借金200万円は完済できる?判断ポイントやシミュレーションを紹介

200万円もの借金を抱えていると、完済できるのか不安になる人も多いのではないでしょうか。

2017年に日本弁護士連合会が調査したデータによると、自己破産をした人の中で、借金が100万円~200円未満の人の割合が最も多く、次に多いのが借金が200万円以上300万円未満の人という結果でした。

つまり、借金が200万円前後の人の自己破産率がとても高いことが分かります。

しかし、借金が200万円あっても全員が自己破産するしかないわけではなく、完済が可能な場合もあります。

そこでこの記事では、借金が200万円あっても完済できるのかを判断するポイントや、完済するための具体的な対処法について解説していきます。

200万円の借金を抱えて悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

借金が返せない!
今すぐに借金を減額したい方へ

借金を減額したいと考えている方は、まずは無料の借金減額診断でいくら借金を減らせるのか診断してみるのがおすすめです。

弁護士法人・響の借金減額診断

当サイトがおすすめする借金減額診断は、弁護士法人・響が運営している無料シミュレーターです。
おすすめな理由
  • 無料・匿名でできる
  • 3つの質問に答えるだけでわかる
  • 運営元はメディア出演実績多数の大手弁護士事務所だから安心
 

結果はすぐにわかるので、任意整理をする前にぜひ一度試してみてくださいね。

まずはいくら減らせるかチェック!
無料・匿名で
借金減額診断をする

出典:日本弁護士連合会

借金200万円は完済できる?判断ポイントとは

たくさんのお金

お金の工面に困り借入をしているうちに借金が200万円にもなっている場合、このまま返済で完済が可能なのか、それとも債務整理を検討した方がいいのか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

