リボ払いがやばい・怖いと言われる理由は?安全に利用する方法も解説

クレジットカードのリボ払い月々の支払い負担を抑えることが出来るため、大きな買い物をした時などに使うと便利なサービスです。

しかし、ネット上には「リボ払いはやばい」「地獄を見た」などの体験談が数多く上げられています。

なぜリボ払いは「危ない」「やばい」と言われているのでしょうか。

今回は、リボ払いが危険だと言われる理由について解説していきます。リボ払いを安全に利用するためにも、リボ払いのリスクについて改めて認識しておきましょう。

借金をいくら減らせるか60秒で診断
借金減額シミュレーター
(無料)

クレジットカードのリボ払いとは

まずは、そもそもクレジットカードのリボ払い仕組みについて解説していきます。

カードの支払い方法には「分割払い」もありますが、リボ払いと分割払いの違いについても改めて知っておきましょう。

毎月の支払額を一定にできるサービス

クレジットカードのリボ払いってなに?

リボ払いとは、その月の利用額に関わらず、毎月払うお金を事前に決めた一定額に設定可能なサービスです。

例えば、月々1万円の支払額に設定している場合、その月に5万円の商品を購入した時でも、請求額は1万円となります。

 高い買物をしても翌月の請求額は常に決めておいた一定額となるため、支払い管理がしやすいというメリットがあります。

一方で、リボ払いは手数料が高い、未払い残高が把握しにくいというデメリットがあるため、気付かない間に支払い額が高額になってしまうリスクがあります。

リボ払いが怖いと言われている理由については、のちほど詳しく解説します。

リボ払いと分割払いの違い

リボ払いと比較されやすい支払い方法に「分割払い」があります。分割払いとは、支払い回数を指定することで複数回に分けて支払いが出来る方法です。

 3回払いから手数料が発生し、支払い回数が多くなるほど手数料が高くなります。

自分で決めた回数で支払いが完了するため、残りの支払い回数を把握しやすいのが特徴です。

把握しやすい点ではリボ払いと比較するとリスクは低いですが、多い回数で分割をすると手数料が高くなりがちなため注意が必要です。

リボ払いの支払い方式

画像

リボ払いは一般的に、下記の2つの支払い方式が採用されています。

  • 定額方式
  • 残高スライド方式

    両者の違いを下記の表にまとめました。

    支払い方式 支払い方法
    定額方式 事前に設定しておいた一定額を毎月支払う方式。
    残高スライド方式 利用残高によって月々の支払額に変動が生じる方式。

    定額方式は月々に払うお金が一定である一方で、残高スライド方式はその月の利用残高により支払い金額が変動します。

    自分のカードがどちらを採用しているか、必ず目を通しておきましょう。

    リボ払いが「やばい」「怖い」と言われるのはなぜ?

    リボ払いは月々の支払いが事前に決めた一定額になるため、支払い金額を抑えたいという人には嬉しいサービスと言えます。

    しかし、リボ払いはなぜ「やばい」「危険だ」と言われているのでしょうか。

    その具体的な理由を4つ紹介していきます。

    リボ払いを使用する前にチェックすることをおすすめします。

    ①手数料が高い

    リボ払いが「やばい」「怖い」と言われるのはなぜ?

    リボ払いが「やばい」と言われる一つの理由に、手数料が高いということがあげられます。

    リボ払いの手数料は、一般的に15%前後に設定されています。

     一般的に銀行カードローンでお金を借りた時の上限金利が13~15%前後ですので、まさに銀行でお金を借りた時と同じような割合の手数料が掛かっていることになります。

    例えば、リボ払い手数料15%のクレジットカードで10万円利用した場合、最初の30日間でかかる手数料を計算してみましょう。

    10万円×15%×30日÷365日=1,233円(小数点以下繰り上げ)

    元利定額方式のリボ払いで、毎月5,000円のリボ払いとしていた場合、手数料の残りの3,767円が元金に充当します。

    つまり月々5,000円支払っているといっても、実質手数料を除く3,767円しか元金が減らないことになります。

    この手数料の高さを認識した上でリボ払いを使用することが大切です。

    ②毎月のカード利用額が分からなくなる

    リボ払いはいくら買物をしても毎月の請求額が常に一定しかこないため、自分が毎月いくら使っているのかが把握しづらくなってしまいます。

    いつもきちんとカード利用額を管理出来ている人ならいいのですが、無計画に買物をしがちな人にはとてもリスクが高いです。

    リボ払いをしながら毎月カードの使用を続ける時は、利用額の管理に注意が必要です。

    ③支払いが出来ているので大丈夫だと思ってしまう

    リボ払いが「やばい」「怖い」と言われるのはなぜ?

