リボ払いは債務整理で減額できる?知っておくべきデメリットも解説

「リボ払いが返済できなくて困っている」「借金の減額を目的とした債務整理とはどのような手続き?」このような悩みや疑問を感じたことはありませんか?

中にはリボ払いの返済が滞り、止まらない支払い催促に頭を悩ませている人もいるかもしれません。

リボ払いを含む借金問題に適切に対処するには、借金を減額する手段を知ることが大切です。

そこで本記事では、債務整理の特徴や、リボ払いの減額に向いている債務整理手続き等について解説します。

債務整理を弁護士に依頼するメリットについても解説しているので、ぜひ参考にして下さい。

60秒でいくら減らせるか分かる!
借金減額診断
(無料)

リボ払いの支払い額を債務整理で減額することは可能?

電卓とペン

「リボ払いの支払い額を債務整理で減額することはできるのだろうか?」これは、リボ払いを利用したことがある人なら一度は感じたことのある疑問ではないでしょうか。

結論から言えば、リボ払いは債務整理の対象となるため支払い額を減額することが可能です。

本項では、リボ払いの仕組みを解説したうえで債務整理の特徴に言及し、さらにリボ払いによる支払いの減額に向いている債務整理手続きについて解説します。

まずリボ払いの仕組みを理解しよう

リボ払いとは「リボルビング払い」の略称であり、クレジットカードの支払い方法の一つです。

商品の購入代金を複数回に分けて利息と共に支払っていくのが特徴です。

 似たような支払方法に分割払いがありますが、これらは明確に性質が異なります。

分割払いは事前に指定した支払回数に応じて、月々の返済額が決まる仕組みです。そのため、商品が高額であればその分月々の返済額も高くなる傾向にあります。

一方、リボ払いでは支払回数を指定することはありません。

ほとんど毎月の返済額が一定になるため、ある程度まとまった金額が用意できなくても高額な商品を購入でき、無理のない範囲で返済していくことが可能です。

 しかし留意するべきは、月々の返済額ではなく元本に対して利息が発生する点です。

つまり、リボ払いの利用残高が増えればその分利息負担が大きくなるにもかかわらず、月々一定の金額を返済していると結果的に支払総額が高くなってしまうのです。

リボ払いの支払方式

クレジットカードを機械に差し込む人物

リボ払いの支払方式は、「残高スライド方式」「定額方式」の2種類に大別されます。

リボ払いの種類 概要
残高スライド方式 利用残高に応じて月々の返済額が変動する支払方式
定額方式 利用残高に関わらず毎月一定の金額を返済する支払方式

残高スライド方式に関しては、クレジットカード会社によって基準は異なりますが、例えば次のように利用残高の増額に伴い月々の返済額が変動します。

利用残高 月々の返済額
20万円未満 1,0000円
20万円以上30万円未満 1,5000円
30万円以上40万円未満 2,0000円
40万円以上50万円未満 2,5000円

仮に25万円の商品を購入しリボ払い(残高スライド方式)で返済した場合、月々1,5000円から返済を開始し、利用残高が20万円未満になれば月々の返済額は1,0000円に下がります。

定額方式は、毎月の支払額が一定になるため、家計管理の簡便化に繋がります。

 一方、利用残高が増えるごとに月々の返済額に占める利息負担が大きくなるといったリボ払いのデメリットが顕著に現れるのも定額方式の特徴です。

定額方式は、「元利定額方式」と「元金定額方式」の2種類があります。

元利定額方式は、元金と利息を合計した毎月の返済額が完全に一定になる返済方式を指します。

元金定額方式は、一定に固定された元金返済分に、利息を加えた金額を毎月支払う返済方式のことです。

利用残高によって利息負担は異なるため、元金定額方式では月々の返済額が若干変動します。

このようにリボ払いは、支払方式によって違いはあるのものの月々の返済額がほとんど一定になため、利用残高の増加に応じて意図的に返済額を変更しない限り、利息負担が大きくなる傾向にあるのです。

次に、リボ払いも手続きの対象となる、借金減免を目的とした債務整理について解説します。

60秒でいくら減らせるか分かる!
借金減額診断
(無料)

債務整理とは?