200万円もの借金があると毎月の返済額も高額になるため、現実的に完済が困難になってしまう人も多く存在します。

ここでは、まず200万円もの借金の完済が可能なのかを判断するための4つのポイントをご紹介していきます。

自分の場合は自力で完済が可能かをまずチェックしてみましょう。

ポイント①年収が600万円以上ある

貸金業法では、年収の3分の1を超える貸付が原則禁止されています。

 借金が年収の3分の1を超えると「返済能力を超えている」「普段通りの生活をしながらの返済は難しい」と判断されるためです。

この基準から考えると、200万円の借金がある人は、年収600万円以上なければ完済が難しいことになります。

 年収が400万円や500万円といった人が200万円もの借金を抱えていると、まともな生活ができなくなるリスクが高く、完済の見込みも低いと考えられます。

また、家庭環境によっては、年収が600万円あっても返済が困難になるケースもあるため、まずは収支の見直しを徹底しましょう。

出典:日本貸金業協会

ポイント②借金が増えていない

コインと新芽

借金が200万円あったとしても、毎月返済のみに集中できているのであれば、完済する可能性は高くなります。

200万円の借金から少額ずつでも借入と返済を繰り返していると、借金がなかなか減っていかず返済期間が長くなり、利息がどんどん増えていきます。

200万円もの借金を完済させるなら、新たな借入はせずに返済に集中できていることが重要なポイントです。

ポイント③延滞せずに返済を続けている

これまで返済を延滞せず、毎月期日に返済ができているのであれば、完済への道のりが開けます。

多額の借金があると毎月の返済額を工面するのに苦労する人も多いですが、毎月の返済を滞りなくできているのであれば、これからも返済を続けられる可能性が高いでしょう。

毎月の返済が難しく度々延滞するようになったら、早めに債務整理なども検討する必要があります。

ポイント④返済計画通りに返済ができている

ATMで返済している人物

高額の借金があっても「いつまでに完済する」という計画のもとに、毎月きちんと返済を続けているのであれば、完済できる可能性が高いです。

 返済計画通りに決められた返済額を守って、延滞せずに返済を続けていれば、確実に借入額は減っていきます。

将来設計も考え、事前にしっかりと返済計画を立てていることが、完済するためのポイントと言えるでしょう。

借金200万円の返済シミュレーション

200万円の借金を完済するためには、返済計画をしっかりと立てることが重要なポイントとなります。

特に借金が200万円もの高額になると毎月の返済額もかなり大きくなりますし、支払う利息も高額になります

ここでは、2年間、3年間、4年間、6年間で完済した場合の毎月の返済額や支払利息について計算したシミュレーション結果を紹介していきます。

なお、今回のシミュレーションの算出には、アコムの公式サイトの返済シミュレーションを利用しました。

返済期間によって毎月の返済額はどの程度変わるのか、また利息がどの程度かかってしまうのかをしっかり確認しておきましょう。

参考:アコム返済シミュレーション

2年で返済する場合

お金と電卓

まずは、200万円の借金を2年間で完済させる場合の毎月の返済額と支払利息を確認していきましょう。

金利15.0%で借入した場合のシミュレーション結果は下記の通りです。

毎月の返済額 96,973円
支払総額 2,327,348円
総支払利息 327,348円

200万円をわずか2年で完済させるためには、毎月10万円近く返済が必要ことが分かります。

毎月の返済負担がかなり大きくなるものの、支払利息はその分抑えられるため、わずか30万円ほどの支払利息となります。

毎月10万円近く返済すると生活が困難になるのであれば、返済期間を長く設定する必要があります。

3年で返済する場合

次に200万円の借金を3年間で完済させる場合の毎月の返済額と支払利息を確認していきましょう。

金利15.0%で借入した場合のシミュレーション結果は下記の通りです。

毎月の返済額 69,330円
支払総額 2,495,888円
総支払利息 495,888 円

まず、3年で完済を目指す場合、毎月の返済額は2年で完済するよりも負担が少ないものの、約7万円近くかかります

しかし、返済期間が比較的短い分、支払利息はまだ50万円以内に抑えられています。

4年で返済する場合

カレンダー

では次に、200万円の借金を4年間での完済を目指す場合で計算してみましょう。

金利15.0%で借りた場合のシミュレーション結果は下記の通りです。

毎月の返済額 55,661円
支払総額 2,671,728円
総支払利息 671,728円

返済期間を4年にした場合、毎月の返済額は6万円を切りますが、その分利息がふくらみ、67万円程度の利息を払うことになります。

6年で返済する場合

では最後に、200万円を6年間で完済を目指す場合でシミュレーションをしてみましょう。

金利はこちらも15.0%で借りた場合です。

毎月の返済額 42,290円
支払総額 3,044,834円
総支払利息 1,044,834円

200万円を6年間というかなり長い期間をかけて返済する場合、毎月の返済負担は4万円程度とかなり減額できましたが、その分支払利息がふくらみ、ついに100万円を超えてしまいました。

 つまり、200万円を借りたはずなのに、返済時には利息によって100万円も多く払わなければならないのです。

このように、返済期間が長くなるほど毎月の返済負担は減らせるものの、支払利息は膨大にふくらんでいくことを知っておきましょう。

借金200万円を自力で完済するためのコツ

お金

200万円の借金は、毎月10,000円といった少額の返済ではまったく返済が進まず、利息ばかりが増えていくことになります。

そのため、ある程度まとまった金額を毎月返済しなければならず、そのためにはしっかりとした返済計画が必要です。

また、日々の生活での出費も完済まではできるだけ控える必要もあるでしょう。

ここでは、200万円の借金を自力が完済させるためにすべきな5つの心がけについて紹介していきます。

コツ①これ以上借金を増やさないという強い意志を持つ

まず200万円の借金の完済を目指すなら、借金をこれ以上増やさないという強い意志を持つことが大切です。

200万円もの借金があるだけでもかなり毎月の返済負担が大きい状態ですので、さらに借金を増やすことは絶対に避けなければなりません。

200万円を完済するためにも、強固な意志が必要です。

コツ②返済計画をしっかりと立てる

カレンダー

200万円の借金を完済させるなら、「〇年で完済させる」「ボーナスが入った時は必ず繰り上げ返済する」など、具体的な計画をしっかりと立てましょう。

 少額の借金と同じ感覚で無計画に返済を続けていると、なかなか返済が進まずいつまでたっても完済できない可能性があります。

ボーナスなどで余裕が出る月には必ず多めに返済するなど、具体的な対策を整えましょう。

コツ③売れるものは徹底して売却する

少額の借金ではなく、200万円という高額の借金を完済するためには、自宅にあって売れそうなものは徹底して処分しましょう

車やバイクなどの移動手段はなかなか売却が難しいかもしれませんが、処分できるのであれば借金返済のために可能な限り処分しましょう。

 ハイブランドの時計やバッグなども、リサイクルショップで高額で買い取ってもらいやすいですし、ゲーム機や使っていないスマートフォンなど品物によっては高額で売れる場合があります。