    リボ払いはまだ払っていないお金があったとしても、月々の請求額を遅れずに支払っていれば特に問題はないと考えてしまいがちです。

     しかし、毎月払っている事に安心して、設定している支払額以上の買物を続けていると未払い残高は増えていく一方です。

    引き落としされていると、未払い額も毎月きちんと払っているような感覚に陥るのが「やばい」と言われる原因の1つなのです。

    月々払っている金額以上の買い物をすると、払えていないお金が蓄積されていく事を認識する必要があります。

    ④知らない間にリボ払いに設定されている場合がある

    リボ払いが「やばい」「怖い」と言われるのはなぜ?

    クレジットカードの中には、自分では設定したつもりはないけれど動的にリボ払い設定になっていた」という事例があります。

    その原因としてまず考えられるのが、実はそのカードが「リボ払い専用カード」だという時です。

    リボ払いしか出来ないことを確認せずにカードを契約してしまい、自動リボ払いであることに気付かないという事例もあるようです。

    また、入会時に、何も考えずに自動リボ払いなどの設定にチェックを入れてしまい、自分には自覚が無いのに、自動的に毎月リボ払いになってしまう事例もあります。

     月々のカード払いの金額の管理が出来ていればリボ払い設定だということに直ぐに気づくのですが、利用明細に目を通さない人は中々気付かない可能性が有ります。

    支払い方法の設定がどうなっているか、毎月の明細に必ず目を通しましょう。

    リボ払いの利用にリスクがある人の特徴

    リボ払いの利用にリスクがある人の特徴

    リボ払いは、利用すること自体が「怖い」のではなく、使用する人の管理方法に問題があると「怖い」ものになってしまいます。

    ここからはリボ払いを使わない方が良い人の特徴を見ていきますので、自分の場合は該当しないか確認してみましょう。

    無計画に買物をしてしまう人

    リボ払いの利用にリスクがある人の特徴

    リボ払いでリスクが高くなるのは、とにかく買物が好きな人です。

    特に、毎月の予算などを考えずに欲しい物があれば無計画に購入してしまう人がリボ払いを使用すると、あっという間に未払い残高が貯まってしまいます。

    計画的に利用出来ない人は、リボ払いの使用をやめておきましょう。

    利用明細書を確認しない人

    クレジットカードを使用していても、毎月の利用明細書に目を通さない人も多いのではないでしょうか。

     未払い残高がいくらあるのかを把握せずにリボ払いを続けると、いくらでも使えるような気になってしまい、気付けば支払い出来ないような金額になってしまうリスクもあります。

    リボ払いを利用するなら、月々の未払い残高を管理し、未払い額が増えたら支払うお金を増やすなどの対応が出来る人でなければ、未払いのお金がただ増えていくだけになるでしょう。

    毎月の支払額を出来るだけ少額にしてしまう人

    財布

    リボ払いは月々に払うお金を自分で決められるため、出来るだけ負担が無いようにと3,000円や5,000円といった少額に設定してしまう人も多いです。

     しかし、毎月5,000円しか返済しないにも関わらず毎月10,000円ずつ利用してしまうと、半年後には未払い分が30,000円ほど貯まってしまいます。

    月々の利用額が増えればさらに未払い額が増え続けますので、カードを使う金額とリボ払いの支払額のバランスを崩さないようにするのが大切です。

    リボ払い専用カードしか持っていない人

    クレジットカードの中には、「リボ払い専用」のカードも存在します。

    「キャンペーンをしているから」などの理由で安易にリボ払い専用カードと契約してしまうと、リボ払い以外の支払い方法に変更することも出来ず、自動的にずっとリボ払いにしなければなりません。

    リボ払いは一時的に利用する分にはとても便利なサービスですが、長期間利用するほどリスクが高くなります

    出来れば、リボ払い以外の支払い方法も出来るクレジットカードと契約しましょう。

    リボ払いの返済地獄から脱出するには?