茶色いガベル

債務整理とは、債権者との交渉や裁判により借金の減額を目指す手続きを指します。

具体的には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類が存在します。

債務整理の種類 概要
任意整理 裁判をせずに債権者との交渉により、借金の減額を図る手続き
個人再生 裁判所に再生計画案を提出し、認可を受けて借金を減額する手続き
自己破産 保有財産を換価処分する代わりに、全ての借金支払い義務が免除される手続き

任意整理は債権者との交渉次第では、元本も含めて減額される可能性もありますが、元本に対する利息や、遅延損害金のみが減免の対象になるケースが多いです。

個人再生の再生計画案とは、申立人が希望する手続き後の弁済額や、今後どのようにして借金を返済していくか等を記載した計画書を指します。

詳しくは後述しますが、個人再生ではこの再生計画案に沿って債務を履行できる支払能力を有しているか否かが認可決定における重要な指標の一つとされています。

再生計画案が認可されれば、債務残高を5分の1程度に減額することが望めます。

自己破産は、借金の返済が不可能となった場合に実施される手続きです。任意整理や個人再生とは異なり、手続きにあたって返済能力を求められることはありません。

ただし、裁判所から「支払不能」に陥っていることを認められなければ手続きは不可能です。

 破産法2条11項では、債務者の支払能力の欠如により、一般的かつ継続的な弁済ができない状態を支払不能と定義するといった旨が規定されています。

返済能力を判断する明確な基準はありませんが、以下のような状態であれば「支払不能」を認められる可能性があると考えられています。

一つは、債務者の健康状態や収入、社会的信用力等から総合的に判断した結果、残りの借金を返済するのが不可能であると結論づけられる状態であること。

もう一つは、月々に返済可能な金額が、借入総額を36(カ月)で割った金額を下回っていることです。

自己破産は債務者の社会的再生を支援する一方で、債権者に大きな損失を与える手続きでもあるため、債務履行の可能性が僅かでも残っていれば手続きは実施できません。

リボ払いの債務整理に向いているのは任意整理

握手を交わす人物

前述したように、リボ払いの特徴は利息負担が大きくなりやすいことです。利息さえ減額できれば、継続的な支払いができると感じる人も多いでしょう。

現在の債務状況ではどうしても返済が困難である場合には、元本を含めた減額が望める個人再生を検討するのも一の手です。

ただし、個人再生は必ず裁判が必要であり、その分手続き期間が長期化することが難点と言えます。

 裁判をせずに短期間での利息減免を望むのであれば、任意整理が最適です。

ここからは、任意整理で減額できる利息について詳しく解説します。

任意整理で減額できる利息とは

任意整理で減免できる利息は以下の通りです。

  • 将来利息:借金を完済するまで元本に対し発生し続ける利息
  • 経過利息:経過した期間に発生した未払い分の利息
  • 遅延損害金:支払期日に遅れた場合に発生する損害金

将来利息や経過利息は、法廷金利(年15~20%)に基づき算出されます。

遅延損害金は、元本に対する金利の1.46倍を上限に利率が設定され、支払期日に遅れた日から遅延分を返済するまで金額が加算され続けていく仕組みです。

そのため、遅延期間が長期化するほど返済が困難になり、気づけば高額の利息が発生しているといった状況も想定されます。

 このように、リボ払いにおける利息負担は決して小さくはないため、3種類の利息が減額あるいはカットされれば、月々の負担を大幅に軽減できるでしょう。

しかしながら法的拘束力を伴わない任意整理は、債権者の意向によって手続きの方針が決定されます。

上手くいけば全ての利息がカットされたうえで元本も減額してもらえる場合がありますが、こういったケースはごく稀です。

それどころか、将来利息の減免には応じても、経過利息や遅延損害金は一切カットしない方針をとる債権者も少なくありません。

債権者からしてみれば、受け取れたはずの利益を喪失する任意整理に協力することが不本意だと感じるのはある意味自然なことでしょう。

そのため、任意整理では債権者との交渉が手続きの結果を大きく左右します。

債権者にとって最悪の展開は、債務者が自己破産を選択し債権のほとんどを回収できなくなることです。交渉の際に自己破産を引き合いに出せば、任意整理に協力的になる債権者も一定数います。

