リボ払いとは?わかりやすく解説

クレジットカードの支払い方法として知名度の高い「リボ払い」。

耳にしたことはあっても、きちんと仕組みを理解している人は少ないのではないでしょうか?

リボ払いは、使い方によっては返済の負担を減らすことのできる便利な支払い方法ですが、デメリットや注意点を知らなければ、いつまでも返済の終わらない借金地獄へと、発展してしまう恐れがあります。

そこでこの記事では、リボ払いとは何かの仕組みからメリット・デメリット、利用時の注意点までわかりやすく解説します。

借金をいくら減らせるか60秒で診断
借金減額シミュレーター
(無料)

リボ払い(リボルビング払い)とは何か?わかりやすく紹介

クレジットカード

リボ払いとはリボルビング払いの略で、支払い方法の一つです。まずはリボ払いとは何か、特徴や仕組みについて詳しく解説します。

リボ払いの仕組みとは

リボ払いでは、買い物代金や購入回数に関わらず、毎月一定額ずつ返済を行います

クレジットカード決済に限らず、銀行ローンや消費者ローンでも、リボ払いでの支払いを選択することができます。

例えば
毎月の支払額を5,000円に設定していたとすると、外食や旅行、買い物などでそれぞれ異なる金額カード決済したとしても、翌月以降の支払いは5,000円のみです。

「今月はいつもよりも使い過ぎてしまった」「急にまとまった出費が必要になった」など突然支出が増えてしまっても、リボ払いにしていれば翌月の支払額が変わる心配はありません。

分割払いとの違いとは?

リボ払いの利息

お金の貸し借りでは、貸したお金に高額な金利を設定して利息(手数料)を搾取しないよう「利息制限法」によって上限が定められています

利息制限法によると、上限金利は年20%となっており、それを超えると違法金利として罰せられます。

利息制限法による上限金利は、貸した金額に応じて以下のように定められています。

10万円未満 20
10万円以上100万円未満 18
100万円以上 15

 リボ払いの場合は、各カード会社により利率が異なります

一般的には実質年利を15%に設定しているケースが多いですが、支払期間によっても異なるため、利用している会社の規約を確認しておきましょう。

リボ払いの種類

リボ払いの支払いの種類は、主に以下の3つです。

1. 定額方式

あらかじめ設定した金額の返済を続けていく方法を指します。利息(手数料)を含めて返済額を一定に設定するタイプ「元利定額方式」と、利息(手数料)を含めずに返済額を一定に設定するタイプ「元金定額方式」があります。

2. 残高スライド方式

利用残高に応じて、月々の支払い金額が変動する方式を指します。

「利用残高が10万円以下なら毎月1万円の支払い」「利用残高が10万~20万円なら毎月2万円の支払い」など、利用残高によって月々の返済額が異なります。

3. 定率方式

利用残高に一定率をかけた金額を支払う方式です。利用残高が多ければ支払い金額も大きくなり、返済を続けて残高が減ると支払金額は小さくなります。

借金をいくら減らせるか60秒で診断
借金減額シミュレーター
(無料)

最も利息(手数料)が高い支払い方法は?

リボ払いのように複数回に分けて支払う場合には、利息(手数料)が発生します。

「元金定額方式」「残高スライド方式」「定率方式」では利用残高に応じた利息(手数料)が加算され、金額により異なります。

 また、支払いの度に利息(手数料)が発生するため、支払期間が長く・支払期間が多いほど利息の総額も増える仕組みです。

利息(手数料)は利用残高に応じて設定されるので、月々の支払額を少額にしているといつまで経っても利用残高が減らず、高い利息が加算されることになります。

少しでも利息(手数料)を減らしたい場合は、月々の支払額を増やし、利用残高が減るスピードを上げると良いでしょう。

リボ払いと分割払いは何が違う?

