借金返済にはコツがある?返し方のポイントや注意点を詳しく解説

「借金を返済するためのポイントとは?」「借金返済中の注意点は?」このような疑問を感じたことがある人は多いでしょう。

できるだけ短期間で借金を完済するために、借金の返し方ポイントを把握しておきましょう。

本記事では、借金の返し方ポイントや、借金返済中の注意点について解説しています。また、借金を減額するための手段についても言及しているのでぜひ参考にして下さい。

借金が返せない!
今すぐに借金を減額したい方へ

借金を減額したいと考えている方は、まずは無料の借金減額診断でいくら借金を減らせるのか診断してみるのがおすすめです。

弁護士法人・響の借金減額診断

当サイトがおすすめする借金減額診断は、弁護士法人・響が運営している無料シミュレーターです。
おすすめな理由
  • 無料・匿名でできる
  • 3つの質問に答えるだけでわかる
  • 運営元はメディア出演実績多数の大手弁護士事務所だから安心
 

結果はすぐにわかるので、任意整理をする前にぜひ一度試してみてくださいね。

まずはいくら減らせるかチェック!
無料・匿名で
借金減額診断をする

借金の返し方ポイント①債務状況を明確にする

コインに座る人

借金を着実に返済していくためには、債務状況を明確にする必要があります。契約内容を含め現在の債務状況を確認する際には、貸金業者へ取引履歴の開示請求をするのがおすすめです。

取引履歴とは、契約内容や借入・返済の記録が記載された債権者が管理する書面を指します。

貸金業法では、貸金業者は債務者との取引の記録を保存し、開示請求があった際には応じる義務があるとしているので、取引履歴を開示してもらえないことはほとんどないと考えて良いでしょう。

取引履歴を確認し、最低限以下の項目は把握しておくと実現性の高い返済計画が立てやすくなります

  • 支払総額
  • 毎月の返済額
  • 金利率
  • 金利タイプ(固定金利・変動金利)
  • 遅延損害金の発生有無

金利タイプが、利率が固定される固定金利か、返済期間中に利率が見直される変動金利かによっても支払総額は変わります。

また、債務状況を把握していないと、気づかないうちに遅延損害金が発生していて支払総額が高くなっている可能性も無視できません。

借金の返し方ポイント②借金返済計画を立てる

カレンダー

債務状況が明確にできたら、具体的な返済計画を立てましょう。返済計画の立て方は自由ですが、収支を確認したうえで月々の返済に充てられる金額を計算し、返済期間を割り出していくのが一般的な方法です。

ただし、ここで把握できるのはあくまで目安の返済期間です。

 毎月の返済可能金額をもとに返済期間や支払総額を厳密に把握したい場合には、金融機関や弁護士に確認してください。

では、例をもとに、返済計画を作成する手順を見ていきましょう。

まず、以下のように支出を書き出し、収入との差額から借金の返済可能金額を計算します。

食費 5万円
家賃 7万円
水道高熱費用 2万円
家具・衣服代 1万円
保険料 1万5千円
通信費 1万円
交通費 2万円
娯楽費 2万円
その他 3万円
合計 24万5千円

収入が30万円だとすれば、借金の返済可能金額は5万5千円です。ここから1万5千円を貯金に回したとしても毎月4万円は借金の返済に充てられることが分かります。

このように返済に充てられる金額が明確になれば、借入額や金利からおおよその返済期間を逆算することが可能です。

仮に、元本50万円・金利15%の借金を毎月4万円で返済していくとします。まず、以下の計算式にもとづいて利息を計算します。

元本×金利÷365×借入日数

一月目の利息は(50万円×0.15÷365×30)約6164円発生する計算です。

2カ月目以降の利息については、元本が減っていくにつれて減額されていきますが、多めに見積り一月あたり約6000円の利息が発生すると想定しておきましょう。

つまりこの例では、毎月4万円を返済すれば利息負担も加味すると(「50万円+利息」÷4万円」)12~14カ月ほどで完済できることが分かります。

このように収支から返済可能金額を計算しおおよその返済期間が把握できれば、完済までの具体的な道筋をイメージできます。

借金の返し方ポイント③収支を見直す

ノートに記入する人

前述したように収支を明確にすれば、返済可能金額や完済までの期間を概ね把握できます。その後は借金返済に充当すると決めた金額を着実に返済しいくことでいずれ負債はなくなります。

