借金を抱えたまま結婚は可能?リスクや問題解決方法を紹介!

結婚し新たな生活を迎えるにあたって、借金を抱えたままの状態であれば不安が大きいでしょう。そもそも、借金をしている人が結婚できるのかという疑問も残ります。

また、仮に結婚したとしても借金が原因の金銭的トラブルや、バレた際の問題など、懸念点は少なくありません。

そこで今回は、借金を抱えたまま結婚することは可能か否かを解説します。また、その場合のリスクや問題を解決する方法なども紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

結婚での借金問題解決方法にも触れていくため、あわせてチェックしておきましょう。
無料・匿名でできる!
最短30秒で借金を減らせるか診断↓

「借金を減らしたい」と思ったら、最短30秒でいくら減らせるかわかる無料診断がおすすめです。

弁護士法人・響の借金減額診断

場合によっては、借金がなくなるケースもあります。3つの質問に答えるだけで誰でも匿名で診断できるので、まずは試してみましょう。

 
最短30秒!いくら無くなるか今すぐ分かる
匿名で無料診断を
スタートする

借金を抱えたままでは結婚できない?

借金を抱えて結婚する

結論から述べると、借金があっても結婚は可能です。法律上借金は個人的な契約となるため、結婚すること自体に問題はありません。

しかし、借金があることを相手に隠したまま結婚してしまうと、後々トラブルに繋がる可能性が高いのが現実です。トラブルを未然に回避するには、事前に借金している事実を打ち明けておいた方が良いかもしれません。

 また、借金を秘密にしていたとしてもさまざまな理由でバレる可能性があります。後々のことを考えると事前に伝えておくのが無難です。

ただし、借金の額や理由によっては結婚自体が破談になってしまうリスクもゼロではありません。

もちろん、借金に対する価値観は人によって異なるため、必ずしも借金のカミングアウトが婚約破棄に直結する訳ではないです。

借金の原因が本人の性格的な問題ではなく、かつ返済可能な金額である場合、そのまま結婚に進める可能性もあります。

相手に借金を伝えるべきか悩んだ際は、一人で抱え込まずに弁護士や司法書士などに相談するのも一つの手段です。
相談・着手金・過払い金調査が無料!
債務整理におすすめな
弁護士・司法書士事務所

借金を隠したまま結婚は可能?バレる要因とは

借金を抱えて結婚する

借金を隠したまま結婚できる可能性はありますが、バレるリスクも大いにあることを肝に銘じておかなければいけません。借金がバレる要因としては、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 借金の督促通知
  • 借金の明細書
  • 催促の電話やメール

借金をした金融機関によっては、督促通知や明細書がハガキで届きます。このような書類を相手に見られると借金がバレてしまうため、同棲している人は特にリスクが高いでしょう。

 催促の電話やメールからもバレることがあります。金融機関は本人以外に借金の詳細は伝えませんが、連絡があったという事実により借金を疑われる可能性はゼロではありません。

仮に連絡を隠せたとしても、借金を滞納し続けていれば相手にバレる確率は高くなってしまいます。最悪の場合、借金の滞納は財産差し押さえといった法的処分に発展するためです。

2人の生活に支障のない範囲での借金かつ滞納ゼロで無い場合、相手に隠したまま結婚に進める可能性は極めて低いでしょう。
まずはいくら減らせるかチェック!
無料・匿名で
借金減額診断をする

親に借金がある人と結婚するリスク

借金を抱えて結婚する

親に借金がある人と結婚する場合、あくまでも親の借金は親名義であり、子どもに返済義務がある訳ではないため、基本的に子ども夫婦への影響はありません。

しかし、親の借金の連帯保証人になっている場合、親が返済困難となれば代わりに返済する義務が生じます。つまり、多かれ少なかれ子ども夫婦の経済面にも影響が及びかねないのです。

