借金の取り立てが違法になる9つのケース|相談先や解決方法も紹介

借金の返済を延滞した時に「自宅に張り紙などの嫌がらせをされるのでは?」と心配な人もいるかもしれませんが、正規の貸金業者では、そのような違法な取り立て行為は禁止されています。

しかし、正規に登録されていない違法な業者から借りてしまうと、違法な取り立てにあってしまう可能性があります。

借金の取り立て行為として「違法」とされているのはどのようなケースなのか、また実際に違法な取り立てにあった時の対処法について紹介していきます。

「怪しい業者から借りてしまったかもしれない」と不安な人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

60秒でいくら減らせるか分かる!
借金減額診断
(無料)

貸金業者の通常の借金取り立ての流れとは?

正規の貸金業者では、借金の返済を延滞したとしても違法な嫌がらせ行為を受ける心配はありません

しかし、返済を長期間放置していると大きなリスクが待っています。

具体的にはどのようなリスクが発生するのか、確認していきましょう。

1.電話やハガキでの督促

封を切った手紙

支払日に返済が出来ずに延滞してしまった場合、翌日ごろから電話での督促が始まります。

電話での督促と言っても、遅れている旨の連絡と、返済予定日の確認の電話となっているため、電話口で怖い言葉で脅されるといったことはありません。

電話での督促に応じない場合は、その後ハガキなどでの督促も始まります。

電話での督促に応じて返済日の相談をすれば一時的に督促が止まりますので、督促の電話は無視せずに必ず対応しましょう

2.内容証明郵便が届いて一括請求される

借金の督促にまったく応じず、そのまま2~3カ月経過してしまうと、債権者から一括請求を求める内容証明郵便が届きます。これは、借入残高を分割払いではなく一括での返済を求める通知です。

分割払いもできずに延滞しているものを、一括で返済などできないケースがほとんどでしょう。

 しかし、一括返済に応じない場合、最終的には法的な措置を取られてしまいます。

そのため、一括請求の通知が届いたらすぐに貸金業者に連絡をしましょう。

早急に連絡をすれば、分割払いに戻してもらえる可能性が残っています。

3.裁判所から支払督促が届く

裁判所で使う道具

貸金業者からの一括請求通知も無視をしていると、今度は裁判所から「支払督促」が届き、裁判所から返済を命じられます。

支払督促が届いたら2週間以内に「異議申立て」をしなければ、裁判所による強制執行が行われます。

督促異議申立書は同封されていますので、早急に手続きを済ませましょう。

手続きがよく分からない場合は、早めに弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

4.裁判所による強制執行

裁判所から届く支払督促にも対応せず2週間以上放置した場合は、裁判所による強制執行が行われる可能性があります。

強制執行が行われると財産や給料の差し押さえをされてしまいます。

 給料の差し押さえのためには会社にも連絡が入りますので、勤務先にも強制執行されたことがバレてしまいます。

財産の差し押さえといった最悪の事態になるまでに、何度も督促の連絡や通知が届いているはずですので「知らなかった」といった言い訳は通用しません。

ここまでくるまで放置せず、できるだけ早めに対処するようにしましょう。

貸金業者からの通常の借金取り立てへの対処法

箱と電球のイラスト

貸金業者からの借入を延滞しても、違法な取り立ては法律で禁止されているため、勤務先や家族にまで返済を迫るような悪質な取り立ては一切行われません。

 だからといって、督促の無視を続けていると最終的には裁判となり、財産の差し押さえをされる事態となってしまいます。

裁判所から連絡がくるような事態になる前にできることはたくさんあるため、すぐにできる対処法を確認してみましょう。

貸金業者に連絡をして交渉する

返済日に支払いができないことが分かったら、まずはすぐに貸金業者に自分から連絡をしましょう。貸金業者にいつなら払えるのかを話し、返済日を待ってもらうように交渉することも可能です。

