自己破産は連帯保証人にどんな影響がある?迷惑をかけない方法も紹介

自己破産をすると、手続きをした本人の借金は全額免除となります。

しかし、借金が返済免除となるのは自己破産をした本人だけで、連帯保証人に対しては借金の返済義務が発生します

今回の記事では、自己破産をした人の連帯保証人になっていた場合の対処法や、保証人に迷惑をかけない債務整理方法について解説していきます。

自己破産をした場合の連帯保証人への影響が知りたい人はぜひ参考にして下さい。

60秒でいくら減らせるか分かる!
借金減額診断
(無料)

保証人と連帯保証人の違いとは

契約書にサインをしている

借金には保証人連帯保証人が付く場合もありますが、保証人と連帯保証人には具体的のどのような違いがあるのか分からない人も多いのではないでしょうか。

借金に対する責任は連帯保証人の方がかなり重く、実は保証人には認められていても、連帯保証人には認められていない権利もあります。

自己破産をした時の連帯保証人への影響を見ていく前に、まずは保証人と連帯保証人の違いについて確認していきましょう。

違い①分別の利益

分別の利益とは、借金の全額を複数の保証人で分割できるというものです。

 保証人の数が多いほど、一人当たりの借金の負担が減るというメリットがあります。

しかし、連帯保証人には分別の利益が認められないため、保証人が複数人いても「他の保証人にも請求して」と言うことができず、全額負担しなければなりません。

違い②催告の抗弁権

ルールと書かれたノート

催告の抗弁とは、債権者から保証人に請求があった際に、債務者と連絡がつく場合は「まず債務者に請求すべきだ」と主張できるものです。

連帯保証人は、これに関しても権利が認められていません。そのため、債務者ではなく連帯保証人にいきなり請求がきても「先に債務者に請求して」と要求することができないのです。

違い③検索の抗弁権

検索の抗弁権とは、債務者が財産を所有しているにもかかわらず返済をせず保証人に請求が来た場合に「債務者は財産があるので債務者から請求すべき」だと要求できる権利です。

検索の抗弁権についても連帯保証人には認められていません。

よって、債務者に返済出来る財産がありながら返済を拒否している場合でも、連帯保証人に請求が来た場合は連帯保証人が全額返済しなければなりません。

保証人には上記の3つの権利があり、連帯保証人には3つとも権利がないという大きな違いがあります。

自己破産をした時の連帯保証人への影響

裁判所で使うガベル

自己破産をすると実際に連帯保証人にはどのような影響があるのでしょうか。連帯保証人のリスクについて確認していきましょう。

連帯保証人は債務の一括請求をされる

自己破産をすると、手続きをした本人の借金は全額免除となります。

 しかし、借金が免除となるのは自己破産をした本人だけで、連帯保証人には返済の義務が残ります。

保証人には上記の3つの権利があるものの、連帯保証人には権利がないという大きな違いがあるのです。

債務者が自己破産をすると、債権者は連帯保証人に対して一括請求を行います。

 なぜ一括請求になるかというと、返済が滞った場合は分割で返済する権利が消失するためです。(期限の利益の損失)

