悩み

借金を繰り返す人は、借金に対する抵抗が薄れ、借金依存症に陥ってしまう恐れがあります。

借金依存症はれっきとした病気で、自分だけで解決することは決して簡単ではありません。

しかし「自分は借金依存症なのだろうか」「借金依存症になったらどんな治療が受けられるのだろう」と、不安に思う人も多いでしょう。

そこでこの記事では、借金を繰り返す人の特徴や自助グループなどの相談先、病院で受けられる治療などを解説します。

借金依存症の方だけでなく、パチンコ・ジャグラー依存症などの特徴も、あわせてご紹介していきます。

借金依存症になりやすいかも?
借金をり返す人の特徴

お金

借金を繰り返す人の中には、意外と自分では、その兆候に気が付いていない人もいるかもしれません。

しかし、自分が借金を繰り返しやすいことに気が付けば、借金依存症に陥る前に対処することができるはずです。

そこで、まずは借金を繰り返す人の6つの特徴について、ご紹介します。

以下のような特徴があれば、もしかすると借金を繰り返しやすい傾向があるかもしれません。

① 日常的にストレスを抱えている

悩む

借金を繰り返す人は、日頃から仕事や家庭、人間関係などにストレスを抱えている傾向にあります。

ストレス発散のために買い物やギャンブルにお金を使い、いつの間にか借金を重ねてしまうのです。

「今回だけ」と軽い気持ちで作った借金でも、手元にお金がある安心感から次第に借金をしないと、気持ちが落ち着かなくなり、借金を繰り返してしまう可能性が高まります。

② 収入が大きく減った

収入

失業などにより、急に収入が大きく減った人も、注意が必要です。

収入が減ると、節約をしてこれまでの生活レベルを下げる必要があります。ところが、食費や娯楽費など自由に使えていたお金を節約し、生活レベルを下げることは容易ではありません。

よって、安定した収入があった頃の生活を忘れられずに、借金を繰り返してしまうリスクがあります。

③ 浪費癖がある

買い物

貯金や収入に見合わない高額な買い物をしてしまうなど、浪費癖がある人も借金を繰り返す可能性があります。

「欲しい」と思ったらどうしても入手したくなる人は、計画的な買い物ができず、借金にも手を出してしまいやすいと言えるでしょう。

WARNING
借金をしてでも買い物をしてしまう場合には、浪費癖ではなく買い物依存症に陥っている恐れもあります。

自分自身の収入や必要な生活費を管理できずに、つい買い物で浪費してしまう人は、要注意です。

④ 衝動買いをしてしまう

買い物

つい衝動買いをしてしまう人は、自分の欲求を満たすために借金をしてしまう可能性があります。

初めは躊躇していた借金も、何度も繰り返すうちに慣れてしまい、欲しいものを手に入れるためなら平気で借金をしてしまう危険性があります。

WARNING
浪費癖と同じく、買い物依存症に発展する恐れもあるため、注意が必要です。

⑤ 見栄を張ってしまう

食事

見栄を張る性格の持ち主も、一歩間違えると借金依存症に陥ってしまうかもしれません。

ブランド物のバッグや洋服を身に着けたり、高級な店で食事をしたりすると、周囲からも一目置かれるようになるでしょう。

その優越感に浸るためにお金遣いがエスカレートし、借金依存症につながる可能性があります。

⑥ お金がないことに対して危機感がない

生活費が足りなくなっても危機感を抱かない人は「お金がなくても借りれば良い」と金銭感覚が麻痺し、借金を重ねてしまう恐れがあります。

WARNING
一度借金をするとお金を借りることに対する抵抗がなくなり、借金依存症に近づいてしまうかもしれません。

借金にりやすい、
パチンコ・ジャグラー依存症の特徴

パチンコ

パチンコやジャグラーなどのギャンブルも、以下のように日常生活に支障をきたす状態にまでなると、ギャンブル依存症に陥っている可能性があります。

 

