クレジットカードは借金と同じ?返済できない時のリスクや対処法も解説

クレジットカードは、手元に現金がなくても買い物ができるため、つい気軽に使ってしまう人多いのではないでしょうか。

しかし、クレジットカードを「なんでも買えるカード」だと勘違いし、無計画に使い過ぎることで後からの支払いが困難になるというトラブルも増えています。

また、クレジットカードは「ローンと違って借金ではないから安心」という考え方をする人も多いですが、カード会社に料金を立て替え払いしてもらっている以上、払わなければ借金を返済しない状態と同じことです。

そこでこの記事では、クレジットカードの仕組みや、クレジットカードの支払いをしないリスク、クレジットカードの注意点について解説していきます。

クレジットカードが借金であるという自覚がない人は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

60秒で結果がわかる!匿名OK
借金減額診断
はこちら(無料)

クレジットカードは借金?仕組みやカードローンとの違いを解説

財布とクレジットカード

普段から何気なく使用しているクレジットカードですが、クレジットカードは実は「お金を借りているようなもの」だという意識がある人はいるでしょうか?

ここでは、クレジットカードの仕組みや、カードローンとの違いなどについて解説していきます。

クレジットカードの仕組みを解説

クレジットカードはお店でカードを提示するだけで、現金がなくても買い物ができてしまう便利なツールです。

しかし、具体的な仕組みを知らずに利用している人も多いのではないでしょうか。

まずクレジットカードの基本的な仕組みについて解説していきます。

ショッピング枠とは

クレジットカードには、お店やネットなどで商品の購入やサービスの利用などに使える「ショッピング枠」が設定されています。

1月の間にショッピング枠に設定されている限度額内まで買い物ができ、使用した金額はすべて翌月以降の後払いとなります。

 クレジットカード会社がカード契約者が利用した金額を「立て替え払い」することにより、クレジットカードの利用料金は後払いが可能となっているのです。

また、カードの支払いは「リボ払い」や「分割払い」などの割賦払いも可能です。

リボ払い その月のカードの利用金額にかかわらず、毎月の支払額が「一定額」になる支払い方法。設定金額は事前に利用者が決められる。
分割払い 利用した金額を利用者が決めた回数で分割して支払う方法

ただし、リボ払いや分割払いは、一括払いと違って毎月の支払額に「手数料」がプラスされるため、継続して利用すると、手数料がかさんでいきます。

手数料がかかることで、実際に購入した商品の代金以上に支払わなければならないため、継続して利用する場合は十分注意が必要です。

キャッシング枠とは

ATMを利用する男性

キャッシング枠とは、商品の購入ではなく、クレジットカードで「キャッシング」ができるもので、文字通りお金を借りられる利用枠のことです。

 キャッシング枠はカードローンと同様にお金を借りる行為となるため、キャッシング枠を付けるためには別途審査が必要となります。

また、キャッシング枠の限度額はショッピング枠に含まれています。

よって、ショッピング枠50万円・キャッシング枠30万円に設定していたとすると、ショッピングでその月に40万円使ってしまった場合、キャッシングは残りの10万円しか利用できません。

逆に、その月にショッピングに10万円しか利用しなかったとしても、キャッシングを40万円利用できるわけではなく、キャッシングは枠内の30万円しか利用できません

また、キャッシングの金利はかなり高めの場合が多く、カード会社によって違いがありますが、一般的には18%程度に設定されています。

クレジットカードのキャッシング機能は「急に現金が必要」という時には便利ですが、金利が高めに設定されているため、一時的な利用をおすすめします。

クレジットカードのメリット

クレジットカード

クレジットカードのメリットには、以下のようなものがあります。

  • 現金がなくても商品購入やサービスの利用ができる
  • 翌月以降の後払いのため、その月にお金を払う必要がない
  • リボ払いや分割払いにすれば、大きな買い物をした時の毎月の支払額を抑えられる
  • 現金が必要な時にはキャッシング機能でお金を借りられる(キャッシング枠をつけている人が対象)

    クレジットカードの大きなメリットは、手持ちの現金がなくても買物やサービスの利用ができることでしょう。

    また、使用した代金の支払いは後払いとなるため、その月にあまりお金がなくとも、翌月以降の支払いにできます。

    さらに、リボ払いや分割払いにすれば、毎月の支払額自体を少なく調整も可能です。

    キャッシング枠を付けている人は、少額利用であれば新たにカードローンを契約するより手軽に現金を得ることができます。

    クレジットカードとカードローンの違い

    クレジットカードでネットショッピングをする男性

    カードローンは「お金を借りる」のに対し、クレジットカードは「商品やサービスを後払いで購入する」という違いがあります。

    そのため、カードローンは貸金業者と借入契約を結ぶ明確な借金となりますが、クレジットカードのショッピング利用は、商品などサービスの購入のために使用しているので、厳密に言うと借金をしているわけではありません。

