無職でもクレジットカードが作れた5つの方法・作れるカード5選

学生や不労所得のある方のような無職の方の中には「クレジットカードを作りたい」という方も多いでしょう。

そこでこの記事では、無職でもクレジットカードは作れるのかを紹介しています。また、無職でも申し込めるクレジットカードなども解説しています。

【即日発行あり】無職でも申し込めるクレジットカード5選

1三井住友カード RevoStyle

三井住友カード RevoStyleRevoStyleがおすすめな理由

理由1ポイント還元率が高い

理由2リボ払い専用で支払管理がしやすい

理由3アプリでいつでも利用額・履歴が確認可能

ブランド
年会費
ポイント
還元率
ポイント
有効期限
ポイントの使い道
ショッピング
保険
ETCカード
家族カード
申込条件
無料 0.5% 獲得月から2年間 ・dポイント
・楽天ポイント
・Tポイント
・nanacoポイントなど
年間最高
100万円
初年度無料(2年目以降は前年にETCカードの利用実績があれば無料、なければ税込550円) 無料 満18歳以上
(高校生不可)

RevoStyle」はリボ払い専用のカードです。

リボ払い手数料は平均15%程度ですが、RevoStyleは9.8%と低いのが特徴です。
また「使いすぎ防止サービス」が用意されているので、リボ払いに不安があるという方・初めてのクレジットカードでも安心して利用できます。

入会キャンペーン
新規入会とVpassアプリのログインで利用金額の20%(最大8,000円)がキャッシュバックされます。(*2020年9月1日~2020年11月30日)

年会費無料・常にポイント2倍なのも三井住友カード RevoStyleの強みです。

2イオンカード

イオンカードがおすすめな理由

理由1最短即日発行可能

理由2キャッシュカード・WAONカードとして利用できる

理由3専業主婦でも申し込み可能

ブランド 年会費 ポイント
還元率
学生申込み 最短即日発行 申込可能年齢
無料 0.50% 可能(原則として高校生を除く) 可能 18歳以上

イオンカードは、最短即日発行できるクレジットカードです。カード店頭受け取りサービスを利用すれば、オンラインで申し込み後、最短30分で審査完了。最短当日にイオン銀行でカードを受け取り、そのまま買い物に使えます。

イオンカードの最短即日発行を希望する場合は17時までの申し込みを済ませましょう。

3ライフカード デポジット型

ライフカード デポジット型

ライフカード(デポジット型)がおすすめな理由

理由1普通のクレジットカードと同様に使えるデポジット型カード

理由2弁護士無料相談サービス付き

理由3海外・国内旅行保険が自動付帯

<tr;>5,500円0.50%可能不可20歳以上

ブランド
年会費
ポイント
還元率
学生申し込み
即日発行 申込条件

ライフカード デポジット型は、事前に保証金を預けて発行するクレジットカードです。必要な保証金は5or10万円。預けた金額はカードの利用限度額となります。

ライフカード デポジット型は、収入がない方はもちろん、過去に延滞がある方でも作れたクレジットカードです。通常のクレジットカード同様の使い方ができるので、どうしてもクレジットカードが必要な無職の方におすすめです。

弁護士無料サービスや国内・海外旅行保険が付帯していることもメリットですよ。

4楽天カード

楽天カードがおすすめな理由

理由1年会費永年無料

理由2入会キャンペーンあり

理由3楽天ポイントが貯まる

ブランド
年会費
ポイント
還元率
学生申込み
即日発行 申込可能年齢
無料 1.00% 可能(原則として高校生を除く) 不可 18歳以上

楽天カードは、年会費永年無料のクレジットカードです。楽天カードは、流通系クレジットカードに分類できます。

楽天カードはカード利用額100円あたり楽天ポイント1ポイントが貯まるため、使い勝手もかなり良好です。

SBSカード

SBSカード(DP)がおすすめな理由

理由1デポジット(保証金)で審査OK

理由2チャージ不要

理由3公共料金の支払い可能

ブランド
年会費
ポイント
還元率
学生申し込み
即日発行 申込可能年齢
初年度無料(翌年以降税込16,500円~33,000円) 0.10% 可能 不可 20歳以上70歳未満

SBSカードは、発行時に保証金として預けた金額がショピング限度額になるクレジットカードです。お金を預けて信用を得ることができるので、他のカードの審査に落ちてしまった方でも作りやすいカードです。

月々の支払いは引き落としなので、プリペイドカードとは異なり、チャージ不要で公共料金の支払いなどにも利用できる点がメリットです。

公式サイトでもいわれているように、「今までクレジットカードが持てなかった方にも」おすすめの一枚です。

無職でも作れるクレジットカードはある

結論から述べると、無職だから絶対にクレジットカードは作れないとは断言できません。クレジットカードの審査基準は一般的に非公開であり、申込条件に記載のない限り作れるかどうかを断定することは不可能なためです。

しかし、実際のところ無職だとクレジットカードの発行難易度は大幅に上がると予測できます。ここではその理由について解説していきます。

無職だと審査通過は難しくなる可能性が考えられる

無職でクレジットカードを作ることは100%無理ではないものの、基本的には非常に困難であると考えられます。

その理由は?