    リボ払いの返済地獄から脱出するには?

    リボ払いは、しっかりと支払い管理をせずに使い続けていると「何年たっても支払いが終わらない…」「いくら払っても元金が減らない…」という返済地獄に陥ってしまう可能性がある支払い方法です。

    よって、リボ払いによって既に未払い残高が相当増えている人は、今すぐに対処法を考える必要があります

    ここでは、リボ払いの返済地獄から少しでも早く脱出するための方法について解説していきます。

    まずはクレジットカードの利用を止める

    リボ払いを続けて未払い額がかなりの高額になってしまった時は、それに気づいた段階ですぐにクレジットカードの利用をやめましょう。

    このあとご紹介する対策をいくらしたとしても、カードを継続して使用し続ける限り未払い額が増え続けるため、全く意味が無くなってしまいます。

    支払いが落ち着くまでは利用をストップすることをおすすめします。

    毎月の支払額を大きく設定する

    リボ払いの返済地獄から脱出するには?

    リボ払いが支払い出来なくなる原因として、毎月払うお金を少なくしすぎている事例があることは先にも解説しました。

    そのため、未払い残高が増えてきたと気付いた段階で、月々の支払い額の設定を変更しましょう。

    月々に払うお金を5,000円から10,000円に増やすだけでも、かなり支払いが進むはずです。

    金額を大きくするほど早く未払い額が減りますので、余裕がある月には出来るだけ多めの支払額に設定しましょう。

    リボ払い残高を一括返済でリセットする

    リボ払いの未払い残高がかなり多くなってしまった時は、それ以上増える前に一括返済でリセットしてしまうのもおすすめです。

     一括で返済することで、その後もかかり続ける無駄な手数料の支払いを抑えることが出来ます。

    ただし、一括返済によって生活が困難になるような状況であれば無理をせず、余裕がある時に実行してみましょう。

    債務整理を検討する

    リボ払いの返済地獄から脱出するには?

    支払い管理もせず無計画にリボ払いを使い続けることで、気付けばリボ払い残高がとても払えないような金額に膨れ上がっていたという事例もあります。

    自分ではとても用意出来ないほど未払い残高が高額になってしまった時は、債務整理も検討しましょう。

     クレジットカードのキャッシングだけでなく、ショッピングのリボ払いも債務整理の対象となります。

    クレジットカードのリボ払いであれば、任意整理をすることで手数料のカットや遅延損害金のカットが出来る時があります。

    弁護士や司法書士事務所の中には無料相談出来る所もありますので、まずは自分の状況を相談してみる事をおすすめします。

    リボ払いを安全に利用するためには?

    リボ払いを安全に利用するためには?

    リボ払いは、使い方さえ間違えなければ「やばい」「怖い」といった事態にならず、安全に使うことも可能です。

    ここからは、リボ払いをより安全に利用するために心がけるべきポイントを順番に見ていきましょう。

    リボ払いを使い続けない

    リボ払いを使うことで毎月の支払い負担が少なく済みますが、ずっと使い続けるのはおすすめ出来ません

    使い続けることによってどんどんリボ払い残高が把握出来なくなっていきますので、リボ払いは一時的な利用に留めておきましょう

    どうしても支払い負担を減らしたい時は、少ない回数での分割払いもおすすめです。

    利用明細は毎月必ず目を通す

    リボ払いを安全に利用するためには?