 このようなリスクを回避するためにも、結婚前に親に自分が連帯保証人になっている借金が無いか、借金がある場合はしっかり返済できているかなどの確認が大切です。

また、親が死亡した場合は「相続放棄」という形をとることで、親の借金の返済義務が免れます。ただし、相続放棄の手続きは煩雑かつ有効期限付きなため、簡単には進めづらいでしょう。

自分の親が借金を抱えている、あるいは相手の親に借金がある場合のどちらにせよ、結婚する際にリスクが伴わないとは言えません。

結婚後にトラブルへ発展させないため、仮に親が借金を抱えている場合は事前に伝えておくことをおすすめします。
30秒で結果がわかる!匿名OK
借金をいくら減らせるか
無料で診断する

借金を隠したまま結婚するリスク

借金を抱えて結婚する

借金を抱えたままでも結婚できると解説しましたが、借金を隠すことによるリスクも発生します。主なリスクは以下の6つです。

  1. 結婚式・新婚旅行に支障が出る
  2. トラブルになる
  3. 生活が苦しくなる
  4. 各審査に通過できない場合がある
  5. 差し押さえに遭う可能性がある
  6. 名字が変わっても取り立ては止まらない

結婚式・新婚旅行に支障が出る

借金を抱えて結婚する

借金が原因でお金が不足していれば結婚式・新婚旅行にも支障をきたしかねません。いずれもある程度まとまったお金が必要になるため、借金が邪魔になる可能性はおおいにあります。

借金が原因で理想の結婚式・新婚旅行を諦めらめなければいけなくなれば、口論を引き起こしたり、後々まで引きずる不満を生むことに繋がりかねないでしょう。

まずはいくら減らせるかチェック!
無料・匿名で
借金減額診断をする

トラブルになる

相手に借金があると発覚した場合、トラブルになる可能性はゼロではありません。借金という生活に直結する問題を隠していたということで、相手からの信頼を失ってしまうリスクは大きいです。

金銭的な問題から喧嘩に発展し、2人の関係性が悪くなってしまうケースも十分考えられます。

生活が苦しくなる

借金を抱えて結婚する

毎月借金を返済していると、自由に使えるお金が少なくなり生活が苦しくなってしまうでしょう。

 借金の額によっては、自分の収入だけでなく相手の収入も返済に充てなければならない可能性があります。

相手に借金があると知ったうえで結婚をしていれば完済に向け協力してもらえるかもしれませんが、隠していた場合は相手に協力を仰ぐことは難しいでしょう。

まずはいくら減らせるかチェック!
無料・匿名で
借金減額診断をする

各審査に通過できない場合がある

借金を滞納すると、ブラックリストに登録される場合があります。ブラックリストとは、信用情報機関が管理する信用情報に信用力の欠如を意味する事故情報が登録された状態を指します。

ブラックリスト入りしている間は、クレジットカードや住宅ローンなどさまざまな審査に通過できない可能性が極めて高いです。

今は順調に借金を返済できていても、過去に滞納歴がある、あるいはその他の金融事故を起こしている場合などは、各審査に何かしらの影響を及ぼす可能性が想定されます。

借金を抱えており、結婚後にクレジットカード発行や住宅購入を検討している人は注意してください。
[
30秒で結果がわかる!匿名OK
借金をいくら減らせるか
無料で診断する

差し押さえに遭う可能性がある

借金を抱えて結婚する

借金を滞納し続けていると、債権者から法的措置をとられる可能性があります。法的措置とは、住宅や車などの財産を差し押さえ借金返済の足しにすることです。

差し押さえの措置がとられると住居や財産が没収されるため、当然のことながら相手に迷惑をかけてしまううえ借金もバレてしまうでしょう。

まずはいくら減らせるかチェック!
無料・匿名で
借金減額診断をする

名字が変わっても取り立ては止まらない

結婚によって名字が変わったとしても、借金は免除されません。債権者は戸籍調本などで債務者の情報をチェックしているため、名字が変わった事実も知られてしまうことが理由です。