支払いを滞納されるとクレジットカード会社が損するからです。

クレジットカードの利用代金は、基本的に約1ヵ月後に口座から引落しされます。その間、一時的にカード会社が利用代金を立て替えています。

もしカード代金を返済できなかった場合、カード会社にとってはマイナスです。「無職=継続的な収入がない」と判断できるため、無職の方は滞納するリスクが高いとみなされてしまう可能性が考えられます。

カード会社が不利益を被る可能性が高いため、無職の人はクレジットカードの審査通過が非常に難しくなると予想できます。

学生は無職でもカードを作れる

ここまで紹介した通り、基本的に無職はクレジットカードの審査で不利になると考えられます。ただし、学生は無職であってもクレジットカードの審査に通りやすいと予測できます

その理由は?

学生の場合はもし返済できなくても保護者が返済を立て替えてくれる可能性が高いからです。

クレジットカードの中には、学生専用のカードも多くあります。学生向けのクレジットカードは、バイトやアルバイトを一切していない学生でも所有できた例が少なからずあります。

学生は、学生向けクレジットカードに申し込むのがおすすめです。

無職でもクレジットカードが作れた!審査通過5つのポイント

クレジットカードの申し込みを検討している方の中には「無職だけどクレジットカードの審査に通過したい」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、クレジットカードの審査通過率を上げるために考えられる5つのポイントを紹介します。申し込み前に確認してみてください。

Point 1ショッピング利用に限定する

無職でクレジットカードに申し込む場合、ショッピング利用に限定しましょう。クレジットカードには、現金を引き出すキャッシング機能が付けられます。

ほとんどのクレジットカードでは、カードの申し込み欄にキャッシング枠を記入できます。審査に通れば、キャッシング枠の上限までカードを使って現金を引き出し可能です。

しかし、無職でクレジットカードを作成するのであれば、キャッシング枠は付けないのがおすすめです。

キャッシングを付けると、そのぶん高い返済能力が求められます。また「キャッシング機能が必要=お金に困っている」というマイナス印象を与かねません。

必ずキャッシング枠を0円にしましょう。

Point 2申し込み記入欄を埋める

無職でクレジットカードを作るなら、申し込み欄を埋めることも大切です。クレジットカードの申し込みフォームには、さまざまな項目を記入する欄があります。

クレジットカード申し込み記入欄(例)

  • 名前
  • 生年月日
  • 職業
  • 勤務先
  • 本人年収
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 支払い口座

クレジットカードの審査は、これら申し込み記入欄の情報を元に実施されます。申し込みフォームを見て、少しでも空白を残さないようにしましょう。

MMただし、嘘の情報は厳禁です。嘘の勤務先を書いてしまうと審査落ちの高いリスクが予想できるだけでなく、申し込んだカード会社の社内ブラックになる可能性も考えられますので、注意しましょう。

Point 3就労する

より確実にクレジットカードを作るなら、働くこともひとつの手段です。

たとえフルタイムでなくても、就労すれば審査は有利になると予測できます。

一時的にでも働いていれば、クレジットカードの職業記入欄に次のような情報を記入できます。

  • パート
  • アルバイト
  • 派遣社員
  • 自営業
  • 自由業

職業記入欄にも、虚偽の情報は絶対に記入しないようにしましょう。

また、更にクレジットカードの審査通過確率を上げたい方は、一定期間働いて申し込むのもおすすめです。働きはじめよりも23ヵ月目以降の方が審査に通りやすくなる可能性が考えられます。

労働期間が長ければ長いほど、クレジットカードは作りやすくなると予測できます。一方、就労から1カ月未満など極端に期間が短い場合、なかなか収入の継続性を証明できないとも考えられます。

現在無職でかつクレジットカードの作成を急いでいない方は、働いてからの申し込みも検討してみてください。

Point 4信用情報を育てる

無職でクレジットカードを作りたい方は、クレジットカードの信用情報を育てましょう。

信用情報とは?

クレジットカードの利用履歴のことです。

クレジットカード含む個人の金融情報は”CIC””JICC””KSC”3つの信用情報機構に登録されています。クレジットカード会社は、信用情報機関に登録されている金融情報を元に審査を行っています。

登録されている情報を確認した際、クレジットカードの利用履歴が全く無かったり・クレジットカードの支払いを延滞・滞納していたりすると、審査にはマイナスになることが予測できます。

一方、クレジットカードの利用履歴があり、きちんと返済できていれば返済能力の証明に繋がります。もし現在クレジットカードを持っているのであれば、生活費を可能な限りクレジットカード払いにしましょう。クレジットカードを使い、きちんと返済できれば信用情報が育ちます。

信用情報が良好なら、クレジットカードの審査通過が期待できると考えられます。

無職でクレジットカードを持っていない方が信用情報を育てるには?

