債務整理は司法書士に依頼するべき?弁護士との業務内容の違いも解説!

借金の返済が困難な状況になった時、債務整理を検討する人も少なくありません。債務整理の手続きは、司法書士や弁護士に依頼する方法が一般的です。

しかし、司法書士と弁護士では出来る業務等に違いがあるため「どちらに依頼しても同じ」という訳ではありません。

そこで今回の記事では、債務整理手続きを司法書士や弁護士に依頼した場合のそれぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

司法書士と弁護士の違いについて改めて確認してみましょう。

60秒でいくら減らせるか分かる!
借金減額診断
(無料)

そもそも司法書士とは?弁護士との違いを解説

書類の書き方を説明する男性

司法書士弁護士といっても、具体的にどのような違いがあるのか、意外に知らない人も多いのではないでしょうか。

司法書士とは、弁護士とはどのような仕事をする人なのか、確認していきましょう。

司法書士とは?

司法書士とは、司法書士試験に合格し、その後司法書士会に入会して司法書士名簿に登録している人です。

司法書士の業務は主に下記のようなものとなっています。

  • 不動産登記
  • 会社に関する登記
  • 裁判所や検察庁、法務局へ提出する書類の作成
  • 成年後見人、不在者財産管理人、破産管財人等の業務
  • 簡易裁判所での上限金額140万円以下の訴訟、民事調停、仲裁事件、裁判外和解等の代理(認定司法書士)
  • 債務整理手続き
  • 裁判や法律の相談

    司法書士というと「不動産登記」や「商業登記」を思い浮かべる人も多いかもしれません。

    しかし、それ以外にも裁判所などへ提出する書類の手続きや、債務整理手続き、過払い金請求手続きも条件によっては可能です。

    弁護士とは?

    弁護士バッジとペン

    弁護士とは、司法試験に合格し、司法修習を受けた上で法曹資格を取得し、日本弁護士連合会の弁護士名簿に登録している人のことです。

    弁護士が出来る業務は下記のようなものです。

    • 刑事事件の代理人
    • 民事事件の代理人
    • 離婚裁判の代理人
    • 相続問題の相談・解決
    • 交通事故によるトラブルの相談・解決
    • 借金問題の相談・解決
    • 債務整理、過払い金請求手続きの代理人

      弁護士は、法律や裁判のに関する知識を豊富に有しているため、法律に関するあらゆる問題に対応してもらえます。

       また、離婚や相続など、司法書士では対応できない「家庭裁判所」での様々な手続きの代理人になってもらえますし、依頼出来る訴訟金額に上限もありません。

      債務整理手続きについても、弁護士であれば債権額にかかわらず全ての手続きをお任せすることが出来ます。

      債務整理を司法書士に依頼するメリット

      積木にメリットと書かれたイメージ画像

      司法書士には、債務整理手続きも依頼できます。弁護士ではなく、あえて司法書士に依頼することにメリットはあるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

      司法書士に依頼する大きなメリットは、弁護士に依頼するよりも費用が安く済む場合があることです。

       任意整理の場合、債権額140万円以下でなおかつ認定司法書士に依頼することが条件となりますが、書類の手続きから債権者との交渉までしてもらえます。

      また、自己破産や個人再生の場合、裁判官との面談には同席できませんが、書類作成の代理人になることは可能です。

      債務整理を司法書士に依頼するデメリット

      単語帳にデメリットと書かれている

      債務整理手続きを司法書士に依頼する場合、いくつか事前に知っておいた方がいいデメリットもいくつか存在します。

      具体的にはどのようなデメリットがあるのか、確認しておきましょう。

      扱える金額に上限がある

      弁護士には債務整理手続きが可能な金額に上限はありませんが、司法書士には手続きが出来る上限金額が決まっています。

      債務整理の種類別に、司法書士が対応可能な上限金額を下記の表にまとめました。

      任意整理 個人再生 自己破産
      司法書士が取り扱える債権額 1社あたりの債権額が140万円以内(認定司法書士のみ) 制限なし 制限なし
      弁護士が取り扱える債権額 制限なし 制限なし 制限なし

