おすすめドル建て保険ランキング5選|選び方やデメリットも解説

ドル建保険は保障を用意できるだけでなく、貯蓄性も兼ね備えた資産性のある保険です。しかし「おすすめの保険や選び方がわからない」という方もいらっしゃるでしょう。

このような問題はこれから紹介するおすすめドル建保険ランキングや、選び方を確認することで解決できます。この記事ではおすすめのドル建て保険をランキング形式で紹介し、併せて選び方やデメリットについても解説していきます。

ドル建て保険はリスクを理解した上で加入することが大切です。最後まで読んでご自身にあった保険を見つけてみてください。

そもそもドル建て保険とは?仕組みを簡単に解説

そもそもドル建て保険とは?仕組みを簡単に解説

ドル建て保険とは外貨建保険の中でも支払われた保険料がドルで運用される保険商品を指します。支払った保険料を日本円より金利が高いドルで運用するため、貯蓄性があるといわれているのです。

一口に「ドル建て保険」といっても、実際に販売している保険の種類は多岐に渡ります。具体的にドル建てで販売している保険を以下にまとめたので確認してみてください。

 ドル建て保険の種類

  • ドル建て終身保険
  • ドル建て養老保険
  • ドル建て個人年金保険

「ドル建て」と聞くとドルを保有していないと加入できないと思っている方もいらっしゃいますよね。実際は円で支払った保険料を生命保険会社がドルに変換してくれるため、加入の条件を満たせば誰でも加入できるのです。

しかし、注意点もいくつかあります。後述しますが、ドル建て保険には為替など複数のリスクがあり、契約するときはこれらのリスクを理解した上で加入しなければならないのです。

\ドル建て保険を利用したいと思ったら/ 保険相談
おすすめ6選

おすすめドル建て保険ランキング|予定利率の高い順に紹介

おすすめドル建て保険ランキング|予定利率の高い順に紹介

ドル建て保険を検討している方の中には「商品ごとの違いがわからない」と思っている方もいらっしゃるでしょう。資産運用も兼ねた保険になるため、納得いく保険に加入する必要があります。

そこで以下では、おすすめのドル建て保険をランキング形式で紹介していきます。ドル建て保険が気になっている方は参考にしてみてください。

紹介するドル建て保険

  • マニュライフ生命「こだわり外貨終身」
  • メットライフ生命「サニーガーデンEX」
  • メットライフ生命「USドル建終身保険 ドルスマート S」

1位:マニュライフ生命「こだわり外貨終身」3.45%

1位:マニュライフ生命「こだわり外貨終身」

保険の種類 積立利率変動型終身保険
契約年齢 0〜80歳
契約通貨 米ドル・豪ドル
払込通貨
最新の基準積立利率(2022年5月現在) 3.45%
主な特徴

・禁煙体は保険料割引

・特定疾病に罹患すると以降の払込免除

・基準積立利率が高い

※参照:マニュライフ生命「こだわり外貨終身」より

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」は基準積立利率の高さが特徴のドル建て終身保険です。米ドルと豪ドルから選択でき、一生涯の保障と貯蓄を同時に持てます。

また、こだわり外貨終身は普段タバコを吸わない方の保険料が割引になる「ノンスモーカー料率」を採用しています。一生涯の保障をドル建てで保有したい方やタバコを吸っていない方におすすめの保険です。

2位:メットライフ生命「サニーガーデンEX」3.25%

保険の種類 積立利率変動型一時払終身保険
契約年齢 0〜80歳
契約通貨 米ドル・豪ドル
払込通貨
払込方法 一時払
最新の基準積立利率(2022年5月現在) 3.25%(定期支払コース)
主な特徴

・対面販売のみ

・3つのコースから選べる

・一時払のみ

※参照:メットライフ生命「サニーガーデンEX 積立利率/基準利率」より

メットライフ生命「サニーガーデンEX」は対面販売で対応している一時払のドル建て終身保険です。全3つのプランからご自身のニーズにあった保険を選べるところが大きな特徴になっています。

