再生後のクレジットカードに関する情報をまとめています。

個人再生を考えている方や、実際に手続きをした後、クレジットカードがなくなって困っている方は、ぜひ参考にしてください。

60秒でいくら減らせるか分かる!
借金減額診断
(無料)

人再生(民事再生)とは

まずは、個人再生(個人の民事再生)とは何か?について説明していきます。

自己破産と混同されている方が多いので、違いをしっかり押さえましょう。

個人再生は債務整理のひとつ

個人再生は、法律で認められている「債務整理」のひとつです。

CHECK
様々な理由により大きな債務(借金)を抱えてしまった人が、ここから再生して再び社会で活躍することを支援するために、債務整理の制度があります。

債務整理と聞くと、真っ先に自己破産を思い浮かべる方が多くいらっしゃいます。

実際に法律事務所(弁護士の事務所)を尋ねる方には「借金が返せないので自己破産をしようと思います」と相談する方も少なくありません。

債務整理には3つの種類がある

ですが借金問題を解決する方法は、自己破産だけではありません。債務整理には、主に次の3つの方法があります。

任意整理 裁判所を介さずに債務者(借り手)と債権者(貸し手)の間で直接交渉する方法
個人再生 裁判所を介して債務整理する方法の一つ
自己破産 裁判所を介して債務整理する方法の一つ

借金をゼロにする代わりに20万円以上の価値のある財産を処分する自己破産よりも軽めの措置として、個人再生という方法が用意されています。

自己破産は財産を処分させる代わりに借金を帳消しにするのに対し、個人再生は成功すれば財産を残したまま、借金を5分の1程度に圧縮することも可能です。

借金の全額は返せないけれど一部なら返せる、というだけの余裕や収入見込みがあれば、自己破産よりも個人再生のほうがダメージを少なく済ませられるため検討の余地があります。

個人再生のメリット

また個人再生のメリットのひとつに、住宅ローン特例が適用できる点があります。

CHECK
持ち家があり住宅ローン返済中の方が「住宅ローンを残した上でそれ以外の借金を圧縮し持ち家を手元に残す」ということがこの特例により可能となります。

20万円以上の価値のある財産は基本的に処分させられる自己破産とは違い、個人再生は持ち家を残すことができるため、返済能力が残っている方を中心に選ばれることの多い務整理方法です。

個人再生の影響は?クレジットカードはれない?

個人再生手続きを取ると、クレジットカードが一定期間作れなくなることが考えられます。

また、次のような影響が予想されるので注意が必要です。

WARNING
  • 信用情報に傷がつくため新たな借り入れやキャッシングが当分の間難しくなる
  • クレジットカードが作れなくなる
  • 新たなローンや割賦契約が組めなくなる
  • ローンを組んで購入しまだ返済中のものがある場合、手放す必要が出てくる場合がある
  • 保証人つきの借り入れがある場合、保証人に迷惑がかかる

個人再生手続きの中で定められた返済計画どおりに返済を完了し、一定の期間が過ぎると、またクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることが可能となるでしょう。

保証人に関しては、基本的に債務者本人の借り入れのうち返せなかった分がそのままスライドして請求されます。

また、そもそも個人再生が認められない場合もあります。定期収入がなく、債務を圧縮したところで返済できないと判断される場合などが該当します。

この場合、自己破産を勧められるケースが多いです。

個人再生後、いつから信用情報が復する?

個人再生手続きをすると、その旨が信用情報に記載されます。その内容が削除されるまでの期間はおおよそ5年です。

信用情報とは?
一人ひとりの借り入れや返済の状況を記録したもので、民間の信用情報管理機関によりデータ管理されています。

同じ債務整理でも、信用情報が回復されるまでの期間は手続き方法により異なり、任意整理や個人再生の場合は5年、自己破産の場合は10年といわれています。

なお、個人再生の場合は返済計画どおりに返済を進めていることが、前提となります。

ただし、これは法律などで厳密に定められたルールではなく、信用情報を管理する機関が持つ独自ルールのため、必ず5年、必ず10年とはいい切れません。

信用情報が回復するまではだいたい5〜10年くらい、と考えておくのが良いでしょう。

個人再生後に行できるクレジットカードはある?

個人再生手続きをした旨が信用情報に載ると、基本的にクレジットカードの申し込みは通らないと考えられます。

ただし、すべてのカードが使えなくなるわけではなく、中には利用可能なものもあります。

自分名義のカード

個人再生手続きをした本人名義のクレジットカードは、基本的に全て使えなくなると考えられます

新規申し込みも、基本的に通らないでしょう。

CHECK
クレジットカードを新規発行する際、カード会社は信用情報にアクセスし、債務整理などの記録がなければ総量規制(収入の3分の1までしか貸し出せない)をクリアしているか審査したうえでカード発行の可否を決定しています。