    クレジットカードのキャッシング利用は、明確な「借金」となりますので分けて考えましょう。

    クレジットカードのショッピング利用は厳密には「借金」ではないとはいえ、クレジットカードで商品の代金を後払いにできるのは、クレジットカード会社がカード利用者に代わって立て替え払いをしてくれているためです。

     一括ではなく、分割払いやリボ払いができるのも、カード会社が先にすべての支払いをお店などに対して済ませてくれているからなのです。

    そのため、クレジットカードを利用することは、カード会社からお金を一時的に「借りている」状態と同じようなものだと言えるでしょう。

    特にクレジットカードで分割払いやリボ払いにしている人は、すべての支払いが終わるまで、継続してカード会社に「お金を借りている」状態だということをしっかり認識しておきましょう。

    クレジットカードの借金を払えない時のリスク

    クレジットカード

    クレジットカードはその場で現金が不要なため、つい使いすぎてしまう人も少なくありません。

    翌月の支払額が大きすぎてリボ払いなどで負担を軽減して一時しのぎをしていると、あっという間に手数料と未払い残高がふくれあがり、とても支払いできないような金額になってしまうこともあります。

    クレジットカードでの支払いが困難になり、延滞が続いてしまうとどのようなことが起こるのか、ここでは、クレジットカードによる借金を払えない時に起こるリスクについて解説していきます。

    電話やハガキで督促がくる

    クレジットカードの支払期日に支払いができない場合、早ければ翌日には督促の電話がかかってきます。

    また、電話とあわせて、ハガキなどでも督促の通知が自宅に届くようになります。何度も電話やハガキなどが届くと、同居家族にもカードの支払い延滞がバレるリスクが高まります。

    督促の電話やハガキは延滞が解消されない限り続きます。

    個人信用情報に記録が残る

    ブラックリスト

    クレジットカードの支払い延滞が続くと、個人信用情報に「延滞」の記録が残ります。

    「延滞」の記録をつけられてしまう日数はカード会社によって違いますが、2週間程度延滞が続くと記録が残る可能性が高くなります。

     さらに延滞期間が61日以上になった場合は、個人信用情報に「延滞」ではなく「異動」と記録され、いわゆるブラックリストに載った状態となってしまいます。

    この「異動」の記録は最長5年間消えないため、長期間他社のローンやクレジットカードなど、あらゆる審査に通らなくなってしまいます。

    スマホ端末買い替え時の分割払いの審査などにも通らなくなるなど、日常生活にも大きく影響が出るでしょう。

    クレジットカードが強制解約となる

    カードの支払い延滞が2カ月程度続くと、クレジットカードが強制解約されてしまうリスクが高くなります。

    カードが強制解約されてしまうとカードが使えないだけでなく、貯まっていたポイントも失効となります。

     また、延滞が2カ月以上となると個人信用情報もブラックリストに載った状態になっているため、他のカード会社にも情報が共有され、他社のクレジットカードも強制解約になる可能性が高いです。

    光熱費や通信費などの毎月の支払いをカード払いにしていると、そちらの支払いも延滞になってしまうため注意が必要です。

    一括請求される

    お金

    支払い延滞が3カ月程度続くと、カード会社から内容証明郵便で「一括請求通知」が届きます。

    これまで未払いになっている金額を「一括で返済してください」という通知です。

    一括で返済しない場合は法的な手段に出るなど強めの警告文が記載されており、実際にこのまま延滞を続けると裁判を起こされてしまいます。

    この時点で一括払いでの支払いが困難な場合は、早めに弁護士や司法書士どに相談して債務整理なども検討しましょう。

    支払督促が届く

    一括請求通知にも対応せずに延滞を続けていると、裁判所から「支払督促」が届きます。

     支払督促は、債権者が裁判を起こしたことを通知するもので、裁判所から「特別送達」という特別な郵便で届きます。

    支払督促が届いたら、2週間以内に「異議申し立て」をする必要があり、手続きが遅れるとさらに債権者から仮執行宣言の申し立てが行われ、最終的には裁判所による強制執行が実行されます。