自分から連絡することで、督促の電話が入ることを防ぐこともできます。

「次の給料日まで」など、確実に返済できる日を連絡し、必ず約束した日に返済しましょう。

親や知人などにお金を借りて返済に充てる

親や知人を頼りにできるなら、一時的にお金を借りて返済に充てましょう。

借金を借金で返済する人もいますが、新たな借金で返済するためには元金だけでなく利息分も借りなければならないため、結果的に借金が増えてしまいます。

 その点、親から無利息やとても低金利で借りられるなら負担も抑えることができます。

しかし、親でもお金を貸してもらうことは難しい場合も多いため、借用書などをきちんと作成し、必ず毎月返済する意思を示すことが大切です。

こちらから誠意を見せることで、力になってくれる可能性が高まるかもしれません。

債務整理をする

書類を書く男性

借金の返済が困難になった時は、延滞を続けて何度も督促を受けるより、早めの債務整理を検討しましょう。

債務整理を弁護士や司法書士に依頼して受任通知を債権者に送付してもらうことで、督促を止めることができます。

また、債務整理によって借金の負担を大きく減らすことも可能です。

債務整理の中から、任意整理個人再生自己破産の3つの特徴について下記の表にまとめました。

任意整理 個人再生 自己破産
裁判所への申立て 不要 必要 必要
借金の減額 将来利息のカットなど 5分の1~10分の1程度まで減額可能 全額免除
財産の強制処分 なし なし 一定の価値のある財産は処分

任意整理は、元金の減額はできない場合もあるものの、裁判所を介さずに債権者との交渉のみで手続きができる最も手軽な債務整理方法です。

 一方で、自己破産は借金を全額免除してもらえますが、生活に必要な最低限の財産以外は強制処分となってしまいます。

持ち家や車など、財産を残しながら債務整理をしたい場合は、個人再生を選択するという方法もありますが、借金は残るため返済を続けていく必要があります。

借金の金額や返済能力によってどの債務整理方法を選択すべきかが変わってきます。

どの方法がいいか分からない場合は、弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。

借金の取り立て行為が違法に当たる9つのケース

×印を示す男性

借金を延滞すると督促の電話がかかってくることはあるものの、勤務先や家族、実家にまで取り立てに行くことは通常はありません。

なぜなら、債務者の生活や仕事、家族に影響するような常識外の取り立て行為は、貸金業法で禁止されているためです。

 しかし、違法な業者から借りてしまうと、迷惑な取り立て行為に悩まされる可能性があります。

実際に法律で禁止されている9つの取り立て行為を紹介していきますので、同じような取り立て行為をされていないか、確認しておきましょう。

①深夜や早朝に電話・FAXまたは訪問をする

夜遅くに空に浮かぶ月

貸金業法では、正当な理由がないにも関わらず、午後9時から午前8時の間に電話やFAX、また自宅などへの訪問をすることを禁止しています。

夜間や早朝の時間帯に突然取り立てに来られたり、電話がかかってきたりすると、債務者の日常生活に負担がかかってしまいます。

「債務者がずっと連絡を無視している」など正当な理由がある場合は別ですが、理由もなく深夜や早朝に取り立て行為をすることは違法な取り立て行為となります。

②返済または電話で連絡をすると申し出ているのに、深夜・早朝に電話・FAXや訪問をする

債務者が何日までに返済する、いつに連絡をすると債権者に伝えているにも関わらず、深夜や早朝に電話や訪問などで督促をすることも貸金業法で禁止されています。

こちらも、午後9時から午前8時という時間帯の督促行為が違法行為となります。

③勤務先など自宅以外の場所に電話・FAXや訪問をする

会社の受付の男女

自宅への電話や訪問での督促行為でもなかなか返済がすすまない場合、中には勤務先に電話や訪問をすることで取り立て行為をする業者もいます。

 しかし、勤務先に電話や訪問をされると非常に困る債務者がほとんどなため、このように勤務先にまで及ぶ督促行為は、違法とされています。

ただし、自宅ではなく勤務先に来て欲しいと債務者が依頼した場合や、債務者とまったく連絡が取れない場合には違法行為に該当しないケースもあります。

④自宅や勤務先などから退去して欲しい旨を伝えても退去しない

自宅や勤務先まで取り立てにきた業者に対し「迷惑になるから早く帰ってほしい」と話をしてもまったく聞かず、返済するまで帰らないなどと居座る行為も違法な取り立て行為となります。

