リボ払い返済のコツを紹介!返済できない場合のリスクや解決方法も

リボ払いは毎月の支払いを少額に抑えられるため便利な方法ですが、大きなデメリットもあります。リボ払いによる返済額が大きくなり、生活が苦しくなる可能性もあります。

リスクを小さくするためにも、リボ払いの特徴や仕組みを知り、計画的に利用しましょう。

また、返済できなくなったときのリスクや対処方法も把握するのがおすすめです。そこで今回は、リボ払い返済のコツを紹介します。

返済できない場合のリスクや解決方法もあわせて解説するため、ぜひ参考にしてみてください。
相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

リボ払い返済のコツ①リボ払いについて理解する

リボ払い 仕組み

リボ払いの仕組み

リボ払いとは「リボルビング払い」のことで、クレジットカードの支払方法の1つです。使用した金額に関係なく、あらかじめ設定した金額を毎月支払う方法です。

例えば、5万円の金額でリボ払いを使用した場合、支払い金額を1万円に設定していれば、毎月1万円を5ヶ月に渡って返済していきます。

 さらに追加で5万円利用し、使用総額が10万円になった場合でも、毎月の支払額は変わらず1万円で、返済期間が10ヶ月になります。

リボ払いの種類は大きく分けて「残高スライド方式」「定額方式」の2つです。残高スライド方式とは、残高に応じて支払額が変動する方式です。

例えば、支払残高が10万円未満の場合は毎月5,000円、10万円以上であれば1万円と設定されており、支払額が増えると毎月の返済額も決められた金額だけ増えます。

定額方式とは、支払残高が増えても毎月の支払額が変わらない方式です。
相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

リボ払いのメリット

リボ払いのメリット

  • 毎月の返済額を抑えられる
  • 手持ちの資金が少ないときでも利用できる

リボ払い最大のメリットは、毎月の返済額を抑えられることです。分割払いの場合、使用金額が増えるとそれに比例して返済額も増えていきます。

 リボ払いの中でも定額方式であれば、どれだけ使用したとしても毎月の返済額が一定であるため、月々の出費を抑えながら計画的に返済できるでしょう。

また、一般的な分割払いと同様に、リボ払いは所持金が少ない状態で利用できる点も大きなメリットです。

相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

リボ払いのデメリット

リボ払いのデメリット

  • 借り入れしている意識が薄くなり借入額が増えやすい
  • 借入額が増えると返済期間が長くなり、利息の負担が大きくなる
  • 返済総額が分かりにくく、利息の多さを実感しにくい

リボ払いを利用すると、カード会社から借り入れをしていることと同じであるため、支払額に応じた利息を支払う必要があります。

多くのクレジットカード会社では、年利15.00%程度に設定されており、毎月利息が発生します。

先程の例でいえば、支払残高が10万円で毎月1万円の返済をする場合、実際の返済期間は10ヶ月ではなく、利息分の支払いも考慮した期間になるでしょう。

 また、リボ払いは金額に関係なく返済額が一定であるため、借り入れをしている意識が薄くなり、リボ払いを重ねてしまうことで借入額が増えやすいです。

借入額が増えると支払わなければならない利息も増えることから、総返済額はどんどん膨らんでいきます。

このように、借入額・総返済額が大きくなっても毎月の返済額は変わらないため、利用額が増えると必然的に返済期間が長くなっていきます。

返済期間が長くなるほど利息の金額も増え、分割払いなど他の方法よりも返済額が大きくなりやすいです。

支払残高の増大や返済期間の延長で返済総額が分かりにくい、利息の多さを実感しにくいこともデメリットです。
相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

リボ払い返済のコツ②効率良く返済する

リボ払い 返済方法

毎月の返済額を増やす

リボ払いの場合、毎月の返済額は下限が設定されています。それ以上の金額であれば自分で決められることが多いため、毎月の返済額を増やすのがおすすめです。

 リボ払いの利息は毎月発生するため、毎月の返済額を多くして早く完済する方が利息の総額は少なくなります。

また、借入総額が大きく毎月の返済額が小さいと、返済分が利息で相殺されて元金が減らない場合もあるでしょう。

毎月の返済金額の変更方法はクレジットカード会社によって変わります。電話で問い合わせる場合もあれば、Web上や公式アプリなどで手続きできる場合もあります。

毎月の返済額を増やすことで期間を短縮できます。しかし、無理に返済額を増やすと生活に支障をきたしかねないため注意してください。
相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