なお、個人再生から5〜10年経つと信用情報が回復するため、本人名義のクレジットカードが再び作れるようになると考えられます。

ただし、個人再生手続きにて借入れ額が圧縮となった業者からは、信用情報回復後でも新しいカード発行を認められないケースが考えられます

これは信用情報とは別に、各カード会社で顧客情報を管理しており、そこには期限なく債務整理の記録が残ることが理由として考えられます。

貸したお金を、一度でも踏み倒した客には2度とお金を貸さない、ということです。

60秒でいくら減らせるか分かる!
借金減額診断
(無料)

配偶者名義のカード

配偶者名義のカードは、基本的には個人再生の影響を受けません。

個人再生はあくまで債務者本人の信用情報に影響を与えるのであって、配偶者の信用情報には通常影響がないからです。

個人再生手続きを取った後でも、基本的には配偶者名義のカードはそれまでと何ら変わらず使うことが可能です。

WARNING
クレジットカードは「本人が使う」ルールとなっていますので、配偶者名義のクレジットカードを使うときは配偶者自身に決済手続きをしてもらうよう、気をつけましょう。

家族カード

個人再生をした本人名義カードの家族カードは、自分名義のクレジットカードと同じタイミングで使えなくなることが考えられます。

反対に、配偶者名義の家族カードは、基本的に配偶者名義のカードと同様に個人再生手続き後も問題なく使えます。

CHECK
基本的に「自分名義=使えない」「第三者名義=使える」と考えておきましょう。
60秒でいくら減らせるか分かる!
借金減額診断
(無料)

リボ専用カード

リボ専用カードとは、決済時に一括払いやボーナス払いなどを選択していても、請求時にはリボ払いとなるカードです。

カード会社からすると、リボ払いは一括払いなどと比べて手数料収入が見込めるため、キャンペーンなど実施して積極的に発行を後押ししてきました。

そんなリボ専用カードですが、基本的に普通のクレジットカードと同じ扱いになります。

例えば
個人再生した本人名義のリボ専用カードは使えなくなると考えられますが、例えば配偶者名義のリボ専用カードは基本的に手続き後も引き続き使えます。

持っていたカードの更新手続き

クレジットカードは原則、期限が切れる直前に更新手続きの書類が届きます。ですが個人再生手続きをした場合、更新手続きの書類も届きません

また、手続きから5〜10年経って信用情報が回復した際に更新の案内がくることも基本的にありません。

個人再生手続き後、本人名義のクレジットカードを申し込む場合は、新規発行扱いとなるのが通常です。

個人再生後でもカードが作れたって本当?使えるカードは?

インターネットを検索してみると「個人再生したけどカードを持てた」「信用情報にキズついてたけどカード発行できた」といった口コミを見かけます。

個人再生手続き後、5年たたずに発行できるカードがあるかどうかを調べてみました。

デビットカードやプリペイドカードは利用可能

普通のクレジットカードは、やはり個人再生手続き後5~10年たって、信用情報が回復しないと発行してもらえないのが通常です。

ですがクレジットカードと近い使い方ができるもので、信用情報のキズの有無にかかわらず持てるものがあります。

それが、デビットカードプリペイドカードです。

 

使えるカード1

デビットカード

デビットカードとは、店頭決済やネット決済で使えるキャッシュカードのようなものです。

CHECK
銀行口座の情報と紐づいており、店頭やネットでのお買い物の際に使うとその分だけ口座残高から引き落とされます。

お買い物時の使い方はクレジットカードと同じですが、銀行口座の残高の範囲内でしか使えません。

カード発行側としても、決済金額をすぐに銀行口座から回収可能なことからリスクがないと判断できますので、信用情報の状態にかかわらず発行してもらえます。

 

使えるカード2

プリペイドカード

プリペイドカードは、テレフォンカードやAppleカードなどに代表される前払い式のカードです。

CHECK
あらかじめ決められた金額を払ってカードを購入しておくと、購入金額の分だけ買い物やサービス利用ができます。

Amazonカードや図書カードなどのように決まったお店やサービスでしか使えないものもあれば、クオカードのように様々な店舗で広く使えるものもあります。

カードを購入した時点で利用分の代金は支払い済のため、こちらも信用情報の状態に関わらず利用が可能です。

どちらも、手持ちの現金や口座残高の範囲内でしか使えないため、お金がないときにクレジットカード払いでしのぐ、という使い方をしていた方にとって、デビットカードやプリペイドカードは物足りないかもしれません。

ですが現金を持ち歩かなくてもカードで買い物ができる、という意味ではデビットカードやプリペイドカードは、クレジットカードの代替として十分使えるものです。

特にデビットカードは、例外はあるものの携帯電話料金などの定期引落しにも使えますので、個人整理や自己破産した方の多くは、クレジットカード代わりにデビットカードを活用されています。

60秒でいくら減らせるか分かる!
借金減額診断
(無料)

スマホ決済も活用しよう

カードではないのですが、スマホ決済もクレジットカード代わりの決済方法として、活用してほしいもののひとつです。

スマホ決済にはチャージ方式のものと、携帯料金とのまとめ払い方式の2種類があります。

 