    異議申し立ての方法などが分からない場合は、弁護士や司法書士に相談して対応をお任せしましょう。

    裁判所による強制執行が行われる

    ガベルを持つ裁判官

    支払督促が届いたあと、2週間以内に異議申立書を提出しなかった場合は、債権者が裁判所に仮執行宣言を求めます。

    これにより、今度は裁判所から「仮執行宣言付支払督促」が自宅に届き、これに対しても2週間異議申し立てをしなければ、いよいよ強制執行が実行されます

    強制実行が行われると、会社に給料の差し押さえの通知が届きます。

     会社に裁判所から通知がいくことで、支払いを長期間延滞した上に何の対処もしなかったことが、会社にもバレてしまいます。

    会社での立場が悪くなるだけでなく、実際に毎月給料が一定額差し押さえられ、借金が完済するまで差し押さえは続きます

    このような事態になるまでにはかなりの期間があるはずですので、裁判を起こされる前に、早めに対処することをおすすめします。

    クレジットカードで借金を増やさないための7つのポイント

    クレジットカードで無計画な買い物や、すぐにキャッシングを利用してお金を借りる行為を続けていると、あっというまにクレジットカードによる借金が増え、支払いが困難な状態になるリスクが高まります。

    クレジットカードは便利なツールですが、無駄な借金を増やさないためのポイントを7つ紹介していきます。

    クレジットカードに頼りがちな人は、改めて使い方を見直してみましょう。

    必ず後で払える額だけ使う

    パソコンの上に置かれたクレジットカード

    クレジットカードはその場で現金を支払う必要がないため「使っている」という感覚がなくなりがちです。しかし、後から必ず支払いがきますので、自分で必ず支払える金額だけを使用しましょう

    今はアプリなどで簡単に利用額が管理できますので、定期的に確認し、使い過ぎだと感じたら現金払いに変更しましょう。

    毎月の利用額を確認する

    クレジットカードの毎月の利用額をまったく確認しない人も多いですが、毎月いくらカードを使っているのか、必ず確認しましょう。

     特に分割払いやリボ払いにしている人は、未払い額がいくらになっているのか把握しておかないと、未払い額だけがどんどん増えていきます。

    気付いた時には「払えない金額になっていた」ということがないように、毎月必ず利用額と未払い残高をチェックしておきましょう。

    リボ払いの利用はできるだけ避ける

    明細を確認する女性

    リボ払いは高額の買い物をしても毎月の支払額が一定となるため、自分がたくさん買物をしているという感覚が薄れがちです。

    また、先にも紹介したように毎月の利用額や未払い額を確認しないまま使い続けていると、リボ払いの未払い残高があっという間に膨らんでしまいます。

    リボ払いを続けていて支払いができなくなったというトラブルも多いため、特に利用額の管理が苦手な人は、可能な限りリボ払いの利用は避けることをおすすめします。

    支払額を抑えたい場合は、リボ払いではなく、回数が決まっている分割払いの利用をおすすめします。

    キャッシングは一時的な利用に留める

    クレジットカードのキャッシング枠が付いている場合は、いつでもキャッシング機能でお金を借りることができます。

    「明日に現金が必要」という急な出費の時には便利ですが、継続して使う癖がついてしまうと危険です。

     特にキャッシングの金利は18.0%程度と高めに設定されている場合が多いため、無計画に利用すると高い利息が発生してしまいます。

    クレジットカードのキャッシング機能は、本当に困った時の一時的な利用に留めて、継続して利用しないようにしましょう。

    使用するカードの枚数は絞る

    クレジットカードが3枚並んでいる

    クレジットカードをポイント目的のために利用し、色んなポイントを貯めるために複数のクレジットカードで毎月買物をしている人も多いようです。

    しかし、複数枚のカードを同時に使っていると、今月合計でいくらカード払いに使ったのかが把握しづらくなってしまいます。

    そのため、できるだけクレジットカードの利用は1枚~2枚までに絞り、利用額の管理がしやすいようにしましょう。

    1枚のクレジットカードを集中して使うことで、ポイントも効率よくたまりますよ。

    クレジットカードの現金化は利用しない

    カードローンやクレジットカードのキャッシング枠の限度額を超えてしまうと、それ以降は現金を借入できなくなってしまいます。

    どこからも借入できなくなった時に「クレジットカードの現金化」という方法で現金を得る人もいます。

     クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を利用して現金を得る方法です。

    例えば、ある業者からクレジットカードで特に価値がない商品を高額で購入し、後日その業者から「購入特典」と称して現金がキャッシュバックされるといった方法があります。

    キャッシュバックされる現金は商品の購入金額よりも大幅に少ないことが多く、先に現金を手にできるものの、後からクレジットカードで購入した商品の高額請求がくることで支払いが困難なるケースが多いようです。

     また、クレジットカードの現金化はカード会社の規約で利用を禁止しているため、現金化を利用したことがカード会社に分かると強制解約になる可能性もあります。

    クレジットカードの借金を返済できない時はどうする?