ギャンブル依存症とは?
ギャンブル依存症は、WHOが1970年代後半に「病的賭博」という病気として、正式に認めたことで知られています。
研究により、アルコールや薬物の依存症とも似ている点が多いことが分かり、依存症として認められるようになりました。
    • パチンコやジャグラーのために借金をしている。
    • ギャンブルに関して嘘をついてしまう。
    • ギャンブルで負けたお金をギャンブルで取り戻そうとする。
    • ギャンブルをしないと落ち着かない。

ギャンブル依存症になると、ギャンブルのために借金を繰り返してしまい、結果的に借金依存症にも陥ってしまうかもしれません。

また、ギャンブル依存症は病気であるため、ギャンブル依存症を患った場合は、病院の精神科で治療を受ける必要があります。

自分がギャンブル依存症に陥っているのかを知りたい場合は、セルフチェックをすることも可能です。
WARNING
ただし、セルフチェックはあくまでも自己診断です。実際の診断とは異なる可能性があるため、気になる人は精神科のある病院を受診し、医師に相談しましょう。

※参考:https://www.ncasa-japan.jp/understand/gambling/about

チェック方法1:DSM5

チェックリスト

まずご紹介するのは「DSM5」と呼ばれる、依存症チェック方法です。

DSM5とは?
アメリカ精神医学会が作成した、ギャンブル依存症のためのチェックリストです。

全9項目のうち5項目以上に該当すると、ギャンブル依存症の可能性が高いと考えられています。

    1. 興奮を得るためにギャンブルの掛け金を増やす。
    2. ギャンブルを止めると落ち着かなくなったりイライラしたりする。
    3. ギャンブルを止めようとしたが、止められなかった。
    4. ギャンブルのことばかり考えてしまう。
    5. 不安な気持ちや無気力状態の時にギャンブルをすることが多い。
    6. ギャンブルで負けると、後日ギャンブルで取り戻そうとする。
    7. ギャンブルにハマっていることを隠すために嘘をついている。
    8. ギャンブルが原因で人間関係、仕事、教育などに支障をきたしたことがある。
    9. ギャンブルが原因で経済的に困窮し、周囲に借金を頼んでいる。

※参考:https://gracelord.jp/publics/index/18/

チェック方法2:Lost

チェックリスト

次にご紹介するのは、Lostと呼ばれる依存症チェック方法です。

Lostとは?
公益社団法人ギャンブル依存症問題を考える会が開発した、チェックリストです。

全4つの項目のうち2項目以上に該当すると、ギャンブル依存症の可能性が高いと考えられています。

    • Limitless…ギャンブルをする際に、予算や時間に制限を設けていないこと。
    • Once Again…ギャンブルで得た利益を次回のギャンブルに使ってしまうこと。
    • Secret…ギャンブルをしたことを周囲の人に隠していること。
    • Take Money Back…ギャンブルで負けたお金をギャンブルで取り返そうとすること。

※参考:https://scga.jp/?news=press-181122

借金をする人につきが多いのは本当?

嘘つき

借金をする人には嘘つきが多い、と言われることがあります。

必ずしも、嘘をついている人が借金をしているとは言えないものの、嘘をつきやすい傾向にあるようです。

ここでは、借金をする人がつきやすい嘘について解説していきましょう。

家族に対して嘘をつく場合

家族

特に多いのが、最も身近な存在である家族に対して嘘をつくケースでしょう。

借金をしていることが家族に知られて怒られるのも避けるために、嘘をついてしまう傾向があります。

例えば
給料をギャンブルにつぎ込んでしまったり、家族に心配をかけたくないという理由で黙って金融機関から借り入れを行ったりと、家族に隠して借金を作ってしまう人も少なくありません。