価値がつきそうなものは、徹底して売却して資金に変えていきましょう。

コツ④節約生活を心がける

家計簿をつけている人物

借金返済のためには、完済の目途がつくまで徹底した節約生活を続けることも重要なポイントです。

 200万円の借金を抱えているにもかかわらず、毎月無計画にショッピングをしたり、高いランチを食べに行ったりといった生活を続けているとお金が残らず、なかなか返済が進みません。

食費や光熱費はできるだけ節約し、余ったお金はできるだけ返済にまわすといった生活を心がけましょう。

生活費を減らすためには、まず固定費の見直しから始めてみるのがおすすめです。

 特に電気代やガス代、通信費といったものは、自分の努力で減らすことが出来ます。

スマホ代が高いと感じているなら格安スマホに変更するなど、できるだけ固定費の節約を意識しましょう。

コツ⑤副業などで収入を増やす

借金返済のためには節約生活も大切ですが、節約をするにも限度があります。また、節約ばかりをしていると気持ちも滅入り、モチベーションを下げてしまう原因にもなるでしょう。

そのため、収入自体を増やすことも検討しましょう。今勤めている会社の給料を上げてもらうのは難しいため、帰宅後やお休みの日にアルバイトなどで副業をすることをおすすめします。

 ただし、今の会社の就業規則でアルバイトが禁止されている場合もあるため、まずは就業規則の確認をしましょう。

また、外にアルバイトに行くのが面倒な場合は、自宅でパソコンを使った副業も可能です。クラウドソーシングサービスでデータ入力、画像加工、ライターなどの仕事を受注すれば、まとまったお金を稼げることもあります。