連帯保証人が返済できない場合は、連帯保証人も債務整理をしなければならない可能性があります。

家族が連帯保証人の場合は家族に返済義務が発生する

手を取り合う夫婦

借金の連帯保証人は責任が重いため他人にお願いしにくく、家族に連帯保証人になってもらうケースも多いようです。

しかし、家族に連帯保証人になってもらうと、自分が自己破産をした時に家族に借金を肩代わりしてもらうことになります。

 つまり、連帯保証人になった家族が返済出来ない場合は、家族も債務整理をしなければならなくなってしまいます。

よって、家族に連帯保証人を依頼している場合は、必ず自己破産前に家族に相談しておきましょう。

連帯保証人の「求償権」もなくなる

求償権」とは、債務者が借金を払えずに保証人が借金の肩代わりをした場合、肩代わりをした金額を債務者に請求できる保証人の権利のことです。

 しかし、債務者が自己破産をすると「求償権」も免除になってしまいます。

そのため、債務者が自己破産をした場合、連帯保証人は全額返済しなければならない上に、債務者に返金を求めることも出来ないのです。

自己破産をした人の保証人・連帯保証人になった場合の対処法

保証人のサインをしている男性

先にも紹介したように、自分が家族や知人の保証人または連帯保証人になっている場合もあるでしょう。

保証人または連帯保証人になった場合、債務者が自己破産をすると借金を全額負担しなければなりません

家族や知人の借金の返済義務が自分に発生した場合にできる具体的な対処法について、確認していきましょう。

保証人の場合は権利を使用する

法律を調べている男性

家族や知人が自己破産をした時に自分が借金の「保証人」だった場合、先にも解説した3つの権利を行使することができます。

  • 分別の利益
  • 催告の抗弁権
  • 検索の抗弁権

    しかし、家族が債務者の場合は、催告の抗弁権と検索の抗弁権を使うと再び家族に請求がいくため、家族に対しては使いづらい場合あるかもしれません。

    また、先にも解説しましたが、上記の3つの権利は連帯保証人には認められていないため、注意が必要です。

    分割返済が可能か債権者と交渉する

    債務者の自己破産によって、債権者は保証人や連帯保証人に借金の一括請求をします。しかし、突然多額の借金を一括で返済することは困難な場合も多いでしょう。

     そのため、債権者によっては借金を一括ではなく分割での返済を認めてもらえる可能性があります。

    債権者との交渉が必要となりますが、債務整理を検討する前に、分割返済の交渉をすることをおすすめします。

    自分も債務整理を検討する

    裁判所で使うガベル

    債務者の代わりに請求された債務の一括請求が難しい、また分割返済をしたとしてもとても払いきれない金額の場合は、自分も債務整理を検討しましょう。

    債務整理をすることで、借金の負担を軽減することができます。

    債務整理方法には主に3つの方法がありますが、借金の軽減額や手続き方法に大きな違いがあります。

    それぞれの特徴を簡単に下記の表にまとめました。

    任意整理
    • 将来利息のカットなどが可能
    • 裁判所を介さず、債権者との交渉のみで手続き可能
    個人再生
    • 借金を5分の1程度まで減額できる
    • 裁判所に申し立てをする必要がある
    自己破産
    • 借金を全額免除できる
    • 裁判所に申し立てをする必要がある
    • 高額な財産は強制処分される

    このように、債務整理の方法によって借金の減額程度が大きく変わります

    自分はどの債務整理方法を選択すべきか分からない場合は、まずは弁護士や司法書士に相談してみましょう。

    連帯保証人が自己破産をするとどうなる?

    ガベルを叩いている裁判官

    ここまで債務者が自己破産をした時の連帯保証人への影響を見てきましたが、逆に連帯保証人の方が先に自己破産をしてしまった場合はどうなるのかについても確認しておきましょう。

     連帯保証人にとっては「誰かの連帯保証人になっていると債務整理できない」という制限はないため、条件を満たしていればいつでも自己破産手続きが可能です。

    しかし債務者にとっては「連帯保証人が自己破産をしてしまったら一括請求されたりしないの?」と不安になる人もいるかもしれません。

    実際には、債務者が毎月問題なく返済できているのであれば、特に債務者に影響はありません

     ただし、連帯保証人は自己破産をすると連帯保証人を続けることが出来なくなります。

    債権者から「他の連帯保証人を探して」と言われた場合は、連帯保証人になってくれる人を新たに探す必要があります。

    連帯保証人に迷惑をかけない方法は?

    書類の手続きをしている男性

    自己破産をすると連帯保証人に借金の請求がいってしまうため、自身の債務額によっては多大な迷惑をかけてしまうでしょう。

     「できれば保証人に迷惑をかけたくない」という人は、自己破産ではなく任意整理手続きをするのがおすすめです。

    保証人に迷惑をかけない任意整理手続きとはどのようなものか、詳しく確認していきましょう。

    任意整理と自己破産の違い

    任意整理と自己破産の手続きでは、手続き方法や借金の返済義務などに大きな違いがあります。両者の違いについて下記の表にまとめました。

    自己破産 任意整理
    裁判所での手続き 申し立ての必要あり 裁判所を介さず債権者との交渉のみ
    官報への掲載 あり なし
    借金の減額 借金が全額免除 将来利息のカットなど
    財産の強制処分 生活に必要な最低限の財産以外は処分 なし
    保証人・連帯保証人への影響  保証人・連帯保証人に請求がいく 保証人付きの債務を手続きの対象から外せる
    個人信用情報への影響 5年~10年記録が残る 5年記録が残る

    任意整理は裁判所を介さずに手続きできるため、もっとも手軽にできる債務整理方法です。

     また、任意整理手続きをする債務を選べるため、保証人や連帯保証人が付いた借金を整理対象から外すことで、保証人に迷惑をかけずに債務整理をすることができます。

    一方で、自己破産をすると借金は全額免除となりますが、車や持ち家などの大きな財産は強制処となります。

     また、すべての借金が対象となるため、保証人や連帯保証人に迷惑をかけてしまいます。

    借金の金額や返済能力によっては任意整理を選択出来ない場合もありますので、まずは専門家に相談してみましょう。

    任意整理のメリットとデメリット

    メリットとデメリットのイメージ

    任意整理をすることで、連帯保証人に迷惑をかけずに借金の負担を軽減できますが、任意整理にはメリットだけではなく、いくつかのデメリットも存在します。

    任意整理のメリット・デメリットについて下記の表にまとめました。

    任意整理のメリット 任意整理のデメリット
    • 借金利息のカット等が可能
    • 裁判所を介さずに手続きできる
    • 財産の強制処分がない
    • 官報に記載されない
    • 任意整理をする借金を選べる
    •  借金を大きく減額できない
    • 3~5年で完済しなければならない
    • 個人信用情報がブラックになる