余裕があるときは繰上げ返済をする

リボ払い 繰り上げ返済

ボーナスなどで収入が一時的に増え、余裕があるときは繰り上げ返済をするのも有効です。一部を繰り上げ返済すれば、返済期間が短くなり利息を減らせます。

 繰り上げ返済を希望する際も、クレジットカード会社での手続きは簡単です。先程と同様に、電話の場合もあればWebなどから手続きできる場合もあります。

通常の返済は指定の銀行口座から引き落とされますが、繰り上げ返済の場合は指定のATMへの入金や、指定口座への振り込みになることが多いです。

相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

一括で返す

リボ払い 一括返済

さらに手持ちの資金に余裕があり、返済が進んで残高が少なくなっているときは一括で返すのもおすすめです。

 一括返済なら返済回数が減るだけではありません。一度の返済で完済できるため、以降利息が発生することはなくなるのです。

一括返済のタイミングによっては、毎月の返済額の増額や繰り上げ返済よりも大幅な利息削減効果が期待できます。

この場合も、生活に必要な資金は残しつつ無理のない範囲で返済しましょう。
相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

利用状況をきちんと把握する

リボ払い 利用状況

リボ払いの残高を効率良く返済するためには、利用状況をしっかりと把握することも必要です。残高や発生している利息の金額を把握すれば、合理的な返済計画を立てられます。

また、現在の利用状況が分かることで、それ以上リボ払いを増やしにくくなります。リボ払いの返済では、返済額だけでなく残高を増やさないことも重要です。

 現在では、クレジットカードアプリをリリースしている会社が多いです。アプリを利用することで、カードの利用額だけでなくリボ払いの返済状況も把握しやすいでしょう。

他にも、Web上の会員ページ(マイページ)などでも利用状況を確認できるため、有効活用するのがおすすめです。

相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

リボ払い返済のコツ③返済が長期化する理由を知る

リボ払い 返済のコツ

残高に対する設定返済金額が少ない

前述の通り、支払残高に対し設定している返済金額が少ないと、返済期間が長くなりやすいです。

リボ払いも一般的な借り入れと同様に、返済した金額はまず利息の支払いに使われます。その残りが元金の返済分に充てられるため、毎月の返済額が少ないと元金は減りません。

 毎月返済しても利息の支払いしかできていない状態では、いつまでも返済額は変わりません。リボ払いの利息計算は複雑であり、支払状況を把握しにくいのも難点です。

クレジットカード会社などのホームページには支払残高と返済額、利息の年率を入力すれば簡単に返済シミュレーションできるツールが用意されているため、有効活用するのがおすすめです。

このシミュレーションを元に、毎月の返済額と返済期間のバランスが取れた計画を立ててみてください。
相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

無計画にリボ払いを多用している

リボ払い 計画性

リボ払いは毎月の返済額が一定であり、家計に与える負担が小さい分多用してしまうケースが考えられます。実際に、リボ払いはメリットを感じやすい便利な支払い手段です。

無計画にリボ払いを増やしていけば、支払残高がどんどん大きくなってしまい、その分返済期間が長くなるでしょう。

 欲しいものがあっても安易にリボ払いを選択するのではなく、一度立ち止まって利用状況を確認するなど計画的に利用する必要があります。

毎月の返済額が変わらないため借金の存在を実感しにくいですが、早期完済を目指すなら、まずはリボ払いの状況を整理することが肝心です。

相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

リボ払い返済のコツ④返済できなくなった際のリスクを把握

リボ払い リスク

リボ・分割払いが使えなくなる

リボ払いの返済額が膨らんでしまい返済できなくなると、カードの利用停止処分を受けます。リボ払いや分割払いが利用できなくなるだけでなく、カードも使えなくなってしまうのです。

 再びクレジットカードを利用するためには、支払残高を完済するなどの対応が必要です。

クレジットカードが利用停止になると、光熱費やインターネットの料金など毎月支払いに設定しているものも支払えなくなり、生活に支障が出る場合もあるため注意してください。

相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

滞納の可能性が増す

リボ払い 滞納

リボ払いの返済ができなくなると、滞納の可能性が増します。リボ払いの返済を滞納すると、本来の支払日の翌日から遅延損害金が発生します。

 遅延損害金が発生すると返済総額が増えてしまうだけでなく、そのまま支払えない状態が続いた場合にカードの利用停止処分を受ける可能性が高いです。

遅延損害金の計算方法は次の通りです。計算式を見れば、リボ払いの多用により支払残高が増えるほど遅延損害金も大きくなることが分かるでしょう。

  • 元金×利率÷365日×支払期日後経過日数
相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

財産が差し押さえられる

財産の差し押さえ

リボ払いの返済ができなくなると、カード会社が裁判を起こして強制執行を受ける可能性があります。

強制執行とは、強制的に相手の財産を取り上げて返済に充てることであり、財産が差し押さえられます。

 差し押さが実行されれば、給与・預金残高・自家用車・不動産などが没収されてしまうため損失は大きいです。

なお、いきなり財産が差し押さえられることはなく、まずはカードの利用停止や解約、残高の一括請求などの通告があります。

それらに対応せずにいると、最終勧告として「法的措置を取る」という旨の通知が送られ裁判が行われます。
相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