また、ハンドメイドが得意な人は、自作の商品をメルカリなどで販売する方法もおすすめです。

借金200万円を完済するための対処法

電球のイラスト

借金完済のためには、節約生活や収入アップも大切ですが、早く借金を減らすための対処法を実践することも大切です。

ここからは、借金負担を減らして完済を目指すためにできる具体的な対処法について解説していきます。

金利が高い借金から優先して完済させる

借金を早く減らすためには、できるだけ金利が高い借金から優先して完済させましょう。

例えば、金利18%のA社と、金利15%のB社があれば、金利18%のA社から先に完済させることをおすすめします。

B社の借入枠に余裕があるのであれば、A社の借入残高をB社で借りたお金を完済すれば金利の高いA社の完済が可能です。

金利を下げられるだけでなく、借入件数が減ることで管理もしやすくなるでしょう。

余裕がある月に繰り上げ返済をする

お札が並んでいる

借金をできるだけ早く完済させるなら、少しでも余裕が有る月に繰り上げ返済をしましょう。

 繰り上げ返済とは、毎月の約定返済にプラスして返済することです。

繰り上げ返済分は元金に充当されるため、直接元金を減らして支払利息を減らす効果もあります。

ただし、繰り上げ返済を無理をしてまで行うと、手元のお金もなくなってしまい、生活に支障がでる可能性もあります。

ボーナスや臨時の収入が有った時など、あくまで余裕がある月は、積極的に繰り上げ返済をしましょう。

おまとめローンを利用する

複数社からの借入があり、返済管理が難しくなっているようなら、借金を一本化する「おまとめローン」もおすすめです。

 おまとめローンとは、複数社からの借入を、新たに契約した一社で借りたお金でまとめて完済させ、その後は新たな一社のみに返済を行っていくというものです。

おまとめローンのメリットは下記の通りです。

  • 金利が低い一社でまとめれば、金利を下げられる
  • バラバラの返済日を一つにまとめられる
  • 改めて返済計画を立て直せる

    おまとめローンを利用すれば、複数社に返済する必要がなく、一社への集中に専念できます。また、おまとめローンをきっかけに、再度返済計画を立て直すことも可能です。

     おまとめローンは、おまとめ専用ローンだけでなく、カードローンやフリーローンを利用できる場合もあります。

    利用したい金融機関の商品が借金のおまとめに対応しているか、事前にしっかりと確認しておきましよう。

    頼れる身内や知人がいれば相談しよう

    親しげに相談する女性

    色々な方法を試してみてもなかなか返済が進まない場合は、思い切って頼れる身内か知人に相談するという選択肢もあります。

    特に親や兄弟など身内であれば、相談すれば無利息でまとまったお金を貸してもらえる可能性もあるでしょう。

     少しでもお金を貸してもらえるのであれば、借金返済に充てて支払利息を減らすこともできます。

    ただし、身内だからといって甘えず、借りたからには責任をもって返済をする姿勢を見せることも大切です。

    知人の場合はお金の貸し借りがトラブルに発展する可能性もあるため、知人への相談は慎重に検討しましょう。

    借金200万円の完済が難しいなら債務整理を検討しよう

    自身の状況を考えるととても200万円の借金の完済は難しいと判断したら、債務整理も検討しましょう。

    債務整理にはデメリットもありますが、生活を立て直すきっかけにもなりますので、借金の返済に悩んでいる人は、早めに債務整理を考えましょう。

    ここでは、債務整理を検討すべき人の特徴や、債務整理手続きの様々な種類について紹介していきます。

    債務整理を早めに検討すべき人

    悩んでいる男性

    借金が200万円ある人の中で、早めに債務整理を検討した方がいいのは下記のような人です。

    • 毎月の返済が厳しく、日常生活にも影響が出ている人
    • 返済の延滞が続いている人
    • 毎月の収入が減っている人
    • 借金の返済は厳しいが持ち家は残したい人
    • 浪費やギャンブルを我慢できない人

      毎月の返済が難しく延滞が続いている人や、返済のために生活が困難になっている状況の人は、すでに借金を完済するのは難しい状況と言えるでしょう。

      借金返済のために日常生活に影響が出ているなら、早めに債務整理を検討しましょう。

       また、借金の返済は難しいけれど、住宅ローンを返済中でそちらは残したい場合は、個人再生手続きの「住宅資金特別条項」を利用すれば、借金を減額しつつ、住宅ローンの返済を続けられます。

      債務整理の方法にはいくつかの種類があるため、どの債務整理を選ぶべきか分からない場合は弁護士や司法書士に相談しましょう。

      債務整理の種類

      「債務整理」の手続きにはいくつかの種類があります。

      自身の借金の状況や返済能力、資産状況によっては、向いていない手続き方法もあるため、どの債務整理手続きが自分には合っているのかを慎重に検討しましょう。

      ここでは、3つの債務整理方法ついて解説していきます。

      任意整理

      書類作成をする女性

      任意整理は、裁判所への申し立てが不要で、債権者との交渉のみで手続きができる債務整理方法です。

      任意整理の特徴は下記のようなものです。

      • 将来利息のカットが可能
      • 手続き費用が他の債務整理より安い
      • 裁判所での手続きが不要
      • 対象にする借金を選べる

        任意整理は、将来利息のカットは可能ですが、借金を大きく減額できません。

        その代わり、費用も安く手軽に手続きができるため、債務整理の中ではもっとも選ぶ人が多い手続きです。

         また、他の債務整理手続きと違い、任意整理の対象にする借金を自分で選べるため、車のローンや住宅ローン、保証人を付けているローンなどを対象から外せます。

        ただし、返済能力がある人でなければ手続きすることはできません。

        個人再生

        個人再生は、裁判所に申し立てをすることで、借金を大きく減額できる手続き方法です。

        個人再生の特徴は下記のようなものです。

        • 借金を5分の1程度まで減額可能
        • 財産の強制処分はない
        • 住宅ローンを手続きから外せる
        • 手続きにまとまった費用がかかる
        • 官報に名前と住所が記載される

        個人再生は、裁判所への申し立てが必要ですが、借金を5分の1程度まで減額できます。

         また、自己破産のように財産が処分されないため、処分したくない財産を持っているけど借金を減らしたい人に向いています。

        さらに、先にも解説したように、住宅ローンの返済を続けていける「住宅資金特別条項」も利用できますので、持ち家の返済を続けながら他の借金を減額できるメリットがあります。

        ただし、国が発行する「官報」という機関紙に名前と住所が掲載されるリスクがあります。

        自己破産

        話し合い

        自己破産とは、裁判所への申し立てをすることで借金を全額免除にできる債務整理方法です。

        自己破産の特徴は下記のようなものです。

        • 借金を0にできる
        • 返済能力がなくても手続きできる
        • 一定価値のある財産が強制的に処分される
        • 手続きが終わるまで資格制限が発生する
        • 官報に名前と住所が掲載される