業者がいつまでも居座っていると「借金の取り立てかな」と、近所の人や勤務先の人にばれてしまうためです。

⑤はり紙や立て看板等で債務者の借金や私生活について周囲に知らせる

外の立て看板

自宅のドアや近隣の壁、電柱など、色んな人の目につく場所に「早く返済しろ」「〇〇さんは借金を返済しません」などといったはり紙や看板をする行為も貸金業法で禁止されています。

張り紙や立て看板をして近所にさらす行為はプライバシーの侵害に該当する可能性も高く、債務者が精神的にも追い詰められてしまうでしょう。

⑥他社から借金をして返済することを要求する

自社の借金を返済するために、他社から借りて返済に充てる行為を要求することも違法行為となります。

債務者の借金を強制的に増やす権利は債権者になく、債務者の負担にならない程度で資金を調達できるようになっています。

⑦債務者以外の人に借金の返済を要求する

自宅でくつろぐ母と子供

債務者の同居家族や実家の親、兄弟にまで取り立て行為を行うことも禁止されています。

 保証人になっていない限り、借金を家族や親、兄弟が立て替える義務はありません。

自宅に取り立てに行って本人がいない場合、配偶者や子供などに借金の督促行為をするのは違法行為となります。

⑧債務者以外の人が借金取り立てへの協力や連絡先を教えることを拒否しているのに、さらに要求する

債務者本人がいない時に、配偶者や親などの同居家族が拒否しているにもかかわらず「本人に連絡するように言っておいて」「どこにいるか教えて」などといった行為をすることも禁止されています。

連絡先を聞いたり連絡するように伝言を頼まれることも、家族等にとっては恐怖を感じてしまう可能性もあるためです。

⑨債務整理の受任通知を受けたのに返済を要求する

債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、受任通知を債権者に送ります。

 受任通知を受け取った債権者は、その後取り立て行為をすることが禁止されています。

そのため、正当な理由なく債務者に本人に連絡を取ることは違法行為となります。

違法な借金取り立てに対する刑事罰とは?

逮捕の文字と手錠

借金の取り立てに対し、貸金業法では「人を威迫して私生活や業務に支障がでる言動で借主を困惑させてはならない」(貸金業法21条1項)とされており、先に紹介した9つの行動が違法な取り立て行為と定められています。

 もし違反した場合は、刑事罰として、2年以下の懲役または300万円以下の罰金に処し、またはこれを併科することとされています。

また行政罰として、貸金業者登録の取り消し、業務停止の処分も科せられます。

取り立て行為以外で刑事罰が科されるケース

裁判官が判決を出す

違法な貸し付けを行う業者は、取り立て行為以外の他の違法行為によって刑事罰が科せられる可能性があります。

違法な取り立て行為以外で業者が刑事罰となるのはどのようなケースなのか、改めて確認してみましょう。

貸金業法違反

貸金業として業務をするためには、国への貸金業の登録が必要です。

しかし、違法な業者は貸金業の登録をせずに貸付行為を行っているケースが多く、この場合、10年以下の懲役または3000万円以下の罰金となります。

業者が怪しいと感じた場合は、貸金業の登録番号がホームページできちんと記載されているか、必ず確認しましょう。

出資法違反

違法な貸金業者は、法定外の高い金利が貸付を行うケースも多いです。

 貸金業者の場合は、出資法の上限金利年20%を超える場合は出資法違反となります。

業者が年20%以上の金利で貸付を行った場合は、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金または併科とされています。

また、個人で貸付を行う場合についても、出資法の上限金利は年109.5%とされています。

個人で違反した場合は「5年以下の懲役または1000万円以下の罰金または併科」となっています。

違法な借金取り立て行為をされた時の相談先

相談先に電話をしている男性

深夜や早朝に自宅に取り立てに来られる、はり紙をされる、勤務先まで押しかけるといった違法な取り立て行為をされた場合、一人で悩むのではなく、専門の窓口に早めに相談することをおすすめします。