    任意整理は裁判所を通さない手続きのため、財産を強制処分されることもなく、官報に名前や住所も記載されません

    そのため、手続きをしていることが誰かにバレる可能性はほとんどないでしょう。

    その一方で、任意整理は借金を大きく減額できないため、手続き後も返済を続けていく必要があります。

     任意整理をするには、ある程度の返済能力があること、また3~5年で完済する見込みがなければ手続きできません。

    任意整理が可能かを自分では判断できない場合も多いため、弁護士や司法書士に相談してみましょう。

    債務整理は弁護士に依頼するのがおすすめ

    依頼人の話を聞いている弁護士

    自己破産や任意整理などの債務整理手続きは、弁護士に依頼することをおすすめします。

    債務整理手続きを弁護士に依頼するメリットは下記のようなものです。

    • 受任通知により借金の督促を止められる
    • 面倒な手続きをすべてお任せできる
    • 裁判官との面談にも同席してもらえる
    • どの債務整理方法にすべきかを相談できる

      弁護士に依頼すると、債権者に受任通知を送ります

       受任通知を受け取った債権者はその後督促をすることが禁止されているため、督促を止めることができます。

      また、面倒な債務整理手続きをすべてお任せ出来る上に、自己破産や個人再生では、裁判所に同行や面談に同席もしてもらい、全ての面でサポートしてもらえます。

      全て弁護士にお任せすることで、仕事で忙しい毎日を過ごしていても手続きをスムーズに進めることができるというメリットがあります。

      借金の返済に悩んでいる人は、早めに弁護士に相談してみましょう。

      債務整理の相談におすすめな弁護士・司法書士事務所5選

      東京ロータス法律事務所

      東京ロータス法律事務所
      東京ロータス法律事務所のポイント
      受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
      無料で何回でも相談できるから相談しやすい
      土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
      どんな弁護士事務所?
      東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

      受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

      特徴
      東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
      相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

      また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

      任意整理する場合にかかる費用
      相談費用は何度でも無料です。
      着手金
      /1件
      22,000円 報酬金
      /1件
      22,000円
      減額報酬 11% 過払い
      報酬
      返還額の22%

      ※金額は全て税込み表示です。

      東京ロータス法律事務所について
      所在地 〒110-0005
      東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
      対応
      業務
      債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
      出典:http://tokyo-lawtas.com/

      ひばり(名村)法律事務所

      ひばり法律事務所
      ひばり(名村)法律事務所のポイント
      依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
      かかる費用が明確で不安なく依頼できる
      東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
      どんな弁護士事務所?
      ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

      特徴
      東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
      また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

      依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

      過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。

      任意整理する場合にかかる費用
      ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
      着手金
      /1件
      22,000円 報酬金
      /1件
      22,000円
      減額報酬 10% 過払い
      報酬
      返還額の20%

      ※金額は全て税込み表示です。

      ひばり(名村)法律事務所について
      所在地 〒130-0022
      東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
      対応
      業務
      債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
      出典:https://hibari-law.net/

      はたの法務事務所

      はたの法務事務所
      はたの法務事務所のポイント
      相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
      相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
      満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
      任意整理の着手金0円!
      はたの法務事務所
      公式サイトへ
      どんな司法書士事務所?
      はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

      特徴
      相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。
      また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

      相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

      任意整理の着手金0円!
      はたの法務事務所
      に無料相談する
      任意整理する場合にかかる費用
      着手金が無料なので依頼しやすいですね。
      着手金
      /1件
      0円 報酬金
      /1件
      20,000円
      減額報酬 10% 過払い
      報酬
      返還額の20%
      10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

      ※金額は全て税込み表示です。

      はたの法務事務所について
      所在地 〒167-0051
      東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
      対応
      業務
      債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
      任意整理の着手金0円!
      はたの法務事務所
      に無料相談する
      出典:https://hikari-hatano.com/

      弁護士法人・響

      弁護士法人・響
      弁護士法人・響のポイント
      問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
      依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
      原則356日24時間受付
      どんな弁護士事務所?
      弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

      多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

      特徴
      問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
      弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

      丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。

      任意整理する場合にかかる費用
      弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
      着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
      減額報酬 11% 過払い
      報酬
      返還額の22%