      任意整理手続きの場合、司法書士(認定司法書士)は1社あたりの債権額140万円以内のケースのみ代理人になることが可能です。

      個人再生、自己破産については取り扱える金額に制限はありませんが、書類作成代理人にしかなれません。

      対応出来る業務範囲が弁護士とは異なる

      書類作成中の男性

      弁護士については、債権額に関係なく債務整理手続き全般をお任せできます。しかし、司法書士については、対応出来る業務に制限があります。

      司法書士が対応出来る業務については、下記の通りです。

      任意整理 1社あたりの債権額140万円以下の代理人(簡易裁判所での手続きのみ・認定司法書士のみ)
      個人再生 書類作成代理人のみ
      自己破産 書類作成代理人のみ

      司法書士は、個人再生と自己破産については、取り扱う金額に制限はありませんが、書類作成代理人にしかなれません

       そのため、裁判官との面談などに同席し、債務者の代わりに代弁してもらうことができません。

      任意整理手続きについては、1社あたりの債権額が140万円以下であれば、代理人として債権者との交渉手続きが可能です。

      代理人になれるのは認定司法書士のみとなります。

      また、認定司法書士であっても、対応出来るのは簡易裁判所での手続きのみとなるため、地方裁判所管轄の手続きになった場合は代理人になることができません。

      少額管財事件が適用されなくなる

      何かを書いている裁判官

      自己破産手続きでは、管財事件になると裁判所に払う予納金が最低50万円以上となりますが、少額管財事件が適用されると、予納金を20万円程度に抑えることができます。

      また、少額管財事件は、通常の管財事件よりも手続きが早く済むというメリットがあります。

       しかし、少額管財事件は弁護士が代理人になっていることが条件のため、司法書士が代理人の場合は適用されません。

      自己破産手続きについては、弁護士に依頼することをおすすめします。

      債務整理における司法書士と弁護士の業務内容の違い

      債務整理手続きを司法書士または弁護士に依頼する場合、先にも解説したように、債務整理の種類ごとに対応出来る業務に違いがあります。

      それぞれ、どのような手続きに対応可能なのか、確認していきましょう。

      任意整理の場合

      書類作成のアドバイスをする男性

      任意整理の場合に司法書士と弁護士が出来る業務の違いは下記の通りです。

      司法書士 弁護士
      1社あたりの債権額が140万円以内 認定司法書士のみ代理人として対応可能 対応可能
      1社あたりの債権額が140万円を超える 対応不可 対応可能

      任意整理の場合、認定司法書士のみ代理人として債権者との交渉が可能です。しかし、先にも解説しているように、1社あたりの債権額が140万円以内の場合のみです。

      また、債権者との交渉が上手くいかず、最終的に裁判になった場合には司法書士では対応できませんので、注意が必要です。

      個人再生の場合

      個人再生の場合に司法書士と弁護士で対応出来る業務の違いは下記の通りです。

      司法書士 弁護士
      書類作成代理人のみ 代理人として全ての手続きが可能

      個人再生手続きでは、司法書士は認定司法書士であるなしにかかわらず、書類作成代理人にしかなれません。

      個人再生では裁判所での手続きや裁判官との面談も発生しますが、司法書士に依頼した場合、裁判所への申し立て手続きや面談など債務者本人が対応しなければなりません。

      一方で、弁護士の場合は、書類作成から裁判所とのやり取り、裁判官との面談に同席など、すべての業務にかかわることができます。

      自己破産の場合

      裁判所のガベルと法律の本

      自己破産についても、司法書士と弁護士の業務の違いは下記の通りです。

      司法書士 弁護士
      書類作成代理人のみ 代理人として全ての手続きが可能

      個人再生と同様、自己破産手続きに関しても、司法書士は書類作成代理人にしかなれません。

       また、先にも解説しましたが、管財事件となった場合に、少額管財事件が適用されるためには司法書士ではなく、弁護士に依頼していることが条件となります。

      自己破産では裁判官との面談、債権者集会など様々な煩雑な手続きが発生するケースがあるため、全ての業務の代理人なることが可能な弁護士に依頼することをおすすめします。

      債務整理を司法書士に依頼する場合の費用相場

      債務整理を司法書士に依頼する場合、依頼出来る業務内容だけでなく、費用面も気になるところです。ここでは、司法書士に依頼した場合の費用相場について確認しておきましょう。