しかし、無職の方の中には「一枚もクレジットカードを持っていない」という方も多いでしょう。そこでおすすめなのが、デポジット型クレジットカードを作成することです。

デポジット型クレジットカードとは?

事前に保証金を預けて作成するクレジットカードのことです。

デポジット型クレジットカードは、保証金を預けるため審査に不安な方にもおすすめです。保証金を用意できて、かつ電話連絡が取れる方であれば、高確率でカードを発行できると予測できます。

まずは、無職でも作れるデポジット型クレジットカードを作成します。その後、毎月の生活費を可能な限りクレジットカードに変更し、信用情報を育てましょう。

家賃・電気・スマホ・ガスなど、毎月かかる固定費をクレジットカード払いに変えるだけで、信用情報は大きく育つと考えられます。クレジットカードの利用履歴を作ってから、欲しいクレジットカードに申し込んでみてください。

Point 5家族カードに申し込む

家族と同居している方は、家族カードを作るのもおすすめです。

家族カードとは?

本会員の家族が発行できるクレジットカードのこと。

家族カードの発行審査は、本会員にのみ実行されます。つまり、家族カードを所有する方への審査は通常ありません。そのため、家族カードなら、実質審査なしでクレジットカードを所有することも可能です。

家族カードは所有者が無職でも問題なく作れることが多いです。同居している家族でクレジットカードを持っている方がいれば、一度家族カードの発行をお願いしてみるのも良いでしょう。

MMただし、本会員の審査状況によっては家族カードが発行できない場合もあります。また、家族カードの請求は本カード会員に行くことを覚えておきましょう。

貯金あり・お金持ちなら無職でもクレジットカードが作れる?

無職の方の中には「貯金があるけどクレジットカードが作れるのか気になる」「無職だけどお金は持っている」という方もいるのではないでしょうか。

ここでは、資産があれば無職でもクレジットカードを作れるのか解説していきます。

結論から述べると、資産(預貯金)が多ければ多いぶんクレジットカードの審査は有利になると予測できます。しかし、クレジットカードの審査では資産(預貯金)より収入の安定性の方が遥かに重要とも考えられます。

その理由は?

資産は限りがありますが収入は継続する可能性が高いからです。

どれだけ資産(預貯金)があっても無職の場合、収入の安定性を証明できません。貯金が無くなればカード利用額を返済できなくなるため、クレジットカード会社がカード発行を躊躇する可能性を考えられます。

預貯金がある無職の方より、アルバイトや派遣社員でも収入がある方のほうがクレジットカードは発行しやすい傾向にあるようです。

つまり、資産(=預貯金)は少ないよりあった方がいいものの、資産(貯金)が多い無職より資産が少ない有職者の方がクレジットカードの審査には有利になると予測できます。

もし無職になったらクレジットカードは更新できる?

次に、クレジットカードを使っている最中に無職になった場合について確認していきましょう。

無職になったからといって、基本的にクレジットカードがいきなり使えなくなることはないでしょう。

カード更新時に職場への在籍確認もないため、無職になっても今までどおりカードを使い続けられることが多いです。

注意:支払いに問題あるとカードを更新できないことがある

ただし、支払いに問題があるとカードを更新できないことがあるので注意しましょう。クレジットカードで重要なのは、返済できるかどうかです。

極端な話、もし無職であっても利用額を返済できるのであれば、カード会社にとってはプラス案件です。一方、無職かどうかにかかわらず、支払いに問題があるとカードを更新できないケースがあります。

MMクレジットカードを更新できるかは、返済状況に左右されますので、忘れず口座にお金を用意しておきましょう。

無職で作るなら審査が甘いクレジットカードがおすすめ

クレジットカードを更新できるかは、返済状況に左右されますので、忘れず口座にお金を用意しておきましょう。

クレジットカードの審査難易度は、申し込むクレジットカードによって異なると予測できます。最終的にクレジットカードを発行できるかどうかは、カード会社次第です。

無職であってもカード会社が「回収できる」と判断すればクレジットカードを作れる可能性があります。

まとめ

今回のポイントは次の3つです。なお、次のポイントを全て守ったからといっても、必ずしもクレジットカードを持てるわけではありませんので、ご承知おきいただきますようお願いいたします。

無職でクレジットカードを持つために考えられるポイント
  • 基本的に無職でのクレジットカード作成はかなり厳しいと考えられる
  • 審査通過には「信用情報を育てる」「キャッシングを0円にする」「短期でも働く」などが有効と予測できる
  • デポジット型のクレジットカードを使用しクレヒスを育てる

ぜひこの記事の内容を参考に、クレジットカードの審査通過を目指してみてくださいね。

関連記事

人気記事

おすすめ

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事