嘘を繰り返すうちに、本当のことを言い出せなくなってしまう恐れもあります。

友人に対して嘘をつく場合

友達

借金依存症の方の中には、友人に嘘をついて、お金を借りるケースもあります。

嘘をつくことが癖になっている人は「どうしても生活費が少し足りない」「必ず来月には返す」などと言って、友人の善意を利用することもあります。

仲の良い間柄であるほど相手も断りづらく、お金を貸してもらえるケースもあるかもしれません。

しかし、嘘をつき続けて借金をしているといずれ友情関係にもヒビが入り、友人を失ってしまうリスクがあります。

自分に対して嘘をつく場合

考える

自分自身に嘘をつくケースも、考えられます。

本来は必要のない借金にも関わらず「これは自分のために必要だから借金をすることに意味がある」と自分に言い聞かせ、借金を正当化してしまうのです。

自分に対して嘘をつく場合は、自分に甘く都合の良い解釈をしてしまいやすいのも大きな特徴です。

家族が借金依存症だと思ったら?
なたにできる3つのこと

家族

ここまで、借金依存症になりやすい人の特徴や、借金依存症につながるかもしれないギャンブル依存症のチェックリストなどをご紹介しました。

では、客観的に見て「家族が借金依存症の可能性があるかもしれない」と感じた時、あなたにできることは何でしょうか?

ここでは、借金依存症の家族に対してできる3つのことをご紹介します。

① お金を貸すのを止める

貯金箱

借金依存症の疑いのある家族から、お金を貸してほしいと頼まれたり、既に何度も貸していたりする場合は、これ以上お金を貸すことを止めることが大切です。

家族からの頼みとなると断りづらく、つい何度もお金を貸してしまう人もいるでしょう。

また、家族間での貸し借りでは借用書を作成していないケースも多く、トラブルの原因にもなりかねません。

② 日本自粛制度の貸付自粛制度を利用する

書類

日本貸金業協会の貸付自粛制度を利用するのも、一つの手です。

貸付自粛制度とは?
貸金業者に借り入れを申し込んでも応じないよう、対象者である家族の情報を信用情報機関に登録してもらえる制度です。
信用情報機関とは?
クレジットカードの利用歴や消費者金融、銀行や信用金庫との取引歴など、さまざまな個人情報が登録されている機関です。

貸金業者に借り入れを申し込むと、貸金業者は信用情報機関の情報を照会します。

信用情報機関に貸付を自粛する旨を登録しておくことで、安易に借り入れができない環境を作ることができるのです。

WARNING
ただし、情報提供は信用情報機関に加盟している貸金業者が紹介した場合にのみ認められます。

貸付自粛制度を利用したからと言って、必ずしも貸付の自粛が保証される訳ではないため、ご注意ください。

※参考:https://www.j-fsa.or.jp/personal/trouble/way/

③ 医療機関やカウンセリングを提案する

カウンセリング

借金依存症を治すためには、依存症が病気であることを自覚し、きちんと専門的な治療を受けることが大切です。

借金を繰り返す本人は、依存症に陥っていることに気付いていない可能性もあります。

家族の忠告に対して、素直に耳を傾けるのが難しいケースもあるかもしれません。

よって、適切な治療を受けるべく、まずは医療機関への受診・カウンセリングをおすすめします。

自助グループだけじゃない!
金依存症の相談先3選

ハート

ここからは、借金依存症の相談先を3つご紹介しましょう。

 