      裁判所に払うお金

      裁判所の画像

      まずは裁判所に払う予納金について確認していきましょう。予納金は裁判所によって多少変わってくるため、あくまで目安となります。

      債務整理の種類別に裁判所に払う費用をまとめました。

      任意整理 必要なし
      個人再生 20万円前後(予納金や個人再生委員への報酬など)
      自己破産
      • 同時廃止事件:2万円前後(手数料など)
      • 少額管財事件:20万円~(手数料、予納金など)
      • 管財事件:50万円~(手数料、予納金など)

      任意整理については裁判所を介さないため、裁判所費用は発生しません

       自己破産については、同時廃止事件か管財事件かどちらが適用されるかによって費用が大きく変わります。

      同時廃止事件か管財事件かを自分で決めることはできないため、裁判所の判断に従うしかありません。

      司法書士・弁護士事務所に払うお金

      契約をした二人の男性

      では次に、司法書士や弁護士事務所に払う費用についても確認していきましょう。

      司法書士 弁護士
      任意整理 2~4万円程度+成功報酬 4~5万円程度+成功報酬
      個人再生 20~40万円程度 30~50万円程度
      自己破産 20~40万円程度 30~50万円程度

      司法書士は弁護士よりも全般的に費用が安く済む傾向にあります。

       特に任意整理は認定司法書士であれば代理人として債権者との交渉可能なため、弁護士に依頼する場合よりも安く手続きをお任せ出来る可能性があります。

      ただし、個人再生や自己破産については、司法書士は書類作成代理人にしかなれません。

      裁判所とのやり取りや面談などを債務者本人が一人で行わなければならない点に注意が必要です。

      債務整理は弁護士に依頼するのもおすすめ

      依頼者から聞き取りをしている弁護士

      債務整理手続きは、司法書士にも依頼が可能ですが、債務整理の手続きによっては弁護士に依頼するのがおすすめです。

      弁護士に債務整理手続きを依頼するメリットとデメリットについて確認していきましょう。

      弁護士に依頼するメリット

      債務整理手続きを弁護士に依頼するメリットは下記のようなものです。

      • 債権額に制限なく代理人になってもらえる
      • 裁判官との面談にも同席して代弁してもらえる
      • 手続きが早く済む
      • 少額管財事件が適用可能となる
      • あらゆる法的手続きを全てお任せ出来る

        弁護士に依頼すれば、司法書士では対応できない業務もすべてお任せすることが出来ます。

        煩雑な手続きも全てお任せすることで、手続きが早く終わるというメリットもあります。

        特に自己破産や個人再生手続きは面倒な手続きが多いため、出来るだけ弁護士にお任せすることをおすすめします。

        弁護士に依頼するデメリット

        相談を受けている女性

        債務整理手続きを弁護士に依頼するデメリットは、依頼する費用が司法書士よりも高くつく可能性があることです。

        特に任意整理では司法書士も代理人になることが出来るため、同じような業務を依頼する場合でもやはり弁護士の方が費用は高くついてしまいます。

         自己破産や個人再生手続きについても、弁護士費用のほかに裁判所への予納金なども必要となるため、合わせるとかなりまとまった金額になる可能性が高いです。

        それでも、弁護士は依頼出来る業務の範囲が広いため、複雑な手続きが必要な自己破産や個人再生手続きについては、弁護士に相談してみましょう。

        債務整理を依頼する司法書士・弁護士事務所の選び方

        初めて債務整理手続きを司法書士や弁護士に依頼する場合、どのような事務所を選べばいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