違法な取り立て行為に悩んでいる時に相談できる場所をいくつか紹介します。

警察

取り締まる警察官

取り立て行為によって明らかに生活に支障が出ている場合や、身の危険を感じる場合には警察に相談しましょう。

 しかし、警察には「民事不介入」というものがあり、はっきりとした証拠がなければ捜査ができない場合があります。

そのため、可能であれば警察に相談する前に弁護士等の専門家に相談し、警察に同行してもらうことをおすすめします。

日本貸金業協会

違法な業者から借りてしまった場合は、日本貸金業協会にも相談が可能です。

 日本貸金業協会の「貸金業相談・紛争解決センター」では、貸金業のトラブルに関して、業者に対しての苦情の受付をすることができます。

必要に応じて、業者に対し事実確認や調査、指導などを行います。

それでも解決しない場合は、有料となりますが、弁護士による「紛争解決手続き(ADR)」という手段をとることもできます。

弁護士や司法書士事務所

天秤と法律の本

違法な業者からの取り立てに困ったら、違法な業者対策に強い弁護士や司法書士事務所に相談するのもおすすめです。

違法な業者と何度も交渉をしてきた弁護士や司法書士であれば、スムーズにトラブルを解決してくれるでしょう。

 また、違法な業者は弁護士等の専門家の介入を嫌うため、弁護士に依頼したことが分かった時点ですぐに手を引く場合も多いです。

無料相談ができる事務所も多いため、違法な取り立てや督促に困ったら、早めに専門家に相談することをおすすめします。

記事内ではおすすめの弁護士・司法書士事務所を紹介します。

個人間の借金取り立て行為が違法になるケース

お金を提示する人物

ここまでは、業者による取り立て行為について見てきましたが、個人間での借金についても取り立て行為に悩まされている場合もあるでしょう。

個人間での借金の取り立て行為の違法性についても確認していきましょう。

個人間の取り立ては貸金業法の対象外

貸金業法は貸金業者に適用されるものですので、個人間の借金については対象外となります。

 そのため、先に紹介した9つの違法な取り立て行為についても、個人間であれば適用されないことになります。

「それなら個人間であれば何をしてもいいの?」と不安になる人もいるかもしれませんが、個人間については別の法律が適用される場合があります。

次の項目で確認していきましょう。

個人間の取り立てが違法になるケース

違法か合法かの単語が書かれた紙

個人間での取り立て行為については、貸金業法は対象外ですが、他の法律に違反した場合は刑事罰等に科せられる可能性があります。

例えば、個人間での取り立て行為で違法に該当するケースの一例は下記の通りです。

  • 「殺す」などの言葉での恐喝行為
  • 殴る・蹴るなどの暴力行為
  • 無断で自宅に侵入する行為
  • 自宅のものを壊すなどの器物破損
  • 勤務先に押しかけて仕事を妨害する業務妨害行為 など

    個人間の借金では相談しにくいかもしれませんが、生活に支障が出る場合は早めに警察や弁護士などに相談することをおすすめします。

    違法な業者からの借金取り立てに困ったら弁護士や司法書士に相談しよう

    依頼人から相談を受ける弁護士

    違法な業者からお金を借りてしまい、自宅や勤務先に押しかける・昼夜問わず督促の電話がかかるといった取り立て行為に悩んでいる場合は、早めに弁護士や司法書士に相談しましょう。

    弁護士や司法書士に相談する主なメリットは下記の通りです。

    • 督促を止められる
    • 違法業者とのやり取りに長けた事務所ならスムーズに交渉できる
    • 正規の貸金業者等からの借入についても債務整理等の手続きが可能

    弁護士や司法書士に相談すれば、受任通知を送ることで督促や返済を止めることができます。

    また、違法業者との交渉に長けた事務所であれば、交渉の方法について熟知しているため、スムーズに解決してもらえます。

     ほかにも、銀行や貸金業者などからの借金で困っている場合は、同時に債務整理などの方法で借金の負担を減らす手続きも可能です。

    相談は無料という事務所もありますので、できるだけ早めに相談することをおすすめします。

    借金問題の相談におすすめな弁護士・司法書士事務所5選

    東京ロータス法律事務所

    東京ロータス法律事務所
    東京ロータス法律事務所のポイント
    受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
    無料で何回でも相談できるから相談しやすい
    土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
    どんな弁護士事務所?
    東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