債権者は名字以外にも、契約内容・生年月日などから債務者の情報を特定できます。原則、借金をした場合は信用情報機関に情報を管理されると認識しておきましょう。

結婚相手に借金があった場合の確認ポイント

借金を抱えて結婚する

結婚相手に借金があると発覚した場合、やはりショックを受けてしまう人は少なくないでしょう。仮に借金が発覚した際は、以下の3つを確認してください。

  • 借金の原因
  • 返済計画の有無
  • 支払い能力があるか

借金の原因

一言に借金と言っても、原因はさまざまです。例えば奨学金や親の借金は、本人のだらしなさや不誠実が招いたものとは言いがたいです。

 一方、ギャンブルや浪費が原因であれば、本人の責任であることは否定できず、今後も借金を重ねる可能性があると言わざるをえません。

借金の原因を知ることによって、本人に「借金癖があるか」「今後借金する可能性はあるか」などを判断しやすくなります。

まずはいくら減らせるかチェック!
無料・匿名で
借金減額診断をする

返済計画の有無

借金を抱えて結婚する

借金があっても、きちんとした返済計画を立てられていれば特に問題はありません。問題となるのは、無理なく完済するための計画の有無です。

返済計画の無い借金はいつまでも完済できず、最悪の場合は返済遅延によりブラックリスト入りや財産差し押さえといった問題に繋がります。

 特に複数社からの借入がある場合、それぞれの返済日・返済額・完済までの期間などを管理しなければならず、より綿密な返済計画が求められるでしょう。

軽い気持ちで定期的に借金を重ねていくと、返済計画を立てることすら面倒になり、無意識的に借金への依存が強くなってしまいます。実際に、返済計画を立てずに借金を重ねる人も少なくありません。

衝動買いや生活費の埋め合わせなどに借金を重ねるような人は、返済計画が無い可能性が高いため注意してください。
まずはいくら減らせるかチェック!
無料・匿名で
借金減額診断をする

支払い能力があるか

借金を抱えて結婚する

相手に返済のための支払い能力があるかは、非常に重要なポイントです。ただし、相手の収入が高いだけで返済能力があると判断してしまうのは、やや早合点です。

 どれだけ収入が高くても、支出が多く返済計画がてきとうなら、支払い能力があるとは言えません。

当然、借金額に対して収入が低い場合は支払い能力が無く、完済できる可能性も極めて低いです。収入・支出・返済計画のトータルで判断することが肝心です。

30秒で結果がわかる!匿名OK
借金をいくら減らせるか
無料で診断する

結婚での借金問題解決には債務整理を検討

借金を抱えて結婚する

債務整理とは?

債務整理とは、借金返済が困難になった際に法的な手段を用いて減額や免責を試みることです。

債務整理を実施すれば、借金の取立てや督促を一時的にストップさせ、今後の返済を楽にできる可能性があります。

 一方で、債務整理は金融事故として信用情報機関に登録されてしまうため、社会生活における弊害が生じることは避けられない側面があります。

とはいえ、借金を滞納し続けた結果、裁判や財産差押えなどに発展するする可能性がある場合には、債務整理を検討しておいて損はないでしょう。

借金問題をスムーズに解決するためには、各債務整理のメリットとデメリットを事前にしっかり把握しておくことが大切です。債務整理には複数の種類があるため、どの手続きが自分に合っているか確認しておきましょう。

相談・着手金・過払い金調査が無料!
債務整理におすすめな
弁護士・司法書士事務所

任意整理

任意整理

任意整理は、毎月の返済額を抑えることで借金完済を目指せる人におすすめです。任意整理の主たる目的は、今後発生する利息をカットし、毎月の返済額を減らすことです。

 任意整理によって元金を減らせるケースは稀ですが、利息だけを払い続けるループから抜け出すことが期待できます。

ただし、債務者が望めば必ずしも任意整理が成立するとは限りません。あくまでも債務者・債権者双方の合意のもとで成立する手続きであるため、債権者が任意整理を拒否すれば借金は減額できないのです。