        債務整理手続きを依頼する司法書士・弁護士事務所の選び方について確認していきましょう。

        債務整理手続きの実績が豊富

        依頼者から聞き取りをしている弁護士

        司法書士や弁護士事務所すべてで債務整理手続きが得意なわけではありません。

         中には離婚裁判が得意である事務所や、相続手続きが得意な事務所など、事務所によって得意な手続きのジャンルが違っている場合もあるのです。

        司法書士や弁護士事務所に依頼する前にホームページなどを確認して、その事務所がどのような手続きの実績が豊富なのかをしっかり確認するようにしましょう。

        費用が分かりやすい

        司法書士や弁護士事務所の中には、最終的にはどのぐらいの費用がかかるのか、はっきりとした説明がないところもあります。

        しかし、そのような事務所に依頼しても「聞いていたよりも費用が高くなった」などのトラブルになりかねません。

        契約前に、費用について分かりやすく説明をしてくれる事務所に依頼するようにしましょう。

        司法書士・弁護士本人が対応してくれる

        向かい合って話す人物

        司法書士や弁護士は、最初の無料相談などの時に、本人が同席しない事務所も存在します。

        せっかく相談に行ったのに、事務員など専門的な知識がない人が対応して終わったというケースもあるようです。

        せっかく相談に行ったのですから、司法書士や弁護士本人がしっかりと対応してくれる事務所を選びましょう。

        債務整理のリスクについてもしっかりと説明がある

        債務整理手続きには、メリットばかりではなくリスクもあります。

         しかし、良い面ばかりを説明して、リスクについての説明をしない事務所には、信頼して依頼できないでしょう。

        事前にリスクについてもしっかりと説明してくれる事務所で依頼することをおすすめします。

        無料相談を利用してみよう

        相談の電話をかける男性

        どのような事務所なのかは相談を受けてみないと分からないことも多いはずです。

        「相談だけでも費用がかかるのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、司法書士や弁護士事務所の中には、相談は無料ということろも存在します。

        費用面が心配な場合は、無料相談出来るところを探しながら、信頼出来る事務所に依頼をしましょう。

        債務整理の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所5選

        東京ロータス法律事務所

        東京ロータス法律事務所
        東京ロータス法律事務所のポイント
        受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
        無料で何回でも相談できるから相談しやすい
        土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
        どんな弁護士事務所?
        東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

        受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

        特徴
        東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
        相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

        また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

        任意整理する場合にかかる費用
        相談費用は何度でも無料です。
        着手金
        /1件
        22,000円 報酬金
        /1件
        22,000円
        減額報酬 11% 過払い
        報酬
        返還額の22%

        ※金額は全て税込み表示です。

        東京ロータス法律事務所について
        所在地 〒110-0005
        東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
        対応
        業務
        債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
        出典:http://tokyo-lawtas.com/

        ひばり(名村)法律事務所

        ひばり法律事務所
        ひばり(名村)法律事務所のポイント
        依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
        かかる費用が明確で不安なく依頼できる
        東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
        どんな弁護士事務所?
        ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

        特徴
        東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
        また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

        依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

        過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。

        任意整理する場合にかかる費用
        ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
        着手金
        /1件
        22,000円 報酬金
        /1件
        22,000円
        減額報酬 10% 過払い
        報酬
        返還額の20%

        ※金額は全て税込み表示です。

        ひばり(名村)法律事務所について
        所在地 〒130-0022
        東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
        対応
        業務
        債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
        出典:https://hibari-law.net/

        はたの法務事務所

        はたの法務事務所
        はたの法務事務所のポイント
        相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
        相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
        満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
        任意整理の着手金0円!
        はたの法務事務所
        公式サイトへ
        どんな司法書士事務所?
        はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

        特徴
        相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。
        また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

        相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

        任意整理の着手金0円!
        はたの法務事務所
        に無料相談する
        任意整理する場合にかかる費用
        着手金が無料なので依頼しやすいですね。
        着手金
        /1件
        0円 報酬金
        /1件
        20,000円
        減額報酬 10% 過払い
        報酬
        返還額の20%
        10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

        ※金額は全て税込み表示です。

        はたの法務事務所について
        所在地 〒167-0051
        東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
        対応
        業務
        債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
        任意整理の着手金0円!
        はたの法務事務所
        に無料相談する
        出典:https://hikari-hatano.com/