しかし、毎月の返済額によっては利息負担を増大させる懸念があり、返済計画が頓挫する要因になり兼ねません。そこで、より負担を軽減し返済計画の実現可能性を高めるには、収支を見直すことが大切です。

今現在も可能な限り切り詰めて生活しているから、これ以上節約することはできないと感じる人もいるでしょう。

しかし、生活に欠かせない固定費も節約の余地がないわけではありません。

例えば家賃に関しては、同じ家に住み続ける以上努力で金額が変わることはないと思われがちですが、契約更新時に大家に直接交渉することで値下げできる場合があります。

 「住宅が経年劣化してきた」「類似物件の家賃相場より高い」などの交渉材料があれば、家賃が下がる可能性は十分考えられます。

通信料も節約可能な固定費の一つです。スマートフォンの通信プランには多岐に渡るオプションが存在します。

改めて契約内容を確認してみると、ポイントを獲得するために契約したオプションを解約し忘れていたり、似たようなオプションを複数契約していたりなんてことも案外多いのです。

また、スマートフォンとインターネットのキャリアを統一することで、これらの合計料金が下がるうえにお得なキャッシュバックを受けられる場合もあります。

スマートフォンのオプションを整理するだけでも節約に繋がります。

借金の返し方ポイント④利息を減らす

グラスとコイン

借金を返済できなくなる大きな要因の一つが高額な利息です。借金を確実に返済するには利息を減らしていくことが重要です。

そのために、複数社から借入している場合には金利の高い借金から優先的に返済していきましょう。

仮に50万円を金利18%で借り入れた場合と、金利15%で借り入れた場合で利息がどれだけ変わってくるのか見てみましょう。

前述した利息を求める計算式(元本×金利÷365×借入日数)をもとに、それぞれの一月目の利息を算出すると次のようになります。

金利18%の場合は(50万円×0.18÷365×30=約7,397円)、金利15%の場合は(50万円×0.15÷365×30=約6,164円)の利息が発生します。

一月目だけで見ても、約1233円もの差額が生じるのです。

また、利息計算シミュレーションで50万円の借金を1年間で返済した場合の利息を計算すると、合計利息は金利18%の場合90,000円、金利15%の場合75,000円となりました。

 つまりこの例では、借入額が同じでも年単位でみると支払総額は約15,000円も異なるという訳です。

返済期間が長くなればさらに利息は増え支払総額が高くなるため、気をつけなくてはなりません。

※金額はあくまで目安です。
出典:借入金利息の計算 – 自動計算サイト

借金を返済しやすくするための3つの手段

紙幣を広げる人

借金を返済しやすくするための効果的な手段としては、以下のようなものが挙げられます。

  • おまとめローン
  • ローンの借り換え
  • 繰り上げ返済

それでは一つずつ見ていきましょう。

おまとめローン

おまとめローンとは、複数社から借金している場合に、新たに別な一社から融資を受けて現在の借金を完済することで借入先を一社にまとめることをいいます。

現在よりも金利が低い一社に借金をまとめることで利息の減額が可能です。また、これまで複数回あったはずの返済日が1日に減り借金の管理もかんたんになります。

 具体的な方法は、現在よりも金利が低い通常のカードローン商品等を利用するか、あるいは「おまとめローン専用商品」を利用する2つのパターンがあります。

貸金業法には、「年収の3分の1の金額を超える借り入れをしてはならない」といった原則を定めた「総量規制」が存在しますが、おまとめローン専用商品を利用する場合にはこの総量規制の対象から外れるケースが多いです。

そのため、高額な借入ができる場合もありますが、むやみやたらに借入額を増やせば返済が困難になり、おまとめローンを利用した意味が無くなってしまうので要注意です。

また、2つのパターンに共通するおまとめローンの注意点として、金利が下がっても月々の返済金額を少なめに設定した場合には、支払期間が長期化し支払総額が大きくなる恐れがあることを留意しておきましょう。