クレジットカード

リボ払いは月々の返済を一定額にする決済方式だと聞いて、分割払いをイメージした人も多いでしょう。確かにリボ払いと分割払いは、月々の返済額が一定という点において同じです。

しかし両者には、支払い方法と手数料において、以下のような違いがあります。

リボ払いと分割払いの支払い方法の違い

リボ払いは決済件数を問わず、月々の返済額を一定に設定できます。

したがって月によって利用金額が異なっても、支払い金額が変動することはありません

それに対し分割払いは、利用毎に支払回数を設定する仕組みです。

なので「この家電は5回でお願いします」「このブランド服は2回でお願いします」のように、利用の度に決済回数を指定できます

借金をいくら減らせるか60秒で診断
借金減額シミュレーター
(無料)

リボ払いと分割払いの手数料の違い

上記で解説したように、リボ払いの利息(手数料)は利用残高に応じて加算されます。

それに対し分割払いでは、1件毎の明細に対して手数料がかかります。

例えば
異なる店舗で2万円のアイテムと4万円のアイテムをそれぞれ購入したとしましょう。リボ払いの場合は、合計金額の6万円に対して利息(手数料)が発生しますが、分割払いの場合は2万円のアイテム・4万円のアイテムそれぞれに異なる手数料がかかります。

ここで解説した違いを以下の表にまとめています。ぜひ目を通してみてください。

  支払い方法 手数料
リボ
払い
決済回数を問わず、月々の支払額が一定。 利用残高に応じて加算される。
分割
払い
決済ごとに回数を指定する。 1件毎の明細に対して加算される。

リボ払いのメリット・デメリット

クレジットカード

リボ払いには、ポジティブな面とネガティブな面の両方があります。ネガティブな面を知らずに使い続けていると、返済に苦労することも……。

ここでは、リボ払いのポジティブ・ネガティブな面をご紹介しましょう。

リボ払いのメリット

まずは、メリットをご紹介します。ポジティブな面は以下の3つです。

月々の支払額を抑えられる

最大のメリットは、月々の支払額を抑えられることです。冠婚葬祭や引越し、ライフイベントなどによって、出費が少ない月があれば多い月もあるでしょう。

リボ払いでは、ひと月あたりの利用金額に関わらず常にほぼ一定の支払いで済むため、出費が重なった月や収入の少ない月の支払い負担を軽減可能です

一度に全額支払わなくて良い

一括払いの場合は、翌月の引き落とし日までに全額を用意しなければなりませんが、リボ払いでは一度に支払額の全額を用意する必要はありません

急な出費が重なり利用金額が膨らんでしまった時や、収入のタイミングが遅れてしまった時など、一時的に支払いが難しくなる際に便利です。

クレジットカード会社により後日の変更も対応可

クレジットカード会社によっては、一括払いとして購入したものについて、リボ払いへの変更に対応している場合があります。

 クレジット会社が定めた期日内であれば支払方法の変更が可能なため「急に大きな買い物をしなければならなくなった」「今月振り込まれる予定だったお金が手違いで来月になってしまった」など、予想外の事態でも安心です。