  • 定期支払コース
  • 目標設定付定期支払コース
  • 積立金増加コース

定期支払コースは契約の1年後から毎年、一生涯にわたって定期支払金を受け取れるプランです。目標設定付定期支払コースは契約前に定めた目標金額が支払われるコースで、金額が目標に達すると円建ての終身保険になります

また、積立金増加コースは金利を生かして一生涯運用するプランです。解約時期によっては元本以上の返戻金を受け取れます。

\ドル建て保険を利用したいと思ったら/ 保険相談
おすすめ6選

3位:メットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマート S」2.75%

3位:メットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマート S」

保険の種類 積立利率変動型終身保険
契約年齢 20〜55歳
契約通貨 米ドル
払込通貨 円・米ドル
最新の基準積立利率(2022年5月現在) 2.75%
主な特徴

・解約返戻金のプランは2種類

・三大疾病に罹患した時や要介護認定された時のプランも用意

・払込と受取通貨を選べる

※参照:メットライフ生命「USドル建終身保険 ドルスマートS」より

メットライフ生命「USドル建終身保険 ドルスマート S」は複数のプランから選択できることが特徴のドル建終身保険です。払込通貨は米ドルと日本円から選択できるため、米ドルを保有している方は特約の追加なしで払い込めます。

また、解約返戻金のプランは2種類用意しており、通常プランと低解約返戻金プランの2種類を用意しています。そのため、ご自身のニーズにあったプランを用意できるようになっているのです。

三大疾病罹患時や要介護認定された時に払込免除になったり、保険金が支払われるプランも用意しています。

ドル建て保険の選び方|5つのポイントを紹介

ドル建て保険の選び方|5つのポイントを紹介

ドル建て保険の加入を検討している方の中には「選び方がわからない」という方もいらっしゃるでしょう。ドル建て保険はリスクが伴う商品のため、ポイントを押さえて加入する必要があります。

そこで以下ではドル建て保険に加入する時に大切な5つのポイントを解説していきます。現在ドル建て保険の加入を検討している方は参考にしてみてください。

ドル建て保険を選ぶときに必要な5つのポイント

  • リスクを理解する
  • 保険料全てが積み立てられる訳ではないことを理解する
  • 元本以上の利益を生み出すには長期間の積立が必要
  • 月払でリスク分散させる
  • 特約を追加しすぎないようにする

ポイント1:リスクを理解する

ドル建て保険に加入するときはリスクを理解して加入する必要があります。なぜならリスクを理解せずに「必ず増える」と勘違いしたまま加入してしまうと、ご自身が損をしてしまうからです。

具体的なリスクとその概要について、以下にまとめましたので確認してみてください。

リスクについて 概要
為替リスク 為替レートの変動で起こる保険金額の増減。レートによっては円に換算した時の保険金額が元本を下回る可能性がある
生命保険にかかる費用 契約にかかる手数料や保障にかかる費用、生命保険会社の維持にかかる人件費や土地代は保険料から差し引かれる
解約時や外貨の運用にかかる費用 保険を解約する時にかかる費用や、外貨を運用する時にかかる費用も契約者負担

ドル建て保険には以上のようなリスクがあります。ドル建て保険の勧誘を受けた方や加入を検討している方は、これらのリスクについて必ず説明を受けて理解してください。

注意!
ドル建て保険の説明を十分受けずに加入した方が苦情につながるトラブルが続出しています。金融庁から警告も出ているため、必ず確認してから加入するようにしましょう。

ポイント2:保険料全てが積み立てられる訳ではないことを理解する

ドル建て保険のポイント2:保険料全てが積み立てられる訳ではないことを理解する

ドル建て保険は保険料全てが積み立てられる訳ではありません。そのためどこに費用がかかっているのか理解した上で加入することが大切です。具体的には以下の部分に費用がかかっています。