    受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

    特徴
    東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
    相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

    また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

    任意整理する場合にかかる費用
    相談費用は何度でも無料です。
    着手金
    /1件
    22,000円 報酬金
    /1件
    22,000円
    減額報酬 11% 過払い
    報酬
    返還額の22%

    ※金額は全て税込み表示です。

    東京ロータス法律事務所について
    所在地 〒110-0005
    東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
    対応
    業務
    債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
    出典:http://tokyo-lawtas.com/

    ひばり(名村)法律事務所

    ひばり法律事務所
    ひばり(名村)法律事務所のポイント
    依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
    かかる費用が明確で不安なく依頼できる
    東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
    どんな弁護士事務所?
    ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

    特徴
    東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
    また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

    依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

    過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。

    任意整理する場合にかかる費用
    ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
    着手金
    /1件
    22,000円 報酬金
    /1件
    22,000円
    減額報酬 10% 過払い
    報酬
    返還額の20%

    ※金額は全て税込み表示です。

    ひばり(名村)法律事務所について
    所在地 〒130-0022
    東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
    対応
    業務
    債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
    出典:https://hibari-law.net/

    はたの法務事務所

    はたの法務事務所
    はたの法務事務所のポイント
    相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
    相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
    満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
    任意整理の着手金0円!
    はたの法務事務所
    公式サイトへ
    どんな司法書士事務所?
    はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

    特徴
    相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。
    また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

    相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

    任意整理の着手金0円!
    はたの法務事務所
    に無料相談する
    任意整理する場合にかかる費用
    着手金が無料なので依頼しやすいですね。
    着手金
    /1件
    0円 報酬金
    /1件
    20,000円
    減額報酬 10% 過払い
    報酬
    返還額の20%
    10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

    ※金額は全て税込み表示です。

    はたの法務事務所について
    所在地 〒167-0051
    東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
    対応
    業務
    債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
    任意整理の着手金0円!
    はたの法務事務所
    に無料相談する
    出典:https://hikari-hatano.com/

    弁護士法人・響

    弁護士法人・響
    弁護士法人・響のポイント
    問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
    依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
    原則356日24時間受付
    どんな弁護士事務所?
    弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

    多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

    特徴
    問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
    弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

    丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。

    任意整理する場合にかかる費用
    弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
    着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
    減額報酬 11% 過払い
    報酬
    返還額の22%

    ※金額は全て税込み表示です。

    弁護士法人・響について
    所在地 〒169-0074
    東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
    対応
    業務
    債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
    出典:https://hibiki-law.or.jp/

    天音総合法律事務所

    天音総合法律事務所
    天音総合法律事務所のポイント
    相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
    明確な料金プランと相談の流れで不安解消
    依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
    どんな弁護士事務所?
    天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

    特徴
    弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
    依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

    初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。

    任意整理する場合にかかる費用
    天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
    着手金 55,000円〜 報酬金
    /1件
    11,000円〜
    減額報酬 11% 過払い
    報酬
    返還額の22%

    ※金額は全て税込み表示です。

    天音総合法律事務所について
    所在地 〒103-0012
    東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
    対応
    業務
    債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
    出典:https://amane-law.or.jp/

    まとめ

    借金の返済が滞ると違法な取り立て行為をする業者もいますが、債務者の日常生活に支障がでるような取り立て行為は法律で禁止されています。

    違法な取り立て行為に悩まされている場合は、一刻も早く警察または弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

    弁護士や司法書士であれば他の借金についても整理が可能ですので、多額の借金や違法な業者からの取り立てには一人で悩まず、早めに専門家に相談しましょう

    記事内で紹介した弁護士・司法書士事務所では無料相談も実施しているため、大きなトラブルに発展する前に早めの相談を心掛けてみてください。

    ※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事