    お金

    クレジットカードのキャッシングでお金を借りすぎた場合や、リボ払いの未払い残高が増えすぎたといった場合には、毎月の支払いが困難になってしまうこともあります。

    支払いができずに延滞を続けていると先にも紹介したような様々なリスクが発生するため、延滞を続ける前に早めに対策をする必要があります。

    クレジットカードの返済に困った時にできる対処法をいくつか紹介していきます。

    カード会社に相談する

    支払期日に請求額の支払いができないことが分かったら、早めにカード会社に電話をし、支払いが遅れる旨を連絡しましょう。

    また、支払いが遅れるだけでなく「いつまでに支払う」という約束を取り付けておくことが大切です。

    支払い期限を言っておけばカード会社もそれまで待ってくれる可能性もあり、頻繁に電話で督促がくるのを避けることもできるかもしれません。

    ただし、自分で話した期限までに必ず支払いを済ませましょう。

    カードローンなどで借りて返済に充てる

    たくさんのお札を持つ人物

    どうしても支払い期限までにお金を用意できない場合は、ただ延滞を続けるより、一時的に他社のカードローンなどでお金を借りて返済に充てる方法もあります。

    延滞によるリスクを避けるために、他社で借りたお金を返済に充てるというのも有効な手段でしょう。

    ただし、この方法は一時しのぎにしかなっておらず、根本的な解決にはなっていません

    毎月この方法で返済を続けても他社の借金が増えるだけですので、ひと月だけなど限定的な利用をおすすめします。

    また、毎月支払いができずに他社で借りるような事態になってしまったら、早めに債務整理などを検討する必要があります。

    自宅にあるものを売ってお金にする

    どうしても支払いできるお金がない場合は、自宅にあるものを売って現金を作るという方法もおすすめです。

     自宅にあるものを売ってお金にできれば、カードローンなどでお金を借りる必要もないため、売れるものがないか一度探してみましょう。

    高額で売れやすいのはブランドのバッグや時計などですが、ゲーム機やゲームソフト、ブランドの洋服、アイドルのグッズ、漫画の単行本などもフリマアプリなどで高値で売れることもあります。

    一見すると価値がなさそうなものでも売れることがありますので、自宅を探してみましょう。

    副業をしてお金を作る

    飲食店でアルバイトをする女性

    手っ取り早くお金を作るなら、アルバイトなどの副業をする方法もおすすめです。

    単発のアルバイトであれば早く現金を手に入れることができますので、できるだけ早く入金してもらえるアルバイトを探してみましょう。

    まだ支払いまでに余裕があるのであれば、継続して週末などにアルバイトを続けるか、クラウドソーシングサービスを利用して、自宅でパソコンを使って副業をするという方法もおすすめです。

    毎月の収入が増えれば、今後の支払いも余裕をもってできる可能性も高くなるでしょう。

    正社員の場合は副業が禁止されている場合もありますので、必ず会社の規約を確認しておきましょう。

    生命保険の契約者貸付制度を利用する

    もし生命保険に加入しているのであれば、契約者貸付制度を利用してお金を借りるという方法もあります。

     積立型の生命保険を解約した時に支払われる解約返戻金を担保にして、保険会社からお金を貸してもらえる制度です。

    解約返戻金の7割程度までとなりますが、カードローンよりも低金利が借入できるため、一時的に利用する場合にはおすすめです。

    ただし、借りたお金を返済できなくなった場合、生命保険自体が失効してしまう可能性があるため、利用には十分注意が必要です。

    友人や親に相談する

    相談

    どうしてもお金を用意できない場合、高い金利のカードローンでお金を借りるより、まずは親や親しい友人に相談してみるのも一つの方法です。

    お金の相談ができそうな親や友人がいるなら、一度誠意をもってお願いをしてみましょう。

    何のために必要なのか、またいつまでに返すという意思を示し、借用書などを作成すれば、相手にも誠意が伝わりやすいでしょう。

    ただし、親ではなく友人にお金を借りる場合はトラブルになる可能性が高いため、人間関係をこじらせたくない人は友人にお願いするのは避けた方がいいでしょう。

    債務整理を検討する

    クレジットカードの毎月の支払いができず、生活にも支障がでている状況なら、早めに債務整理も検討しましょう。

    債務整理には下記の方法があります。

    任意整理
    • 将来利息のカットができる
    • 債権者との交渉のみで手続きできる
    個人再生
    • 借金を5分の1程度まで減額できる
    • 裁判所に申し立てが必要
    • 支払い中の住宅ローンを対象から外せる
    自己破産
    • 借金を全額免除にできる
    • 裁判所に申し立てが必要
    • 大きな財産はすべて没収される