ローンの借り換え

コインと新芽

ローンの借り換えとは、現在の借金よりも金利が低いなどより良い契約条件の借入先から融資を受けて、現在の借金を清算することで借り入れ先を変更することです。

利息の軽減や返済法式の変更を可能にし、借金を返済しやすくする効果が期待されます。

ただし、金利タイプによっては返済期間中に利率が高くなり、支払総額が増える場合があることを認識しておかなくてはなりません。

また、金融機関から新たな借り入れをするのに審査は必須です。現在借金を滞納しており信用情報に問題がある場合にはローンの借り換えができないこともあります。

繰り上げ返済

繰り上げ返済とは、元本の一部または全部をまとめて返済することを言います。元本をいっきに減額し将来的に発生する利息を軽減することが可能です。

繰り上げ返済には、「期間短縮型」と「返済額減額型」の2種類が存在します。

期間短縮型 毎月の返済額は変更せずに、元本を減額した分だけ支払期間を短縮する
返済額減額型 返済期間は変更せずに、元本を減額した分だけ毎月の返済金額を減額する

利息は元本に対して発生するため、返済期間が長くなるほど最終的な利息負担は大きくなります。そのため、返済期間を短くできる「期間短縮型」の方が、利息を減額する手段としては効果的であると言えます。

 ただし、気をつけなくてはならないのは、金融機関によって繰り上げ返済の実施条件が異なることです。

基本的に繰り上げ返済を利用して返済したお金に利息が発生することはありませんが、金融機関によっては手数料を請求されるケースも想定されます。

繰り上げ返済を効果的に利用するために、条件を事前に確認しておきましょう。

借金返済中に注意するべき3つのこと

ペンを持つ人

借金返済中に注意するべきこととしては、以下のようのものが挙げられます。

  • 元金が減らない返済額を設定しない
  • 借金返済中に過払い金請求するとブラックリストに登録される可能性がある
  • 借金返済のために借金をしない

一つずつ見ていきましょう。

元金が減らない返済額を設定しない

長期的に無理なく借金を返済するために月々の返済額を少なくしようと考えるのは自然です。

 しかし、元本に対して月々の返済金額を低めに設定すると、ほとんど利息だけの返済が続き元本が減らない状況が発生する恐れがあります。

毎月の負担を軽減することに囚われて返済額を少なく設定し、支払総額が増えてしまわないように注意しましょう。

借金返済中に過払い金請求するとブラックリストに登録される可能性がある

パソコンとノート

過払い金請求とは、貸金業者に対して必要以上に返済した借金の返還を請求する手続きです。手続きが上手くいけば、法廷金利を超過した金利に基づいて返済した「過払い金」が返還されます。

返還されたお金の使途に制限はなく借金返済に充当することも可能ですが、借金返済中に過払い金請求すると、信用情報に事故情報が登録される恐れがあるため注意が必要です。

事故情報とは?
信用情報に傷がつくことを指します。事故情報登録期間中は社会的信用力を示せなくなり、金融機関から融資を受けたり、クレジットカードを発行したりすることがが原則不可能となります。

借金返済中に過払い金請求した場合、返還されたお金は原則的に借金の返済に充てられます。その結果、借金を完済した場合には特段問題はありません。

しかし、借金が残った場合には借金減額を目指す「任意整理」同様の扱いとなり、手続きの記録が約5年間事故情報として登録されてしまうのです。

借金を完済した状態で過払い金請求し返還された過払い金を別な借金の返済に充てる分には、信用情報に影響はありません。

借金返済のために借金をしない

借金の返済が困難になってくると、返済のために借金をしてしまう人もいます。しかし新たに金融機関から借金すれば、利息の発生により支払総額大きくなり完済からは遠ざかるばかりです。

 借金を繰り返すことで日々をやり過ごす癖がついてしまうと、借金への抵抗は薄れていき徐々に依存度合いが強くなっていきます。

こうして、負債が膨れ上がっていく負のスパイラルに陥ってしまうケースは珍しくありません。

借金返済の目途が立たない場合には債務整理を検討しよう

積まれたコイン

前述したような利息を減額するための手段を用いても借金を完済できる見込みがない場合には、借金減額を目的とした債務整理を検討するのがおすすめです。

債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類が存在します。以下でそれぞれの手続き内容や、どのような人が向いているか解説していきます。