    リボ払いは、未払い残高が分からなくなることにリスクがあります。

    そのため、毎月きちんと利用明細を見て未払い額の管理が出来るのであれば、それほど危険性はありません。

    未払い残高が少し溜まってきたと思ったら、支払うお金を増やす一括払いに変更するなど、その時々の状況に合わせて対応しましょう。

    毎月の支払設定を確認する

    新しいカードを作った時など、改めて支払い設定に目を通さない人も多いかもしれません。しかし、翌月からの支払い方法必ず確認しましょう。

    自分で気づかずリボ払い設定となっていることがありますので、自動リボ払い等の設定にしていないか、念のため目を通して下さい。

    また、自分でリボ払いにした時は、毎月払うお金を自分がいくらに設定しているのか、改めて見ておきましょう。

    自分で思ったよりも少ない金額に設定していて気付かない場合は、未払い残高が増えてしまう原因になってしまいます。

    リボ払いの債務整理は弁護士への相談がおすすめ

    リボ払いの債務整理は弁護士への相談がおすすめ

    リボ払いの債務整理は、弁護士や司法書士事務所に依頼するのがおすすめです。

    弁護士等の専門家に依頼するメリットは下記の通りです。

    • 受任通知で返済が止まる
    • 状況に合わせてベストな債務整理方法を提案してもらえる
    • 面倒な手続きをすべてお任せ出来る

      まず、弁護士や司法書士に依頼すると、債権者に受任通知を送付し、債務者の代理人になったことを通知します。

       受任通知を受け取った債権者はそれ以降の督促行為が禁止されているため、支払いの督促に悩まされることなく手続きを進められます。

      また、話を聞いた上でその人に合うベストな債務整理方法を提案してもらえます。

      まずは早めに相談してみることをおすすめします。

      借金の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所5選

      東京ロータス法律事務所

      東京ロータス法律事務所
      東京ロータス法律事務所のポイント
      受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
      無料で何回でも相談できるから相談しやすい
      土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
      どんな弁護士事務所?
      東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

      受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

      特徴
      東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
      相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

      また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

      任意整理する場合にかかる費用
      相談費用は何度でも無料です。
      着手金
      /1件
      22,000円 報酬金
      /1件
      22,000円
      減額報酬 11% 過払い
      報酬
      返還額の22%

      ※金額は全て税込み表示です。

      東京ロータス法律事務所について
      所在地 〒110-0005
      東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
      対応
      業務
      債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
      出典:http://tokyo-lawtas.com/

      ひばり(名村)法律事務所

      ひばり法律事務所
      ひばり(名村)法律事務所のポイント
      依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
      かかる費用が明確で不安なく依頼できる
      東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
      どんな弁護士事務所?
      ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

      特徴
      東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
      また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

      依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

      過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。

      任意整理する場合にかかる費用
      ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
      着手金
      /1件
      22,000円 報酬金
      /1件
      22,000円
      減額報酬 10% 過払い
      報酬
      返還額の20%

      ※金額は全て税込み表示です。

      ひばり(名村)法律事務所について
      所在地 〒130-0022
      東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
      対応
      業務
      債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
      出典:https://hibari-law.net/

      はたの法務事務所

      はたの法務事務所
      はたの法務事務所のポイント
      相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
      相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
      満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
      任意整理の着手金0円!
      はたの法務事務所
      公式サイトへ
      どんな司法書士事務所?
      はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

      特徴
      相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。
      また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

      相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

      任意整理の着手金0円!
      はたの法務事務所
      に無料相談する
      任意整理する場合にかかる費用
      着手金が無料なので依頼しやすいですね。
      着手金
      /1件
      0円 報酬金
      /1件
      20,000円
      減額報酬 10% 過払い
      報酬
      返還額の20%
      10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

      ※金額は全て税込み表示です。

      はたの法務事務所について
      所在地 〒167-0051
      東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
      対応
      業務
      債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
      任意整理の着手金0円!
      はたの法務事務所
      に無料相談する
      出典:https://hikari-hatano.com/

      弁護士法人・響

      弁護士法人・響
      弁護士法人・響のポイント
      問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
      依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
      原則356日24時間受付
      どんな弁護士事務所?
      弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

      多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

      特徴
      問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
      弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

      丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。

      任意整理する場合にかかる費用
      弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
      着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
      減額報酬 11% 過払い
      報酬
      返還額の22%

      ※金額は全て税込み表示です。

      弁護士法人・響について
      所在地 〒169-0074
      東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
      対応
      業務
      債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
      出典:https://hibiki-law.or.jp/