使えるスマホ決済1

チャージ方式

チャージ方式は利用前にあらかじめ銀行口座などからチャージしておくことで、その金額の範囲内で決済が可能です。

チャージ形式の場合はプリペイドカードと同様に前払いの形となるため、信用情報の状況に関わらずチャージした金額の範囲内で利用が可能です。

 

使えるスマホ決済2

携帯料金とのまとめ払い方式

携帯料金とのまとめ払い方式では、その月の利用分が携帯料金請求時に合算されて請求されます。携帯料金とのまとめ払いの場合は後払いとはなりますが、大きな金額でなければ審査などないためほぼ利用可能と考えられます。

ネット決済の場合はまだスマホ決済に対応していないところもそれなりにありますが、店頭決済ではクレジットカード決済と同じかそれ以上にスマホ決済は普及しています。

最近ではスマホ決済を利用すると大々的にキャッシュバックやポイント還元をしてくれるところもあります。

クレジットカードの代わりになる決済方法として、どれか1つでも準備しておくことをおすすめします。

60秒でいくら減らせるか分かる!
借金減額診断
(無料)

個人再生後にお金にった時の対処法

個人再生手続きをすると、クレジットカードは作れなくなりキャッシングや新たな借り入れもできなくなることが考えられます。

デビットカードやスマホ決済も、銀行口座に残高がないと利用できなかったりします。

そんな中で「どうしてもお金が足りない」ときにとるべき方法を紹介していきます。

身内を頼る

手取り早いのはこの方法でしょう。

個人再生手続きをしたことを理解してくれている人を頼り、一時的に助けてもらうパターンです。

ただし、一時的なケースならば良いですが、恒常的に金銭的援助を受けるようなケースは、しっかりした話し合いの上で行うことをおすすめします。

毎月のようにお金が足りなくなる、というのはそもそもの返済計画に無理があるのかもしれません。

その場合は身内を頼ってもその場しのぎにしかならず、下手をすれば身内間でのいざこざの原因になります。

WARNING
返済計画に無理がある、という場合は自力で何とかしたり、周りを頼ったりする前に次項を参考に弁護士への相談を優先してください。
60秒でいくら減らせるか分かる!
借金減額診断
(無料)

弁護士に相談する

頼れる人がいない場合、まずは個人再生手続の際にお世話になった弁護士に相談しましょう。

手続きの際の弁護士費用を分割で払い続けている場合なら支払調整の相談に乗ってくれるでしょうし、それ以外の場合でも支援や補助など、何かしら使える制度を一緒に探してくれるでしょう。

間違っても、個人再生手続により決まった返済分を自身の判断で滞納するのはやめましょう

本人の再出発のためにまとまった再生計画が実行されないことにより、不利な立場に置かれる可能性が出てきてしまいます。

WARNING
滞納となる前ならば調整の余地がある支払いでも、期限を過ぎて滞納となってしまうとその事実が残ってしまい、調整ができなくなるおそれが考えられます。

返済間に合わないかも、お金足りないかも、と気づいた時点ですぐ、弁護士に相談するようにしてください。

個人再生にすすめな弁護士・司法書士事務所

はたの法務事務所
東京ロータス
法律事務所
ひばり法律事務所
弁護士法人・響
天音総合
法律事務所
はたの法務事務所
東京ロータス法律事務所
ひばり法律事務所
弁護士法人・響
天音総合法律事務所
実績
相談件数
20万件以上
受任件数6,000件
ノウハウ実績多数
2,000件以上
弁護士歴25年以上
メディア出演・掲載実績多数
メディア出演
実績多数
相談料
何度でも無料
何度でも無料
何度でも無料
何度でも無料
無料
着手金
0円
1件22,000円
(税込)
1件22,000円
(税込)
55,000円
(税込)〜
1社55,000円
(税込)〜
分割払い
対応地域
全国
全国
全国
全国
全国
休日対応
8:30〜21:00
10:00〜19:00
×
24時間
24時間

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料や着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と比較的安い費用設定が魅力です。
また手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金
/1件
0円 報酬金
/1件
20,000円
減額報酬 10% 過払い
報酬
返還額の20%
10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応
業務
債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
出典:https://hikari-hatano.com/

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
受任件数6,000件のノウハウを活かして法律問題を解決
無料で何回でも相談できるから相談しやすい
土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は6,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。
任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応
業務
債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:http://tokyo-lawtas.com/

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。
任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 10% 過払い
報酬
返還額の20%

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応
業務
債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:https://hibari-law.net/

弁護士法人・響

弁護士法人・響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。
任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応
業務
債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。
任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応
業務
債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:https://amane-law.or.jp/

まとめ

一度でも債務整理をすると、クレジットカードを作るのは当分の間難しくなります。しかし「クレジットカードが作れない」「ローンが組めない」という日々も5年・10年たてば終わります。

また、デビットカードなどは問題なく使用可能です。個人再生手続きによりカードが使えなくなることで、かえってスッキリするケースもあるでしょう。

これから個人再生手続きに踏み出そうとしている方も「もう人生終わりだ」と諦めることなく、まずは生活の立て直しからスタートしてみてくださいね。

任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する

 

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事