信用情報が悪化する

信用情報

リボ払いの返済に遅延・滞納が発生すると、信用情報が悪化します。クレジットカードを作ったりローンを組んだりするときは、信用情報を元に審査を行うのが一般的です。

 信用情報とは、客観的な取引事実を記録した個人の情報です。信用情報機関が保有しており、カード会社などは審査の際に情報を照会します。

リボ払いの返済が滞ると信用情報にその旨が記録され、いわゆる「ブラックリスト」に登録されます。

借り入れを申し込んでも「返済を可能にするだけの支払能力がない」と判断され、その後の審査に通りにくくなるのが実情です。
相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

リボ払い返済のコツ⑤その他の手段で解決できないか試す

リボ払い 返済方法

カードローンを活用する

リボ払いの返済負担が大きい場合は、カードローンを活用して借り換えるのも1つの手段です。リボ払いの年率は15%と高く、カードローンの種類によってはリボ払いよりも低いことがあります。

このような金利が低いカードローンに借り換えることで、返済総額の削減に繋がるでしょう。

実際に、リボ払いの支払いを続けると、返済額の負担だけでなく、「いつまでも借金がなくならない」という不安が大きくなります。

 そこで、カードローンを利用して一括返済することで、負担を減らし計画的に返済しやすくなります。

JCBの公式サイトでは、JCBのカードローン「FAITH」を利用した際の比較が掲載されており、リボ払いよりも総支払利息を削減可能です。

●リボ払いとカードローンの比較(50万円の返済をする場合)

リボ払い カードローン
総支払額 78万1,979円 54万7,542円
総支払利息 28万1,979円 4万7,542円
1ヶ月の返済額 1万円 1万36円~1万2,652円
支払い回数 79回 50回

※出典:JCB公式サイト‐リボ払いはカードローンで一括返済できる

相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

債務整理をする

リボ払い 債務整理

リボ払いの返済ができない場合は、債務整理により返済額の負担を軽減する方法があります。債務整理の種類は次の3つです。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理とは裁判は行わず、債権者(カード会社)と交渉し返済額の減額を図る手続きです。ただし、元金が減ることはほとんどなく、利息のみカットされるケースが多いです。

 とはいえ、交渉により滞りなく返済する計画を立てられるため、無理なく完済を目指せるでしょう。

個人再生とは、裁判所に再生計画案を提出し、認可を受けられると返済額が減額される手続きです。支払い残高を1/5ほどに減らす効果が期待されますが、手続きに費用がかかります。

自己破産は返済不能と判断された場合に行われる手続きです。返済義務が免除されますが、保有財産を手放さなければなりません。
相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

リボ払い返済のコツ⑥弁護士・司法書士へ相談する

弁護士に相談

弁護士と司法書士であれば、いずれも任意整理の依頼が可能です。ただし、司法書士は弁護士よりも業務範囲が狭いため、相談時点でよく確認しましょう。

弁護士の場合、返済額の大小に限らずどのような債務整理の内容でも対応しています。司法書士は弁護士よりも費用が小さいため、コストを抑えたい人におすすめです。

弁護士がおすすめな人 司法書士がおすすめな人
  • 返済額が大きい人
  • 借金の総額を確実に減らしたい人
  • 費用を抑えたい人
  • 返済額がそこまで大きくない人
相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

弁護士・司法書士に相談するメリット

弁護士に相談するメリット

債務整理には正式な手続きが必要であるため、弁護士・司法書士に依頼すると、書類の準備や作成を代行してもらえます。

 また、法律の専門家であることから、どの債務整理の種類が良いか最適なものを選べるのも大きなメリットです。

弁護士の場合、裁判になった場合でも同行・代行してくれるため、適切に手続きを進められるでしょう。司法書士の場合は、業務範囲が書類作成の代行までである点に注意してください。

弁護士のメリット 司法書士のメリット
  • 最適な債務整理の方法を選べる
  • 債権者と直接やり取りしなくて良い
  • 裁判になった場合も同行・代行してくれる
  • 費用を抑えられる
  • 書類の準備や作成を代行してもらえる
相談料・着手金が無料の事務所も!
リボ払いの返済に強い
弁護士・司法書士事務所