  • 保障にかかる費用
  • 保険料を払う時にかかる手数料
  • 生命保険会社の維持にかかる費用(土地代・人件費など)
  • 外貨の運用にかかる費用
  • 円や外貨に変換するときの費用

ドル建て保険はこれらの費用を差し引いた金額を運用しています。そのため契約者はすべての金額が運用されていると勘違いしないようにしましょう。

特に生命保険は保障機能も備わっているため、資産運用と比較して運用に回る金額は少なくなります。投資としての効率は最も高い訳ではないということを押さえておきましょう。

ポイント3:元本以上の利益を生み出すには長期間の積立が必要

元本以上の利益を生み出すには長期間の積立が必要になります。なぜなら手数料等を差し引いた分の金額を運用に回しているため、必ず元本割れした状態から始まるからです。

ドル建て保険を取り扱っている生命保険会社は「最低保証利率」を設定しています。最低保証利率をもとに何年で元本を上回る成果が得られるか確認できるようになっているため、取扱保険会社を確認してみましょう。

最低保証利率とは?
積立に回る部分のお金がどれくらいの利率で運用されるか、その最低ラインのこと。

最低保証利率は諸費用を差し引いた金額に適用されます。したがって支払った保険料全てに適用されるわけではないことを押さえた上で確認しましょう。

ポイント4:月払でリスク分散させる

ドル建て保険のポイント4:月払でリスク分散させる

ドル建て保険に加入するときは月払(平準払)でリスクを抑えることをおすすめします。なぜなら毎月一定額保険料を支払うことで為替リスクを分散できるからです。

例えば一時払でドル建て保険に加入した場合、支払ったときの為替と解約するときの為替の差で変動額が決まります。そのため、局面を見誤ると大損してしまう可能性があるのです。

一方月払で契約した場合は毎月保険料を払込むため、リスクを分散しながら積み立てられます。この手法をドル・コスト平均法と呼びます。

ポイント5:必要な保障のみに絞る

ドル建ての保険に加入するときは必要な保障のみに絞ることをおすすめします。なぜなら保障に費用が大きくかかってしまうと投資効率が悪化していくからです。例えば以下のような特約があります。

  • 円換算払込特約
  • 円換算支払特約
  • リビングニーズ特約
  • 保険料払込免除特約
  • 利差配当付年金支払特約

※実際の特約は保険商品によって異なります

特約は保障が手厚くなる便利な機能ですが、そのほとんどが保障機能を充実させるものです。したがって投資としての機能を下げる側面もあることを覚えておきましょう。

ドル建て保険のメリット・デメリット

ドル建て保険のメリット・デメリット

「ドル建て保険が気になるけど、メリットやデメリットがわからない」という方もいらっしゃいますよね。なんとなく増えそうという認識で加入してしまうと損をする可能性があるため、理解してから加入する必要があります。

そこで以下ではドル建て保険のメリット・デメリットを2点ずつ挙げていきます。加入を検討している方は参考にしてみてください。

ドル建て保険2つのメリット

ドル建て保険2つのメリット

  • 元本以上の成果を期待できる
  • 円建ての保険と比較して保険料が割安

メリット1元本以上の成果が期待できる

ドル建て保険のメリット1|元本以上の成果が期待できる

ドル建て保険に加入すると支払った保険料以上の成果が期待できます。なぜなら利率の高い外貨で運用することで長期的なリターンを得られるからです。

例えば円建ての保険とドル建て保険に加入した場合では、利率はドル建ての方が高くなります。このように金利の高いドル建ての保険に加入することで、元本以上の成果が期待できるのです。

注意!
元本以上の成果を上げるには長期運用が必要不可欠です。また、為替変動によっては元本割れしてしまうリスクがあることも理解しておきましょう。

メリット2円建ての保険と比較して保険料が割安

ドル建て保険は円建ての保険と比較して保険料が割安になります。なぜなら円建ての保険より予定利率が高くなるため、その分保険料を抑えられるからです。

MM一般的に生命保険の保険料は「予定利率」「予定事業費率」「予定死亡率」の指標をもとに算出されます。
予定利率が高いということは、通常の保険より運用による成果が出やすいことを意味します。つまり運用利益で割り引いた分の保険料をまかなえるため、その分保険料を安く抑えられるのです。