          自己破産の大きなメリットは、借金が全額0になることです。

           しかし、車や持ち家などの財産は強制的に処分されますし、最低限の貯金と現金以外は所有できません。

          様々なリスクはあるものの、他の債務整理手続きと違い、返済能力がない人でも手続きができるため、現在仕事をしていない人や、大きな財産を所有していない人には向いている手続き方法と言えます。

          ただし、手続き中に資格制限が発生するため、士業や警備員など資格制限に該当する仕事に就いている人は、手続きが終わるまで仕事ができません。

          資格制限に該当する仕事に就いている人や、処分されたくない財産がある人は、他の債務整理方法を検討する必要もあるでしょう。

          借金200万円の返済で悩んだときは弁護士への相談がおすすめ

          相談する人物

          借金問題で悩んでいる場合や債務整理を検討している場合は、早めに弁護士に依頼するのがおすすめです。

          債務整理手続きを弁護士に依頼するメリットは下記の通りです。

          • 借金の督促をすぐに止められる
          • 返済も一時的に止められる
          • どの債務整理方法がベストか提案してもらえる
          • 面倒な手続きをすべてお任せできる
          • 裁判官との面談に同行してもらえる

            債務整理手続きを司法書士や弁護士に依頼すると、債権者にすぐに受任通知を送ることでその後督促を止められます。

             受任通知を受け取った債権者は督促行為が法律で禁止されています。

            また、現在の状況にあわせてどの債務整理方法が合っているか提案してもらえます。さらに、裁判官や個人再生委員との面談にも同席して代わりに代弁もしてもらうことも可能です。

            日々忙しく仕事をしていて自分で手続きをする時間がなくても、すべての債務整理手続きをお任せしておけるのも大きなメリットと言えるでしょう。

            費用面が心配な場合も分割払いに対応している事務所もあるため、まずは一度相談することをおすすめします。

            借金問題におすすめの弁護士・司法書士事務所6選

            サンク総合法律事務所

            サンク総合法律事務所
            サンク総合法律事務所のポイント
            取り立て・催促を最短即日でストップ
            初期費用0円
            費用の分割払いOK!手持ち資金がなくても依頼できる
            月600件以上の相談実績
            24時間365日受付/全国対応の借金専門相談窓口あり
            初期費用0円!分割払いOK
            サンク総合法律事務所
            公式サイトへ
            どんな弁護士事務所?

            サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、借金問題の解決実績が豊富で、問い合わせが月600件以上ある人気な弁護士事務所です。

            特徴

            人気の理由は、自分が納得いくまで何度でも無料相談ができ、借金に関する質問にわかりやすく答えてくれるから。

            新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて、オンラインや電話での面談も24時間365日全国から受け付けています。

            初期費用は0円(契約前まで一切料金がかかりません)かつ費用の分割払いが可能なので、現在手元に十分な資金が欠くても依頼が可能です。

            また、家族や職場に知られにくいように配慮してくれたり、女性弁護士が在籍していたりと、誰でも気軽に相談できる環境が整っています。

            最短即日で借金の取り立てや催促を止めてくれるので、今すぐ催促から解放されたい方にもおすすめです。

            任意整理する場合にかかる費用
            完済後の過払い金請求の着手金は、無料です。
            着手金
            /1件
            55,000円〜 報酬金
            /1件
            11,000円〜
            減額報酬 11% 過払い
            報酬
            回収額の22%

            ※訴訟による場合は回収額の27.5%。
            ※金額は全て税込み表示です。

            サンク総合法律事務所について
            所在地 〒104-0032
            東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
            対応業務 債務整理、貸金問題、離婚・相続・遺言、民事事件一般、不動産取引、刑事事件など
            出典:サンク総合法律事務所公式サイト

            東京ロータス法律事務所

            東京ロータス法律事務所
            東京ロータス法律事務所のポイント
            無料相談のしやすさが魅力
            何回でも・土日祝日でも・メール/電話でも・全国各地からでも相談OK!
            受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
            電話での問い合わせなら電話代無料
            どんな弁護士事務所?
            東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

            受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

            特徴
            東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
            相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

            また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

            任意整理する場合にかかる費用
            相談費用は何度でも無料です。
            着手金
            /1件
            22,000円 報酬金
            /1件
            22,000円
            減額報酬 11% 過払い
            報酬
            返還額の22%
            その他
            諸費用
            5,500円  

            ※訴訟の場合は27.5%。
            ※金額は全て税込み表示です。

            東京ロータス法律事務所について
            所在地 〒110-0005
            東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
            対応
            業務
            債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
            出典:東京ロータス法律事務所公式サイト