債権者からすれば、任整理することで本来受け取るはずだった利息が無くなってしまうデメリットがあります。債務者が個人で交渉しても応じてもらえないケースは珍しくありません。

相談・着手金・過払い金調査が無料!
債務整理におすすめな
弁護士・司法書士事務所

個人再生

個人再生

個人再生とは借金を減額し、今後3年~5年にかけて分割し返済する手段です。個人再生を利用するには、借金返済が困難であることを裁判所に認めてもらわなければいけません。

また、個人再生の対象は住宅ローンを除く借金総額が5,000万円以下の個人に限ることを把握しておきましょう。

 個人再生は借金を全額免除できる訳ではありませんが、住宅などの高価な財産は手元に残しておけるというメリットがあります。

現在もこれからも安定した収入が見込める、毎月の支払い額を抑えれば返済可能である、財産は手放したくないという人は、個人再生を検討して良いかもしれません。

相談・着手金・過払い金調査が無料!
債務整理におすすめな
弁護士・司法書士事務所

自己破産

借金を抱えて結婚する

自己破産は、借金を減額しても完済の見込みが無い場合などに支払い義務を免除してもらう手続きです。

任意整理や個人再生とは異なり、自己破産が裁判所に認められれば今後は借金を返済する義務はありません。

 ただし、借金返済義務を免除されるという大きなメリットがある反面、デメリットも多いです。

1つ目は、住宅や自動車などの高価な財産は手離さなければならない点です。高価な財産は換金後返済の足しにされます。基本的に、手元に残せるのは必要最低限の生活用品や家具のみだと考えておきましょう。

2つ目は、特定の職業に就けなくなる点です。ここで言う特定の職業としては、貸金業者・生命保険募集人・建築業などが挙げられます。

制限の対象でない職業に就いている人は特に問題無いかもしれませんが、これらの職業に当てはまる人は一時的な休職または退職を余儀なくされる恐れがあるため要注意です。

デメリットは多いですが、自己破産しても「再起不能」になるわけではないため、借金を相殺して生活を一から立て直したい人には有効です。
相談・着手金・過払い金調査が無料!
債務整理におすすめな
弁護士・司法書士事務所

結婚にあたって債務整理をするタイミング

借金を抱えて結婚する

結婚前か結婚後どちらに債務整理をするかは、以下のポイントを踏まえて検討しましょう。

結婚前に債務整理をすると、月々の返済額を抑えられるというメリットがあります。債務整理をする最大のメリットは、借金を減額または免除でき、日々の生活に金銭的余裕が生まれることです。

 ただ、債務整理による社会的なペナルティは避けられないため注意してください。個人名義のクレジットカードを発行できず、さらに住宅ローンを組めなくなれば結婚相手にもネガティブな影響が及んでしまいます。