    任意整理は裁判所を介さずにできる手続きのため、債務整理の中でも多くの人が利用しています

     ただし、任意整理では将来利息のカット程度が現実的な着地点となるため、大きな借金の減額には向いていません。

    また個人再生は借金を5分の1程度まで減額できますが、手続き後も返済を続ける必要があるため、ある程度の収入が必要です。

    自己破産は借金が「0」になりますが、持ち家や車などの大きな財産はすべて没収されてしまいます。

    それぞれにメリットやリスクがあるため、どの方法が自分にあっているのか弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

    クレジットカードの借金で悩んだら弁護士・司法書士への相談がおすすめ

    聞き取りをする男性

    クレジットカードでの借金が払えずに悩んでいる人は、早めに弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

     弁護士や司法書士に依頼すれば、どうやって借金を整理すべきか、一人一人にあった方法を丁寧に教えてもらえます。

    無料相談を実施している弁護士・司法書士事務所を選べば、正式に依頼する前に依頼費用や自分に合った解決策などを説明してもらえるため、安心感もあるでしょう。

    クレジットカードの支払いができずに延滞を続けてもいいことは何もありませんので、早めに弁護士・司法書士にに相談することをおすすめします。

    ただし、弁護士と司法書士には扱える業務範囲に違いがあります。

    司法書士が扱えるのは140万円以下の少額訴訟のみであり、さらに140万円以下でも法務大臣の認定を受けた認定司法書士でなければ、対応できないため、ご注意ください。

    出典:弁護士と司法書士の違い|八下田法律事務所

    借金問題の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所6選

    サンク総合法律事務所

    サンク総合法律事務所
    サンク総合法律事務所のポイント
    取り立て・催促を最短即日でストップ
    初期費用0円
    費用の分割払いOK!手持ち資金がなくても依頼できる
    月600件以上の相談実績
    24時間365日受付/全国対応の借金専門相談窓口あり
    初期費用0円!分割払いOK
    サンク総合法律事務所
    公式サイトへ
    どんな弁護士事務所?

    サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、借金問題の解決実績が豊富で、問い合わせが月600件以上ある人気な弁護士事務所です。

    特徴

    人気の理由は、自分が納得いくまで何度でも無料相談ができ、借金に関する質問にわかりやすく答えてくれるから。

    新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて、オンラインや電話での面談も24時間365日全国から受け付けています。

    初期費用は0円(契約前まで一切料金がかかりません)かつ費用の分割払いが可能なので、現在手元に十分な資金が欠くても依頼が可能です。

    また、家族や職場に知られにくいように配慮してくれたり、女性弁護士が在籍していたりと、誰でも気軽に相談できる環境が整っています。

    最短即日で借金の取り立てや催促を止めてくれるので、今すぐ催促から解放されたい方にもおすすめです。

    任意整理する場合にかかる費用
    完済後の過払い金請求の着手金は、無料です。
    着手金
    /1件
    55,000円〜 報酬金
    /1件
    11,000円〜
    減額報酬 11% 過払い
    報酬
    回収額の22%

    ※訴訟による場合は回収額の27.5%。
    ※金額は全て税込み表示です。

    サンク総合法律事務所について
    所在地 〒104-0032
    東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
    対応業務 債務整理、貸金問題、離婚・相続・遺言、民事事件一般、不動産取引、刑事事件など
    出典:サンク総合法律事務所公式サイト

    東京ロータス法律事務所

    東京ロータス法律事務所
    東京ロータス法律事務所のポイント
    無料相談のしやすさが魅力
    何回でも・土日祝日でも・メール/電話でも・全国各地からでも相談OK!
    受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
    電話での問い合わせなら電話代無料
    どんな弁護士事務所?
    東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

    受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

    特徴
    東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
    相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