任意整理

任意整理とは、裁判所を経由せずに債権者と直接交渉することによって借金の減額を目指す手続きです。

任意整理に向いている人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 裁判をせずに短い期間で手続きを実施したい人
  • 債務総額があまり多くない人
  • 利息が減額されれば債務を履行できる見込みがある人
  • 財産を手放したくない人
  • 保証人つきの借金がある人

任意整理は、裁判が必要な「個人再生」や「自己破産」よりも短い期間で手続きが実施できます。しかし借金が多い場合には、債務状況を大幅に好転させる効果は見込めないのが実情です。

任意整理には法的な強制力が働かず、債権者が認めない限り借金は減額されないからです。

 任意整理に全く応じない債権者は稀ですが、利息のみ減額されるケースが大半です。

また、任意整理は原則的に全ての債務が手続き対象となるその他の債務整理手続きとは異なり、減免したい債務のみを整理することが可能です。

そのため、返済中の住宅ローンや保証人つきの債務を手続き対象から外すことで、デメリットを最小限に抑えられます。

利息さえ減額されれば債務を履行できる見込みがある人に向いている手続きと言えますね。

個人再生

女神の像とスーツの人物

個人再生とは、債務履行が困難な旨を裁判所に申告し借金を減額してもらう手続きです。

個人再生に向いている人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ある程度の支払能力を有している人
  • 財産を維持したまま借金を大幅に減額したい人
  • ローン返済中の住宅を維持したい人
  • ギャンブル依存など不適切な理由で借金してしまった人

個人再生では、後述する自己破産のように借金支払義務が全てなくなるわけではなく、手続き後も返済を継続する必要があります。

裁判所や債権者が求める一定以上の支払能力を有していない場合には、手続きが不認可になる恐れがあります。最低でも、手続き後の弁済額に従い債務を履行できるだけの支払能力がなければ手続きは実施できません。

 もし手続きが成功した場合には、債務総額を5~10分の1程度にまで減額できるケースが多いとされています。

個人再生の大きなメリットとして挙げられるのは、住宅ローンの継続的な支払いが可能な場合には、例外的に住宅ローンを手続き対象から外しマイホームを維持できることです。

これは、個人再生にのみ認められた「住宅ローン特則」による効果です。

また、借金を作った要因によって手続きが不認可になることがないのも個人再生の特徴であり、自己破産が成功しなかった場合の受け皿として機能している側面もあります。

自己破産

紙幣を持つ人

自己破産は、裁判所の許可を得て保有財産の換価処分と引き換えに借金支払義務が全て免除される手続きです。

自己破産に向いている人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 毎月の返済金額が返済可能額より大きい人
  • 借金支払義務を全て無くしたい人
  • 処分されたくない財産を所有していない人
  • 過度なギャンブル投資など不適切な理由で借金をしていない人

自己破産を実施するべきなのは、基本的には任意整理や個人再生によって借金問題を解決できる見込みがない場合です。

実際に、債務履行できる支払能力が明らかに欠如している「支払不能」の状態に陥っていることが自己破産を実施するための法律上の要件に含まれています。

 破産法2条11項では、一般的かつ継続的に弁済することができない状態を「支払不能」と定義しています。

支払不能と判断される具体的な債務総額や収入などは記載されていませんが、一般的には、一月あたりの返済金額が返済可能金額を上回っているか否かが一つの判断基準になると解釈されています。

このことから、毎月の返済金額が返済可能額より大きい人は自己破産に向いていると言えます。

また、前述の通り個人再生では借金の原因が手続きに影響することは基本的にありません。

一方自己破産では、収入に見合わないギャンブル投資など、借金の原因が不適切なものである場合には免責許可が得られない可能性があります。

このように免責許可が得られなくなる事由のことを「免責不許可事由」と言います。免責不許可事由と疑われる懸念がある場合には、個人再生や任意整理を実施するのも一つの手です。