ドル建て保険2つのデメリット

ドル建て保険2つのデメリット

  • 為替リスクがある
  • 取引手数料が高い

デメリット1為替リスクがある

ドル建て保険のデメリット1|為替リスクがある

ドル建て保険には為替リスクがあります。なぜなら円を利用している日本で外貨を運用しているからです。具体的にどのような状況で損してしまうのか、例をもとに確認してきましょう。

解約時の金額
購入時の金額 1ドル=110円 1ドル=90円
1ドル=100円 為替差益が発生する(利益が出る) 為替差損が発生する(損をする)

上記表からわかるように、始めに保険料を払い込んだ時より解約時の保険料が「円安ドル高」になれば、その分利益が発生します。一方で「円高ドル安」になると最悪の場合元本割れしてしまうのです。

為替の相場は個人でコントロールできない範囲になるため、リスクが付きまとうことを覚えておきましょう。

デメリット2取引手数料が高い

また、ドル建て保険は取引手数料が高い傾向にあります。なぜなら円建ての保険より手数料がかかる機会が多くあるからです。手数料がかかる具体例として、以下を確認してみてください。

  • 保険料の支払・受取時にかかる為替手数料
  • 初期契約にかかる手数料
  • 口座開設にかかる手数料
  • 解約時にかかる手数料など

ドル建て保険の特徴として、保険料の支払・受取時に円に換算するときの為替手数料がかかることが挙げられます。円建て保険にはこの手数料は発生しないため、取引手数料が高くなるといわれているのです。

\ドル建て保険を利用したいと思ったら/ 保険相談
おすすめ6選

ドル建て保険を利用する前に必ずすべきこと

ここまで保険について解説してきましたが、保険は人それぞれ・家庭によって、必要な保障や金額も異なります。もしも保険やお金のことに困ったり迷っているなら、無料の保険相談窓口でプロに相談することをおすすめします。

生命保険は専門分野なので、用語も仕組みも難しいものが多いですよね。

一人で悩まず、今はどの窓口もオンライン相談も実施していますので、自宅や職場から、空いた時間をみつけて保険や今後の資金、老後生活のことなどもFP資格を持ったプロに無料で相談してみましょう。

 おすすめの保険相談窓口の選び方
  • 相談員の質の高さ
  • 取り扱い保険会社数
  • 相談場所(オンライン、店舗、指定箇所など)
  • アフターフォローの有無

もちろん来店しての相談も可能です。上記に挙げるおすすめの保険相談窓口の選び方から、弊サイトが自信を持っておすすめする保険相談窓口を厳選してご紹介します!

ほけんのぜんぶ
マネードクター
保険無料相談
ドットコム
保険市場
ニアエル
みんなの生命保険アドバイザー
ほけんのぜんぶ
マネードクター
保険無料相談ドットコム
保険市場
ニアエル_ロゴ
みんなの生命保険アドバイザー_ロゴ
取扱保険会社数
38社
31社
22社
84社
-
-
特徴
相談員の100%が
FP資格を所持!
FP1,270名、
MDRT会員612名
が在籍!
お客様満足度
驚異の97.6%!
オンライン相談
実績60,000件
以上!
全国約1,500店舗から30秒で来店予約可能!
相談満足度97%、相談実績40万件以上!
対象地域
全国どこでも可能(離島除く)
全国どこでも可能(離島除く)
一部対応できない地域あり
全国どこでも可能(離島除く)
全国どこでも可能
全国
一部対応外
オンライン保険相談
可能
可能
可能
可能
-
-
キャンペーン
6つの中から選べるプレゼント
5つの中から選べるプレゼント
4つの中から選べるプレゼント
-
-
A5ランク黒毛和牛もれなくプレゼント

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ

まず1番に紹介するおすすめの無料保険相談窓口は「ほけんのぜんぶ」です。

 ほけんのぜんぶの無料相談おすすめポイント
  • 保険の相談だけでなくお金の相談全てが1本化できる!
  • 相談員の100%※1がファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を所持
  • 取扱い保険会社数35社!
  • 保険相談で豪華プレゼントがもらえる!