      ※金額は全て税込み表示です。

      弁護士法人・響について
      所在地 〒169-0074
      東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
      対応
      業務
      債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
      出典:https://hibiki-law.or.jp/

      天音総合法律事務所

      天音総合法律事務所
      天音総合法律事務所のポイント
      相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
      明確な料金プランと相談の流れで不安解消
      依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
      どんな弁護士事務所?
      天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

      特徴
      弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
      依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

      初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。

      任意整理する場合にかかる費用
      天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
      着手金 55,000円〜 報酬金
      /1件
      11,000円〜
      減額報酬 11% 過払い
      報酬
      返還額の22%

      ※金額は全て税込み表示です。

      天音総合法律事務所について
      所在地 〒103-0012
      東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
      対応
      業務
      債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
      出典:https://amane-law.or.jp/

      よくある質問

      債務整理におすすめの弁護士事務所は?
      東京ロータス法律事務所、ひばり(名村)法律無事務所、はたの法務事務所、弁護士法人・響、天音総合法律事務所がおすすめです。いずれも経験豊富な弁護士や司法書士が借金問題の解決に向けてサポートしてくれます。無料相談も実施しているため、ぜひチェックしてみてください。
      勝手に連帯保証人にされていた場合も返済義務が発生する?
      保証人になるには、本人の同意や契約書への自署、押印が必要なため、本人が何も知らずに勝手にサインや印鑑を押されて作成された契約書は法的に無効となります。ただし、契約書の内容をよく確認せずに自分でサインや押印をしてしまった場合は契約が無効にならない可能性がありますので注意が必要です。
      自己破産をすると賃貸物件の保証人にも迷惑をかける?
      自己破産をすると「賃貸物件から追い出されるのでは?」と不安になる人もいるかもしれませんが、自己破産をしても賃貸物件には住み続けられます。そのため、自己破産をしたとしても賃貸契約時の保証人に迷惑をかける可能性はほとんどありません。ただし、家賃を滞納している場合は契約を解除される可能性がありますので注意が必要です。
      保証人を付けずに借りられるローンはある?
      保証人を付けずにお金を借りられるローンには下記のようなものがあります。
      • カードローン
      • フリーローン
      • 目的ローン
      • ビジネスローン
      上記のローンは保証人・担保不要で借りられる場合が多いため、返済不能になった場合でも、保証人へ迷惑をかけずに利用することができます。
      ただし金利が少し高めに設定されている場合もあるため、各社のローンを十分に比較検討しましょう。
      自己破産をすると会社にバレる?
      自己破産をしたとしても会社に連絡が行くことはないため、会社に自己破産がバレる可能性はほとんどありません。また、自己破産がバレたとしても、自己破産を理由にクビにすることは不当解雇に当たるため、万が一バレてもクビになることはないと考えておきましょう。
      自己破産後に官報に載るリスクとは?
      自己破産をすると官報に名前と住所が記載されます。官報は国が発行する新聞のようなものですが、一般の人が見ることはほとんどないため、近所の人や知人、職場にバレる可能性はほとんどありません。ただし、悪質な業者からDMなどがくる可能性がありますので、対応しないように注意しましょう。
      自己破産をすると子供の奨学金の連帯保証人になれない?
      日本学生支援機構の奨学金の連帯保証人の条件の一つに「債務整理中ではないこと」という条件があるため、自己破産後は子供の奨学金の連帯保証人にはなれません。父母以外の人が奨学金の連帯保証人になる場合は、確実に返済出来ることを証明するために収入等が分かる書類を提出する必要があります。
      自己破産でブラック状態になるとどんな影響がある?
      自己破産をすると事故情報として個人信用情報に記録され、5年から10年ブラック状態になります。ブラック状態になるとローン審査やクレジットカード審査に通らなくなります。またスマホの分割契約もできません。長期間かなり不便な生活となりますが、生活を立て直す良い機会だと考え、無駄遣いをしない生活を心がけましょう。

      まとめ

      今回は、自己破産をした場合の連帯保証人への影響や、連帯保証人に迷惑をかけないための債務整理方法などを解説しました。

      自己破産をすると連帯保証人に支払い義務が発生します。

      連帯保証人に対して、債権者から借金の一括請求がされますが、返済出来ない場合は連帯保証人も債務整理をしなければならないケースもあります。

      連帯保証人に迷惑をかけないためには、自己破産ではなく任意整理で借金を整理する方法もおすすめです。

      ただし任意整理は借金の減額ができない上に、3~5年程度で完済しなければならないため、借金の金額や返済能力によっては任意整理ができない場合もあります。

      自分の場合はどの債務整理方法が合っているのかを知りたい場合は、早めに弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

      記事内で紹介した弁護士・司法書士事務所では無料相談も実施しているため、ぜひチェックしてみてください。

      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事