とはいえ、実際には免責不許可事由の有無にかかわらず、裁判官の判断で借金支払義務が免除されるケースが多いと考えられています。

出典:破産手続開始原因となる支払不能とは? ‐法人・会社の倒産・破産ネット相談室

債務整理を検討する場合は弁護士に依頼がおすすめ

スーツの人物

債務整理によって多くの借金を減額するには、弁護士に手続きを依頼するのがおすすめです。

弁護士に依頼する主なメリットは以下の通りです。

  • 手続き全般を代行してもらえる
  • 債権者からの催促が一時的にストップする
  • 債務整理が成功しやすい

弁護士に依頼すれば、債権者や裁判所とのやりとり、書類の準備や作成など手続き全般を代行してもらえます。

自分ひとりで債務整理を実施する場合には当然これら全てを自分で行う必要があり、手続きを円滑に進めるのは容易ではありません。

 それどころか、書類不備や債権者との交渉失敗などをひき起こし、時間を割いて債務整理を実施したにもかかわらず借金が減額されないケースも想定されます。

債務整理を成功させるには、少なからず法制度に関する知識が必要になるのです。

数多くの債務者と共に債務整理を実施した経験がある弁護士なら、手続きを成功に導くためのノウハウや戦略を持っています。

そのため、弁護士に依頼することで債務整理が成功する確率は格段に高くなります。

また、弁護士が代理人となった時点で、債権者からの催促をストップさせられるのも大きなメリットです。

債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所6選

債務整理を依頼するのに、当サイトが特におすすめする弁護士・司法書士事務所は、次の3社です。

おすすめ弁護士・司法書士事務所3選

それぞれの事務所の特徴や費用、おすすめする理由についてはここから詳しく紹介していきます。

サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所のポイント
取り立て・催促を最短即日でストップ
初期費用0円
費用の分割払いOK!手持ち資金がなくても依頼できる
月600件以上の相談実績
24時間365日受付/全国対応の借金専門相談窓口あり
初期費用0円!分割払いOK
サンク総合法律事務所
公式サイトへ
どんな弁護士事務所?

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、借金問題の解決実績が豊富で、問い合わせが月600件以上ある人気な弁護士事務所です。

特徴

人気の理由は、自分が納得いくまで何度でも無料相談ができ、借金に関する質問にわかりやすく答えてくれるから。

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて、オンラインや電話での面談も24時間365日全国から受け付けています。

初期費用は0円(契約前まで一切料金がかかりません)かつ費用の分割払いが可能なので、現在手元に十分な資金が欠くても依頼が可能です。

また、家族や職場に知られにくいように配慮してくれたり、女性弁護士が在籍していたりと、誰でも気軽に相談できる環境が整っています。

最短即日で借金の取り立てや催促を止めてくれるので、今すぐ催促から解放されたい方にもおすすめです。

任意整理する場合にかかる費用
完済後の過払い金請求の着手金は、無料です。
着手金
/1件
55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
回収額の22%

※訴訟による場合は回収額の27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

サンク総合法律事務所について
所在地 〒104-0032
東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対応業務 債務整理、貸金問題、離婚・相続・遺言、民事事件一般、不動産取引、刑事事件など
出典:サンク総合法律事務所公式サイト

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
無料相談のしやすさが魅力
何回でも・土日祝日でも・メール/電話でも・全国各地からでも相談OK!
受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%
その他
諸費用
5,500円  

※訴訟の場合は27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応
業務
債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:東京ロータス法律事務所公式サイト

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
任意整理の着手金が0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
相談実績20万件以上
ベテラン司法書士在籍だから安心
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
公式サイトへ
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。
また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金
/1件
0円 報酬金
/1件
22,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※10万円以下の場合:14%+計算費用11,000円。
※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応
業務
債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
出典:はたの法務事務所公式サイト

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
相談するだけなら無料!
依頼したときだけ費用が発生
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。

任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%
経費 5,500円  

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応
業務
債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:ひばり法律事務所公式サイト

弁護士法人・響

弁護士法人響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超
信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
相談前にまずは無料診断!
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。

相談前にまずは無料診断!
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら
任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※訴訟の場合は27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応
業務
債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
相談前にまずは無料診断!
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら
出典:弁護士法人・響公式サイト

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!
24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。

任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※訴訟の場合は27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応
業務
債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:天音総合法律事務所公式サイト

まとめ

今回は、借金を返済するためのポイントや借金返済中の注意点などについて解説しました。

 借金を着実に返済していくためには、契約内容や債務状況を明確にし具体的な返済計画を立てることが重要です。

そのうえで、おまとめローンやローンの借り換えなどを効果的に利用し、返済に充てられる金額をできるだけ確保するようにしましょう。

どうしても完済の目途が立たない場合には弁護士に相談し、債務整理を検討してみてください。

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事