一方、結婚後に債務整理をすると、借金を返済できているうちはペナルティを受けずに済むというメリットがあります。

しかし、毎月の収入の多くを返済に充てることで、相手に苦しい生活を強要してしまう可能性は否めません。

まずはいくら減らせるかチェック!
無料・匿名で
借金減額診断をする

債務整理は弁護士・司法書士への相談がおすすめ

借金を抱えて結婚する

結婚のために債務整理を検討する場合、自力での解決は簡単ではありません。そのような場合、弁護士や司法書士へ相談することをおすすめします。

相談するメリット

債務整理にはさまざまな書類や手続きが必要です。これらの手続きを抜け漏れなく、自力で完璧に進めることは至難の業と言えるでしょう。

弁護士や司法書士に相談することで、これらの手続きを一任できます。それにより、スピーディーに督促ストップや返済の減額・免除が期待できるのです。

 さらに、弁護士は司法書士より対応できる業務範囲が広いため、費用に余裕があれば検討してみましょう。

例えば、弁護士は個人再生や自己破産の代理人となれるため、「裁判所に出廷できる」、「債権者と交渉できる」という優位点があります。

相談・着手金・過払い金調査が無料!
債務整理におすすめな
弁護士・司法書士事務所

相談先の選び方

借金を抱えて結婚する

弁護士や司法書士の事務所は多々存在するため、どこに相談をすれば良いか迷ってしまうかもしれません。その場合、以下のポイントを参考にしてみましょう。

  • 債務整理を強みとしているか
  • 費用は相場と比較してどのくらいか
  • 自分の話を丁寧に聞いてくれるか

事務所によって強みとしている分野はさまざまです。なかには債務整理の実績があまり無い事務所もあるため、期待通りの結果にならない可能性もゼロではありません。

 事前にホームページなどで事務所の強み・実績について確認しておきましょう。さらに、口コミも併せてチェックしておくと安心です。

また、弁護士や司法書士に相談するうえで費用は欠かせない要素です。費用相場と照らし合わせて高すぎる場合は、相談自体を控えた方が無難かもしれません。

そして、自分の話をしっかり聞いてくれるかどうかも、事務所を決める際に大切なポイントになります。実際に事務所の空気を確かめたい人は、無料相談を利用してみましょう。

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所

債務整理を依頼するのに、当サイトが特におすすめする弁護士・司法書士事務所は、次の3社です。

おすすめ弁護士・司法書士事務所3選

それぞれの事務所の特徴や費用、おすすめする理由についてはここから詳しく紹介していきます。

サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所のポイント
取り立て・催促を最短即日でストップ
初期費用0円
費用の分割払いOK!手持ち資金がなくても依頼できる
月600件以上の相談実績
24時間365日受付/全国対応の借金専門相談窓口あり
初期費用0円!分割払いOK
サンク総合法律事務所
公式サイトへ
どんな弁護士事務所?

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、借金問題の解決実績が豊富で、問い合わせが月600件以上ある人気な弁護士事務所です。

特徴

人気の理由は、自分が納得いくまで何度でも無料相談ができ、借金に関する質問にわかりやすく答えてくれるから。

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて、オンラインや電話での面談も24時間365日全国から受け付けています。

初期費用は0円(契約前まで一切料金がかかりません)かつ費用の分割払いが可能なので、現在手元に十分な資金が欠くても依頼が可能です。

また、家族や職場に知られにくいように配慮してくれたり、女性弁護士が在籍していたりと、誰でも気軽に相談できる環境が整っています。

最短即日で借金の取り立てや催促を止めてくれるので、今すぐ催促から解放されたい方にもおすすめです。

任意整理する場合にかかる費用
完済後の過払い金請求の着手金は、無料です。
着手金
/1件
55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
回収額の22%

※訴訟による場合は回収額の27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

サンク総合法律事務所について
所在地 〒104-0032
東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対応業務 債務整理、貸金問題、離婚・相続・遺言、民事事件一般、不動産取引、刑事事件など
出典:サンク総合法律事務所公式サイト

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
無料相談のしやすさが魅力
何回でも・土日祝日でも・メール/電話でも・全国各地からでも相談OK!

受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%
その他
諸費用
5,500円  

※訴訟の場合は27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応
業務
債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:東京ロータス法律事務所公式サイト

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
任意整理の着手金が0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
相談実績20万件以上
ベテラン司法書士在籍だから安心
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
公式サイトへ
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。

はたの法務事務所 料金

また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金
/1件
0円 報酬金
/1件
22,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※10万円以下の場合:14%+計算費用11,000円。
※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応
業務
債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
出典:はたの法務事務所公式サイト

まとめ

この記事では、借金を抱えたまま結婚することは可能か否かを解説し、その場合のリスクや問題を解決する方法なども紹介しました。

結論、借金を抱えたままでも結婚はできます。しかし、後々にバレる可能性は大いにあるうえ、トラブルに発展する可能性はゼロではありません。

借金が原因で度々口論となる、各審査に通過できないなど、生活に支障をきたしかねない問題となります。借金問題早期解決のために、返済が見込めない場合は債務整理をするのも一つの手です。

自身での解決が難しい場合は、弁護士・司法書士に相談してみましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事