リボ払いを債務整理するデメリットとは

本を広げる人物

債務整理を実施すればリボ払いの利用残高が減免され、返済に苦しむ日々から解放されるでしょう。

しかし、リボ払いの債務整理にはいくつかデメリットがあるのも事実です。具体的には、以下のようなデメリットが考えらえます。

  • 保証人に残りの返済分が一括請求される
  • ブラックリストに登録される
  • 債務整理の対象となった会社では今後クレジットカードを発行できない
  • 任意整理や個人再生は返済能力がなければ実施できない
  • 【自己破産の場合】財産が換価処分される
  • 【自己破産の場合】破産手続き中に職業制限が課される

それでは、見ていきましょう。

保証人に残りの返済分が一括請求される

保証人は、主債務者が弁済できなくなった場合に債務を引き継ぐ義務があります。

そのため、債務整理をすれば残りの返済分が保証人に一括請求される可能性が高いです。ではなぜ、分割ではなく一括請求なのでしょうか?

 これは、主債務者が債務整理した時点で原則的に「期限の利益」を喪失するからです。

期限の利益とは、事前に決められた期日までに借金を返済することが認められる債務者および保証人が有する権利です。

期限の利益によって借金を分割で返済することが認められているため、突如債権者から一括返済を請求されることは通常であればあり得ません。

しかし民法137条には、債務者が「破産手続き開始を決定した時」「担保を減少させた時」「担保を供しない時」には期限の利益を主張できないといった旨が記載されているのです。

債務整理の開始は、債務者が「担保を供しない時」に該当し、期限の利益を喪失する可能性が高いと考えられています。

そのため債権者は一括請求が可能になり、保証人はこれに応じなくてはならないのです。

60秒でいくら減らせるか分かる!
借金減額診断
(無料)

出典:債務整理弁護士相談広場 

ブラックリストに載る

ガベルと天秤

債務整理をすると約5~10年間ブラックリストに載ることも、デメリットの一つです。

実際にはブラックリストと呼ばれるリストが存在するわけではありませんが、一般的には信用情報機関が保有する信用情報に事故情報が登録されることを「ブラックリストに載る」と表現します。

厳密に言えば、ブラックリストに登録されるタイミングや期間は、信用情報機関によって異なります。

具体的には、JICC(日本信用情報機構)、CIC(株式会社シー・アイ・シー)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3種類ある信用情報機関のうち、債務整理の対象となる会社がどの機関に加盟しているかによって異なります。

任意整理 個人再生 自己破産
JICC 手続き開始から5年 手続き開始から5年 手続き開始から5年
CIC 完済から5年 完済から5年 免責決定から5年
KSC 代位弁済から5年 官報公告から10年 官報公告から10年