相談先1

医療機関の精神科

上記でも解説したように、借金依存症は病気のひとつであるため適切な治療を受ける必要があります。

そこで、その第一歩として、精神科のカウンセリングがおすすめです。

医師に相談することで、個々に合った治療方針や日常生活におけるアドバイスをもらうことができるでしょう。

相談先2

自助グループ

全国各地にある自助グループに参加し、同じ悩みを持つ仲間に相談することも可能です。

自助グループには、借金依存症のほかにも、ギャンブル依存症や買い物依存症など、さまざまな依存症に苦しむ人たちを対象にしたものがあります。

相談先3

各自治体の精神保健福祉センターなど

各都道府県にある精神保健福祉センターや保健所などでも、借金依存症に関する相談をすることができます。

本人の参加が必要な医療機関・自助グループと異なり、精神保健福祉センターや保健所は、家族が主体となって相談することも可能です。

医師や看護師、臨床心理士などと連携を取りながら、本人の借金依存症に向き合うことができるでしょう。

借金依存症の断が出たあとに
病院で受けられる治療とは

ハート

借金依存症だと分かったら、具体的にどのような治療が行われるのか気になる人も多いはずです。

ここからは、医療機関でよく行われている治療法についてご紹介します。

WARNING
ここでご紹介するのは、ほんの一例です。実際には、医師と相談しながら本人に合った治療法を進めていくため、詳しくは担当の医師にご相談ください。

認知行動療法

思考

依存症の治療としてよく用いられるのが、認知行動療法です。

認知行動療法とは?
現在どのような問題が起こっているのかを具体的にし、借金依存に対する考え方や行動など、できることから少しずつ改善していく心理療法です。

認知行動療法では、何度も借金を繰り返してしまう理由は、借金をすることが自分自身に良い結果をもたらすと学ぶからだと考えます。

例えば
「借金をして買い物をしたらスッキリした」「イライラした時に借金をして遊んだら気分が晴れた」など、借金をすることで知らず知らずのうちに自分自身に良い影響があると学習してしまうのです。

認知行動療法では、借金をすることに対する考え方や行動の捉え方を学びます。しかし、長年にわたって無意識のうちに習慣化した考え方を変えることは、容易ではないでしょう。

したがって、一定のプログラムが終了した後も、認知行動療法で学んだスキルを継続して使い続けることが大切です。

マインドフルネスなど

瞑想

認知行動療法のほかにも、借金依存症の治療ではマインドフルネスやソーシャルスキルトレーニングなど、さまざまな心理療法が用いられています。

医師と相談しながら、自分に合った治療法を見つけていきましょう。

※参考:https://www.ncasa-japan.jp/you-do/treatment-method/psychotherapy

借金依存症になる前に
護士への相談がおすすめ

弁護士

何度も借金を重ねていくと、借金総額が大きく膨れる上に借金依存症に陥るリスクもあります。

CHECK
よって、借金依存症になってしまう前に、早めの解決がポイントです。

そこで、借金問題を抱えた時には弁護士への相談がおすすめです。

弁護士に相談すると、以下のようなメリットがあります。

弁護士に相談するメリットの例
・自分に合った債務整理についてアドバイスをもらえる。
・債権者からの返済催促の連絡を止めることができる。
・必要な書類を漏れなく教えてもらえる。
・複雑な手続きや作業を代行してもらえる。
・書類の準備や作成を代行してもらえる。

弁護士への相談と聞くと、費用について不安を感じる人もいるかもしれませんが、無料相談を行っている弁護士事務所もあります。

借金を繰り返して借金依存症になってしまう前に、まずは借金問題の現状を相談してみましょう。

借金問題におすすめの護士・司法書士事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
受任件数6,000件のノウハウを活かして法律問題を解決
無料で何回でも相談できるから相談しやすい
土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は6,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。
任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金/1件 22,000円 報酬金/1件 22,000円
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応業務 債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:http://tokyo-lawtas.com/

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料や着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と比較的安い費用設定が魅力です。
また手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金/1件 0円 報酬金/1件 20,000円
減額報酬 10% 過払い報酬 返還額の20%
10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務 債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
出典:https://hikari-hatano.com/

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。
任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金/1件 22,000円 報酬金/1件 22,000円
減額報酬 10% 過払い報酬 返還額の20%

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応業務 債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:https://hibari-law.net/

弁護士法人・響

弁護士法人・響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。
任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応業務 債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。
任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金/1件 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い報酬 返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応業務 債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:https://amane-law.or.jp/

まとめ

今回は、借金依存症について解説しました。

借金依存症は病気のため、家族の説得だけでの解決が難しいケースもあります。借金を繰り返してしまう場合は、借金依存症に陥っている可能性があります。

よって、医療機関で治療を受けたり、自助グループに参加して心理療法のプログラムを受けたりと、適切な対策を取ることが大切です。

また、借金を抱えている場合は、借金依存症に陥る前に弁護士に相談し、早期解決を目指すのも良いでしょう。

 

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事