    また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

    任意整理する場合にかかる費用
    相談費用は何度でも無料です。
    着手金
    /1件
    22,000円 報酬金
    /1件
    22,000円
    減額報酬 11% 過払い
    報酬
    返還額の22%
    その他
    諸費用
    5,500円  

    ※訴訟の場合は27.5%。
    ※金額は全て税込み表示です。

    東京ロータス法律事務所について
    所在地 〒110-0005
    東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
    対応
    業務
    債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
    出典:東京ロータス法律事務所公式サイト

    はたの法務事務所

    はたの法務事務所
    はたの法務事務所のポイント
    任意整理の着手金が0円!手持ちがなくても督促停止できる
    満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
    相談実績20万件以上
    ベテラン司法書士在籍だから安心
    任意整理の着手金0円!
    はたの法務事務所
    公式サイトへ
    どんな司法書士事務所?
    はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

    特徴
    相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。
    また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

    相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

    任意整理の着手金0円!
    はたの法務事務所
    に無料相談する
    任意整理する場合にかかる費用
    着手金が無料なので依頼しやすいですね。
    着手金
    /1件
    0円 報酬金
    /1件
    22,000円〜
    減額報酬 11% 過払い
    報酬
    返還額の22%

    ※10万円以下の場合:14%+計算費用11,000円。
    ※金額は全て税込み表示です。

    はたの法務事務所について
    所在地 〒167-0051
    東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
    対応
    業務
    債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
    任意整理の着手金0円!
    はたの法務事務所
    に無料相談する
    出典:はたの法務事務所公式サイト

    ひばり(名村)法律事務所

    ひばり法律事務所
    ひばり(名村)法律事務所のポイント
    相談するだけなら無料!
    依頼したときだけ費用が発生
    かかる費用が明確で不安なく依頼できる
    東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
    どんな弁護士事務所?
    ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

    特徴
    東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
    また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

    依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

    過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。

    任意整理する場合にかかる費用
    ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
    着手金
    /1件
    22,000円 報酬金
    /1件
    22,000円
    減額報酬 11% 過払い
    報酬
    返還額の22%
    経費 5,500円  

    ※金額は全て税込み表示です。

    ひばり(名村)法律事務所について
    所在地 〒130-0022
    東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
    対応
    業務
    債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
    出典:ひばり法律事務所公式サイト

    弁護士法人・響

    弁護士法人響
    弁護士法人・響のポイント
    問い合わせ・相談実績6万3,000人超
    信頼できる実績と専門性が強み
    依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
    原則356日24時間受付
    相談前にまずは無料診断!
    弁護士法人・響
    借金減額診断はこちら
    どんな弁護士事務所?
    弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

    多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

    特徴
    問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
    弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

    丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。

    相談前にまずは無料診断!
    弁護士法人・響
    借金減額診断はこちら
    任意整理する場合にかかる費用
    弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
    着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
    減額報酬 11% 過払い
    報酬
    返還額の22%

    ※訴訟の場合は27.5%。
    ※金額は全て税込み表示です。

    弁護士法人・響について
    所在地 〒169-0074
    東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
    対応
    業務
    債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
    相談前にまずは無料診断!
    弁護士法人・響
    借金減額診断はこちら
    出典:弁護士法人・響公式サイト

    天音総合法律事務所

    天音総合法律事務所
    天音総合法律事務所のポイント
    相談は何回でも無料!
    24時間受付でいつでも相談できる
    明確な料金プランと相談の流れで不安解消
    依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
    どんな弁護士事務所?
    天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

    特徴
    弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
    依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

    初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。

    任意整理する場合にかかる費用
    天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
    着手金 55,000円〜 報酬金
    /1件
    11,000円〜
    減額報酬 11% 過払い
    報酬
    返還額の22%

    ※訴訟の場合は27.5%。
    ※金額は全て税込み表示です。

    天音総合法律事務所について
    所在地 〒103-0012
    東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
    対応
    業務
    債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
    出典:天音総合法律事務所公式サイト

    まとめ

    クレジットカードが後払いで利用できるのは、カード会社が利用者の代わりに立て替え払いをしてくれているからです。

    そのため、カードの支払いができずに延滞する行為は、カード会社に借りているお金を返済しないことと同様に行為となります。

    クレジットカードの支払いを延滞すると、督促が届くだけでなく、個人信用情報がブラックリストに載るなどリスクの方が大きいため、クレジットカードは払える金額だけを計画的に利用することをおすすめします。

    また、どうしても支払いが困難になったら、早めに弁護士や司法書士に相談して債務整理なども検討しましょう。

    ※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事