      天音総合法律事務所

      天音総合法律事務所
      天音総合法律事務所のポイント
      相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
      明確な料金プランと相談の流れで不安解消
      依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
      どんな弁護士事務所?
      天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

      特徴
      弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
      依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

      初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。

      任意整理する場合にかかる費用
      天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
      着手金 55,000円〜 報酬金
      /1件
      11,000円〜
      減額報酬 11% 過払い
      報酬
      返還額の22%

      ※金額は全て税込み表示です。

      天音総合法律事務所について
      所在地 〒103-0012
      東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
      対応
      業務
      債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
      出典:https://amane-law.or.jp/

      よくある質問

      リボ払いの債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所は?
      東京ロータス法律事務所やひばり(名村)法律事務所、はたの法務事務所、弁護士法人・響、天音総合法律事務所などがおすすめです。いずれも経験豊富な弁護士や司法書士が借金問題の解決へとサポートしてくれます。
      クレジットカードの債務整理は、ショッピング分だけ債務整理出来る?

      リボ払いを債務整理する時「ショッピング分だけ」「キャッシング分だけ」といった事が出来ません。キャッシング分を債務整理する時は、必ずショッピング払い分もリボ払いの必要がありますので、注意が必要です。

      自分で登録や設定をしなければ勝手にリボ払いになることはない?

      自分で申込みや登録をしていないのに勝手にリボ払いになることは有りません。

      ただし、リボ払い専用カードと知らずに契約した時や、リボ払いになるサービスへの申し込みをした事を忘れている時などに「勝手にリボ払いになっている」と考えてしまう事があります。
      また、まれに店頭のレジで店員さんが、分割払いとリボ払いを間違えるといったことが原因で、勝手にリボ払いになってしまうケースは考えられます。明細書を確認すればリボ払いになっていることに気づけるはずですので、必ず毎月目を通しましょう。

      債務整理をしたカード会社は審査に通りにくくなるの?

      債務整理の対象のカード会社には、債務整理をしたことが社内データとして記録に残ります。社内データは個人信用情報のように数年で記録が消えることが無く、半永久的に残ると言われているため、5年経過しても審査に通過しない可能性があります。

      リボ払いの任意整理は、返済能力がなくても出来る?

      任意整理は手続き後も返済を続けていく必要があるため、返済能力がない人は任意整理が出来ません。また、個人再生や自己破産と違い、借金自体が減額される事もないため、継続かつ安定した収入がなければ支払いを続けていくことが困難になってしまうでしょう。

      債務整理をすると持っているクレジットカードはどうなるの?

      債務整理をすると、債務整理の対象となったクレジットカードはもちろん、他に所有しているクレジットカードもすべて使えなくなってしまいます。もちろん、そこに紐づく家族カードやETCカードも使えなくなるため、家族カードを作っている場合は事前に話をしておく必要が有るでしょう。

      債務整理をしたあとにクレジットカードを作るには?

      債務整理をすると個人信用情報に事故情報として記録が残り、5年から10年記録が残ります。記録が残っている間はクレジットカードの審査やローン審査に通ることはありませんので、記録が消えるまでクレジットカードを持つことが出来ません。家族に家族カードを発行してもらうか、デビットカードなどを使って代用しましょう。

      まとめ

      今回は、リボ払いが怖い、やばいと言われる理由や、安全に利用するためのポイントについて解説しました。

      クレジットカードのリボ払いが「やばい」「地獄を見た」などと言われる原因は、利用者の使い方に問題がある事例がほとんどです。

      きちんと利用明細に毎月目を通し、未払い残高のチェックさえしておけば、リボ払いは「怖い」ものではありません。

       ただし「無計画に買い物をしがち」「利用明細をまったく見ない」等といったことが有りがちな人は、安易にリボ払いを使用すると返済が苦しくなるリスクが高いでしょう。

      よって、明細の管理が出来ない人は、分割払い等の利用をおすすめします。

      どうしても返済に困った場合は、債務整理を検討するのも一つの手です。

      記事内で紹介した弁護士・司法書士事務所では無料相談も実施しているため、返済が不安な人はまずは相談してみてはいかがでしょうか。

      ※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。

      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事