代位弁済とは、保証会社が債務者の代わりに債務を履行することを指します。

また、個人再生や自己破産をすると、手続きの概要や申立人の情報が官報に掲載され、KSCでは官報に情報が掲載された時点でブラックリストに載ります。

 ブラックリストに載っている間は、新規の借り入れやクレジットカードの発行が困難になったり、保証人なれなくなったりと、様々な社会生活上の弊害が生じます。

出典:兵庫県神戸市の弁護士法人リーセット 

債務整理の対象となった会社では今後クレジットカードを発行できない

重ねられたクレジットカード

債務整理の対象となった会社では、一般的に会社が独自に管理する顧客情報に社内ブラックとしても載ってしまいます

例えて言えば、前述した事故情報が当該会社のデータにのみ記録されているような状態です。

 一定の期間が経過すると消去される事故情報とは異なり、社内ブラックは半永久的に情報が保存されると考えられています。

したがって、債務整理により債務が減免された会社に再度クレジットカードの発行を申し込んでも、審査に通るのは困難になるのです。

任意整理や個人再生は支払能力がなければ実施できない

借金支払い義務が全て免除される自己破産とは異なり、任意整理や個人再生は手続き後も継続的に弁済していく必要があります。

そのため、一定水準以上の返済能力を有していなければ手続きを実施することはできません

任意整理に関しては、債権者に支払能力を認められることが重要です。

手続き後の弁済期間とされる3~5年の間に、債務を履行できるだけの支払能力を有していると判断されれば手続きを実施できる可能性があります。

他方個人再生では、裁判所に支払能力を認められなくてはなりません。

 裁判所によっては、債務者の支払能力を正当に評価するために「履行可能性テスト」が実施される場合があります。

履行可能性テストでは、弁済額として予想される金額を、個人再生委員が指定する口座に6カ月間継続的に振り込むことができるかがテストされます。

したがって、履行可能性テストで支払額を用意できなくなってしまえば債務を履行するだけの支払能力を有していないと判断され、手続きが不認可になる恐れがあります。

【自己破産の場合】財産が換価処分される

青ベースの家

自己破産は借金の支払義務が免除される代わりに、裁判所に選任された破産管財人によって保有財産が換価処分される手続きです。

 そのため、自動車や住宅等の資産価値が高い財産は処分されるのが原則です。

ただし、破産者の最低限度の生活を保護する目的で、特定の財産は法律上差押えが禁止されているため、自己破産によって全財産を失うわけではありません。

民事執行法131条に「差押禁止動産」として定められる、衣服や家具等の生活必需品、民事執行法152条に差押禁止債権」として定められる、一定水準以下の給料や退職金等は手元に残しておくことが可能です。

出典:リーガライフラボ 

【自己破産の場合】破産手続中に資格制限が科される

破産手続き中は、資格制限が課され特定の職業に就けません。

具体的には弁護士や不動産鑑定士、公認会計士、税理士等が挙げられます。

既に該当する資格を使用して仕事をしている場合には、破産手続き中は一時的に休職する等の対応が必要です。なお、破産手続きが終了すれば資格制限は解除されます。

リボ払いの債務整理を検討するなら弁護士への相談がおすすめ

ガベルと手帳

債務整理を成功させるには弁護士へ相談するのがおすすめです。弁護士へ依頼するメリットとしては以下のようなものが考えられます。

  • 自分に合った手続きを提案してもらえる
  • 支払催促と返済を一時的にストップできる
  • 書類の準備・作成を代行してもらえる
  • 債務整理が成功しやすい

債務状況によって選択するべき債務整理手続きは異なります。

 自分の判断で手続きを選択するのは容易ではありませんが、実績が豊富な弁護士に依頼すれば、債務残高や借入期間に応じた最適な手続きを提案してもらえます。

また、債務整理に弁護士が着手すると、債権者宛てに受任通知が発送されます。

受任通知とは、債権者に対し弁護士が代理人となり手続きを開始する旨を通達するための書面です。

貸金業法の取決めに則り、受任通知を受け取ったカード会社は、債務整理手続き中の債務者への直接連絡や支払催促が禁止されます。

また、債務整理を行う際に必要となる書類の準備・作成を代行してもらえることも弁護士に依頼する大きなメリットです。

特に裁判が必要な個人再生や自己破産では、申立書だけでなく手続きに至った経緯を記載する陳述書、債権者の氏名や借入額を記載する債権者一覧表など必要書類は多岐に渡ります。

 提出書類に記載した内容は結果に大きく影響し、万が一不備があれば、再提出を求められるか最悪の場合手続きが不認可で終わる恐れがあります。

弁護士に依頼すれば、書類の準備・作成だけでなく手続きのあらゆる場面でサポートしてもらえるため、債務整理が成功する可能性が高くなるのです。

債務整理の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所5選

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
無料で何回でも相談できるから相談しやすい
土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応
業務
債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:http://tokyo-lawtas.com/

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。

任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 10% 過払い
報酬
返還額の20%

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応
業務
債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:https://hibari-law.net/

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
公式サイトへ
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。
また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金
/1件
0円 報酬金
/1件
20,000円
減額報酬 10% 過払い
報酬
返還額の20%
10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応
業務
債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
出典:https://hikari-hatano.com/

弁護士法人・響

弁護士法人・響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。

任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応
業務
債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。

任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応
業務
債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:https://amane-law.or.jp/

まとめ

今回は、リボ払いの減額に向いている債務整理手続き等について解説しました。債務整理を行えばリボ払いの支払額を減免し、現実的な返済計画を立てることができます。

特にリボ払いの減額に向いているのが、債権者との直接交渉により借金減免を図る任意整理です。

任意整理では、裁判をせずに「将来利息」「経過利息」「遅延損害金」の3種類の利息を減免できる可能性があります。

そのため、手続きが成功すれば月々の負担を大幅に軽減することが可能です。

もっともリボ払いの減額のみを望むのであれば任意整理が適切と言えますが、債務状況によって選択するべき手続きは異なるため、債務整理を検討する際は弁護士に相談するのがおすすめです。

記事内で紹介した弁護士・司法書士事務所では無料相談も行っているため、リボ払いの返済が苦しくなった時には大きなトラブルに発展する前に早めの相談を心掛けてみてください。

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事