FPは国家資格と民間資格に分かれていますが、いずれも保険以外にもさまざまな知識を保有するお金の専門家です。ざっと挙げただけでも、以下のような内容を学習します。

  • 保険
  • 税金
  • 相続
  • ライフプランニング
  • 資産運用 など

保険募集人資格だけを持つ相談員と比較して、アドバイスの引き出しが多いことが期待できます。

また、保険の相談をするだけでプレゼントをもらえるのも嬉しいポイントです。FP無料相談の実施後、もれなく以下のようなプレゼントがもらえます。(2022年4月現在)

ほけんのぜんぶ キャンペーン情報

この機会に是非一度、気になっているお金のことや老後資金、教育資金、保険について専門家に相談してみましょう。

出典:公式サイト
※1…入社1年以上のプランナーが対象

マネードクター

2つ目に紹介する無料保険相談窓口は「マネードクター」です。

 マネードクターの保険相談おすすめポイント
  • 完全予約制の訪問型の相談窓口で予約はネット・電話に加えてLINEでもOK!
  • 相談料はもちろん無料で、オンライン相談にも対応!
  • 人生に必要なお金について相談者とプランナーが一緒に考えることができる
  • 一定の基準を満たした経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)のみが在籍!

パソコンやスマートフォンとネット環境があれば、自宅にいながらオンライン相談が可能です。

また、マネードクターという名称でも分かるとおり、「お金かかりつけ医」としての機能も持っています。具体的には、以下のような相談に対応しています。

マネードクターのライフプランニング
  • 保険プランの提案

  • 保険の見直し

  • 家系の見直し

  • 将来のキャッシュフロー診断

  • 子どもの教育費準備

  • 住宅ローン相談

生活のさまざまなシーンについて何でも相談できる安心感が、マネードクターの強みですね。
マネードクター キャンペーン情報
マネードクターでは、現在以下バナーより無料保険相談をするだけでもれなく豪華賞品のプレゼントを実施しています。
無料保険相談の予約フォームにて選択が可能ですので是非この機会にご利用ください。

※出典:公式サイト

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコム

3つ目に紹介するのは「保険無料相談ドットコム」の無料保険相談窓口です。

 保険無料相談ドットコムの保険相談おすすめポイント
  • 電話・オンラインでの保険相談が可能!
  • お客様満足度は驚異の97.6%!
  • 自宅以外の希望の場所を選択可能

無理な勧誘をされていると判断した場合、店舗に連絡することで案内の終了や担当の変更などの対応が即座にとられるのも安心ポイントです。

はじめての相談で「無理な相談をされたらどうしよう……」と感じている人にもおすすめできます。
無料保険相談ドットコムキャンペーン情報

面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富なのも魅力です。面談後にアンケートを提出することで後日プレゼントを受け取ることができます。

 もらえる豊富なプレゼント(一部抜粋)
  • 新潟県産コシヒカリ2kg
  • 丸大ハム煌彩セット
  • 利久の牛たん真空パック110g
  • 仙台銘菓 萩の月(6個入り)
※出典:公式サイト

保険市場

保険市場

4つめに紹介するおすすめの無料保険相談窓口は「保険市場」です。

保険市場の無料相談おすすめポイント
  • 取扱保険会社数が業界最大級の84社!
  • 東証一部上場企業で、業界のなかでも特に老舗で安心できる
  • オンライン相談可能&人気コンサルタント指名予約可能!
  • 店舗は離島除く全国にあるからフォロー体制も抜群!