弁護士 or 司法書士?取り扱い業務の違い

弁護士 業務範囲

弁護士と司法書士は取り扱い業務に大きな違いがあります。相談者の借金が140万円を超える場合は、弁護士でなければ対応できません。

 また、個人再生や自己破産の場合は裁判所へ手続き・申し立てをしますが、司法書士の場合は書類作成までに留まります。

そのため、手続きは自分でしなければなりません。その点、弁護士であれば、訴訟の代理人まで依頼できます。

弁護士の取り扱い業務 司法書士の取り扱い業務
  • 個別の借金が140万円を超える法律相談・交渉・訴訟など
  • 訴訟の代理人
  • 自己破産、個人再生の申し立て
  • 個別の借金が140万円以下の法律相談・交渉・訴訟など
  • 登記や供託に関する手続の代理
  • 簡易裁判所まで対応

出典:任意整理は司法書士と弁護士どっちに相談?費用や代行手続きの違い ‐借金返済・債務整理の相談所 

相談先の選び方

弁護士事務所の選び方

弁護士や司法書士に依頼することで債務整理を行えますが、事務所によって必要になる費用や得られる結果に違いがあります。

 債務整理を専門に扱っている事務所の方が、実績が豊富であり自分に似た事例を過去に解決した可能性が高いためおすすめです。

また、依頼する前に費用についても確認しておきましょう。初回の相談は無料のケースが多いですが、中には着手金が無料の事務所もあります。

依頼費用が高額になるケースもあるため、事前に分かりやすい料金体系かどうか、実際にどれくらいの費用がかかるか確認することも大切です。

リボ払いの返済に強いおすすめ弁護士・司法書士事務所3選

債務整理を依頼するのに、当サイトが特におすすめする弁護士・司法書士事務所は、次の3社です。

おすすめ弁護士・司法書士事務所3選

それぞれの事務所の特徴や費用、おすすめする理由についてはここから詳しく紹介していきます。

サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所のポイント
取り立て・催促を最短即日でストップ
初期費用0円
費用の分割払いOK!手持ち資金がなくても依頼できる
月600件以上の相談実績
24時間365日受付/全国対応の借金専門相談窓口あり
初期費用0円!分割払いOK
サンク総合法律事務所
公式サイトへ
どんな弁護士事務所?

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、借金問題の解決実績が豊富で、問い合わせが月600件以上ある人気な弁護士事務所です。

特徴

人気の理由は、自分が納得いくまで何度でも無料相談ができ、借金に関する質問にわかりやすく答えてくれるから。

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて、オンラインや電話での面談も24時間365日全国から受け付けています。

初期費用は0円(契約前まで一切料金がかかりません)かつ費用の分割払いが可能なので、現在手元に十分な資金が欠くても依頼が可能です。

また、家族や職場に知られにくいように配慮してくれたり、女性弁護士が在籍していたりと、誰でも気軽に相談できる環境が整っています。

最短即日で借金の取り立てや催促を止めてくれるので、今すぐ催促から解放されたい方にもおすすめです。

任意整理する場合にかかる費用
完済後の過払い金請求の着手金は、無料です。
着手金
/1件
55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
回収額の22%

※訴訟による場合は回収額の27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

サンク総合法律事務所について
所在地 〒104-0032
東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対応業務 債務整理、貸金問題、離婚・相続・遺言、民事事件一般、不動産取引、刑事事件など
出典:サンク総合法律事務所公式サイト

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
無料相談のしやすさが魅力
何回でも・土日祝日でも・メール/電話でも・全国各地からでも相談OK!

受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%
その他
諸費用
5,500円  

※訴訟の場合は27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応
業務
債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:東京ロータス法律事務所公式サイト

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
任意整理の着手金が0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
相談実績20万件以上
ベテラン司法書士在籍だから安心
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
公式サイトへ
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。

はたの法務事務所 料金

また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金
/1件
0円 報酬金
/1件
22,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※10万円以下の場合:14%+計算費用11,000円。
※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応
業務
債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
出典:はたの法務事務所公式サイト

まとめ

この記事では、リボ払い返済のコツを紹介しました。リボ払いは支払額が大きくても、毎月の返済額が一定であり、月々の負担を減らせるため便利です。

しかし、借り入れをしている意識が薄くなり、しっかりと状況を把握しなければ多用してしまいやすいため、注意しなければなりません。

支払残高が大きくなると返済できないほど、借り入れが膨らむ可能性もあります。

リボ払いを利用する際は、特徴や仕組みを理解し計画を立てましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事