リボ払いのデメリット

次に、リボ払いのデメリットをご紹介します。主なデメリットは以下の3つです。

利息(手数料)が必要

上記でも解説したように、リボ払いでは利用残高に応じて利息(手数料)が発生します。

1回あたりの支払額を多く設定していれば、利用残高の減りも早いため利息(手数料)の負担も少なく済みます。

しかし、1回あたりの支払額を少なく設定していれば、支払期間が延びてなかなか利用残高が減らず、高い利息(手数料)が加算される期間も長くなってしまいます

支払総額が増える

リボ払いは、利用残高がある限り利息(手数料)が発生します。

したがって、月々の負担額を減らすために支払回数を増やせば増やすほど、支払総額も増え続けてしまうのです。

返済が長期化する恐れがある

リボ払いでは、利用件数や利用額に関わらず月々の支払額は一定となるため、利用残高がいくら残っているのかを把握しづらくなります。

 支払額の全体像が見えず、全額支払う前に次の利用を繰り返すことになり、結果的にいつまでも完済できない状況に陥ってしまう可能性もあります。

リボ払いの注意点

警告

リボ払いは、月々の返済額を一定に保つことができる便利な仕組みではありますが、利用する際にはいくつかの注意点があります。

ここからは、クレジットカードの作成から受け取り、利用に至るまでの注意点について解説していきましょう。

クレジットカード作成時

クレジットカードは、オンラインで自宅からでも簡単に申し込みができるほか、商業施設やスーパーの特設ブースでも申し込みが可能です。

その手軽さゆえ、リボ払いの仕組みや利息(手数料)などの知識がないまま軽い気持ちで申し込んでしまいがちです

 リボ払いの仕組みはもちろんのこと、メリットやデメリットまできちんと理解し、納得した上で申し込みを行いましょう。

クレジットカード受け取り時

クレジットカードの審査に通過すると自宅にカードが届きます。カード会社やカードの種類により、有効期限や利用限度額は異なります

 クレジットカードを使用する前に必ず同封の書類を読み、有効期限や利用限度額、利息(手数料)などの規約を確認しておきましょう。

クレジットカード利用時

クレジットカードを利用する際は現金でのやり取りがない分、つい使い過ぎてしまう人もいるでしょう。

特にリボ払いでの利用では、どれだけお金を使っても支払額は一定のため、利用残高を把握しづらいのが難点でもあります。

よって、便利な支払い方法だからといって無計画に利用することは控え、利用残高を把握しながら自己管理を心掛けましょう。

 リボ払いを繰り返して利用残高が増えればいつまでも支払いが終わらない上、利息(手数料)の負担も大きくなってしまいます。

クレジットカード利用後

クレジットカードを利用した後は、必ず利用明細に目を通すことが大切です。利用明細は、クレジットカード会社から郵送されるケースが一般的ですが、ウェブサイトで確認できるサービスも増えてきています。

ところが、リボ払いは月々の返済額が一定だからと安心し、きちんと利用明細を確認しない人も多いのではないでしょうか。

したがって、たとえ月々の支払額を低く抑えていたとしても、あとどのくらい利用残高があるのかを把握し、リボ払いによる使いすぎには気を付けましょう。

 利用明細の確認を怠ると、利用残高が膨れ上がったとしても気付くことができないままリボ払いを繰り返してしまう恐れがあります。

リボ払いで借金が膨らんだ場合の対処法

矢印

リボ払いを繰り返し、いつまでも支払いの終わらない借金に苦しむ人もいるかもしれません。

ここからは、リボ払いで借金が膨らんでしまった時のために、知っておきたい3つの対処法をご紹介します。

繰り上げ返済や一括返済をする

繰り上げ返済とは、月々の返済額よりも多く支払い、毎月の返済分に加えて利用残高の一部も返済する方法を指します。

ボーナスなどまとまった収入が入った時に一括返済で全額支払えば、利用残高がゼロになるため利息(手数料)もかかりません。
 繰上げ返済や一括返済をすれば予定よりも早く返済を進められる上、利用残高が減るため利息(手数料)の負担軽減にもつながります。

カードローンを活用する

リボ払いの利用残高を一括返済するために、低金利のカードローンを活用するのも一つの手。リボ払いの返済日に合わせてカードローンの借入を行い、全額を返済に充当すれば、利息(手数料)の負担もかかりません。

 カードローンの借入には審査が必要です。また、カードローンの活用によってリボ払いの返済は完了しても、カードローン自体の返済が発生するため、借金がなくなる訳ではないことを理解しておきましょう。

任意整理を検討する

繰り上げ返済や一括返済・カードローンの活用が難しい場合は、任意整理を検討するという方法もあります。任意整理とは、個人再生や自己破産と同じく債務整理の一つです。

裁判所を通さずにクレジットカード会社などと交渉し、返済可能な条件を決める手続きを指します。任意整理には、さまざまなメリットがあります。

    • 借金の理由を問わず認可される
    • クレジットカード会社からの催促を止められる
    • 利息分がカットされ、元本のみの返済となる
    • 車や住宅などの財産を手放す必要がない
    • 保証人に迷惑がかからない
    • 過払い金があれば払い過ぎた利息が返還される
    • 家族や勤務先に知られにくい