            はたの法務事務所

            はたの法務事務所
            はたの法務事務所のポイント
            任意整理の着手金が0円!手持ちがなくても督促停止できる
            満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
            相談実績20万件以上
            ベテラン司法書士在籍だから安心
            任意整理の着手金0円!
            はたの法務事務所
            公式サイトへ
            どんな司法書士事務所?
            はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

            特徴
            相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。
            また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

            相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

            任意整理の着手金0円!
            はたの法務事務所
            に無料相談する
            任意整理する場合にかかる費用
            着手金が無料なので依頼しやすいですね。
            着手金
            /1件
            0円 報酬金
            /1件
            22,000円〜
            減額報酬 11% 過払い
            報酬
            返還額の22%

            ※10万円以下の場合:14%+計算費用11,000円。
            ※金額は全て税込み表示です。

            はたの法務事務所について
            所在地 〒167-0051
            東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
            対応
            業務
            債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
            任意整理の着手金0円!
            はたの法務事務所
            に無料相談する
            出典:はたの法務事務所公式サイト

            ひばり(名村)法律事務所

            ひばり法律事務所
            ひばり(名村)法律事務所のポイント
            相談するだけなら無料!
            依頼したときだけ費用が発生
            かかる費用が明確で不安なく依頼できる
            東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
            どんな弁護士事務所?
            ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

            特徴
            東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
            また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

            依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

            過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。

            任意整理する場合にかかる費用
            ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
            着手金
            /1件
            22,000円 報酬金
            /1件
            22,000円
            減額報酬 11% 過払い
            報酬
            返還額の22%
            経費 5,500円  

            ※金額は全て税込み表示です。

            ひばり(名村)法律事務所について
            所在地 〒130-0022
            東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
            対応
            業務
            債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
            出典:ひばり法律事務所公式サイト

            弁護士法人・響

            弁護士法人響
            弁護士法人・響のポイント
            問い合わせ・相談実績6万3,000人超
            信頼できる実績と専門性が強み
            依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
            原則356日24時間受付
            相談前にまずは無料診断!
            弁護士法人・響
            借金減額診断はこちら
            どんな弁護士事務所?
            弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

            多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

            特徴
            問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
            弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

            丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。

            相談前にまずは無料診断!
            弁護士法人・響
            借金減額診断はこちら
            任意整理する場合にかかる費用
            弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
            着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
            減額報酬 11% 過払い
            報酬
            返還額の22%

            ※訴訟の場合は27.5%。
            ※金額は全て税込み表示です。

            弁護士法人・響について
            所在地 〒169-0074
            東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
            対応
            業務
            債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
            相談前にまずは無料診断!
            弁護士法人・響
            借金減額診断はこちら
            出典:弁護士法人・響公式サイト

            天音総合法律事務所

            天音総合法律事務所
            天音総合法律事務所のポイント
            相談は何回でも無料!
            24時間受付でいつでも相談できる
            明確な料金プランと相談の流れで不安解消
            依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
            どんな弁護士事務所?
            天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

            特徴
            弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
            依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

            初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。

            任意整理する場合にかかる費用
            天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
            着手金 55,000円〜 報酬金
            /1件
            11,000円〜
            減額報酬 11% 過払い
            報酬
            返還額の22%

            ※訴訟の場合は27.5%。
            ※金額は全て税込み表示です。

            天音総合法律事務所について
            所在地 〒103-0012
            東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
            対応
            業務
            債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
            出典:天音総合法律事務所公式サイト

            まとめ

            借金が200万円もあると、毎月の返済金額も高くなり、支払利息もそれに伴ってかなりの高額になります。

            自分の場合は本当に完済できるのか、この記事で紹介した返済シミュレーションを確認し、毎月の返済額が無理なく払える金額なのかをまずは確認しましょう。

            また、無駄な出費をなくし、処分できるものは売却して少しでも借金の足しにすること、さらに副業で収入を増やすなどして、自分のできることを見つけて積極的に試してみましょう。

            ただし、色々試した結果、どうしても完済が難しいと判断したら、できるだけ早めの債務整理もおすすめします。

            無料相談が可能な弁護士に一度相談してみましょう。

            記事内では無料相談を実施している弁護士・司法書士事務所を紹介したため、借金問題でお悩みの場合はぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

            ※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。

            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事