無料保険相談の受付はチャットで簡単予約のほか、電話での当日予約も可能。相談件数累計52,000件※1を突破する実績と97.9%※2を超えるお客様満足度が、保険市場の質の高さを物語っています。

出典:公式サイト
※1…2021年8月2日現在

※2…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合

ニアエル

おすすめの無料保険相談窓口ニアエル

5つめに紹介するおすすめの保険相談窓口はニアエルです。

 ニアエルのおすすめポイント
  • 掲載店舗数NO.1
  • 口コミ総数7,000件の実績
  • 予約まで最短30秒
  • 当日相談もネット予約可能
  • 大手生命保険会社のグループ会社の運営

保険相談ニアエルは保険ショップや相談窓口の掲載店舗数NO.1を誇ります。日本全国に計1,500以上の店舗を用意しているため、いつでも近くの相談窓口で相談できます。

また、ニアエルは日本生命保険相互会社のグループ会社の「株式会社LHL」が運営しています。大手生命保険会社のグループ企業のため、安心して相談できるのも大きな特徴です。

「できるだけ名前を知っている会社に保険相談したい」という方でも問題なく相談できるでしょう。
ニアエル
ニアエルでは、相談者に合った相談窓口の提案をしてくれるのが特徴です。
例えば駐車場が必要な方、小さな子どもを連れている場合はキッズコーナーの有無、シニア世代に合わせた環境など選ぶことができるから、安心して保険やお金の相談ができるでしょう。

みんなの生命保険アドバイザー

おすすめの無料保険相談窓口みんなの保険アドバイザー

6つめに紹介するおすすめの相談窓口は「みんなの生命保険アドバイザー」です。

 みんなの生命保険アドバイザーのおすすめポイント
  • 業歴15年を超える老舗サービス
  • 相談実績40万件以上の実績※1
  • 顧客満足度95%以上※2
  • 登録専門家2,000名以上

みんなの生命保険アドバイザーは2004年からサービスを開始し、現在業歴15年を超える老舗サービスです。長きにわたって保険相談に携わってきた実績に基づいて、最適な保険を紹介してくれます。

また、登録している専門家は2,000名以上です。全国各地で対応しているため、地方に住んでいる方でも安心して保険相談できるでしょう。

みんなの生命保険アドバイザーキャンペーン情報

また、みんなの生命保険アドバイザーでは2022年7月10日までの期間限定で家計応援キャンペーンを実施中!家計や保険相談を終えたあとアンケートに回答するだけでA5ランクの黒毛和牛がもれなく全員にプレゼントされます。

この機会に家計や保険、老後資金など気になっているお金のことを専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

※1:2019年6月みんなの生命保険アドバイザー調べ
※2:2018年12月みんなの生命保険アドバイザー調べ

まとめ

ドル建て保険とは外貨建保険の中でも支払われた保険料がドルで運用される保険商品を指します。支払った保険料を日本円より金利が高いドルで運用するため、貯蓄性があるといわれているのです。

ドル建て保険と一口にいっても、実際に販売している保険の種類は複数あります。現在ドル建て保険の加入を検討している方は、まずどの保険に加入すべきか決めることが大切です。

 記事で紹介したおすすめドル建て保険

  • マニュライフ生命「こだわり外貨終身」
  • メットライフ生命「サニーガーデンEX」
  • メットライフ生命「USドル建終身保険 ドルスマートEX」

ドル建て保険は貯蓄性がある一方、ポイントを押さえた上で選ばなければご自身が損をしてしまう可能性があります。実際に保険を選ぶときは以下のポイントを押さえた上で検討しましょう。

  • リスクを理解する
  • 保険料全てが積み立てられる訳ではないことを理解する
  • 元本以上の利益を生み出すには長期間の積立が必要
  • 月払でリスク分散させる
  • 特約を追加しすぎないようにする

また、ドル建て保険は元本以上の成果が期待できたり保険料が割安だったりするメリットがありますが、為替リスクや取引手数料の高さなどのデメリットもあります。

「なんとなくお金が増えそうだから」ではなくメリット・デメリットを理解した上で加入の是非を検討し、有効活用しましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事