任意整理はメリットが多くデメリットが少ないことから、選択する人が多いのも特徴です。

リボ払いの返済が苦しくなったら弁護士への相談がおすすめ

握手

リボ払いを繰り返してしまい返済が苦しくなった時は、弁護士への相談がおすすめです。

弁護士への依頼には、以下のように主に4つのメリットがあります。

手続きの手間が省ける

任意整理を含む債務整理の手続きには、クレジットカード会社との交渉や必要書類の準備・作成などの作業が必要です。自力で行うこともできますが、法律の専門知識や経験も要するため、一人で進めるのは容易いことではありません

弁護士に依頼すれば、これらの作業をすべて代行してもらえるため、自分で複雑な手続きをする手間を省くことができます。

交渉力があり経験が豊富

クレジットカード会社との交渉は難易度が高く、交渉の経験がなければ自力では難しいもの。

交渉を誤れば不利な内容な条件での和解が成立してしまう恐れもあるため、交渉力があり経験が豊富な弁護士への依頼がおすすめなのです。

扱える金額に上限がない

法律の専門家には弁護士のほかに司法書士もいます。しかし、裁判などの代理人になれる認定司法書士が扱える金額は、1債権者につき140万円までというルールがあり、それ以上の高額な金額の取り扱いはできません。

それに対し弁護士には扱える金額に上限がないため、140万円以上の借金でも手続きを進めることが可能です。

ほかの債務整理についての相談も可能

リボ払いの金額によっては、任意整理での解決が難しいケースもあるかもしれません。

弁護士は、任意整理に限らずどんな債務整理でも手続きを行えるため、ほかの債務整理について相談したい場合にも心強い味方です

 クレジットカード会社が任意整理に同意せず、和解が成立しない可能性も考えられます。

借金減額に強い弁護士・司法書士事務所5選

はたの法務事務所
東京ロータス
法律事務所
ひばり法律事務所
弁護士法人・響
天音総合
法律事務所
はたの法務事務所
東京ロータス法律事務所
ひばり法律事務所
弁護士法人・響
天音総合法律事務所
実績
相談件数
20万件以上
受任件数
7,000件以上
ノウハウ実績多数
2,000件以上
弁護士歴25年以上
メディア出演・掲載実績多数
メディア出演
実績多数
相談料
何度でも無料
何度でも無料
何度でも無料
何度でも無料
無料
着手金
0円
1件22,000円
(税込)
1件22,000円
(税込)
55,000円
(税込)〜
1社55,000円
(税込)〜
分割払い
対応地域
全国
全国
全国
全国
全国
休日対応
8:30〜21:00
10:00〜19:00
×
24時間
24時間

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
公式サイトへ
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。
また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金
/1件
0円 報酬金
/1件
20,000円
減額報酬 10% 過払い
報酬
返還額の20%
10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応
業務
債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
出典:https://hikari-hatano.com/

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
無料で何回でも相談できるから相談しやすい
土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応
業務
債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:http://tokyo-lawtas.com/

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。

任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 10% 過払い
報酬
返還額の20%

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応
業務
債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:https://hibari-law.net/

弁護士法人・響

弁護士法人・響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。

任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応
業務
債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。

任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応
業務
債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:https://amane-law.or.jp/

まとめ

今回は、リボ払とは何かわかりやすく、仕組みやメリット・デメリット、注意点などを解説しました。

リボ払いは便利な方法ではありますが、支払い方法や利息(手数料)などの知識をきちんと理解せずに利用すると、取り返しがつかないほど金額が膨らんでしまうこともあります。

リボ払いの支払いに行き詰まってしまった時は、弁護士への相談がおすすめです。

勇気のいることかもしれませんが、早めの相談が借金返済の早期解決につながります。少しでも困ったら、ぜひ無料相談などを利用してみましょう。

任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する

 

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事