        弁護士法人・響

        弁護士法人・響
        弁護士法人・響のポイント
        問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
        依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
        原則356日24時間受付
        どんな弁護士事務所?
        弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

        多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

        特徴
        問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
        弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

        丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。

        任意整理する場合にかかる費用
        弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
        着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
        減額報酬 11% 過払い
        報酬
        返還額の22%

        ※金額は全て税込み表示です。

        弁護士法人・響について
        所在地 〒169-0074
        東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
        対応
        業務
        債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
        出典:https://hibiki-law.or.jp/

        天音総合法律事務所

        天音総合法律事務所
        天音総合法律事務所のポイント
        相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
        明確な料金プランと相談の流れで不安解消
        依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
        どんな弁護士事務所?
        天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

        特徴
        弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
        依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

        初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。

        任意整理する場合にかかる費用
        天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
        着手金 55,000円〜 報酬金
        /1件
        11,000円〜
        減額報酬 11% 過払い
        報酬
        返還額の22%

        ※金額は全て税込み表示です。

        天音総合法律事務所について
        所在地 〒103-0012
        東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
        対応
        業務
        債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
        出典:https://amane-law.or.jp/

        よくある質問

        債務整理におすすめの司法書士・弁護士事務所は?
        東京ロータス法律事務所、ひばり(名村)法律無事務所、はたの法務事務所、弁護士法人・響、天音総合法律事務所がおすすめです。いずれも経験豊富な弁護士や司法書士が借金問題の解決に向けてサポートしてくれるため、ぜひチェックしてみてください。
        債務整理で借金の負担はどのぐらい軽減する?
        債務整理の方法によって違いがあります。任意整理では将来利息のカット程度、個人再生では借金を5分の1程度まで減額、自己破産では借金が全額免除となります。任意整理、個人再生では手続き後も返済を続ける必要があるため、ある程度の返済能力がなければ手続きできません。
        過払い金請求も司法書士にしてもらえる?
        過払い金請求も認定司法書士であれば手続き可能です。ただし、業者1社あたりの過払い金の金額が140万円以下で、なおかつ簡易裁判所での訴訟の場合のみ対応可能となります。
        債務整理をするとブラックになる?
        債務整理手続きをすると、任意整理の場合は5年、個人再生、自己破産の場合は5年から10年個人信用情報に「事故情報」として記録が残ります。いわゆるブラック状態です。記録が残っている限り、あらゆるローンやクレジットカード審査には通らないため注意が必要です。
        債務整理をすると会社にバレる?
        自己破産や個人再生をすると官報に名前と住所が記載されますが、官報の情報を見る人は一般的にはほとんどいないため、知人や会社にバレる可能性はほとんどありません。ただし、官報を確認する仕事に就いている人が知人にいる場合は、官報をきっかけにバレる可能性があるため、注意しておきましょう。
        保証人に迷惑をかけずに手続き出来る債務整理方法はある?
        個人再生や自己破産をすると、保証人付きの借金については保証人に請求がいってしまいます。ただし、任意整理については、自分で整理する借金を選べるため、保証人付きの借金を対象から外すことも可能です。
        自宅を残して債務整理手続きは出来る?
        自己破産をすると大きな財産は処分対象となるため、自分名義の持ち家は処分されてしまいます。任意整理、個人再生の場合は財産の強制処分はありませんので、持ち家を残すことが可能です。また、住宅ローンを返済中の場合は、個人再生の「住宅資金特別条項」を利用することで、住宅ローンの支払いを続けながら個人再生手続きが可能です。また任意整理も手続きをする債権を自分で選べますので、住宅ローンを対象から外すことで持ち家を残せます。

        まとめ

        債務整理は司法書士でも手続きできますが、条件によっては対応できない業務があります

        司法書士事務所に依頼する場合は、司法書士では対応できないことについて事前に理解し、債務整理の種類によっては、弁護士に依頼することも検討しましょう。

        記事内で紹介した弁護士・司法書士事務所では無料相談も実施しているため、それぞれの特徴を比較しながら自分に合った事務所を見つけてみてください。

        ※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。

        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
        おすすめの記事